2010年05月

2010年05月30日

東大生マーケティング


ちょいとネタ的に古いけど、
2〜3年前から始まった感のある

「東大生マーケティング」


とも言える世界がありますね。


アマゾンで「東大生」と入れると
おびただしい数ヒットします。

東大合格生のノートはかならず美しい







東大合格生のノートはかならず美しい
著者:太田 あや
販売元:文藝春秋


これが東大生・京大生の部屋だ!







これが東大生・京大生の部屋だ!
著者:朝日奈 ゆか
販売元:扶桑社


東大生が教える超集中術







東大生が教える超集中術
著者:小平翼
販売元:ダイヤモンド社




ま、日本の最高学府である
「東京大学」に行った(行ってる)というだけで
バリューがあるっていうのは、間違いなくて、
それをビジネスにしていくってのも
当たり前なんでしょうけど。

で、先日、熊本出張行ったときに
見つけた一品がこれ。













coffee-todai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



東大合格生の飲むコーヒーは
かならず美味しいのか?

by UCC


う〜ん・・・
UCCさん、やっちゃった感じがなきにしもあらずですが(笑)

これ、文芸春秋社さんとコラボして
作ったらしいっす!


して、そのお味は?????????????






薄い(笑)!







考えた。


企画ばっか考えている
広告マンの飲むコーヒーは
かならず・・・・


なんでしょうか?

UCCさん、あ、いや、

サンガリアさんで
いいので(笑)


出してみては!?

夜中、一回は飲みます!









cromagnon69 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケティング | 日常インサイト

2010年05月27日

iPad,iPad,iPad


ほら! 
明日28日AM8時発売の
Apple「iPad」です!



ipad01





















先に、買いました!!










嘘!


すんません・・・



パートナー企業の経営者の方が
いち早く、アメリカで買ってこられているのを
触らせてもらいました。




昨日買った「クリエ」・・・・

courrier

 

 

 

 

 

 

 

 

アップルが世界を変える。



単なる、新製品じゃありません。

人間の生活を変える商品を出しまくるアップル。



Macintosh  iMac  iPod  iPhone  

そして、

iPad

詳しいことは、明日から死ぬほど出てくるであろう
レビューにお任せするとして・・・・


ipad02

 




 

 

 

 













iPad  

また人間の生活の一部いや多くが
変わってしまう予感がしました。


インタビューで、アップルのジョナサン=アイブさんがいう。

「なんだ!iPhoneが大きくなっただけじゃないか!最低!」
とも
「わお!iPhoneが大きくなったんだ!最高!」
ともいえるでしょうね。

あれができるとか、あれはできないとか。

けど、大事なのは機能じゃなくて、

ユーザー体験(エクスペリエンス)
における感動なんですよ!



すげぇ、自信!
けど、さわると、それ正しいって確信できます。


「タブレット」というカテゴリーがブレイクします。

ほしい・・・・



cromagnon69 at 18:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)マーケティング | マテリアル

2010年05月26日

近頃、全部刺激。


tokyo-scene












東京行ってました。
上海ほどではないけど東京は、やっぱし東京です。


これは赤坂見附のホーム。
ついに、大型液晶のサイネージが壁に。
mitsuke-tv












確かに、人が多く無いともったいないけど、
並んでいて、映画の広告はかなりのインパクト。
博多駅に着けてみませんか?(誰が?笑)


お仕事は、人に沢山逢うこと。
お仕事の交渉と、お仕事を仕掛ける話と・・・。
ネタ盛りだくさんの東京出張。

kuuta-ginza












夜は、先輩に、
銀座の「く〜た」へ連れてってもらいました。

西中洲と大楠には行きますが、噂の銀座店。
店長、板さんも福岡で修行して、任されてました。

満席。
はやってます!誇らしいです。
蚫とかヤバかったです。
文句ないお食事。


さんざん飲んだ後、、
あの、ビートたけしさんが「くまさん」と慕う
料理やさん「燻」(くん)の系列店、

銀座の「煙事(えんじ)」へ。
この日、同店は10周年!

もちろん、この系列に来たら・・・・


enji-curry












極濃カレー!和田門以上の濃さ!
奥は、10周年記念メニュー「イカスミカレー」。


あきらかに、厳しい街で、
皆を満足させて成功している店は、
こうして着実にある。

成功の秘訣とか、
成功の秘密とか、
御託の前に、こういうところに行けばわかる。

ただ、やるかやらないか?の方が大変とうことも。

大好きな雑誌「クリエ」が新装刊。
courrier













この雑誌のように、外から見るということ。

福岡という田舎から来たよそモンは、
この「クリエ」な視点で歩いていると、
東京はどこにいっても楽しいです。



東京の当然を、
地方に、ちょいアレンジして持って来る。



クセになりそうです。
お楽しみに。




cromagnon69 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 日常インサイト

2010年05月22日

アバクロ福岡看板出てる。


三越さんと、岩田屋さんが一緒にお中元セールの
プロモーションやっとります@三越ライオン広場。

mitsukoshiwataya












三越伊勢丹ホールディングスだもんな〜。

昨夜は、某ファッションビルの役員さんと
敏腕女性イベンターが、別々に偶然東京から来福。

皆知り合いと言う事で、
贅沢微糖なゲストメンバーで
イタリアン「オステリアインクローチ」から、
BAR「バキューズバサン」、
そしてラストの「うどんのウエスト」まで、
どっぷり、酒浸りでした。
(ウエストでも仕上げビール・・・)

ご一緒いただいたお二人は、
全国を相手に、色々刺激的なこと仕掛けながら、
その中で人脈や、実績を積んできてらっしゃいます。

いわば、成功されてる人。

どちらもエンタメな業界っていうのはありますが、
ホント楽しく話しながら、こんな風に成功してる人の
一つの法則を感じました。


マイペース。


さらに言えば、

空気を読まない。

いえ、これオレ的に超褒め言葉です
「空気読めない」ではなく、

「空気を読まない」。

かのミシュランシェフ
松嶋啓介氏も言ってましたね。


ま、とにかく刺激的かつ愉快この上ない夜でした。




で、その帰り(超深夜、いや朝方)、
大名西通りは、アバクロ福岡店予定地の前を通りました。


111110













ビルボードが出てます!


"FIERCE 11/11/10"

ふ〜む。

"FIERCE"は、アバクロのメンズフレグランス
”フィアース”のことですか?

それとも、文字とおり、
”激しいぜ!”的なコピー??

11/11/10は、
11月11日10時ですか?


2011/11/11だったらどうしよう?笑

なかなか開店しないことが
その手の情報に無知な我々の中では
いぶかしがられておりますが、
ついに、この日にオープンでしょうか?

それとも、オープン日はまだ未定で
ニュー”フィアース”の
単なる告知看板だったりして!


どちらにしても、こういう

情報不足戦略

だい好きです!


ちょいと貸店舗ストリートっぽい
西通りを、新幹線開通までに復活させたいですね〜!




cromagnon69 at 20:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)くだらねぇこと | 日常インサイト

2010年05月21日

ヂカギキ Vol.05 前澤氏チケット完売御礼。


6月11日(金) 「ヂカギキ Vol.05」
ゲスト:ZOZOTOWN主宰  前澤友作氏。

kanbai














開催20日前にして、
チケット完売!


ありがとうございました!


本イベント主催の「asianbeat」さんのホームページ
中心に、AFROさんなどにも掲載していただき、

一気に注文が入って完売しました。



「次、ヂカギキ、誰ですか?」

という質問が、嬉しくもあり、プレッシャーでもある
今日この頃ですが、

ZOZOTOWNを作った男
前澤さんの
成功のストーリーはもちろん、
仕事感とか、
人生感とか、

そんで、
福岡の客観的なイメージとか
福岡への提言とか、

色々引き出してみたいと思います!!



開催20日前を切り、
今日も引き続き、チケットの申込あっているみたいですが、
お断りしている状況です。
誠に申し訳ございません。



チケット申し込み済の皆さん
ありがとうございました!

プレミアチケットです!


コヤナギ、今回も司会もやらせていただきます。

文字通り「ヂカ」に「キク」、
質問の時間も設けますので
自分なりに質問とか、考えていると楽しいかもです。



では、とりあえず、御礼でした!!






cromagnon69 at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)心意気系 | 地方からのブランディング

2010年05月20日

福岡外食のバイブルとなるか?ソワニエ創刊!


6年間続いた、
福岡の外食バイブル雑誌  「epi(エピ)」  から
外食専門編集長(?)

弓削聞平さん

が身を引いて、1年。


「グルメ雑誌」というスタイルは多々あれど、
飲食店の広告を基本取らず、

福岡における飲食店の、本当にいいところを
見つけようとする態度を貫くやり方は、
収入の面から見ても相当大変だろうと。

しかしそれでも、
読者としてこれほどよみごたえがあり、

使えるメディア

は他になかった。


その仕掛け人である、こだわりの人

弓削聞平さんが、ついに「グルメ雑誌」を今日創刊した。


sowaniehyousi














「ソワニエ」

早速、送ってもらったので読ませてもらった。

ソワニエ・・・とは、フランス語で「上客」のことらしい。

yugesign













この雑誌の冒頭、弓削さんは書いている。

いつも高い金を払ってそうなるのではなく、
「お店に大切にされる客」・・・それこそが
「ソワニエ」だと。

もちろん、お店に媚びるんじゃなくて。

お店に

「また来てほしいお客さんだな〜」

って思われれば、外食ライフが何倍も楽しくなる!と。



ま、言われてみれば当然ですね。
馴染みのお店。
居心地いいっすもんね。




一つ、「epi」と違うのは大きさ。

hikaku

 

 

 

 

 

 

 


一回り小さいです。

最初、この話を聞いた時、見にくいのでは・・・?
って思ったけど、

全然大丈夫です。しかも、保存し易い絶妙の大きさでは
ないかとさえ、思いました。

nakami














コンテンツも、今まで通り。

「安くて美味な最強
 コスパレストラン」特集!


使えます。

もともと、弓削さんが「epi」を離れた時に、
多くの人が、「もったいないやん」「残念ばい」って
思ったし、実際言われたそうです。

それ聞いて、

「食い物がウマい福岡」の街の
本当のグルメ本の火をたやすまいと、

エフエム福岡メディエントさんが
バックアップして、
新しい本が誕生したのだとか。


とはいえ、想いだけでは、立ち行きません。


みなさん、この本買いましょう。
480円でこんな情報を自分じゃ仕入られましぇん!

広告屋さん、スポンサーさん、広告入れましょう。
とりあえず。笑


そして・・・・




どっか飯食い、行きましょう!
(飲み行きましょう!でも可)





cromagnon69 at 11:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)日常インサイト | 地方からのブランディング

2010年05月18日

フンドーキンレディース。完全無欠のイベント。


僕は、前も書いたが
(三井)グリーンランド遊園地に11年勤務した。

ひたすら来る季節毎にイベントをやった。
最も小さなイベントは、
遊園地内でやった、雨の日の屋内ドラえもんショー。
観客1家族、3名。

最大のものは、当時最強だった
「モーニング娘。」のライブをゴルフ場の
フェアウェイで開催した。
観客は2公演で、35000名あまり。

イベントに携わると、逃げられない。
すべてのことが気になる。すべてに対処せねばならない。

けど、成功に終わった瞬間、世の中が違って見える。
その感触と感覚を味わうのは、格別だけど
それまでは、ご想像の通り、そーとー辛い。

しかし、この日曜日。

このイベントの関係者は、
世界が違って見えちゃったなぁ〜っていうものが
開催されてた。


panfu












           

フンドーキンレディース

@福岡センチュリーゴルフ倶楽部


生まれて始めて、メジャーのゴルフの試合を見に行った。

前まで「ヴァーナルレディース」という名前で
行われていた、女子プロの試合だ。

このイベントを、受け継ぎ、

今年、なんと、
150周年を迎える「フンドーキン醤油」さん
が開催したのだ。

RKB毎日放送と僕の会社のフンドーキンチームが
当日まで様々な準備をしているのを
横目に見ていたが、

ま、そーとー大変だったに違いない。

いや、スポンサーである
「フンドーキン醤油」さんの担当も
滅茶苦茶死にそうだったに違いない。



そうして、1週間前。




週間天気は、
雨を告げた。



フンドーキンチームの責任者の
田代慶太は、ウチの全社員に、


雨が降らないように
皆で、念を送ってください!



とメールをうってきた。


大真面目に。



ばかげてる?

いや、人間最後はこういうことだということ。
田代は、当時、僕がライバル視していた、
「スペースワールド」で、イベント張ってただけある!


そうすると、どうだろう。



週間予報の雨は、一日ずつ、ずれた。


そして、イベントの3日間。

fundokinladies












すべて、快晴。

文句無く、快晴。



そして、
横峯さくらちゃんが
劇的に今期初優勝を果たし、
しかも、口蹄疫に寄付すると言う美談も飛び出す。

視聴率は、
女子プロゴルフで、9%を越える。

観客が3日で、18000名を数える。

そしてなにより、

プロモーション的に言えば、
横峯さくらちゃんの初優勝は、
全国のニュースや新聞、
今後の雑誌掲載などへの露出で、
おそらく「億円単位」の換算価値の拡大を
もたらしたはずだ。

なにかと
「フンドーキン」「フンドーキン」と
言ってくれるのだ。

これが、メジャースポーツへの
スポンサードの凄さだなと実感した。

monitor-fundokin













九州の、大分の小さな街の企業が
全国のメディアをにぎわせる。
東京の当たり前を地方でやると、
壮絶にインパクトがある!

皆様、おつかれさまでした。


皆、ツイてる!

そして、念が通じた。



皆さん、ぜひ一度ゴルフ観戦を。

そして、150年を迎えた
フンドーキンさんをよろしくです!


「フンドーキン」名作CMバンクへ!

僕は2005年の「木樽篇」とか好きです。
あ、いや、2007年の「時の旅人」篇か?
あ〜・・・







cromagnon69 at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 日常インサイト

2010年05月17日

上海で、中国の若者と。


昨日書いたブログに「上海」で検索して
入ってくれた人が、多い事多い事!
そういう街なんだなぁ〜と思いつつ、

もう一発「上海」での細かい話。


2泊世話になった、「上海明珠大飯店」の部屋。

china-room












クラシックなムードあふれる部屋なのはいいが、
テレビの説明書とか、
完全に中国語しか書いてない。

電話も、同じ。

う〜む。万博時期とは言え案外高かったのに、
全然国際ホテルじゃぁねぇじゃん!

・・・と憤っていたら、

不意に日本が出現!!!








syodokuzumi












「消毒済み」


う〜む。
ある意味、日本人のツボを押さえた、
国際ホテルだと確信(笑)。
ま、日本語はこれだけか。

・・・・と失望していたら、




なんと、このトイレは、

image-global




我らが世界の「TOTO」だぁ〜!!!!!


ほら!



cotto












"COTTO" やんけ!




そんな、アナーキーカントリーさ
少々途方に暮れていると、
我々の感覚でも舌をまく、優秀な若者に出会った。


kaku-china












その名も、郭(かく)くん!


彼は、早稲田大学にいた経験を持つ、
ロジカルにして、ハートフルなナイスガイ。

ステレオタイプな日本人の僕が、

「中国ってさ、なんでも情報とか統制して、きびしくないと?」

と言うと、彼は迷いなくこう言った。


「いえ。国がこれくらいの規模になれば、
有る程度の政府の統制は必要だと思います。
ただし、国民を元気にするというコンセプトで」


「逆に、日本のマスコミは、
自分の国の人々の元気を失わさせ、
がっかりすることばかり一生懸命、
流している気がします。」


「だから、国を良い方向に持って行く、
ある程度の情報統制・・というか、
先導は絶対必要です。」


完璧に自分の意見を持ち、バランスが取れている
28歳の若者に大完敗である。





中国=マナー無し。モラル無し。偽物天国。

って感じだけど・・・・


14億分の**の人間は、
たぶん相当凄い。


その一端を垣間みた、数分の会話でした。


で、何の可能性を見出したんだ?
クロマニヨンさんよ?





cromagnon69 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと | お仕事の記憶

2010年05月16日

上海は。中国は。


淮海路(ワイハイルー)と言われる通りにあった、
文字通り「Wifi(ワイファイ)」(笑)が使えるカフェで
このブログに「上海なう」と書いた。

あなたは、上海。中国。と聞くと何を想像されますか?
あなたは、上海。中国。と聞くとどんな印象を持ちますか?

今回、5月13日〜15日の3日間
FACTのAtty氏とREMEDIAのEtty氏の3名で
上海に出張した。

上海で合流した、我がチームのmetanikaくんも含め
上海で、本腰で中国という国を

「ヂカ」に浴びまくってみた。




china-chinakan












まず・・・・
よくテレビに出てる、この上海万博の「中国館」は、
あなたの想像の3倍はデカいです。

やりすぎです。


spain&bridge












超巨大な橋全体が光る演出。
見た事がない光景がある場所。

エコとか全く眼中にありません。


china-baby












世界のアーティストが全力で競う場所。



↑ 必見です。ちょっと怖いけど。 



で、

bus-china












とにかく人が多い。
「人が行く場所は、とにかく混んでいる」場所。

おのずと、パーソナルの距離感覚が日本人と
全く違う。


old&new












高層マンションと、長屋のような
ありえないような居住地が混在する場所。

1〜2度行ったくらいでは、
貧富の差とか、ここの平均とかが、全くわからない。



yoen












けど、2000年前の風景も、ラクショーである場所。


同行した、Atty氏と話した言葉。

中国のことを、
もはや、好きな国とか嫌いな国とか、言ってるレベルの国では、なくなっていることを自覚せねばいかんですね。

もう無視できないほど巨大になってるってことです。

と・・・。

本や新聞で読んで、頭でわかっていても、
行くと一撃でそう認識せざるを得ないインパクト。

ビルもやりすぎに高い。
人も、やりすぎに怒る。
店も、やりすぎにボる。

けど、やりすぎなほど人口いるし
有る程度、ジコチューでなくては
一人一人の、人間としての有り様が希薄になるのではと。


どうも、上海の圧倒的人ごみの中にいると、自分の価値が
明らかに薄まってる気がしました。

地上100階建てくらいのビルを、
竹の足場で建てている様を見ながら、

そして、地下鉄が一瞬で出来た!
っていう現地の人の証言を聞きながら、

何事に関しても、
”無理”という概念が、
かなり日本と違う国だと思った。


さあ、どんな可能性が見えたんだ、オレ!


あと、何回か上海について書きそう・・・・






cromagnon69 at 23:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 日常インサイト

2010年05月14日

上海なう

上海なう
…って、中国からは
ツイッターはブロックされて繋がらないのさ!さすが、中国!

いまこら、
すごい人に会います!(笑)

cromagnon69 at 15:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日常インサイト 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク