2011年09月

2011年09月18日

至難の旅。


一昨日の金曜日。
「レソラ天神」が、「バーニーズニューヨーク」のオープンにより
グランドオープンになりました。

夕方、今回、BONDの「バーニーズニューヨーク」取材で
お世話になった、今回のプロジェクトのリーダーである
小柳さん(同姓にして福岡出身:笑)とカフェでお茶しながら、
そのすがすがしい笑顔に、オープンを納得のうちにやり遂げた
心のうちを伺いして、こっちまで幸せな気分にさせてもらいました。

bny-recep














(BNYのレセプション風景。店の作りがすげぇ!)


毎日のシゴトに流されず、
しっかりとゴールを定めて進む。
このBNY福岡店のオープンも含め、世の中の
トピックスはすべて「プロジェクト」として立ち上げられる。

誰かが「想う」。
誰かが「(プロジェクトを)打ち上げる」。
誰かが「賛同する」。

そして、大きなうねりとなって、社会を巻き込む。
現に、BNYのオープン当日は、16社もマスコミが来ていた。
社会が呼応する。好き嫌いに関わらず、影響を認めているから。


毎日、色々な方々と、胸躍るお話をしながら
中には、胸躍るどころではない、凄いアイディアに
触れたりする。

そして、強く想う。

「なんとか、したい」


しかし、やるには、時間も資金もいる。

そして、なにより、
覚悟がいる。



福岡県飲酒事故件数全国ワーストワン脱却作戦
「オペレーション:DDD」(「いいね!」おしてください!)も、
想ってから、実行にうつすまでに、8ヶ月かかった。

今も、けっしてまだ大きくはないけど、
やはり、一番の障害は覚悟だった。
自分に、イラつく局面もあるくらい、覚悟は大変だ。


社会が「こんな感じ」になってきて、
自分も40歳を過ぎてきて、
いよいよ御託ならべて、だらだら先延ばししてる
暇はねぇな!っていうのが、近頃の心境です。

昨日、熱い打ち合わせを土曜の昼下がりやってた時に

「今は、コンセンサス取るの待ってたら間に合わない。
 行く時は、がっちり信念固めて、ガツンとやらんと
 正しい方向に進まない!」


ちょっと、強引だけど、すごく共感できた。

もしかしたら、凄く優れた総理大臣なら
その方が、復興なんかうまくいきそうだ。。。


つまり、強い使命感を持って共感できる
仲間といかにつながるか?

その大切さを感じます。
幸い今は、こうしてブログに気持ちを書いたり
それを、facebookやtwitterでシェアしてもらえるし・・・。



しかし、そんなものなど無い頃から
凄いプロジェクトは沢山あったしですね。



正にそんな時代のエピソード・・・
これを読んでみてください。


20世紀初頭。
ある日、イギリスの新聞に掲載された文章。




求む男子。
至難の旅。
わずかな報酬。
極寒。
暗黒の長い日々。
絶えざる危険。
生還の保証なし。
成功の暁には名誉と称賛を得る。

"Men wanted for Hazardous Journey. Small wages, bitter cold, long months of complete darkness, constant danger, safe return doubtful. Honour and recognition in case of success."


これは、探検家アーネスト・シャクルトンという人が、
南極探検隊員募集をよびかけた広告のコピー。
 


この広告で、5000名の希望者が殺到したという。

福岡の街を凄くするプロジェクトは
生還の保証がないほど危険ではないはず:笑。


3連休の中日。

 ちょっと、奮い立ったこと・・でした。
 


cromagnon69 at 20:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)心意気系 

2011年09月14日

ひっきりなしの毎日の合間に。



こういうネタ、どっかにも書いたけど再び。




好調だ。
近頃、いろんな、お話をいただくし、
中には、目から鱗のアイディアもある。

もちろん、すべてを手掛けることはできないので、
その中から、自分が面白く、
ビジネスとしても成り立ち、他人が喜ぶことを
選んでやっていこうと思う。


しかし。


問題は、時間だ。

時間は、すべての人に平等というけれど・・・


だから、
僕は、この言葉が好きだ。




一番忙しい人間が、
一番たくさんの時間を持つ。
 


    アレクサンドル・ビネ(心理学者)



もっと、つめこんでやる(笑)!

 
もっと、時間持ちになるために!!






cromagnon69 at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)くだらねぇこと | 日常インサイト

2011年09月07日

ライブに行こう。



よか天気ですね〜。
近頃、日陰が気持ちよくなってきましたね。
色々、またドライブかけてがんばっていきましょう。


で、今日はまず告知!!!

「BOND」で特集したり、
「ルイ・ヴィトン」のすげぇパーティーが開催されたり、

福岡の中でも「この手は気になる」っていう方々が
少しずつ話題にしてくれている「レソラ天神」ですが・・・

さらにのイベントの告知です!

Liveです。

「レソラ」っぽい・・・というと乱暴ですが、
この、天神に出現したオトナのこだわりビルのオープンを
飾っていただきたいアーティストの方々に
ほぼ週代わりで、登場していただくことになっています!!!

ラインナップをどうぞ。


201109_live












9月17日(土)坂本美雨/TOWA TEI
9月23日(金)スガシカオ
9月30日(金)大橋トリオ
10月1日(土)Jazztronik


場所は、レソラ天神5階の
「レソラ天神NTT夢天神ホール」です。


もうチケット販売が始まっているようですので
スガシカオさんは、FM福岡さんの公開収録での
トーク&ライブで招待制です!

くわ〜しくは、下のバナーをクリックしてください!!!

bana_live_s





先日、ミスチルのスタジアムライブに行って、
ビッグバンドの迫力にのっかって、そりゃぁ〜楽しかったですが、
やっぱり、定員数百人のハコでシンクロするのも
たまらんですよね。楽しみです!!

なかなか、ライブに行く!っていうきっかけがないあなた。
会場も、お初だと思います。
ぜひ、いかがでしょうか???



今日は、告知ブログでした〜。






cromagnon69 at 12:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月05日

JOJOとグッチと宝島。



世の中が成熟し、商品はもとより
広告の世界も、あらゆるパターンや手法が出尽くして
ついには、

「売れるモノがない」

「広告でモノが売れる時代ではない」


などと言われて、数年が経過しているように想う。



確かに、色々なものが新発売されていた頃に比べると
広告業界の不況を見てもわかるように、広告で売れるなら
もっと広告の出稿も増えていることでしょう。

けど、iPodや、iPhoneみたいに世の中の仕組みも
変えるような商品も出現してたりもするし。

すべてに諦めていたら、
俺ら全員失業ですからね。



震災、異常気象、超円高、原料食料高、
首相交代などなど、不安定で不安なことばかりの中で
その閉塞感を、なんとかしたい。。。という
想いがあふれるようなものを、ここ数日目にしたので
ブログに書いてみようかなと。

まず、facebookに上げたら、大反響だった、これ。


img_01-1













2011年9月2日朝刊「宝島 企業広告30段」
(拡大!!)

’11.9.2付で、「いい国」にかけてるのか。

そして、66年前に戦艦ミズーリの艦上で
無条件降伏の条項を含む「ポツダム宣言」に
日本が調印した日が、9月2日。

そこに、戦後を統治した「マッカーサー」のシンプルな
そして、インパクトある写真。


日本人に「いい国つくろう!」といいながら、
アメリカの軍用機からマッカーサーが降りてくる画。

すっげぇ、アイロニー。

現代のマッカーサーは誰?何?
やはり「外」の力がいるだろうってこと?


いろいろ勘ぐりたくなるし、
議論したくなる、この手の広告大好きです。

あなたは、どう思いましたぁ??



「宝島社」の社名がついた「宝島」という雑誌は、
僕が中学の頃は、サブカルチャー音楽雑誌でした。
すっげぇ、勉強してた。

その後、おもいっきりエッチ系グラビア満載の
男性誌になり、その後確か金融情報雑誌みたいになって
今は、社会情報雑誌になっている。


今は「40代女子」向けファッション雑誌「GLOW」が
当たっているみたいですね。

2ee78699047c627592cc5596205f95f32-150x191












そういうなんでもありな会社だけど、、
代々、オモロい企業広告をやってきています。

しかも、いつもギリギリの。


これは、2002年の広告(拡大)。

img_02













作り込みが、めちゃくちゃ凄くてオモロい。

国会議事堂の偉そうな建物が、悪の原因という
強引な理論から、なんとなく納得させられる提案が
満載です。

この頃から、政治や世の中に対する「ヤバい」なっていう感じが
広がってきてたんでしょうね。



だって、宝島社の、
1999年の企業広告のメッセージはこれ
でしたからね。





img_01

























     笑ってすごそう1999

これは、さすがに、今、広告うたれても、
すかっとはしないし。。



あの頃だから、やれていた広告。
今だから、問いかけられる広告。


「広告は時代をうつす鏡」なんて言われますが、
宝島さんが、攻めてるのは間違いないですね。



で、攻めていると言えば!!


これまた雑誌ですが・・・・

集英社「SPUR」



大学の時から、かっこいい女性の友人は、
皆「SPUR」を読んでいるイメージがあったのですが・・・

間違いなかった!!!!

01

























創業90周年を迎えるイタリアの至宝:グッチと
執筆30周年を迎える日本漫画界の至宝:
「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦先生の
コラボレーション!!!!!


この表紙凄過ぎ!!!

違和感全く無し!!!



詳しくは、ここ見てください。
JOJOファンにはたまらんでしょう。

予想通り、原画展もあるようです!!!!


へ?これになんの意味があるのかって?
そういう御託は、

無駄無駄無駄無駄無駄無駄
無駄無駄無駄無駄無駄無駄
WRYYYYYYY!!




各書店とも、このSPUR売れまくっているようです。

「イタリアのスーパーブランド」と「日本の漫画家」が
雑誌の特集を通してコラボするなんて、

正に、今だから問える広告。


雑誌というリアルメディアは、
現在、新聞・ラジオと同じく、非常に苦しいマス媒体ですが

こういう話題を作り出す力は、
ハンパないですね。
だから、僕も紙メディア大好きです!!!!



自分という人間は、
自分が生きている、
この時代にしか
アクションはおこせないのだから。


何かの受け売りですが、
僕のノートに、40歳過ぎて書き込みました。

こういうことあると、
かなり響く言葉です!

皆さん、あなたの時代は、
今しかない。






cromagnon69 at 17:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)マーケティング | 日常インサイト

2011年09月03日

触れて想う、ハイブランドの思想。


おつかれさまです。
クロマニヨン・コヤナギです。

気がつけば9月。
僕は、なんとなく9月が一番好きです。
すみれセプテンバーラブです。意味わかんねぇ。


このブログにも、前のめり気味に書いている
クロマニヨンが編集長をしとります、
一流のオトナをあきらめないあなたに贈る
フリーペーパー「BOND」

手に取られた方々から、すごく評価いただきまして、
本当に感謝しています。

ありがとうございます。

まだまだ、配布計画は継続しています。
ぜひ、まだ見られて無い方は、手にとって
そんで、忌憚の無い感想を僕にください!
確実なのは「レソラ天神」のエントランスの平積みです!


で、その「レソラ天神」の1Fにオープンした
「ルイ・ヴィトン福岡店」

今まで、イニミニマニモ、岩田屋、大丸、三越、博多シティと
すべてビル内にありましたが、今回はストリートに沿う店!

ルイ・ヴィトンが路面に出ると〜

lv-gaikan















こんな感じで、風景が変わります。


今日9月3日にオープンしたのですが、
去る9月1日オープニングイベントが開催されました。

今回「レソラ天神」のプロモーションの流れで
我々もイベントの一部をお手伝いしたのですが、
イベントの演出やイメージは、すべてルイ・ヴィトン側が
手がけたもの。

なので、非常に楽しみにしていたのですが、
ふたを開けてみると、その内容たるや
素晴らしいものでした。


普通、オープニングパーティーというと
基本挨拶があったりして、あとは「勝手に立食」的なのりで
いつもと変わらない感じで、しゃべって終了・・・
という勝手な想像をしていました。
まあ、それでも十分楽しいのでいいのですが〜

会場となった「レソラ天神」5階の
「レソラ天神NTT夢天神ホール」へ
パーティー前に見に行ってビックリ・・・

lv-entrance















メイン会場への扉は閉ざされ、
このために楯突けられた壁には

「THEATRE LOUIS VUITTON」
 〜テアトル ルイ・ヴィトン〜

と言う文字が発光していました。
そして200名あまりが集うことになるホワイエには
この日オープンした「リストランテASO」さんが
フルケータリングでマルシェを出店。

こいつぁ、すげぇ〜なと。


そして、沢山の招待客の方々が来場。
LVJの会長、社長、高島市長、そして
お父様と来られていた、東尾理子さんも
同席しての、開店テープカットから始まりました。

僕は受付の手伝いを終えて、
パーティーに戻ると、あのドアが開いていました。

lv-theatre















ここは、正にフランスの「テアトル!」でした。

ちなみに、普通のレソラホールはこれ。

main_ph










もう、一切の妥協はありません。

最初の40分ほどを、フリーにシャンパンやフードで
楽しんでもらい、あとの約60分は、完全に
ステージショーを見せるというもの。


オープニングの、この「フウジンライジン」という
二人組のユニットのセンスの良さには脱帽でした。
このキャスティングはヤバかった。

fujinraijin























なんと地元福岡出身。サンセットにも出演すると
言われてましたよ。


そして驚愕は、

このたった200人のために
シルク・ド・ソレイユ「ZED」から
演者が招かれていたこと!!!!



この方々・・・

img_189146_58974622_1


































この画像は、ネットで拾いました。
この二人のパフォーマンス中は、
カメラを構えるなんてできない緊迫感!!

センターステージの使い道はこれだったんですね。


最後は、韓国のバンドがパフォーマンスをし、
今回のパーティーは終了しました。


最後は全員に記念品!
がっつり、ルイ・ヴィトン:モノグラムに
FUKUOKAと刻印されたコイン&カードケース。

妥協なし。



今回、BONDの見開きでのLVさんの記事取材。
表4に出てもらった広告のやりとり。
そして、今回のイベントの企画〜作り込み。
そして、イベント後の出演者さんのおもてなしまで、

全く妥協なし。


最高峰ブランドにとっては、
当たり前なのかもしれない。

けど、全く妥協無く、常に最高レベルを求め続けるのは
たしかに担う人々は、凄いプレッシャー。

けど、絶対あきらめず、最高のものを提供する。

本当にいい経験させてもらいました。

lv-fellas















写真左から2番目は、今回僕の窓口となり
実質の運営ディレクションされていた、戸嶋さん!


本当にいい意味で「東京のシゴト」を見せて
いただきました。本当に感謝です。




このパーティーに出てた人の多くが、
「いい体験だった」「豊かになった」
「なんか、やる気が出た」と言ってるのを
見て、確信した。

これが妥協無き取り組みの産物だと。




果たして一晩に、いくら使ってるの?

と下世話のことを考えつつも、
こういうのも含め、あの価格だし、
ここまでやるから最高峰のブランドなんだろうなと。

ルイ・ヴィトン。


なんかすごく近くなりました。
実際は別として(笑)。



そして・・・・



次は、バーニーズ!

また、景色がかわってる!

bny-gaikan




























cromagnon69 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日常インサイト | お仕事の記憶
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク