2015年11月

2015年11月28日

ハンバーガーブランド・サバイバル


俺としたことが!
普段、天神4丁目にいるので、
全く、知らなかった。

 赤坂門閉店
    (写真は「行政書士 おち事務所」様のブログより拝借しました)

赤坂の交差点、スターバックスのはす向かいに
「当然の様に」あるはずの、
マクドナルド赤坂門店が、閉店していた


期限切れ食材使用と異物混入で、
マスコミとネットで文字通り「袋叩き」にあってた「マクドナルド」。
今朝「シューイチ」見てたら今年度の赤字が300億円近く行く見込みとなり、今年190店舗ほどを閉店すると、中山秀征さんが言ってた。


この「シューイチ」では、
日本人全体の平均年齢が「46歳」となり(えぇ〜!!俺らが正に平均!?)、
「時代」がヘルシー志向だったりでハンバーガーに合わなくなってきた。
という分析だった。今後、いかにシニアを取り込むかだと・・。

自分に置き換えると、
確か1983年頃の中学生ニキビ面野郎の時に、
久留米一番街店(ここも、もう無い)で、
生まれて初めて「チーズバーガー」なるものを食った。


感動した。

友人など、ハンバーガーの包み紙を、記念に大牟田に持って帰っていたものだ(笑)。



そんな時代から考えると、
今は、有象無象のおいしい食べ物があり、
毎年、食べなくちゃならない美味しいものが、バンバン出現する。

「ハンバーガー」という食べ物自体は、
もはや日本の文化に溶け込み、消費される量も莫大かもしれないが、
先に出た「時代の流れ」からすると「単一のチェーン店」として、
「ハンバーガー」という分野では、でかくなりすぎた
のかもしれない。マクドナルドが閉店させ続けた先にある規模が

「今の時代の適正な”最大”規模」

になるような気がする。

とはいえ、
マクドナルの2013年頃の店舗数は約3100店舗!
2位のモスバーガーは約1400店舗で、
売上高では、国内シェア70%越えている。
つまり、マクドナルドは未だに「大巨人」で、
ハンバーガー界の最強「ブランド」に違いない。


そんな、話を横目に見ながら、
BOND編集長としての大注目な「ハンバーガーネタ」がある。
相当、話題になったのでご存知の方もたくさん
いらっしゃると思いますが、おさらいってことで。



近頃、博多にも再攻勢をかける「バーガーキング」。

16b095aa

ここは、もう俺に嗜好にドンズバです。


「俺みたいな奴が喜ぶ企画(笑)」
"完全に他を食った企画”

バーガーキングは、他が「ヘルシー志向」とか言ってるのを完全無視。
そんな「表層的なポーズ」なんかするな!と言わんばかりに、
あざ笑うかのように「BIG KING」なる、5インチというでかいバーガーを出してた。

BIGKING01

「こっちのBIG」って、挑発してます。笑

直径5インチ=約13センチ。
先日沖縄で食いました。

IMG_7761


スマホと比べてください。

7時間腹減りませんでした。笑
次の日、焦って15キロ走りました!

そんで、これに合わせてやってたのが、これ。


20151105bigking-500x305


これは、なんでもいいから
「ビッグ(ク)」って書いてあるレシートか現物
を持ってきたら、このBIGなハンバーガーを割引するっていうもの。


burgerking1


何て、わかりやすい企画!!!!

ん?しかも、待て!
この手は、「ド◯ルド」に似てねぇか??


この「BIG割」は、ネットで大盛り上がり。
最初は「まじめ」に、レシートとかで
みんなやってたんだろうけど、

そのうち、

チョコの「”ビッグ”サンダー」持っていったら割引になった!
とか、
「”ビック”カメラ」の会員証で割引してもらった!
とか、
「ルー”ビック”キューブ」で店員に褒められたとか・・・・

<参考>
話題のBIG割が完全に大喜利状態になっている」



◆「ハンバーガー」っていうファストフード業界。
◆しかも、圧倒的王者がいる業界の追尾ブランド。
◆どうせバーガー食うならネタになる方で、のSNS時代。
◆しかも、行動に移しやすい単純な仕組み。


この割引って、120円程度なんです。
この程度の割引とか、クーポンキャンペーンで、
どこでもやってる。

しかもこの企画、
自社でクーポン印刷したりする経費ゼロ!笑




あ〜・・・企画的に完璧だな〜。

残念ながら、29日で終わってしまいましたが、これを考案したのが
元マクドナルドの店長の女の子だった!とか、
完全に「ソーシャル」拡散なネタ満載。。。。


かなりのことを
アイディアでカバーしてて、
しかも、バーガーキングのブランドを
やんちゃに見せる、正に「我が道を行く」企画でした。

こういうタイプ大好きです。

IMG_7764



では、また次回!

 

cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケティング | お仕事の記憶

2015年11月01日

僕は「オズの世界」にいた。


僕は2003年に、今いる「BBDO J WEST」という
外資系広告会社に転職してきた。

では、その前は、どこで働いていたのかというと、ここ。

 05

熊本県荒尾市にある「グリーンランド」遊園地。
当時は、三井鉱山の子会社だったので、

”三井グリーンランド”

という名称だった。 
今は、西部ガスさんが株主となり「三井」は消えた。

僕はその「三井グリーンランド」に、
1992年春に「新卒」で入った。
同志社大学 経済学部を卒業して、

「なんで、そんな田舎の遊園地に就職したの?」

は、当時、いや今でも「鉄板&定番」の僕への質問だ。
僕の就職活動は「1991年」。
バブル崩壊を、世の中が把握できておらず
まだまだの売り手市場。
僕は、超大手を含め7つの内定を持っていた。

その中から、様々な事情が絡んで
「田舎の遊園地」に就職したのだった。

そして、1992年〜2003年までの11年間、
僕は「三井グリーンランド」という、
巨大な「地方の遊園地」の遊園地マンとして働いていた。


「遊園地」で働いていた!
というと、これまた「鉄板&定番」で言われるのが、

「え?何してたの?キャラショー?切符切り?」

という類のものだ。無理もない。

さすがに、近頃は「東京ディズニーランド」の
「伝説のサービス!」とか「スタッフ活用術!」的な本も
乱発していて、巨大な外資系テーマパークの裏舞台には
かなりいい感じでスポットライトもあたっているが、
さすがに、地方の遊園地の裏方スタッフについては、
誰も気にしてはいないはずだ。
いや、きにする必要がない気がする。笑


しかし、皆さん。
ちょっと言わせてもらっていいですか?

11年、地方の巨大遊園地で働いた僕に言わせると、

この仕事は、物凄いシゴトです。

数えたらキリがないような企画を、
皆でやってました。
わかりやすいところをあげると、
新世紀が始まった2001年当時だけで例をあげれば、

4b89d682

「身長40m 実物大ウルトラマン(2001年)」

これは、企画担当者が英国の会社に発注。
僕は、英国に「九州ウォーカー」と「めんたいワイド」さんを同行して、イギリスに行きました。


20071129232624

「モーニング娘。」野外ライブ(2001年)

僕が招聘責任者で、ゴルフ場に巨大なステージ組んで、1日2回のライブでした。すごかった!



そうです。このシゴトは、わかりやすく言うと・・・・

億単位のお金を使える
文化祭実行委員会!


という表現が完璧です。
ただし、ビジネスだし、社会的責任もあるしですがね。

とにかく、お客が呼べるなら、何をやってもよかった!

苦しいけど、面白くて仕方なかった!

例えば、普通の花火大会で1時間くらいかけてあげる
8000発の花火を、5〜6分で、一気に連発であげてみよう!というチャレンジでは、想像を絶する状況が繰り広げられたりとか(あんまし、言えません^^;)

考えられない事件が
めちゃくちゃ起こってました(笑)!


それに加え、
企画面だけではなく、
年間当時で、100万人ものゲストが来てて、
ゴールデンウイークは、1日6万人とかいう日もあった。

つまり、
お客様が織りなすドラマが、
半端なかった。


現行犯で捕まった「子連れ」のスリ。
突然行方不明になる「おじいちゃん」。
爆弾を仕掛けたという昼下がりの電話。
駐車場の・・・いや、もうこれまたキリがないのです。


この遊園地時代の思い出は、
いろいろな人と酒の席でお話しすると、盛り上がります。
単なる「面白い話」としては、かなりのクオリティな気がするのですが、その場のネタとして使っていました。


しかし。
一人だけ、その場で終わらない人がいました。その方は、

P1070278


小森陽一さん。


小森さん、ご存知ないですか?
漫画原作者/小説家として活躍されてます。

漫画だと「海猿」とか「エス〜最後の警官」の原作者です。
これらは、映画やドラマになりまくってますよね。

225716_01_8_2L

「S(エス)-最後の警官-」

この作品は、TBSでドラマ化され、映画にもなりました。
wg17350


この、小森さんが、僕の「地方遊園地の舞台裏話」を飲みの席で話した時に、顔が変わりました(笑)。

そして後日、小森さんに電話をいただき(小森さんは福岡在住!!)、
爽やかに言われました!

「その話を、物語にしてみたい!」

2014年の秋でした。
そう、ちょうど一年前!!!!

その後、一緒に、グリーンランドに同行したり、
当時の僕の後輩たちと飲んだりしました。


そして、2015年11月20日!!!
地方の巨大遊園地におこる物語が、
集英社から書き下ろしの文庫小説として発刊されます!





12191609_418257121717915_7248705562983465970_n

     「オズの世界」



先に、原稿を読ませていただきました。
内容紹介はこれ^^

主人公は、
ディズニーランドで働くことを夢見ていた
久瑠美ちゃんという都会育ちの女の子。
しかし、就職後、彼女が配属された先は、
九州のローカル遊園地だった!?
都会と田舎のギャップに困惑しながら、
主人公が、地方の遊園地で人を感動させることに目覚める
成長物語!


残念ながら、僕がいたころの「三井グリーンランド」には、この「久瑠美ちゃん」のような娘はいませんでしたが、周りを固める登場人物は、かなりリアル!!!
はっきりいって、僕もいます!笑

今まで「地方の遊園地」を扱った物語は、
ありそうでなかった気がします。
都会と地方のギャップ。
「東京ディズニーランド」では、こんなことありえない!
とか愚痴りまくりながらも、「地方遊園地」の本当の魅力に気づいていく主人公。

単に、自分がかかわったから!というのではなく、幼少時代に連れて行ってもらった「地方の遊園地の思い出」がある、すべての方々に読んで欲しい!そんな素敵な素敵な物語です!

しかも、ラブストーリーです!


また、発売間近に、ギャーギャー言いますね!

お楽しみに!





cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地方からのブランディング | 日常インサイト
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク