2016年10月

2016年10月27日

ELK&Co.で秋冬ジャケットを作ってみる。

おつかれです。
クロマニヨン・コヤナギです。

去る10月7日に、BONDがブランドコントロールするオーダースーツのブランド

『ELK&Co.(エルク&コー)』

がローンチしました!

image

オトコの「完全無欠の自己満足」を追求するオーダーブランド…

を合言葉に、世界中から、間違いない『生地』を仕入れてくる吉見くんと、クレイジーなテイラー大上くん、そして僕もプロデューサーとして入り、チームで展開します。

元はと言えば、このチームで、内輪でスーツを好き勝手に作ってたのです。すると、そういう『過程』を経て出来た服は、どんなハイブランドの服より『お気に入り』になるんやなぁ〜…と気づいたのがきっかけでした。

その内輪で満足した質と価格を、服好きの大人にシェアをする!
ここから、今回立ち上げた『ELK&Co.』は始まりました!

で、自分らでプロデュースとか言っても、自分で着てないと話にならないっすよ!と、ELK&Co.チームに言われたので、秋冬のジャケットを作ることにしました!


悩みまくって選んだのはこれ!

image


ネイビーのジャケットばっかし持ってることを、冷静に分析。このブラウンベースの生地にしました!

吉見くんが、仕入れてきたブランドはこれ。

image

イタリアの生地『オルメザーノ』。

オルメザーノ社(ORMEZZANO)は、1924年に北イタリア・ビエラ地方のバレ・モッソで創業。正式には、「Lanificio Fratelli Ormezzano」で、発色がきれいな生地で人気がある…(全部受け売り 笑)。

てんとう虫かわいいね!と言ったら、リンゴの木です!と怒られました。

で、今回作るジャケットの今回のこだわりを、
すでに別の生地で、大上くんが自分で作っていたジャケットのパーツで紹介します!


一つ目は、デカいラペル!

image

ようは、スーツの襟の幅をデカくします。
悲しいかな、生粋日本人の私は、イタリア人のように、顔が小さくない。そこで、デカイラペルで小顔効果を狙って…ってのもありますが、要は迫力あって、カッコいいからです!

次は、これ。

image

『バルカポケット』

文字通り「船底」のような形をした、胸ポケット!大胸筋トレーニングおたくとしては、胸の膨らみ(笑)があるほど、ポケットの形がよく見える工夫がされてます!

さすが、イタリア人!!笑

で、もう一個!

image

『パッチポケット』

いわゆる貼り付けポケットですね。カジュアルにスポーティーになります。

他にも、変な隠しポッケとか、いろいろやってもらってますが、
それは一ヶ月後の完成の時に(^^)自慢させてください!



これも、お買い物。

服でも、車でも、時計でも、デカくなればなるほど、

『迷ってる時が、一番楽しい!』

というのは、否定できないと思います。
その点、この「オーダーで服を作る」という行為は、
毎日着る服が手に入るまでに、何時間も悩んだ上に、一ヶ月待たされます。
これって、もどかしいけど、実は贅沢な気がします。

そして、やっと出来上がったジャケットは、
完全にあなたにとっての

『シャア専用モビルスーツ』

と同じノリのツールとなります!!

今回僕が作ったジャケットは、
この高級イタリア生地「オルメザーノ」で、好き勝手言ってつくって、お値段 70000円です。
あの、高級ブランドより三割は安い。
しかし、仕立ても生地も引けをとらないし、第一、完全にあなたのボディの形!!
ちょいと腹が出ていても、それありきで作られていれば「味」になります!

そんな、喜びを一人でも多くのオトナに体験してほしい!
そうすることで、

福岡にかっちょいいオトナが増える!
...はず。。。^^



image



よろしくお願いします!!


ELK&Co.


〒810-0801 福岡市博多区中洲5丁目−1−22 松月堂ビル3F
TEL : 092-291-0118 受付時間 11:00〜20:00 定休日 火曜日





cromagnon69 at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケティング | 地方からのブランディング

2016年10月08日

【実録】東京からのゲストを18:00から6軒(笑)!



こんにちは。
クロマニヨン コヤナギです。

久しぶりのブログです。
これは、ブログしかない!という流れで書いております。しばし、お付き合いを!

先日の日曜日!
東京から…ってか、ハワイから、いつもお世話になってるBOSS 本田直之さんが来福されてました。
世界一の玉露『八女伝統本玉露』の世界ブランディングのお手伝いもしてもらってるのですが、今や本田直之さんは、世界中の若手シェフを後押しする動きをされていて、世界料理学会でも、シェフでもないのに、皆んなが挨拶しにくる状況にビックリしたりしてました!

で、本田直之(以下、なおさん)さんが、来るということは、

「やっぱし、福岡が楽しいところ」

でなくてはいけません。


そうです。ここは、福岡の真骨頂!

『レストラン ホッピング(?)』です!

おわかりと思いますが「レストラン」といってもニュアンスは違いますよ(笑)!
総合プロデューサー(笑)を務める私としては、基本お店はお休みという悪夢の『日曜日』でしたが、結局6軒いったので、その結果をお知らせします。 

東京からのお客様。
日曜日。
朝までは飲まない。

さあ、これでスタートです。
あなたが、同じ境遇になった場合にそなえ、いざ読み進めてください。笑


 

【1軒目   藁焼 みかん】
1800〜2000

近頃、周りのグルメやろうどもに評判が良く、
ちょくちょく「もう行きました?」と聞かれるので、
電話したら日曜日もやっているというので突撃!

最高でした!

ただマジで、予約してないと、日曜日も満席でした。 
















大将の、タクローさんは、
これぞ大将!な、面がまえに素敵な笑顔。

料理は、文字どおり藁焼で、素材を炙ってくれます。なんとも言えない風味!
















地穴子とか、鯖、カツオなど、藁焼き最高です。
あと、呉豆腐もマストでしょう!ぜひ!
予算は、一人 4000~5000円前後ですかね!
居心地いいです。おすすめ!

















大将、最後まで見送ってくれました!
BOND送ります!




【2軒目  めでたい屋】
2000〜2100

我らが『グリルドしんちゃん』!現在は、『もつ鍋 一慶』や『唄う稲穂』など福岡にもたらした、中尾先輩が作った、路面屋台!

上人橋通りを薬院方面に進んで、右にあるテニス屋さんを右折するとある。






















路面に、屋台が埋め込まれている感じの「めでたい屋」!
手前の屋台車は、福岡にただ一人存命の屋台職人さんに、中尾さんが作ってもらった、国宝級の席!

飯も、全く手抜きなしの、屋台飯。
1軒目でもしっかり食えます!

ここでは、
絶対「おでん」は食ってください!
 
基本屋台なんで、立ち歩いて飲むわ、
勝手に他人と話し始めるわ、
もう、楽しくて仕方ない店です。

 
で、ここで、博多は「ラーメン」「明太子」だけじゃない!
「うどん」と「餃子」が、上いくくらいあるったい!
という声があがり、こちらへ!




【3軒目  池田屋
2100〜2150

日曜日開いてました!
はい、餃子です!もちろんここは、『炊き餃子』ですねぇ。
日曜の遅めの時間になっても大賑わいでした(^^)。





















これ、どんだけ腹一杯でも、ついつい食っちゃうんよねぇ(笑)
ここは、ハイボールでスッキリ「追加酔い」しました!




【4軒目  米と葡萄  信玄酒店】
2200〜2300

さあ、楽しくテンション上がってきたところで、
自然派ワインで「一休み」しようという、なおさんの提案で、
「信玄酒店」へ!ここは、僕も大好きなお店です。

そうです。日曜日開いてます! 

なおさんが選んだワインはこれ!






















一休みのつもりだったけど、八女の上陽豚のソーセージとか美味すぎて、また食いまくる!(笑)

帰りには、信玄くんも出てきて、みんなでパシャリ!





















結局、さらに満腹(笑)!
さらにいい気分になったところで、もう一発JUST福岡で!ってことで、またも餃子へ!

 

【5軒目  テムジン 大名店】
2300〜2340

まだ、折れません!
ここも日曜日も絶賛営業中です! 
さっきは、炊きだったので、焼きでいきます(笑)!

















いや〜、ひっさびさに来た、大名店。
1200までばい!って言われながら、
餃子を追加しまくって、挙句に、これ。






















世界最高の深夜禁断メニュー「テムジン大名店の炒飯」!!
うますぎる!!!!!
もう、完全に開き直って、みんな全開モード!!
 


















結局、最後のゲストとして、お店のスタッフに見送られて、タクシーを拾い、ラストの店へ。

ちなみに、この時間、テムジン大名店の前は、めっちゃタクシー通ります!下手に呼んでしまったので、何台もスルーするというミスを犯しました。(笑)
もう、酔ってて、我々のサービスの精度が下がってます。。

でラストは…


【6軒目  WITH THE STYLE】
2350〜2500

日曜日で、行きつけのバーなどが全滅する中、今回の2軒目までご一緒した、ルイガンズの水口GMの計らいで、男だらけで個室!

実は、この日、なおさんと同行してた、右京ちゃんがバースデー突入でサプライズを仕込んでたのでした。スタッフ全員がBDソングを歌う完璧な演出で喜んでもらいました。

ここで、スパークリング2本開けて、もう意識レベルは著しく低下。
麺でしめて「ラッキー7軒目解散」だー!
…は、幻に終わりました。(笑)


福岡にくる人は、皆んなが飯が美味いと思ってきてくれています。

だからこそ、徹底的に、間違いないものを、
少しずつ飲み食いしながら次々とつれまわす!
店で騒ぎ、街を歩き移動しながら騒ぎ、夜に沈んでいく!

これは、もしかしたら今回の6軒分の予算(笑)で、
一軒の中洲のクラブに行くのとは、
また違う満足があるのではないかと思うのです(^^)。

みなさん、いかがですか?

大丈夫です。
お店の名前で、検索すれば、データとか出てきますから!(笑)






cromagnon69 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おいしいお店系 | 地方からのブランディング
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク