2015年07月

2015年07月28日

星野リゾートの視点と理由。


やっと、夏が始まりましたね。
不思議なもので、本当に暑い日がどれくらい暑いか?って、
本当に暑い日にならないと思い出せないと思いませんか?

あ、どうでもいいっすかね。笑


昨日、朝飯食いながら新聞見てて気になったニュースはこれでした。

「星野リゾート、ANAホテル福岡などを取得」

詳しくは、日経のサイトの記事をどうぞ。



博多駅の東側に「日航ホテル」があって、
そして西側に「全日空ホテル」というイメージだったあのころ。

cimg0564039


ここを、
あの潰れかけの旅館を次々再生し、
しかも、付加価値が高いものに作り直すことでは
日本で最も知られている、「星野リゾート」さんが
取得したと聞いて驚いた。

「星野リゾート」さんは、「リゾート地」にしかないイメージだ。
例えば、「界 阿蘇」。

slideshow_3

界ASOロビー
(ホームページより:俺行ったことないっす・・)


だから、どうして都市部の、競争激しい「シティ・ビジネスホテル」を取得したんだろうかって思った。しかも、福岡だけではなく、広島、金沢、富山の4つのホテルを、400億円も出して取得らしい。ということは、かなりマジで覚悟してるのも見てとれる。

代表である、星野さんはインタビューでこう答えている。

独自の市場調査の結果、地方都市のビジネスホテルが、観光客のニーズを十分に満たしていないと判断しており、ビジネスホテルの運営に参加することで、都市観光市場のニーズに合ったホテルのあり方を模索する」(日刊工業新聞より)


ビジネスホテルといえば、従来、安かろう狭かろう壁も薄かろう、
という「安・狭・薄(あんきょうはく)」(笑)、イメージだった。
実際、ぼくも、昔、信じられないくらい狭い
ホテルの部屋に宿泊したこともある。

しかし、近年、10,000円前後でも
「デザイナーズ」を謳うホテルや、テーマを持った
ビジネスホテルも増えてきたりしてきている。

これは、一見、

「部屋を供給するホテル側の意識の変化」

みたいに見えるけれども、実際は、

「宿泊するお客様の意識の高まり」

で、都心だからこそ、快適で素敵な場所に
滞在したいし、贅沢になっていっている。


観光はもちろん、出張でも、
結局飲んで寝るだけのパターンが多いけど
いいホテルにチェックインしていると、
気分はすごく上がっている自分がいる。笑

当たり前だが、
ホテルが「安・狭・薄」だと、がっかりする。



ここで、星野社長の言葉を抜粋すると、
地方都市のビジネスホテルが、
観光客のニーズを十分に満たしていない

そう。
ビジネスホテルが、ビジネス客のニーズを、
ではなく、
ビジネスホテルが、観光客のニーズ
満たしていないと言っている。
出張者も、観光客としてカウントしてるところが
ほとんどの自治体でそうだと思うけれど、

ようは、星野リゾートさんは、

成熟しまくってる感じがする、
都心のホテル業界に、
まだまだ、やれる隙間が見える!


と感じているということ。


もう、我々がシゴトしていく上で、
こんなに刺激になる
ヒントはないと感じます。



どんなに、やりつくされたと思われる業界にも、
自分のノウハウや、視点を変形させたりすることで、
新しい価値を産み出せるというチャレンジ。


僕の業界も、あなたの業界も
だいたい、やりつくされてるし、
出尽くしてる感、ありますよね?

もう、やりつくされてると。

オリンピックのマークですら、
もう、何か参考にするしかないんですから!笑


ただ、新聞によると、当分は大改装するとか、
運営をざっくり変えることはしないということだったので、
どういう変化を目の当たりにできるのかは、まだわからない。

けど、大きなビジョンがあってこその、アクションなのは間違いないと思う。


「星野リゾート」さんは、
2016年に、「星のや東京」という
地上18階建ての「天然温泉付き日本旅館」を東京は大手町にオープンさせるそうだ。

s-hoshino_mini


「星野リゾート」が目指す、日本の旅館の素晴らしさを、
世界に発信するため
に、日本のど真ん中でやるという。


ここに出したら、効率よく儲かる・・・・

とか、そういう次元ではない世界で、事業やってる気がする。
もちろん商売だし、どんな価格設定になるかもあるので、
褒め過ぎはよくないけど、

素敵な事業は、全部、今までとは違う視点から産まれていて、
そして、それをやる理由が、すごくシンプルで共感できる。

”理由ありき”で、始まっている。

今回の新聞記事をきっかけに、
星野さんのインタビューとかを、たくさん読んだら、
このお題を「ビジネス的に」とか言いながら書くのが、
馬鹿らしくなった。


最後に、この「星のや東京」を発表した時に、
日本の旅館と、海外客の親和性について聞かれた
星野代表の考えがこれ。


日本の旅館文化は守ってもらう。
外国人におもねた宿泊施設では、
西洋のホテルと同じになってしまう
(星野代表)



旅館の主人は「マスター(主人)」であり、
西洋のホテルの「サージェント(召使)」ではない。
対等の立場でサービスをするところに
日本旅館の妙があると。

今更ながらに、素晴らしすぎる!



誰か、星野リゾートに行きましょう!笑






cromagnon69 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常インサイト | マーケティング

2015年07月17日

BOND編集部「世田谷ベース」潜入!◆伸



こちらからご覧の方は
BOND編集部「世田谷ベース」潜入! 伸
からお読みください!


所さんの、詳しいインタビュー内容は、ぜひ「BOND」を読んでください。

なかなか手に入らない地域の方とかは、
8月には、こちらの「BOND-WEB」に

bond_13top

インタビューを掲載する予定です! 

 
さあ、世田谷ベースでの、所さんのインタビューは、抱腹絶倒の面白さでした。

「毎日やることがたくさんあって、起きるのが楽しみだもん!」

こんな毎日をおくる、60歳(!)って、どんなに幸せなんだ?と。
いろんなテレビや雑誌で、所さんの「多趣味」は、何気にわかってましたが、その趣味性の広さだけではなく、深さが半端ないです。

特に、戦車やクルマの模型を、
徹底的にカスタムする、そのこだわりはやばい。
塗り筆の先を切り取って、着色し、
戦車の甲板に落ちた、
弾丸の薬莢にみたてる・・・

などの執拗なこだわりの数々は、聞いてて呆れるほど。

確かに、世の中には、
「モデラー」と言われる専門家もいるかもしれないが、
月に、7本(?)のテレビレギュラーを持ちながら、
この作業をいつやってるんだろう!?って。


IMG_5491


「なんでも過程が楽しいんだもん。その一番楽しい枝葉の部分を、今の時代はすぐに”効率”とか言って、はしょっちゃうよね。めちゃくちゃ勿体無いよ!」


モデルガンのグリップに「手垢が染み込んだ様な塗装」をする難しさ(笑)をお話ししながら、こんな言葉をもらいました。

「効率」「効率」「効率」。

劇的に連絡やコミュニケーションを「効率化」した「携帯電話」が、自分たちをしばりつけ、ますます忙しくしてしまい、そしてもはや戻れなくなってしまった経験をしている、我々世代にとっては、深く深くささる言葉でした。携帯がないときは、デートでの待ち合わせの場所を決めるのも楽しかった。人と会うための大切な「過程」だったんだな、とか考えてしまった。


とにかく、ここ「世田谷ベース」には、夥しい数の「おもちゃ」とか「模型」が置いてあった。

IMG_5494
(ご本人そっくりのフィギア)

そのすべてに、ほとんどすべてに「一手間」〜「億手間(笑)」くらいが、加えてある。
それは、表にあった「クルマ」や「バイク」もそうだ。


なんでも、分解しちゃうの。
そして、無駄なことしちゃうの。面白いかも!って。
そしたら、どんどんエスカレートして、
バランスこわれちゃって、ちょっといじるつもりが、大工事になって、エライ目にあうんだよ。けど、それが楽しいの。買ってきた車とか、模型もそのままなら、何もない「そのままの良さ」でしょ?



所さんは、こんなことを自然に言われる。
何もしなきゃ、何もおこらない。
けど、無駄なことしちゃうと、愛着とか、こだわりとかがレバレッジがかかって、すべてが楽しくなってくる!そういうワクワクの方法を、人生全体として、知ってるオーラがむんむん伝わってくる。


当初、1時間のインタビュー&撮影が、3時間近くに!!!


所さん、自ら「世田谷ベース」の中を隅からすみまで、
面白いものの解説付きで、見せてもらった。

IMG_5486

中身はただの「市販の殺虫剤」らしい(笑)。
けど、こうして「カバー」をつけるだけで、楽しい。


そういうものが、たくさん、たくさんある場所。
それが、「世田谷ベース」だった。


もう永遠に見てたい。。。


なんだったら、泊まってく?
全然いいよ(笑)



本気で、そうしたくなる、
所さんの笑顔で言われながら、
後ろ髪惹かれる思い出、世田谷ベースを後にした。

最初は、所さんの「生き方」!
とか硬いインタビューにしてしまいそうだった。
けど、あの圧倒的な自然体は「生き方」というより、
物事の「感じ方」だ
と思った。


なんでも楽しいよ。
俺なんか、足ぶつけても楽しいもん!
あ〜ぶつけるよな〜(笑)!とかさ。



創刊4周年記念号「BOND FUKUOKA 13」
ぜひ、手に入れてください!!!


そして、所さんと事務所のみなさん、優しくしていただいてありがとうございました!

TOKOROSAN



*写真は許可をいただいて掲載しています。








cromagnon69 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 日常インサイト

2015年07月16日

BOND編集部「世田谷ベース」潜入! 伸


皆さん、やっと梅雨があけそうっすね〜!
これ書いてる時点では、台風が鳥取の方に抜けている最中。
福岡も、しとしとと雨が降り続いています。

さて、皆さん。
16日に発刊した「BOND FUKUOKA 13」が、
そろそろ街中に設置されて行っています。
手にされた方はいらっしゃいますか?

11751769_899151476797444_3663446204669408814_n


この表紙は、もちろん撮り下ろしです!
BONDカメラマン「USHIRO前田」くんの見事な切り取りで、ゲットできた瞬間でした。



さかのぼれば、5月。
BOND 13号の編集会議。

かつて、一度も妥協することなく、登場していただきたい方にアタックしてきたのだが、我々には、どうしても出て欲しい、話を聞きたい!という方の一人に「所ジョージ」さんがいました。
おそらく、全人類の「男子」の中で、最も楽しく、やりたいことをたくさんやっている方の一人。だTれが見ても楽しそうな人って、そういない。それでありながら、日本のトップタレント。なんとか、出て欲しい!!!!その4年間の想いがかなって、今回実現にこぎつけたのでした。

そして、取材日は決定。


そのために、7月某日、我々は「あの場所」に行って来たのです!!!


IMG_5669

  "世田谷ベース”


そう!あの「所ジョージ」さんの「アジト」とでもいうべき場所です。
BSフジでやってる「世田谷ベース」です!
世田谷区は成城の住宅街の中に、忽然と姿を現し、我々は思わず「うぉ〜!」と歓声をあげてしまう始末でした。いや、皆さんも同様の反応になるはず!笑

車を止めて、我々は緊張して待っていました。
目の前には、バカでかいタイヤを履いた「メルセデス」のMLとか、「ボロボロに錆びた塗装」が施された「ピカピカ」の大型スクーターとか、明らかにエンブレムが変えられた「フェラーリ」などが「無造作」に並んでいました。

なにせ、相手は、所ジョージさんです。

日本の「タレント」の中で、おそらく最強の知名度をもった、トップ0.1%のタレントさんです。

我々は、普段偉そうに(笑)している割に、自分たちの存在の小ささを、遅すぎるタイミングでさとって、小さくなっていました。何時間雨の中で待つ覚悟で・・・。
すると、所さんの所属する会社の「H」さんが、すぐ現れ、濡れながら走ってきてくれました。

「いい人だ・・・」。

「こちらへどうぞ!」ということで案内されるままに進みます。
いよいよ憧れの「世田谷ベース」に立ち入る時が来たのです!!!

2階への階段を上っていくと・・・・


テレビで見た、あの「世田谷ベース」の内部そのままの情景が広がっていました!


ジム机の壁にディスプレイされた、コルトガバメント型のモデルガンの数々。
数十台はあろうかという、大小の戦車の模型。様々な塗装や加工がされた、ダイキャストの自動車の模型。数え切れない「もの」「もの」「もの」!いや、「宝物」「宝物」「宝物」です!


僕は、息を飲みまくって、
一瞬で喉が乾きました!!



そして、奥の部屋に進むと、所さんが、あっさりいらっしゃいました。

見事なハンドル捌きで、
グランツーリスモをしながら!笑


まさに、グランツの狼!
この場所、このまんまのイメージです!!!

「ごめん!ごめん!もうちょいだから!」


 

もう完全に、イメージ通りのスタート!
もう、この時点で、所さんの温かくて、自由な雰囲気があふれまくり、我々の緊張は素敵に溶けていきました!




そして、この後、僕らは完全に打ちのめされてしまいます!!



BOND編集部「世田谷ベース」潜入!◆伸
つづく:笑 





 

cromagnon69 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常インサイト 

2015年07月06日

父がすいません。


大塚家具、やってくれとる。

今、ネットでちらほら話題になってる、
新生「大塚家具」のコマーシャル。

主演は、平愛梨の妹、平祐奈ちゃん。


<大塚家具へ行ってみた>


CMのオチはこうだ。

「父が、すみません💦」
「喧嘩しない!」


もう、ネット時代の拡散を、確実に狙った
「おいしい展開」だな〜って思うのは当然として・・・。
ネット上にも、「やられた」とか「うまくやってる」とか
「新たな火種!」とか、いろいろ出てるけど、

今、振り返ると、あの騒動から、このコマーシャルまで、
全てがシナリオ通りだったとしたら!とか想像してしまう:笑。


多勢に無勢の「父VS娘」の、マスコミでの対決。

「父」の後ろにずらりと並んだ「旧経営陣」。

おつか

今見ると、これギャグでしょ!?
池井戸潤さんの、ドラマです!ドラマ!
と考えるとどうでしょう?


一方、一人で会見していた久美子社長。

娘


父:今までの戦略の継承
  旧経営善を多数引き連れる
  娘の戦略を大批判

娘:イノベーションの断行
  たった一人の戦い
  父親の戦略は古いと提言


この構図は誰が見ても、
娘の味方をしたくなる。

おいらも、これは、お父さんオトナ気ないやろ!
などとテレビの前で言ってた:笑。


確かに、旧態依然の家具屋イメージがあった「大塚家具」。
ここが「王位継承」を巡って、親子で揉めて、
マスコミを巻き込んで、わかりやすい対決構図になる。

そして、革新的な娘の久美子社長が勝つ。

「負けた」おとうさんは、それ以降、潔く今の所
マスコミには出てきていない。

そこへきて、ロゴを変えた上に、
CMで「騒動を茶化す」という、すごい戦略!
ネットにある「父にトドメをさした!」的な展開なのか?
「これで、新たな抗争が!」的な展開なのか?

いや・・・


こ、これは、
あらかじめ準備されていた

「大塚家具 王位継承の一大サーガ」

だったのではないのか?と勘ぐってしまう。

我々の多くは、この騒動以来、
久々に「大塚家具」という名称を、何度か想起している!
で、そろそろ「リバレイン」の「大塚家具」を覗いてみようかと!笑


事実、訴訟なんかもおこってて、シャレにならない部分もあるけど、この一連の騒動の流れから、このコマーシャルの出現までを、冷静に見直すと、下世話にならなくても「もしかするとそうかもな〜」と考えてしまいます(個人の感想です:笑)。

だとすると、

何年も前から、このシナリオを考え準備してきたという事実が凄い。

そして、もっと凄いのは、

完全悪役の旧態経営者として、徹底的に悪役に徹した果てに、
久美子社長に継承した、

父親:勝久元会長が、一番すげぇ!!!



あ、考えすぎですかね?笑


 

cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | マーケティング
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク