2008年10月

2008年10月29日

キャラクターパワー。


 
 
先日、RKBの7階で打ち合わせしていたら、
ちょうど、スザンヌちゃんがやってきた。


今や、テレビで見ない日はない!
っていう売れっ子ぶり。
昔、福岡でタレントさんしてたころに比べると
なんか、痩せてあか抜けた!っていうのが
素直な印象でした。
 
久しぶりやねぇ〜といいながら、
ミーハーに一緒に写真とか撮ってる俺も現金な奴。

けど、人柄はまったくかわらず。
えらいな〜。いや、素なのか・・笑?
 
個人的にも、ず〜っと息の長いタレントさんで
いてくれたらいいなと、応援しております。
  
 
 
 
で、先日、押し寄せる仕事を尻目に雑誌めくっていたら、

「年代別キャラクターパワーランキング」


 
なるものが掲載されていた。

そう。
10代〜40代までの男女別に聞いた、
あなたの好きなキャラクターを集計し、
ランキングしたものだ。
 
女性が、各年代:ミッキーやミニー。
プーさんや、トトロって言ったところが
全世代で上位独占していたが、おもろかったのは男子。


まず、10代と20代の男性第一位は、これ。
 
 
machaaki.png


あ、まちがえた! 

 
gokuu.jpg

うん。納得・・・な、
 
孫悟空。

しかも、10代と20代では、2位は「孫御飯」!
ドラゴンボールって、何年前だっけ〜?
 
強い!
 
 
 
で、ここからですよ。
 
30代になるとガラッとかわる。

30代男性のキャラクターパワー:第2位は! 
 
20071119_07.jpg

 
はい!「ルパン三世」です。 
納得・・・・ですか!?
 
 
じゃ、同じく:第1位は何よ!?
 
 
ずばり、30代のあなた!どうですか!?
 
 
 

aisensi.jpg
 
 


僕も、ぎりぎり30代として、この辺は鉄板でしょう。
素直に選ぶとこうなるですよ。

 
 
 

こえが、40代男性となると・・・・


渋いっす。
まず、第3位。
 

90496cf1.jpg
 
 
うわ〜、俺も好き。
コンバットマグナムは、モデルガン化されとります。
 

で、2位! 
 
 
1e25d017.jpg
 
 
ジョォォォ〜ですよ。
もう、世界中が真っ白な灰になりそうですよ。
助けてくださいよ!
 
 

そうなんです。次元は、ルパンより上位っていうのが
40代男性の、「わかってる感」がよく出てますね。
  
 
 
 
じゃ、1位はなんなんだよ!

え? やっぱ、ガンダム?
違います。
 
わかった!アトム?バカボン?
それも、違います。






40代男性が選ぶ、
我らが最強キャラクターは・・・・・・・・
 
 


 
 
 
 
 
 






  

fijiko.jpg



ふ〜じこちゃぁ〜ん!の、

峰不二子!


 
 
 

さすが、
40代!!!

 


これ、本当です。
 
 
豊満なボディに、自由でなかなかつかまえられない
したたかな女性に、まんまとだまされたい願望は、
永遠にあるんだぜ!
 
・・・という、どうでもいい40代男性の主張を聞くようですね(?)。
  
 
 


ただ、10代〜40代という、
最大で39年の開きがあるとも言えるランキング・・・
 
けど、あんまし、登場キャラがかわらない。
しいていえば、40代に出てくる
Q太郎と、鬼太郎くらいか・・・。
それも、今だに健在だ。

強烈な個性のキャラは、
何が出てこようが、生き続けるっていう
いい例だなぁ〜と、
ふ〜じこちゃぁ〜んの画像を検索しながら
考えたのでした。
 
それは、人間生活でも同じ・・・・
今だに、小学校にいた、強烈キャラは
覚えてるもんな〜 
 
 
 
 
さらにいえば、マスオさん:18位の大健闘。

40代の男性で、あなたの最強キャラは?と質問されて
「マスオ」と回答する、その達観世代なのか・・・。
さすが40代・・・。


あなたの最強キャラはなんですか・・?



  
僕は、

ラオウ。



かなぁ〜 
 
 




かなり、話のネタになる、今回のランキングは、
日経エンタテイメント最新号でどうぞ!!!
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 


ふ〜じこちゃぁ〜んが、好きな人はクリック!

ブログランキング・にほんブログ村へ  
 












 





 



















 
 



 
 
 

 
 
 













 
 
 









cromagnon69 at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと 

2008年10月23日

モトリー・クルー 継続は崇拝なり。


 
 
coincidence-o.jpg
 

だひゃひゃひゃひゃひゃ笑!!!






・・・って、こういうのはいいとです。




本題。
 
 
突然だが、僕は音楽が大好きで、
高校のころは友人と、

”PUSSY 蓮尾 BAND”



という、全く後先考えない名前の
パンクコピーバンドを組んでいた。

そう、高校3年の時だ。
バンドはパンクでも、マイケルジャクソンも
ストリートスライダースも、安全地帯も聴いていたが、

そこにいたる中で、最も「俺的波動」に会っていたものは
なんだったのか?

それは、ハードロックだった。



「ディストーション」「オーヴァードライブ」
「デジタルディレイ」・・・
 
 boss-dd-7.jpg




ギターエフェクター
通した歪んだ、重いサウンドに、重いリフ。
ま、ヘビメタ・・と言って毛嫌いする人もたくさんいたが、
これが、ミドルティーンの僕を、
血湧き肉踊らせていたのだ。


それから、20年。

金曜日 ZEPP FUKUOKA。

zepp.jpg



彼らは、そこにいた!



”モトリー・クルー (Motley Crue)”



 
motley%20crue_crue%20fest.jpg

↑20年前
↓現在(どれがどの人かわかりますか?笑)
 
motley_crue.jpg
 




あ、ひいた?
 
ヘビメタ、興味ない?・・・て? 
 
 
 
いやいや、もちょっと、読んでください。 
 
 
詳しい説明は、wikipediaにゆずるとしても、
1981年に結成し、紆余曲折を経た今、再びオリジナルメンバーで
活動する彼らは、全世界でアルバムを:
 
 

累計5000万枚も売っている。


 

これは、すごいよ、あんた。じゃなくしてなんだと。
 
 
 
会場に足を踏み入れると、
まあ、大学のハードロック系軽音楽部風の兄ちゃんや
姉ちゃんに混じり、
 
あきらかに、頭の毛がさみしくなり、
あきらかに腹も出ているのに、
「MOTLEY CRUE WORLD TOUR 83」
とか書いてるTシャツ着て来ている人や、
会社抜けて必死にタクシーでかけこんできたっぽい
営業マン風の「大人」がかなりいた。

 
僕も、その後者。
出張先から、全力で戻り、開演の19時に仕事を
終わらせて(いや、終わりにして)たどりついた。

吐きそうだ。
久々に全力疾走した。

志を同じくする、一つ上の、ハードロックな先輩にうながされ、
前方のブロックへ。
 
うっすら漂う、ドライアイスの煙。
  
 
ステージにはられた幕の後ろで、
ローディー達が、音のチェックをするだけでも、


うぉぉぉぉ!




とかなってくる会場の雰囲気・・・
 
 
 

 
終了後の数時間の耳鳴りを約束するであろう、
巨大なアンプ群・・・・・
 
そう。ZEPPは、この日、2階席まで満員だった。

まるで、スポーツの試合前のような雰囲気。
 
さっきまで、あんだけあった、
仕事上の気になりごとや、
面倒な人間関係や、かかえている未解決の仕事のトラブルなどが
会場の頭上でまわるファンに吸い取られて行くように
頭が真っ白になってくる。

自分の心臓が、耳の後ろに移動してくる。
会場は暑いくらいなのに鳥肌がたつ。
下の顎が、ガタガタ言う。
 
そして突然客電が落ちて一瞬真っ暗闇になり、
叩き付けるような、猛烈なスポットライトが
客席に浴びせられ、一瞬昏倒したのかと思いながら、
やっと目眩から復活したかしないかのところで、
ミック・マーズのギターのトレモロアームが
一気に引っ張り上げられて、
爆音とともにライブが始まった。
 
 
 
 

”キックスタート・マイハート”

 

(↓参考:この曲です)
 
 
 

 
はい、聴きながら続きをどうぞ〜


 

その瞬間、
もうなにがどうなってもなんでもかんでも
どうにでもなってもいい!
という、完全恍惚なる興奮状態に突入し、
僕は、かなりの記憶を失うくらい
飛びに飛びまくった。
 
 
 

これだから、
ロックコンサートはやめられぬ。

  

 
 

結局、1時間半。
涙モノの選曲の数々で、完璧なライブだった、
僕の生モトリー・クルー初体験。
 
20年前は、20万人のフェスでトリをとったりしていた
かれらを、4〜5メートルの距離で見られる幸せ。
時代は流れているんだなと。
  

 

特に80年代にはじまった”ヘビメタ””ハードロック”は
一般的に、ダサいというイメージ。
たしかに、服やライフスタイルは真似する勇気はなかった。

けど、どんなものも、3年でダサイ。
あなたがきている、其の服は、2年後でダサイかもしれない。

けど、何を言われようと、紆余曲折を経ても
原点に戻って、同じことを20年経った今もやり続ければ、
 
”アンバサダー オブ ロック”

として、ワールドツアーが企画される。
歴史は、繰り返され、見直される。

 
 
 
 
不惑の40歳に、毎回言及している気がするが(泣)、

自分のスタイル。
自分の一番得意なことや方法。
 
これを確立して、粛々と継続することは、
最終的にすごい結果を生むなと、
今回のライブで確信した。

ビジネス的にも、再びインカムを得るだけでなく、
僕らみたいな人間は、今日のライブで感じた快感によって、
 
 
 
 

自分の若き日を、
心から肯定できる。

 

 
 
 


たかが、昔聴いていたハードロックバンドのライブだし、
懐かしい曲で、思い出に浸るかなぁ〜!
とか思って実はライブにいったのだが、
よく考えると、懐かしむどころが、
こんなに「今」を爆発的に楽しめたのはいつぶりか?と。
 
 
 
それは、
毎週磨いて大切にしていた、
ステファノ=ブランキーニの靴を代償にするほどの
素敵な時間だった。
 
SHOES.jpg
 
飛び過ぎだよ。俺。 












たまには、ライブに行こう。

密かに、いいアーティストは沢山きている。


 
 
 
 
 
 
近頃、ライブとか行ってないなぁ〜な人はクリック。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
 

 
 
 
 

 
 







 
 

 


 

 
 
 

















 
  

 

 
 
 
 














 











 








 








 








 


















cromagnon69 at 21:21|PermalinkComments(5)TrackBack(0)音楽系 

2008年10月18日

男祭り。


おつかれです。
クロマニヨンです。
そろそろ涼しいかなと思いきや、今日のお昼は
暑かったっすね。

カンダンの差が激しいので
体調壊さないようにしましょう!



さて、週末、
おなじみストーンマーケットが仕掛ける

”RISTORANTE&BAR GOLD” のパーティーに
ちょこっと顔を出しました。
 
 
GOLDIMAGE.jpg 
 
 

あいかわらずの大賑わいの中、あやしくも素敵な人たちが
いっぱい。

途中、リップスライムの皆さんが、プライベートで登場。
あ〜すげぇ〜な〜と。
Ryo-jiさんは、以前、皆で企画して、僕が司会した
友人の結婚式2次会で、飛び入りDJをしてもらったな〜
と思って挨拶したら、覚えててくれた模様。
ミーハーにちょっとうれしかったりして。
 
 
で、1週間たまったコールタールのような
疲れに勝てず、会場を後にしようとした午前2時すぎ、
ちょうどそこに、福本さん登場!
 
そうです。福岡初のリアルクローズの祭典となった
「福岡ラブ&コレクション」のプロデューサーさんです。
よく、KBCのドォーモにも出演されてましたね〜。
あのイベント以来でしたが、あいかわらず素敵な笑顔!
酒くさいハグを繰り広げとりました。
 
OTOKO.jpg
 
 
あ〜、暑苦しい。
けど、一番右は、Act.のオーナースタイリスト:福ちゃん
その左は、熱い男:ロイズの上野社長。で、福本P。 
みな「すごいよ、あんた。」な人ばかりで、刺激になります。
 
やっぱり、ちゃんと自分のシゴトを、
大きな目標とか、自分の理想とかを
責任もって「形」にする、または、しようとがんばってる人は
かっちょいい。
 
やっぱし、男はかっちょよくなきゃいかんと、
返す返すも思うわけです。

 
 
で、ぐっと世俗的なマーケティングな話に変わりますが、
近頃密かに気になっていたのが、このコピー。
 

いいクルマが 好きだ。
男ですから。

 

そうです。
ホンダ新オデッセイのメッセージです。
ティザー(事前)CMは、中央線がヘッドライトに浮かび、
追い越し車線へ車が加速する・・・みたいな
いっさい車が出ないやりかた。
89年かなんかの、日産シルビアの登場を彷彿とさせました。
あのときの、ティザーは地球だけが15秒映るという大上段なもの。
さすが、バブル。

 
男だからとか、男のくせに・・・っていう言葉すら
あまり言えない世の中になってて、
特にマーケットを絞り込むのには勇気がいるご時世で
「男」だけの目線でコピーをぶつけてきた、この展開。
 
近頃、日本車の宣伝展開とか、
全く耳にも目にも入らなかった僕は、
非常に個人認知率がぶち上がってました。

そして、本CM。


↓画質悪いですが。。。
 
 
 

かっちょいい。


日本中の女性の何割かが、
「オデッセイ買ったら?」と彼氏とか旦那とかに
言ってるのが、目に浮かびます。

 
で、言われて

「オデッセイありかな」

 

と男側に思わせる、コピーと「かっこよさ」。

そうか、女性も十分ターゲットになるコピーなんだ。





(ホンダのオデッセイのサイトで高画質CMが見られます。)




ちなみに、先日見つけた
英国「コスモポリタン」誌が、先日発表した

「世界一 セクシーな男性ランキング」


 
 
<1>ジョニー・デップ(45)

<2>ジョージ・クルーニー(47)

<3>ジェイク・ジレナール(27)

<4>ダニエル・グレイグ(40)

<5>ブラッド・ピット(44)

<6>ジェームズ・マカヴォイ(29)

<7>ジャスティン・ティンバーレーク(27)

<8>ウィル・スミス(40)

<9>デビッド・ベッカム(33)

<10>ウェントワース・ミラー(36)



ジョージクルーニーさんは、第2位。
さすが、世界のHONDA。


で、

上のランキング。

来年、晴れ晴れしく「40歳」を迎える僕が着目したのは、 
「セクシー」というカテゴリーでランキングした場合の
年齢分布である!

10名中5名が40代!



以下、
20代:3名に、30代:2名。


そうか・・・・。
孔子曰く、不惑の40代は、セクシーに相通じると・・。



惑わず、自分のスタイルを確立した男が、
「セクシー」さを身にまとうことができると!!


 
 
 
案外、若くない男性の皆さん、
こういうことかな?って、うすうす思ってますよね。多分。




なんか、身近な人から、ハリウッドの
セクシー俳優な話へと昇華していきましたが、
最後にこのCMをどうぞ!








オデッセイのCM、
似てますね。


 
上記ランキング5位の、ブラッド=ピット。

 

ようは、
複雑な企画とかは、いらん。
存在自体がメッセージだってことですね。



さすがに、ハリウッドは行けないけど
せめて、自分のフィールドではこうなりてぇ!




かっこいいの究極は
案外このへんなのか?



シゴトがんばろ!

 
 
 
 


セクシーね〜・・・う〜む・・な方はクリック!

ブログランキング・にほんブログ村へ













cromagnon69 at 23:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)日常インサイト 

2008年10月15日

チャンスの時代っていうとらえかた。


 
 
だんだん寒くなってきましたね。
昼は暑くとも、夜はすっかり涼しい。
「九州ウォーカー」の表紙のタレントの後ろに
紅葉のバックが来ると、秋だな〜と思ってしまいます。

秋・・・

そう、九州に住む者として秋に絶対やらねばならない娯楽。
それは・・・

ドライブです。

 


 
間違いありません。
 
・・とこういうふりで、行楽地の話をすると思いきや、
僕がここでするのは、車のはなし。
 
 
ご存知の方も多いと思いますが、
 

フォルクスワーゲン シロッコ

 
が復活します。
 
 
 
全く車に興味の無い方。すいません。
わかりやすく言えば、一般的にいえば、

 
  
俳優:沖雅也さんが蘇った!

 
 
くらいのインパクトです。


 
そして、これがニューシロッコ!
 
VW-Scirocco-03-lg.jpg
 
 
 
 
 
う〜ん・・・。
萌えない。
燃えない。。。。

まだ、実車を見てみないとわからんですが・・・・
 
 
ちなみに、1974年に発表された、シロッコはこれ。(後期型)
 
5160ac99.jpg
 
いやいや、当時は、かっちょよかったんですよ!絶対!
スーパーカーの一つでしたら!
 
 
で、僕が言いたいのはここからである。
このシロッコなきあと、
偉大なゲルマンカンパニー「フォルクスワーゲン社」は、
シロッコの後継車として、1988年に、幻のスポーツカーを
ドロップします。
 
其の名は、
 

フォルクスワーゲン・コラード


 
 
コラードとは、
スペイン語の「疾風」を意味する「コレール」から命名。

ゴルフをべちゃっ!とつぶしたような、
絶対日本にない雰囲気のスポーツカーでした。 
 
↓これが、コラード・・・

corrado.jpg
 
かっちょいい・・・・
スパルタン!無骨!肉厚!
 
 
しかし! 
 
 
この、コラード。
日本への世紀輸入は、約730台くらいにとどまり、
1995年に生産中止。。。。。
 

で、ですよ。
 
この流れ出いくと、今回復活するのは、
シロッコではなく、コラードでいいやん!
なんでよ! 
屈辱の730台を今こそ挽回しようよ!
ここで、シロッコ復活だと、コラードの立場は!?
もう、完全にシカトやん!歴史上から!






・・・・・と、

どうでもいいことに噛み付くのはなぜか・・・?
 
 
 
それは、

僕が、フォルクスワーゲン・コラードに
乗っていたから!




しかも、ホームページまで持っていたから!
恥を忍んで、1999年8月に立ち上げ、2002年に終結宣言をしながら
もはや、サーバーのパスワードを紛失してて、
自力で消せない(笑)ホームページをこうひょうします。
 
今で言う、ブログを、一生懸命書いている。
あの当時は、ブログなんて言葉は全くなかったけど・・・。
 
↓ コラードのスーパーチャージャーにちなんでつけたサイト名。

 
new-logo.jpg
" SITE G60”
 
 
今、読むと、我ながらアホらしく、ちょいとイタい。
けど、一生懸命だな〜と。
 
 
9年前、自分のホームページを持つことは
まだ周りでも、ちょっと進んでる気がしていた。
WIREDとか買って読んでいた。
 
やってて、何万アクセスとかなる「おもしろさ」に
魅了されつつ、日夜更新していた・・・。


しかし・・・


全くビジネスに繋げる
などとは思いもせず(泣)!

 


 
 
おしい!!
 
 
ちょうど、今をときめく「76世代」あたりが、
大学卒業したばっかしくらいの時代・・・・
彼らは、ひらめきまくり、無人の野を行くがごとく
アイディアが降りまくったんだろうな〜。
 
 
話題がかわってしまったけど、
あなたが今、新しい!楽しい!って思っていることのなかに
すっごい、チャンスとかネタが眠っているのかもしれませんね。
・・・で、10年後とかに、
「あ〜、あのころ俺、案外進んでたのに〜!
 ビジネスにはつなげんかった〜!」
とか言ってたり・・・・
 
 

 
10年一昔の言葉の通り、
一昔前の自分のホームページを見ながら、
今の激変する世の中を思い返すと、
時代に乗るって言うのは、すごい集中力と客観力。
そして、「そうなるつもり」な自分が必要だと思います。。。




 
 
 
10年前なにしてたっけ・・?な人はクリック! 

ブログランキング・にほんブログ村へ   



 
 
 
 
 
 

 
















 
 

 
 
 
 


 
 
 
 



 
 
 



 

 
 
 








http://club.pep.ne.jp/~toshiro/index.html




cromagnon69 at 01:59|PermalinkComments(7)TrackBack(0)くだらねぇこと 

2008年10月07日

軽く気になってるっしょ。


 
 
さあ、月曜日で・・・した。
眠い・・。


なんで、今日は、軽く。
あまりにも、軽く・・・
 
 

 
皆さん・・・

ポッキーの新しいCM見ました?

あの、ガッキーが鮮烈に登場した
ポッキンナベイベーな、ダンシングCMの第二弾が
やってますね。
見た人、気になってません??
 

08_new_p30.gif
 
 
↑ 彼女の名前は、

忽那汐里(くつな しおり)ちゃん
1992年オーストラリア生まれ!!!!!

オスカープロモーションだそうです。
 
 
 
・・・・え?
あ、これだけかって??





いや〜、踊りが強烈だな〜って思って。



では、CMどうぞ・・・!!!
 
 

 
 

かわいい・・・
 
 
   
 
 
 
 
 
 



けど、基本もおさらい。
 
 



 
カ・・・カワイイ・・・

いやされる・・・(泣)

ORANGE RANGEさんたちにも、
ありがとうを・・・(謎)。
 
 
 



どっちも、かわいいからいいじゃん!の人は、クリック! 

ブログランキング・にほんブログ村へ  




 





 















cromagnon69 at 01:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)きれいなお姉さん系 

2008年10月03日

BOX。


 
 
 
友人から、1冊の本を紹介された。
 
 

hako.jpg
 
”自分の小さな「箱」から脱出する方法”
(監修:アービンジャー・インスティチュート・ジャパン)
 
 
自分の”小さな箱”とは何か?
 
 
例えば、
大手クライアントの、大きなプレゼンが開催される。
福岡で年間5億円の大アカウントで、会社の命運もかかる
絶対まけられない勝負だ。
 
そこで、我が社でも
各セクションから人選され、プロジェクトが立ち上がる。
そして、課題解決のミーティングへ・・・

というシチュエーション。
 
 
しかし・・・・
 
 
同じチームの中に、あなたの強敵なライバル、Aが入ってる。
彼とは普段からも、なんとなく馬が合わない。

前のプレゼンでは、彼のアイディアが採用され、我が社は勝った。
そして、今回のミーティングでも、
彼が、なかなかのアイディアを出した。
 
それを聞いた、まわりのメンバーも「なるほど」などと
賛同している。


それを見ていたあなたは、焦った。
また、Aのアイディアが功を上げる・・・・・

そして、あなたは、発言した。

「Aのアイディアは確かによかばってん、
 それは前やった、○○の失敗事例に似とると思うんよね。
 今回、そのやり方では同様の結果になるっちゃないと??」

 
 
 
 


さあ・・・


この本は、この瞬間を問いかけます。


 
 
この時の「あなた」の「心のありか」はどこでしょう?
 
 
「絶対に負けられないプレゼンだから、
 戦略は、間違うことは許されない!」
 
 
あなたは、すっかりこの「大正論」にのっとっており、
その大義名文をもって、堂々と異を唱えているんだ!
というつもりに完全になっています。
そこには、何も間違っている自分なんかいません。
 


この瞬間です。



「あなた」は、「箱」に入った。

 



のだと・・・。


つまり、

「プレゼンに勝つアイディアを探し出す!」

という、自分の、そしてチームの目標が、いつのまにか、

ライバルAの意見を、
 

 
「採用させないためのアイディア探し」



というふうに、、

目標が、すり替わって
しまっている!

 

ということだと。




ま、これは極端な例かもしれないけど、
日常生活を、この本の理論で見ていると、
本当に、すぐ「箱」になっている人を見かけます・・・。



例えば、上司が部下をしかる。
この時の上司の目標は、
「部下が、誤りを経験に変え、高いモチベーションで以後、成長する」
ことに違いないでしょう・・・。

しかし、「箱」に入っている上司は、
いつのまにか
「どういう言い方をしたら、部下が辛いか?」だったり、
「どれくらい、俺は仕事で苦労しているか?をわからせるため」
だったりに、大きく目標がそれています。

そして、そのうち、

「この部下のせいで、俺はこんなに苦労して、無駄な時間を使わされて
 なんて、かわいそうなんだ俺は!
 やはり、もっと部下には辛辣になってもいい権利が俺にはある!」
 
と、

「自己欺瞞と言う名の”箱”」

 

にどんどん入っていきます。
 
 
  

僕の文章では、このくらいしか伝えられません。ごめんなさい。
 
しかし、この本は一人の男性の物語風に進んでいくので、
よくある説教くさい本ではなく、す〜ぐ読めます。


そして、イタい・・・です。ぜひ読んでみてください。


「あなたには、問題がある。」・・・・はずです。
 
 
 
 
で、この本の、監修は、アービンジャー・インスティチュート・ジャパン。

少し前から、
ここの日本代表でもある、
陶山さんと仲良くさせていただいている。
 
 
プラザホテルプルミエで、ランチしてても
本当に、いい話ばっかし!!!
 
 
で、その陶山さんのお誘いで、
「いろんな楽しい人がくるよ〜」っていう飲み会に参加した。
 
 
4peple.jpg
 
左は、その陶山さんを紹介してくれた、
おなじみ、シャンプーボーイのトップスタイリスト
SHOJIさん。

その右は、
著書多数、同じ歳とは思えない知識と教養の
岡崎太郎氏。氏の提唱する、モチベーションシートという手帳を
僕、今使ってます。これは、また後日リポートしますね。
 
その右上は、
ドクターシーラボ元社長 池本克之氏。
この方、物腰と言い、話す内容といい、最強です。

その下、笑顔が素敵な紅一点は、
年商200億を越える地元企業:JIMOSの
執行役員CMO:リンダさん(はやしださん:笑)あ、最強はこの人かな・・・?
 
 


あ〜きりがないですね。
 
allmen.jpg
 
これが全員!
前面の不良大人2名が目立ってますね。


左が、この「箱」の本を世に送り出した人の一人
アービンジャーの陶山代表
右は、大名でよく見かける、筑後の大先輩
ココシスの岡部会長。
岡部さんは、危険度マックスでした。。。笑

 
み〜んな、話が死ぬほどおもしろい!!!!!



そして、だれも「箱」に入らない・・・
 
 
息が詰まる程、
心地いい時間でした。
 
 
 
 
自分がわがままなのに、他人のせいで失敗した!
と思った経験のある人は、クリック! 

ブログランキング・にほんブログ村へ

















 




 
 
 
 

 
 




 
 

 
 
























 








 







 
 


 
 
 

 
 





cromagnon69 at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)遊びの記憶 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク