2008年09月

2008年09月29日

クロサタ最終回/ラブコレ第一回


 
 
おまえ、ブログやめたん?


って、マジで言われて、
すんません!今日書きます!!って言ったので
書いてます。

9月18日以来書いてない間に、
 
尾崎豊が、4月25日に死んだことを思い出したり、
山瀬まみの、お父さんのためのワイドショー講座が終わったり、
(ちなみに過去17年間のワイドショー放送第一位は圧倒的に「オウム真理教」だった)
ダイエーが初めてリーグ優勝したのが、99年だったと思い出したり、
麻生内閣が発足した直後(24日と25日)の支持率が53%だったり、
観測史上、最も台風被害の多い日は、9月26日なのに、
今年はまだ一つも本土上陸してなかったり、
大富豪:本田健さんの講演を聞いたり、
空港の警察には、麻薬犬だけではなく「DVD犬」がいることを知ったり、

と、まあ忙しくしておりました。
 
 

で、この土曜日もいい感じ。
 
土曜日、午後1時。
長年・・・というか、映画の宣伝のお仕事に携わっていたことから、
お世話になっていた、クロスエフエム土曜日の看板番組

「クロサタX」最終回!



ということで、おなじみスマイリー原島さんと山本真理子さんが 
映画配給宣伝担当全員集合!
という企画を断行。
 
8社?の配給さんが集まり、
一人一人最後の作品紹介をするというもの。。。。

とはいえ、

お二人の番組だけに、

打ち合わせゼロのぶっつけ本番生放送。
 
CROSSstudio.jpg
 
こんなに狭いスタジオに、
肩を寄せ合い、言いたい放題の、歴史に残る放送でした。



 
今回、僕が紹介した、ワーナーブラザース作品はこれ!
 
ichi_tizer_omote.gif>
 


" ICHI "

 



初代:座頭市は、勝新太郎さん。
次代:座頭市は、北野武さん。

そして、三代目は・・・
 
 

綾瀬はるかちゃん!

  
 
 
 
ほら、
ちょっと異議を唱えたいそこのあなた。
ぜひ見てください。
おんな座頭市 というアイディアはありだと思えます。
あと、あのポカリスエットCM
綾瀬はるかちゃんイメージが変わります!
きわどかったりして、どきどきします。
 
あ、まあ、見てくださいな。
 
 
 
で、最後は最終回らしく、記念撮影。
 
eiganohito.jpg
 
あ〜。このクロスのロゴも9月でおしまいですね・・・。

原島さん、真理子さん、新しい番組バラバラですけど
がんばってください。
 
 
  
で、その後、ついに開催されたイベント
「FUKUOKA LOVE & COLLECTION 2008」へ。
 
 
福岡で、最初に行われることとなった
いわゆるリアルクローズの、巨大エンターテイメントファッションショー。
 
当初、場所が:ヤフードームという発表もあり、
「そりゃ、ちょっと厳しいでしょ〜」
って声も沢山聞こえていたし、
僕も実は思っていた・・・。
 
しかし、ふたを開ければ
20000人を公表数字として発表するほどの大盛況。
  
 

lovecolle.jpg
 
 
 
マーケットブースも沢山の人がいた。
圧倒的な中央のモデルの実力と、その迫力。
杉本彩さまや、ひなのちゃん、個人的には
藤井りな様が登場する瞬間の大歓声。
 
自分は、東京ガールズコレクションや
先日の神戸コレクションも見させてもらっていたけど、
地元でこれだけのものが開催されている感激はひとしおでした。
 
 
また、本番直前にもかかわらず、
満面の笑みで紹介される僕を迎えてくださった
(ドォーモでおなじみ?笑)福本プロデューサーさん。

う〜ん、成功はこの人の人柄が
まわりを引っ張ったのかなと直感しました。
 
そして、 
厳しい環境の中でやり抜いた
西鉄エージェンシーの皆さん、凄いです!
(山本くん、がんばったなぁ〜)
 
第一回から、本気のスポンサーサポートを見せていた
ストーンマーケットの中村社長・・・さすがです!
 
 
くやしいなぁ〜って思いながらも
福岡初のこうしたイベントを形にしてくれて、感謝!
というのが正直な気持ちです。

 


さあ、次!!!
 
 
がんばらねば!!!
 

  
最終回と第一回。
どちらも、気分爽快なのは間違いありませんでした。
 
 
 
 
うわ〜、わたしも杉本彩のエロオーラ感じたかった〜!
という人はクリック! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 










 
 

 
 
 



 


 



 
 
 
 
 



 
 






 

 
 





 


 




 
 









 


cromagnon69 at 23:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お仕事の記憶 

2008年09月18日

ヒロシマ・モナムール


 
 
 
リットーミュージック社が出している雑誌
「GUITAR MAGAZINE」の先月号の中の、
毎月掲載されてくる、名曲のスコアセレクションに、

アルカトラスの「ヒロシマ・モナムール」

が、掲載されていた。

泣く子もだまる、もはや大御所のギタリスト
「イングヴェイ・マルムスティーン」の
基本の高速ソロが収録されている。


あ〜・・・。コピー・・しようとしたな〜。
20年前に・・・



と、本屋でめくった次の週、
ヒロシマ・・・いや、広島に行くことになった。
  
 
 
 
近頃、仕事で、広島づいている。
今回、ご招待を受けたのは、このホテル
 
OHH.jpg

「オリエンタルホテル・ヒロシマ」が、
2年の歳月をかけて、リニューアル&リブランドが
完成した、記念のパーティーが開かれた。
 
 
空間デザインやコンセプトは、
インテリアデザイナーの「内田繁」氏が手がけ
チャペルの壁には、なんとあの、「日比野克彦」さんが
天使の絵を描かれている。
 
レストランやイベントもこだわりまくっている。
リニューアルしたこのホテルのコンセプトは、
 
都市と文化が響き合う・・・

ということもあり、かなりの本気モードで驚いた。


パーティーにも、
 
hibino.jpg
 
日比野さんや、内田さんご本人も出席で、
かなり凄い雰囲気だった。奥田瑛二さんも?

一言でいえば、かなりがんばってるな〜と。 
 
 
今日も友人と話していた。
「あの」、リーマン・ブラザーズが潰れるこの世の中だ。
地方都市のマーケットで、いかにやるかというのは
ますます厳しくも重要な課題。

それに対するこのホテルの答えが、これなんだろうと。
 
 
その「地」の強みを、ちゃんと再認識して、
その強みを活かし、かつ、のっかりながら
地域と一緒に、強くなって行く・・・という理想を
真正面から取り組んでる感じがした。

なんせ、広島は「原爆ドーム」と「厳島神社」という
二つの世界遺産が、すぐの場所にあるという日本唯一の街。
しかも、平和都市として「ヒロシマ」の国際的な知名度は高い。
 
 
そこに集う人々の、中心機能として「ちゃんと本物ホテル」をと。
しかも、ヨーロッパのミドルプライスゾーンのデザイナーズホテル
というコンセプトで、部屋は一番狭いシングルまでかっちょいい。
僕がとまった部屋は、8000円台だったけど、全然満足。


いや、しかし、ビジネスホテルの代名詞「ワシントンホテル」が
よくぞここまで変わるもんだと、びびった(笑)。
 
200809161738000.jpg
 
これは23階のレストラン「MOON GLOW」の天井。
ここなんかも、相当面白い空間でした。上に、テーブル型のシャンデリア。
これも、有名なスペインのデザイナーのものだとか。


東京における、欧米の超高級ホテルがガンガン進出するなか、
地方においては、こうした
「ミドルプライスレンジ」のデザイナーズホテルが、
その地にあった文化なりを発信するというのは間違いじゃないと
思いました。

東京や大阪だと、
「ミドルプライスレンジ」のデザイナーズホテルはあるけど、
文化発信に、ここまで投資はしないし、する必要性もないはず・・・。



ま、僕的には、20代のころに衝撃をうけた

「明和電機」

 

の土佐社長(広島の呉三津田高校出身)とお話できたのがエモーション!
 
meiwa.jpg
 

お兄さんは、現在会長さんらしいです・・・。
「魚(な)コード」買ったなぁ〜。

あいかわらず、凄まじいクリエイティブ力です。

head1.gif

 
 
今日、博多に戻って来て、
なんかいい意味でやる気出てました。
 
いい刺激を、感謝します。広島。
 
 
 
 

ヒロシマ・モナムール!

 
 
 
 

 


広島かぁ〜。なかなか行かないよな〜って
方は、是非クリック(?)!

ブログランキング・にほんブログ村へ



 



 
 
 

 






 



 

 
 
 
 
 


 
 
 
 


cromagnon69 at 00:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)お仕事の記憶 

2008年09月15日

インテグレート。


 
 
 
08年1月12日に書いた、おいらのブログ

そうです。

真木よう子!
 
ついに、資生堂のCMに登場!ときたもんだ。
 
 
2807151459_67abee5169.jpg
 

CM自体は、夏木マリさんの唄に、口パクで踊るショーガールなヤツです。

真木よう子さん、
ドラマ「SP」、「週刊 真木よう子」っていう、深夜な感じから
JALのバスケの映画に出つつ、天下の資生堂CM。
 
あ〜・・きちゃうな〜・・・彼女・・・。
 
 
で、彼女がいい!っていうのは、1月12日に書いてるので、
今回は、このキャンペーンについて。

たまんないのは、サイトです。
 

SITE2.jpeg


この資生堂インテグレートってラインのコンセプトは、
「パーツひとつで、すべてが変わる」
 
なんで、唇/瞳/まつげ/眉/肌/指 という
パーツごとに、商品紹介がでてきます・・・・・

  
って、これ全部試してる、俺もどうかと思うけどな。
 
 
 
 
皆さん、3連休いかがお過ごしでしたか?
 
 
僕は、読書三昧でした。

読みたかった本と、新たに買った本・・・。
近頃、自分の中に、有る程度カテゴリー分けしないと
いかんなぁ〜って思いつつ、だらだら読んでます・・。
 
読書のテクニックについて、
誰か僕に講釈してください・・・。
 
 
 
で、敬老の日 に入院している
99歳の祖父を見舞った帰りに、本屋で手がのびて
衝動買いをしたのが、これ。
 
 
KUNSHU.jpg
 
 
泣く子もだまる、
ニッコロ=マキャヴェッリ「君主論」。

ただ、もちろん原書完訳版ではなく、
イースト・プレスさんから出ている、
わかりやすく150項目の箇条書きにまとめられた本。
 
ま、戦時におけるリーダー論ですが、
一般に言われる「マキャベリズム」が、
目的のためには、手段を選ばない冷酷非道なことばっかしの
イメージで出来上がってますが、
本来は「時に、冷酷になるべきだ」と。
 
中にも、
「人間は卑劣な生き物だと認識しろ」
「狐に学び、獅子にも学べ」
「中立の道を選ぶと、破滅する」
「情報源は、信用できる者だけにしろ」
「慎重ではなく、果敢のほうがいい」

あ〜、まだまだ沢山ある。
確かに、悲観的ながらも、現実的。
それでいて、「運命」「運」という概念はよく出てくるし、
前提としてあるあたりは、すべてがリアリズムってわけではない。


誰か、マキャヴェッリ勉強している(いた)方、
僕に講釈してください。
(塩野七生さんの、マキャヴェッリ語録が評判いいみたいです)


とにかく、言葉のすべてが
今も、色々おきかえられる、先人の書でした。 
 
 
 
”愛されるより、恐れられろ”
 
 
 
ここだけ書くと、やっぱし・・・って感じだけどね。
 
ビジネスの上で、目標達成のヒントになるのか?否か?
「手段は選ばないぜ!」ってばかりも言えませんので・・・。
 
 
 
 
 
 
 
真木よう子さんから、マキャヴェッリまで、
久々に、自分を刺激するようなことを
意識して過ごしたお休みでした。
 
 
 


マキャヴェッリ・・・あ、いや真木よう子さん、いいんじゃない?
な方は、是非クリック!

ブログランキング・にほんブログ村へ










 

 
 













cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)きれいなお姉さん系 

2008年09月11日

大人。


 


久々に、学校で・・・あ、いや
会社で話題にしてしまいましたね。

これには、おどろきました。


磯野家の25年後。
まずは、CMをどうぞ。
 
 


 
めざましテレビで大塚さんが、
「ワカメちゃん、いい女になったなぁ〜」
って言ってましたが、宮沢”ワカメ”りえさん、素敵・・・。
サンタフェ世代の俺としては・・・。

”タラ”瑛太くんや、小栗”イクラ”旬さんなど、
キャスティングも、よかですね。
特に、カツオ。
 
 
イクラちゃんは、”スーパーカー”に乗ってるんだ・・・・

 

気になるのは、
ラストに「法事をはじめさせていただきます」ってさ。
一体、誰の何やろ・・・
サザエさん、50歳くらいやろうけど、誰やろ・・・

あ〜。
わかってますよ。
こういう内容を、皆がブログとかに書くやろ〜
っていう狙いは。

けど、それでも書いてしまうこの企画。
 
 

考えつくことよりも、
長谷川町子財団さんに、この企画のOKを、もらってくる
そのシゴトが、すげぇ!


↓企画に感服して、笑ってしまったので、明日買います。OTONA GLICO。
 
 

080910.jpg





ますおさんは、渋くなってるかな?クリックしてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ







 
 
 








 
 
 
 
 



cromagnon69 at 01:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日常インサイト 

2008年09月01日

社会見学。


 

 
 
hasami.jpg
 
 
 
シュールすぎるわな〜。


このオブジェは、昭和50年にたてられたらしい。
高さは10メートルはある。

「この地」は、海産物の水揚げが豊富で、
特に、カニは地元の名物。
 
そこで、建立されたらしい。
 
 
そう、この地とは・・・・


 
 
 
monbetupark.jpg
 
 
 

紋別。

 
 
 
 
望むは、オホーツク海。
 
oho-tuku.jpg
 
 
この季節、さすがに流氷は無いけど、
すっかり涼しい、北海道の、いや日本の北の果て・・・。
 
 
3412kaigan.jpg
 
 
 
決してにぎやかとは言えない街を、一人歩いた。
 
この3・4・12海岸通は、メインストリートと思われる。
しかし、数分に1台しか車が走らない。
いや、滅多に人に逢わない・・・。


かと思えば、地元の中学生はマラソンしながら、
恥ずかしそうに会釈してくれたり、 
強烈な迫力のロシア人船乗りが、
セブンイレブンにあふれていたり、

なかなかヒップな街だ・・・。





何をしている、俺。
 
 
 
 
そういえば、 
前日は、札幌に滞在していた。
 
 
特別に入れてもらった、
札幌中央卸売市場・・・・朝6時。
 

ichiba.jpg


116,000平方メートルの、
途方も無く広い敷地に、怒号飛び交う、セリの迫力。

恥ずかしながら初めて見るセリ。
 
 
 
kani.jpg
 
 
片っ端から、値がつけられていく。
 

ここで一つ気づいたのは、これ。
 
 
kaniface.jpg
 
 

カニの顔は、メカニックだ。


 
 
 
鮮度が勝負の品物の
鮮度を逃すまいとするような、完璧に無駄を省かれた
市場のおっちゃんたちの動きは、
村上龍さんの小説風に言えば、
「鍛え抜かれたゲリラ兵士のようだ」(・・・は大げさやね)
 
 
しかし、全く鍛え抜かれていないゲリラ兵の
我々を、ますます骨抜きにしてくれたのは、
 
 
 

朝6時50分の、にぎり鮨。


  
ikura.jpg
 
もちろん、早朝のネタを、即、鮨に。
もちろん、今まで、朝7時前に、まともな鮨食ったことなし。 

 

そう。ここは市場の中にあり
朝6時〜11時ごろまでだけ営業している、お寿司屋さん。
ネタが無くなり次第、終了だ。
 
 
 

あ、すんません。
これ、仕事なんです。


ロケハンなんす!


 
 
 
このように、厳しい、
早朝ハードスケジュールを乗り越えて、
冒頭の紋別へと、陸走:4時間をかけていったのでした。 
 
 


市場や、自然の風景や、工場や・・・・
OLさんの、2泊3日北海道ツアーでは
100万円かけても絶対いかないようなとこばっかし
まわった、今回の北海道出張。
 
39歳の人生初体験が、4つもあるという
センセーショナルなものだった。



 
 
moody.jpg
 
夕闇せまる、紋別港のかなり寂れた岸壁に
一人座ってオホーツク海を眺める。
 
オホーツクとは、ロシアのハバロフスクにある市の名前らしい。
オホータ川の河口にあるという、この街の名前が海についている。
 
 

スーパーリアルで、かなり生臭い日常の仕事。

その現場から、1000キロ以上はなれ、
そこよりも、ロシアの方が圧倒的に近いこの街の、この岸壁に
座って、まだ明るい空に一番星を見つけるまでの時間。
 
 
 
単純に思った。
 
 
 
人は、
どうしようもないくらい遠くにいけばいくほど、
現実の自分を、少し解放できるのかもしれません。
 
 


 
 
 


みなさん、遠くに行こう。 

 
 
 
 




北海道!と聞いて、でっかいどーと
言いそうになる人はクリック

ブログランキング・にほんブログ村へ
 




cromagnon69 at 00:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お仕事の記憶 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク