2015年08月

2015年08月17日

リアルな変革を「ヂカギキ」する


お盆やすみ明け!
皆さん、フルスロットル入ってますか?
え?僕ですか?
が、頑張ってます!


早速ですが、
お盆明けの少し、ダラけ気味の頭をリブートさせるにふさわしい、そして「福岡のビジネスマンに、リアルにヒントになる!」ということを念頭に、イベントを計画しています。

我々が発刊しているフリーペーパー「BOND」のテーマは

「変革を恐れないオトナたちへ・・・」
 
BOND編集部がチョイスした「ヒト、モノ、コト」が
読者の方々の、様々なチャレンジのきっかけになってほしい!
という願いは、4年間変わっていません。
ただ、皆さんが本当に欲していること・・・

皆さんが「最も、変革していかねばならない!」
と感じていることは、皆さん自身の「ビジネスである!」ということを、ここ1〜2年ひしひしと感じるようになりました。
 

多くの中小企業の経営者の皆さんや、企業の企画セクションの方々は、
様々な勉強会などに参加されているし、セミナーなどにも行かれている。
またそのような方々に、様々なご相談を受けることがある。

そこで、そうした「差し迫った想い」に対して、
我々がなせることを考えていたのですが、
やはり、本当に、リアルに自分のビジネスを「変革」し、
この激動の時代に、合わせていくことをやっている、
若き経営者の話を、多くの方々に聞いてもらう!
しかも、できるだけお安い金額で!!!

これが、小細工するより、一番「芯食ってる」のではないか?

と考え、「BONDリアル・ビジネスセミナー」と題してセミナーイベントをやります。


お招きするのは、この方。

354

株式会社ウインローダー
代表取締役社長
高嶋 民仁(たみひと)さん



ご存知ない方も多いと思いますが、
この方は老舗物流会社の3代目若社長さんです。

なんで、BONDのリアルセミナーに、この方を呼ぶことにしたのか?

ズバリ、編集長の私、小柳が話を聞きたかったから!笑

・・・・では、ご説明にならんので、もっと書くと、

この社長がやってるようなことを、
福岡の若い後継の経営者さんや、
企業の変革担当者たちも、
やりたい!と思っているのでは?


と思ったからです。


高嶋社長の業界は「物流」。
しかも、老舗の物流会社に、若い3代目社長として入ってきて、
世の中からゴミをなくす!という理念を掲げて、
「エコランド」という、リサイクル業に着手。
苦労の末になんとか事業化し、
今では「ガイアの夜明け」や「たけしのニッポンのミカタ」など
多数のメディアに取り上げられるまでになってます。

はい。
皆さんは、違う業界かもしれないですが、

昔からの「業界」に
「新しい時代のニーズ」を加える


とか

老舗と言われるほどの会社に、
若手の経営者でやってきて軋轢がないわけがない!

その旧態勢と、
どう折り合いをつけていったのか?


とか

いざ開始してもすぐに大儲けとはならないのが常。

その期間を、どう切り抜けたのか?

など、面倒だけど通り過ごし、勝ち抜かなくては
変革できない「リアルな課題の数々」を
実際に聞くだけでも勇気が出るのかなと思うのです。


高嶋社長は、慶應義塾大学から
慶應のビジネススクールでMBAを取得して
東海銀行へ。
そして、アメリカでビジネスを体験して、
「凱旋」的に自分の会社に戻ったと。

winroader_thumb01
REUSE JAPAN PROJECT HPより>

しかし、最初に直面したのは
「毎朝の朝礼」「地域ボランティア活動」で、
ビジネススクールや海外経験など関係ない世界で苦悩したと。

他にも、新規事業で、リサイクル品を集め始めると
古参の社員からは「3代目はゴミ拾いしている」と揶揄されたとか・・・


当日は、セミナーや質疑応答も含め、
アットホームな雰囲気でやりたいなと思います!

(若手?)経営者の方々はもちろん、
企業のイノベーターたらんとする方。
起業を考えている方々。
ぜひ、参加してください!

【日時】
2015年8月28日(金) 19:00〜21:00
*希望者の方と、その後近くで、懇親会しようと思っております(3000~4000円程度)。参加申し込みされた方に、希望つのりますね!
【会場】
電気ビル共創館 3F会議室(福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号)
【対象者】 
経営者 経営幹部 ビジネスリーダー 起業を志す方など
【受講料】 
3000円/1名 【定員】 30〜50名(先着順締切)
【セミナー内容】
\鑪的な新規事業の開発事例
中小企業の問題点とは?
C羮企業のためのイノベーションの方法    その後、質疑応答

【お問い合わせ】
BBDO J WEST 内 
BOND編集部 担当:小柳/徳永(092-751-2466)

【応募はこちらから!】

BOND HP 「BOND リアル・ビジネスセミナー」応募フォーム


innovate


一緒に、話聞いて、懇親して、仲良くなっときましょう!





cromagnon69 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)心意気系 | 日常インサイト

2015年08月15日

その場所の空気が「記憶装置」だ。


みなさん、お疲れ様です。
お盆休みも事実上終了ですね。
それとともに、夏が去っていく雰囲気も感じた気がしますが
みなさん、どんな毎日でしょうか?

15日の終戦記念日。
僕は、長男と、僕の昔の職場「三井グリーンランド」改め
「グリーンランド」遊園地に行きました。
中2の息子と二人で遊園地を回るという微妙な雰囲気が、なかなかイイもんだと思ったりしました(笑)。

 IMG_6398

まさに、厨房のくせに、身長ほぼ同じ。
さらにいえば、顔の縮尺が90%だ。いや、85%か?
すんません。僕、昭和野郎なんで・・・。


で、今日書きたかったのは、家族紹介ではなく、
帰省という機会に思う、人生の記憶についてです。

今回行った、グリーンランドは、退職して12年。
しかし、その後もちょくちょくこうして子供連れて遊びに来たり、昔の先輩や後輩に会ったりしてたので、そんなに懐かしさ感じないのですが、ある場所ですごく人生の時間の流れを感じることがありました。

今回のお盆帰省。
僕は、先週からの「沖縄出張」「東京出張」「雲仙出張」の3連発で、完全にオーバーカロリー&糖質過多を自覚していました。沖縄では、10キロ程走ったとはいえ、その分は沖縄のうちに食べちゃった気がしていて、このお盆に一発走ろうと、アディダス「REN」を大牟田に持参しました。
で、仕事の残りを、なんやかんや終えて14日の金曜日の夕方、大牟田の実家からRUNをスタート。
今回も、約11キロ程のRUN。普段、車で通り過ぎるだけの懐かしい場所に、ここぞとばかりに行ったのでした。その中でも、特筆すべきは、大牟田唯一の陸上競技場である、

御大典記念グラウンド

IMG_6360

「ごたいてんきねんぐらうんど」
大牟田の人は、普通「記念グランド」と呼んでいますが、本当は「昭和天皇即位」を記念して作られたありがたい陸上競技場で、昭和4年の4月20日開場。僕の誕生日と同じで、開場86年目の老舗です。

で、ランニングしながら不意に「記念グランド」で走ってみたい!と思い立ち、敷地に入ったのでした。

実に、28年ぶり。
当時は、当然「土」のコースだったのですが、今では立派な「全天候型」のコースになっていました。いわゆる「アンツーカ」ですかね^^。で、ダラダラと走りながら、上記の場所で写真を撮ろうと立ち留まった時に、すごく不思議な感覚に襲われました。

28年も経っているので、何が変わってた!懐かしい!とかではありません。

この場所に経った時、不意に、
「自分の頭や感情で制御できないくらいの量の思い出」
が、グルングルン目の裏に、リアルな映像で蘇ったのです。

僕は、中学&高校3年間、陸上部。
この「記念グランド」は、毎回の練習&試合場所でした。

そして、写真を撮った、この場所は、僕がやってた「短距離」の100mのスタート地点であり、第3コーナーでした。そこに、軽い気持ちで28年ぶりに立った時・・・

中学の時、校内のリレーの選手決めで、「しんや」君に負けたこと。
個人種目の代表選手になれなかった僕はリレーにかけていたけど、選考で5番目となった。中学最後の試合で出る種目が無いと思うと、悔しくて激しく脱力したこと。
しかし、マルチに早かった「しんや」君が、3種目の個人種目に
エントリーしてたので、「ほり」先生は、疲れなどを考えて5番目の僕を使うと決めてくれた。
「コヤナギ、リレーはお前で行く。この学校でベスト4に早いという誇りを持って走れ!」と言われ、悔しいけれど自分を保てたのも、このグランドのベンチの場所。

そして、その出たレースで、すごくいい走りができたのも、この第3コーナー。

高校の記録会で、「ちはる」ちゃんがお弁当持ってきてくれたこと(笑)。

練習で足がもつれ、当時の「針のようなスパイク」でふくらはぎ怪我したこと。

3段飛びの練習をしていた先輩のアキレス腱が、目前で「バチーン!」て切れたこと。


などなど、書き出したらあと100行くらいになるような、

本当に頭で制御できないほどの量の思い出

が、ぶあ〜!!!って出てきて、グルグルと目が回ったのでした。



その症状を、落ち着かせながら、思いついた仮説が一つ。

人の記憶が、もちろん「脳」の中に格納されていて、それがあるきっかけで、芋づる式に出てくるというのが定説かもしれないけれど、もしかしたら、
人々の思い出は、
現場である「その場の空気」の中に
格納されているのではないか?


アホか?と(笑)。

けど、今回
「思い出す」より
「脳に押し寄せてきた」感じ
だった。

思い出とか、その時感じた思いは、
目に見えない粒子になって「その場の空気」の中にある
これまた目に見えない記憶装置「エアHD(仮:笑)」に格納される。
普段は、もう完全に忘れてしまっていて、思い出すこともない。
しかし本人がそこに行くと、
その人だけが発する何かとシンクロして
パスワードの役割をして解放し、
人の脳の中に「ドパ〜!」って、データを流し込んで来る。

こういうプロセスがぴったりではないか!
という感覚だったのです。


この世には、こういう機能が備えられているんだなと。
忘れてしまってて、多分、福岡の今の家でぼ〜っと思い出そうとしても、なかなか断片的にしか思い出せないことも、その場所にいくことで、驚くべきディテールまで思い出す!

31年前の中学の筑後大会で僕の前を走っていた走者が、羽犬塚中学で、赤いランバードのスパイクだった!

ような・・・・



あ、わかってます。
脳の中に深く深く刻まれた記憶が蘇るというのは、よくあることです。

けど、今回感じた

自分が忘れたはずの詳細な記憶データを、
脳みそが、その場所の空気から大量にダウンロードしてくるような感覚

を、初めて味わいました。
たぶん、本人しかアクセスできないハードディスクが、
その本人が生きてきた場所、場所の「空気の中」にある
ような気がします。

そして、そこにいくと
不意にその「フォルダ」が開くのだと。


「まあ、行こうと思えば、いつでもいける」とかいって、
ずっとおろそかにしてた、大切な場所とか、誰でもあると思うのです。 
40歳とか過ぎたところで、自分がよくわからなくなったりしてきたら、こういう場所巡って、そこそこの「エアHD」から、ガンガン当時の未熟で、無垢で、悩ましい自分をダウンロードして、今の自分の元を振り返るのもありかもしれませんね。

陸上部では、何にも実績も記録も残せてない自分にとっては、
「まあ、中高は陸上部でした」
という程度のものでしかなくなっていたけど、今回この場所でダウンロードされた記憶データには、忘れかけていた友人の顔とともに、

なぜ才能もないのに、
6年も陸上短距離を続けていたのか?
の理由のフォルダもありました。



あ、もう完全に妄想のようなブログになってしまいました。すみません:笑。

2015年の残り少ない夏。
楽しいことたくさんやって、その記憶をその場所の「エアHD」に格納しまくってください!





cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと | 日常インサイト

2015年08月01日

かき氷が食べたいか!?



暑いです。
外に出ると、ジョーダンみたいに暑いですね。
ジョーダンみたいに。

クソ長い梅雨と、台風の連発で
ちっとも夏が来なかったですが、ここに来て、
一気に挽回するがごとく気温が33度を超えてきました!

なので、夏らしく、今日は「かき氷」について書かせてください。


かき氷!


そうです。Japanese traditional sweets です。おそらく、日本人の成人で「かき氷」という食べ物を、一度も食べたことがない人はいないでしょう。
しかも、作りは非常にシンプルで、氷に蜜がかかってるだけなんですから・・・

けど、ここです。

シンプルが、一番深いのです。


ご存知の方も多いと思いますが、
僕は2年前から、
かき氷ブランドの立ち上げをやってきました。

主宰するのは、東京にいる僕の友人K氏です。
普段は、かなり有名なブランド会社の社長さんですが、
そのK氏が3年前、一緒にランチ食べてる時に、なぜか突然言ってきました。

「小柳さん、かき氷、嫌いですか?」

僕は、一瞬訳がわかりませんでした。

「小柳さん、からすみ好きですか?」とか
「納豆好きですか?」
というのなら、わかります。クセがあり、好き嫌いも確かめたくなるはずだと。
しかし!かき氷という食べ物は、好きとか嫌いという感情を投げかけるものではないと決めつけていた自分がいました。そこから、驚きの世界を、彼が語りだしました。

世の中には、「かき氷マニア」がいると。
そして、マニアがいるということは、そこに、深い深い世界が広がっているのだと。

その時に、かき氷という食べ物が、絶対にあなどってはいけないということを悟ったのでした。
まず、印象に残っているお店はここ「ひみつ堂」

「ひみつ堂」で画像検索すると、こういうのが出てきます。

ひみつ1


うちのめされること、必至ですね。



要は、僕はかき氷という食べ物を、

小学生の時、大牟田市民プールから出たところでおじさんが売ってた、ガリガリの氷に、極彩色のシロップを、シャー!ってかけるやつ!

しか、頭に浮かんでいなかったのでした。
はい。BOND編集長として恥ずかしい限りです。


そして、K氏はたたみかけるように言いました。

うちの母親が、2年の歳月をかけて開発した「氷蜜(ひみつ)」があります。これが、ヤバいくらいに美味いので、多くの人に食べてほしい!

なにを隠そう「かき氷マニア親子(笑)」だったことを、カミングアウトしながら、その「氷蜜」の存在を教えてもらったのでした。

それから、紆余曲折を経て、2年前にイムズの4階の洋服屋さんに、自分のお店の片隅でやってもらうことで、実現しました!それが・・・・

オトナの究極かき氷
「ミルクアンドハニー」
です。
milk&honey-rogo

こだわりは、九州のフルーツを主に使用した、100%天然素材だけで製造された「氷蜜(ひみつ)」です。もちろん、保存料とか入っていないので、冷凍で保存された蜜が送られてきます。

基本メニューは、
「ミルクアンドハニー」
「生いちごみるく」
「宇治抹茶みるく」

期間限定メニューには、
「宮崎マンゴーみるく」
「生メロン」
「白桃みるく」などが登場します。

これら、コダワリまくりの「氷蜜(ひみつ)」。
かき氷の深淵は、これらをかける、氷にもあります。

ミルクアンドハニーの氷は、
「純氷」を「アイススライサー”初雪”」という
マシンで削ったものしか認められません!


あ、めんどくさいですか?笑
これです。

初雪


え?なにが違うのかって?

こいつで氷を、上手に削ると、こういう感じになります。

10170770_282912641868953_7135186319518340667_n

ガリガリではなく、

シュコン!シュコン!

って氷が「スライス」されます。
これを、ていねいに重ねていくことで、

俗に言う、ふわっふわの氷が出現します!

これに、K氏のお母様が2年かけて開発した「氷蜜(ひみつ)」たちが、絶妙に絡み、完成します。

1098250_205542102939341_304640566_n

これが「ミルクアンドハニー」の一番人気!生いちごみるく!
(ジャムです!ジャム!)



そうです!
大牟田市民プールの前のガリガリ&シャーもいいですが、

オトナの究極かき氷は、

ふわふわの氷に、
ドロドロの「氷蜜(ひみつ)」を
ゆっくりとなじませていく!


ものなのです!


そして、一口目が!
そして、二口目も!
本当にとろけそうになる。

酷暑の今しか、この感動的な時間を味わうことはできまことはできません!


この「ミルクアンドハニー」は、
2年前、イムズの1店舗で「13000杯」売れました!

254662_203172463176305_580862881_n
(最大40分待ち!だった!)


そして、昨年は原宿にも実験店舗を出し、全国雑誌やwebでも
話題になりました。

<VERY>
a4a8f2f27f9a77736c7f14dc77632ca9-208x300


<GINZA>1位やん!
ginza2


<pen online>

50


<GQ online>
09



そして、3年目を迎えた今年!

福岡発祥ということで、今年は5箇所!

まずは「天神」!

天神のイタリアンレストラン「THE GARDEN」さんに組み込んでもらいました!
この夏は、「BEER THE GARDEN」と銘打って、
「オトナのビアガーデン」を開催中で、まさに「オトナコラボ」となってます!
ここの最大の売りは、軽くコーヒーなどを頼んでいただければ、
店内で、ミルクアンドハニーを食べられること!
この週末、ソッコー行けます!!!ぜひ!!

M&Hwith社員

BOY&GIRLS

THE GARDEN
〒810-0001 福岡市中央区天神2-4-5
TEL  092-717-8778 FAX  092-717-8777




そして、博多!
JR博多シティの屋上「つばめの杜ひろば」の「仲見世」の一番手前に出店してます!


さらに、福岡西!
初の西への進出は「マリノア」です!
「マリノアシティ福岡」の「オーガニックガーデン」に出店しています。


もう一つは、小倉!
小倉は「リバーウォーク」です!
「リバーウォーク北九州」の1F ミスティックコート横に!


最後は、九州自動車道「古賀SA」下り!

ここは、土日祝日のみです!!鉄板で皆買ってます!


とにかく、このマニアックな見識と、
探求から生まれた、かき氷をぜひ食べてほしいです!
この、ジョーダンみたいに暑い日に!

M&H POSTER


以上、

「氷蜜(ひみつ)結社 ミルクアンドハニー」

がお贈りしました!





cromagnon69 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと | マーケティング
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク