2010年03月

2010年03月12日

プレゼンに負けるということ。


いか〜ん!
1週間更新できなかったら、
と全サラリーマンランキング。
4300ブログ中・・・再び11位から、21位へ転落!
ベスト10に入りたい!
クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  



先週末から、一瞬にして1週間が経過した。

熊本への出張&プレゼン。
大きなトラブルへの対処をしながら、
その間、
考え抜いてきたある商品のプレゼンを昨日やった。

最初から、無難な内容じゃなかったので、
そう簡単に受け入れられないかな〜?
と思ったが、後輩と二人で行ったプレゼンは
思いのほか、好評で、
面白い!
と数人に言っていただいた。
来週返事が来る!ということで、しばし安心していたら、

今日午前、早くも担当の方から電話が入った。


「申し訳ありません。
 今回は、別の案に決めさせていただきました・・・」


と、非常に丁寧なお言葉・・・


クラ〜・・・と来ながらも、
優しい担当者のお顔が浮かぶことに救われつつ、

「ぜひ、次回も呼んでください!」

というのが、精一杯だった。



プレゼンは、勝つか負けるか?です。

企画を作るために、その商品や周辺状況を研究します。
すると、だんだん本当の姿が浮かんできます。

「やりたいこと」
「やるべきこと」
「やってみたいこと」
「やればよさそうなこと」
「やらんでもいいこと」

・・・・などなど、それを組み合わせて提案する。


自分たちが出した提案を「ベスト」だと信じてるから、
説明にも熱が入る。



けど、負ける。




プレゼンに負けるとは、

その商品を、リソースを投資しまくって
多大な時間もかけてきた当事者=「クライアント企業」たちが、


この方法がいい!
・・・と思ってもらえないこと。



言い訳も、責任なすりもできない、
わかり易い一つの結果が、ただそこにあるだけ。


そして、

嵐のような反省を後悔抜きにやる。


今回は、やっぱり決めの細やかさを求められていた。
戦略を語りすぎて、戦術の詳細を提示出来ていなかった。


・・・というのを手帳に書く。。。




けど、最も、悔しいのは、

自分たちの企画(やり方)が、
どんな結果をもたらしていたのか?
は、もう永久に見ることができないこと。


たとえば、
今回の企画を、次の機会にやらせてもらえたとする。

けど、その時は、市場条件や消費者認知が
消費者認識が、今とは違う。

だから、もう永久に検証できない。


それが、悔しいっ。



企画を提案するのは、
もどかしい・・・・・


けど、そんな気持ちの中、
こういうことをやっちゃわれると、胸がすかっとします。

ramenman













おでこに、「中」の字を書いていくと、
ラーメンが無料に!

(キャナルシティのラースタ)


くだらねぇ(笑)!

けど、たまんねぇ!

この企画を通しただけでなく、

”西鉄にB倍連貼りスペース”で
OOH(交通広告)出してるのが・・・

ラーメンマン使ってるのが・・・

たまらんです。


けど・・・・

もっと話題にする方法があったと思いますよ!
予算とかの問題もあったと思いますが、
こういうネタは、もっと振り切ってほしかった!

次回、ぜひお話ください(笑)。



企画とか提案とか、

快感と失望が共存する底なし沼に生きる僕らは、
大変だけど、そういうのが大好きなようです。



※ちなみに、このOOHは撤去済みです。


では・・・・




cromagnon69 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | マーケティング

2010年03月04日

25年目のWE ARE THE WORLD.


またまたクリック感謝します!
なんと全サラリーマンランキング。
4300ブログ中・・・再び11位!
ベスト10に入りたい!クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  


昨日、福岡の人なら、多くの人が知ってる
「Rika」さんが、ニューヨークでの毎日を
ブログを書いてるよっ!
ていう、書き込みがあってました。

ほほぉ〜・・・とか思ってみたら、
彼女が書いてたのがこれ!




チャンネルもある。
 http://www.youtube.com/user/wearetheworld


ハイチ救済の願いのもと、
25年の歳月をこえて、再び実現したプロジェクト。

「WE ARE THE WORLD 25 for HAITI」


いや〜。

こいつぁ、感動した。


現代のライオネル=リッチーはもちろん、
なんと、25年前の、マイケルも合成された、
すばらしいフィルムです。

今日は、一日詰め込みすぎた感じだったけど、
最後にこのビデオに見入った8分間が
こころをすべて洗い流してくれました。


25年前とちがったのは、終盤にラップで歌われる
部分。みごとなアレンジで、すごくかっこよかったな〜。


こういう、コンテンツって、
まだあと50年経っても、どこかで誰かが
聴いていると思う。
ということは、それにひもづいて75年前の
オリジナル「WE ARE THE WORLD」も。

いろんなビジネスやしがらみもあるんだろうけど、
こういうのを、形にしてくるのが、
アメリカのエンタメ界の凄いとこだなと。


世界の人:20,000,000名近い人が
視聴してる。すごいな。


今日は、気分が澄んでるので、これで寝ます。

Rikaちゃん、あざぁっした。
NYでも、がんばって。



 

cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常インサイト | 音楽系

2010年03月03日

ヂカギキ Vol.04


またまたクリック感謝します!
なんと全サラリーマンランキング。
4300ブログ中・・・う〜む、12位。
ベスト10に入りたい!クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  


ひな祭り。東京行ってました。

0303tokyo












赤坂の泊まってたホテルから。

東京出張は、
ヂカギキの準備のためでした。


だんだん、
皆さんに知られる所となってきました(ありがたい!)、
福岡県のアジアユースカルチャーセンターさんがやってる

                asianbeat presents
”凄い人にヂカに話しをキクというプロジェクト”

「ヂカギキ Vol.04」

今回は、また「キテ」ますよ。
まずは、この動画を見てください。
75秒しかないので、とりあえずぜひ。



これは、実際に「テレビ朝日」で放送されたものです。

「非提供」


とか初めてみました(笑)。

このアニメは「鷹の爪」という作品ですが、
「ヂカギキ Vol.04」のゲストは、
こういう「センス」のアニメを作り、
そして、全国のテレビ局に、
広告代理店とほぼ組む事無く(笑)
コンテンツをヒットさせ、さらにはDVDやグッズまで
大ブレイクさせて、さらにさらには海外への
進出も企てる掟破りのコンテンツメーカー・・・

(株)DLE(ディー・エル・イー)代表取締役社長 椎木隆太氏
 
f4b84f995eaf98












この「鷹の爪」をはじめ、作品は多数。
独自のセンスと世界観でアニメコンテンツを制作。
地上波テレビ局、特にローカル局と組んで
作品をヒットさせるという独自の手法。

ちなみに、この「鷹の爪」は三度映画化され、
某劇場では「アバターを抜き」興行第一位に。

その記念として、DVD

「THIS IS 一等」

を配布するなどしている。


また、話題になっている「パンパカパンツ」は、
SBS静岡放送のみでしか放送されていないが、
口コミやネットで話題を呼び、このDVDは
オリコンランクインとかしている。

ちなみに「パンパカパンツ」はこれ。



ウ〜ン・・・・やばい。

静岡の子供達に大人気。
いや、大人にも。



詳しくは、DLE社のホームページ
見ていただければわかるが、
他にも、いかした作品は山ほど!


◆フラッシュアニメでテレビアニメ化。
◆低予算だけど、ハイセンス。
◆ローカルからブレイク。
◆DVDが売れる。グッズが売れる。
◆全国で話題になり、ビジネスは拡大する。
◆海外の玩具メーカーと提携(ハズブロー社)。
◆アジア圏のコンテンツメーカーと提携。

そう。

やってることは、チープなフラッシュアニメ
なのである(失礼!)。

しかし、この「DLE」社は、圧倒的に支持を得て
多くのファンを持ち、

クールジャパンの旗手として
フランスにアニメを制作/輸出。

”KIRA KIRA JAPON"
side_public-relations_09




その舞台となった「島根県」への、
フランス人旅行客が、前年比180%なったりとか、
しられざる、スゴネタ満載です。

たぶん、また絶対おもろいです。
名作も会場で、沢山流します。

・コンテンツメーカーになりたい人。
・なにかコンテンツ作ってる人。
・自分(自社)の商品をブレイクさせたい人。
・アジアにコンテンツや情報を仕掛けたい人。
・そのセンスの秘密を知りたい人。
・プロデュースっていう神髄にふれたい人。
・日本が目指すべき、ビジネスの形にふれたい人。
・テレビの復権を信じ(たい)る人。

そんな、人にぜひ聞いてほしいです。

東京で実際お逢いした、椎木さん。
ネタ持ってますね〜(笑)

元々、asianbeatのプロデューサーのA君
教えてくれた、DLEさん。
会社も楽しそうでした。
楽しい仕事っていうのをやってる人に会いたい人・・
もぜひ来てください!

hakase



















DLE社 入り口にいた、レオナルド博士



ちなみに、クロマニヨンは、
この作品がだい好きです。


では、ぜひ皆さん、ヂカギキに来てください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[イベント開催概要]
■開催日 2010年3月23日(火)
■場所  アクロス福岡3階「こくさいひろば」
■住所  福岡市中央区天神1−1−1
■チケット料金 一般1,500円

※120名限定、売り切れ次第販売終了

■チケット取扱先及び問い合わせ先

オンライン申し込み
はこちら!

・アジア・ユース・カルチャー・センター
福岡市中央区天神1−1−1アクロス福岡3階こくさいひろば内
電話:092−400-6640

・BBDO J WEST Inc
担当:コヤナギ
電話:092-751-2466

<「ヂカギキ」過去実績>



cromagnon69 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地方からのブランディング | 心意気系
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク