2007年05月12日

日本のビジネススキームとゴルフの関係。


 
 
fooo.jpg
 
この写真を見て欲しい。
これは、かわいがってもらっている先輩がやってる
コンサルタントオフィスのエレベータ内部で撮影したものである。
 
 
「エレベーターを使わ・・・」の文字の下に
あきらかに、
ハードゲイ レイザー  コヤナギ」と書いてある。
 
 
しかも、フォ〜!とまで。
 
 
 
もちろん、このビルの住民にも面識はなく、
私の知り合いは、この先輩だけだ。
 

ふむ。。。。 
ただ、僕の同姓の人間にハードゲイがいることだけは、間違いないようだ。
 
 
 
 
ま、そんなことはどうでもいいのだ。
今週である。

休み明けの、がっつりスケジュールをこじ開けるかのように、
長崎へ行ってきた。

island-up.jpg
 
すばらしい色の景色。
大浦天主堂の。。。いや、違うようだ。
グラバー園だった。

い、いや、違う。


この写真でわかる方もいるだろう。
正解は、
 
 
xxio.jpg



ゴルフである。

あなたは、ゴルフをする人ですか?
嫌いですか?
興味ないですか?


今回行かせてもらったのは、
2007年の今でも、
一瞬にして「バブルへgo!」なゴルフ場

パサージュ琴海である。
 
island.jpg
 
う〜む。きれいだ。



ゴルフ。

すごいスポーツだ。



10000〜15000ヤードもの
「デラックス芝生公園」を、
山を切り開き、海を埋め立てて造成。
そこで、1チーム4人で、
静止した直径5センチ弱か?の球を、
打ってまわるのだ。

そして、最後は球を穴に入れる。

スコットランドで羊飼いの少年が杖で小石を打って
穴に入れて遊んでいたのがゴルフの起源という説が有力らしいが、
まさかその羊飼いの少年ペーター(勝手に決めるな)も、
ゴルフ場会員権が数千万円だったり、一日のプレー代金が
数万円になるような、ビッグビジネスになるとは
思っていなかっただろう。


toshiro.jpg


そして、こんなに、ゴルフがうまくならない男も知らないだろう。


そのゴルフを、おとな達がビジネスに使う。
ゴルフ一緒にまわれば、仲良くなれる・・・とか、
言って堂々と平日に「遊びのような仕事」をする。
 
 
日本のビジネススキームは、最高だ。
 
 
 
しかし、ある意味伝統ある日本のビジネススキームのため、
古い「おやじ伝統」の先例を、我々若造はうけることになるのだ。

今回は、明日の日本のビジネスシーンをリードすべく
これからゴルフを志そうという若人に、
容赦なく襲いかかる「ゴルフにおける、オヤジ攻撃」の実例をあげ
その洗礼対策をしておこう。
 
来るべき「本当の時」に直面しても、
これで君は平然とやりすごすことができるはずだ。


その1:「イヤン!バンカー」
解 釈:セカンドショットなどをバンカーに入れてしまった場合などに使用
    「いやん!ばかぁ〜ん!」の「ばかぁ〜ん」を「バンカー」と
    かけたものだ。
    色っぽい声色で言ってくるから、気をつけろ。

 
その2:「ナイスチョット」
解 釈:君が先輩方の視線のプレッシャーに負けて、ティーショットを
    ミスって、ちょっとしか飛ばなかった時などに、
    87.5%の確立(クロマニヨン調べ)で言われることば。
    「ナイスチョ〜ット」と伸ばす奴もいるから気を抜くな。

 
その3:2年3組(他に、4年2組 3年2組など)
解 釈:グリーンに2打目でオンしたが、3パットしてしまった時に、
    悔しそうにのたまわれる。
    決して、自分の小学校時代の話をかえしてはいけない。
 
 
その4:パ〜デンネン
解 釈:これは、ヤバい。80年代のお笑い番組「おれたちひょうきん族」の
    さんまさんのキャラクターだ。
    つまり、「俺、このホールパーでした!」っていう時の
    使用になるが、近頃は30代半ばの若者も言ってたりする。
    精神のオヤジ化は、知らない間に進む。


その5:舐めるの好きなのよぉ〜(スケベそうに)
解 釈:パターでカップのふちを、クルリッと回って外れる事がある。
    これを、『カップになめられる』と言う。
    これだ。 
    この時に出る。
    応用編として、「も〜!いくらでもなめちゃって!」と
    大声で悔しがる、会社役員もいる。
    警察を呼ぼう。


これは、あくまで僕の15年近いゴルフキャリアの中で、
体験したこと。

決して、先輩、あなたのことではないので、安心してください!
 
 
 
と、ちょっぴり毒なクロマニヨン。
俺が、90を切るのと、地球温暖化の緩和がどちらが早く実現するか
とても気になるところです。
 
 
ゴルフをはじめてみませんか!?




フォ〜〜〜〜〜ッ! 
 


cromagnon69 at 02:37│Comments(12)TrackBack(0)お仕事の記憶 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ノブエ   2007年05月12日 13:25

クロマニヨンさん、
本当はもう気付いてらっしゃるんでしょ?
そろそろ
オ ヤ ジ 攻 撃 を
 仕 掛 け る 側
にならなければならないということを・・・
2. Posted by クロマニヨン   2007年05月12日 18:57

準備は万全です。
3. Posted by 陶子   2007年05月12日 19:51

男性の永遠のテーマなのかしら、ゴルフって。する人もしない人も。
4. Posted by クロマニヨン   2007年05月12日 21:19

>>陶子さん
じ・・実はおいらはあまり好きなほうでは
ありません。
18ホール中、12ホールくらいで
「飽きて」しまうのです。
こんな僕は、駄目人間でしょうか?
5. Posted by 陶子   2007年05月12日 23:32

ゴルフをしてるっていう事がなんだか大人な気分にさせるのでは。
きっと車を運転するとかタバコを吸うとかと同じで。
特に好きじゃないけど・・・っていいながら。
それを飽きっぽいというのかしら、男の人はいつまでもかっこつけてなきゃ。
6. Posted by Ety   2007年05月13日 18:44

やばい!!
30代半ばにして、いくつか使ったことがある、オヤジ言葉。。。
この前、銀座のママさんに「40半ばでしょ?」って言われた身としては、見た目と中身も同じ!?
7. Posted by クロマニヨン   2007年05月13日 20:13

>Etyさん
大丈夫!
40半ばをこえれば、逆転現象がおこり、
最後に笑うのは、Etyくん!君だ!笑
週明け電話します。
8. Posted by Y   2007年05月14日 09:34

私も7Iがお友達!
常に7Iと一緒にカートにも乗らずに前進あるのみ・・・
それにしてもハードゲイコヤナギの発見はビックリですね。
そうそう、ゲイ業界の聖域である埼玉医科大の性転換手術が教授の退職により出来なくなるようです・・フォー
9. Posted by クロマニヨン   2007年05月14日 10:09

>Yさん
>埼玉医科大の性転換手術が
>教授の退職により出来なく
>なるようです。
そりゃぁ、一大事ですね!
って、僕は違います!
っていう、乗り突っ込みのいらんですね。すいません。
7番アイアンは、
万能のクラブです。お大事に。
10. Posted by エドワード・ノートミン   2007年05月17日 10:30

ゴルフというよりか観光?(笑)
広いところっていいですよね。
今年はお供させてください!
追伸:写真ありがとうございました
11. Posted by HER   2007年05月17日 12:14

私はパットゴルフしかしたことのないおこちゃまです。
しかし、最近よく「ゴルフしないの?」とか「始めたら?」と公私問わず言われます。
20代の頃には決して言われなかったのに・・・
自分が年齢を重ねると同時に周囲の年齢層も上がっていることを実感。
「日に焼けると七難隠れなくなるので・・・」と今のところお断りしてます。
始めればはまるのでしょうか???
12. Posted by クロマニヨン   2007年05月19日 14:32

>ノートミン
はい。
観光です。
はっきりいって。
あと。森林浴とか・・・泣
>HERさん
ゴルフしている女性は
なんとなく、仕事もできるのでは?
という錯覚をおこします。
特に若い方ほど。
コンペには、クラブのママさんとか
よくきてますが・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク