2007年10月25日

復活。実力。時代。


 
 
 


 
先日、久々にゴルフに行った。
12番ホールのミドルで
2打目をナイスショットして、グリーンオン。
さあ、これを入れたら「バーディー!(4回のところを3回で入れること)」
という緊張のパット。
 
下りのスライスライン・・・
 
打ちすぎたら、大きくオーバーして「パー」もおぼつかなくなる!
というイメージに毒されたボクのパッティングによって打ち出された
ボールは、カップ5センチ前で停止!

悔しさを噛み殺し、ボールに向かうボクの背中に
一緒に回らせてもらっていた業界の大先輩がこういいました。
 
 
 
 
 

あ〜!ちょっとタリーズコーヒー!

 

 
 
 
おひさしぶりです。
クロマニヨンです。
 
もう、20日以上も更新してなかった。
それでも、毎日のようにチェックしていただいている方が
案外な数、いらっしゃる。 

ありがたい。感謝します。
 
 
さて、久々ですが、これ。

CROCKS.jpg
 
これは、福岡空港のエスカレーター。
数百万足を売った、クロックス。
エスカレーターに挟まれ事故があいつぎ、
正に「名指し」で言われるまでになっとりますが、
遂に写真まで掲出されてます。
ま、ちょっと考えれば、陰謀の匂いもしますが、
まあいいでしょう。
 
ここまで来ると、もう定番なのでしょうか?

 
大体流れはこうです。

爆発的な大ブーム
  ↓
ブーム沈静化
  ↓
商品の陳腐化(たまらなくダサくなる)
  ↓
忘却
 
そう。例えばどんなものがあるでしょうか?
私たち世代でいうと、まずこれ。

THRILER.jpg


1982年。マイケル・ジャクソン「スリラー」。

9曲中7曲がシングルカットされ、MTV時代の幕開けを告げる
壮絶な作品で、中1〜中2の僕らは、もう聞きまくってました。
とにかくかっこよかったし、カセットに入れていないやつはいなかった。
 
しかし。

1985年あたりになると、
もはやかっちょ悪い代名詞になっていた。
コラムニストの泉麻人さんが、ドライブで聞くと痛いBGMの
筆頭にスリラーを当時、ホットドッグプレスにあげていた。

 
 
他にもこういうの。

TIRA.gif
 
そう。ティラミス。
ティラミスですよ。
 
1990年に雑誌「HANAKO」が紹介して大ブームに。

あ〜・・バブルの匂い・・・。
どんな雑誌にも、ティラミスだらけで、
世のお菓子職人(パティシエとか言ってなかった)は
皆、作っていた。
 
 
けど、1993年くらいになり、
バブル崩壊後は、ティラミス熱もはじけまくって
「まだ、ティラミスとかオーダーしてるの?」的な
イメージになってしまった。



他にも、沢山ある「大ブーム」もの。


けど、皆さん、もうお感じでしょう。


 
こういうのって、
2007年の今、きっちり定番化してますよね。 


今のマイケル・ジャクソンさんは、
少々違った方にいってますが、このアルバムは、
今、なんの抵抗もなく聴けるし、店でもかかってる。
かっちょいい。


ティラミスも
僕的には、大好きなスイーツメニューだ。
普通に、どこの店にもおいてある。
オーダーしても、一時期みたいに
誰も「ダサイ」とは思わない。
 
 
そうです。
結局、
「いいもの」「実力あるもの」は、
数年後、きっちり定番になっていくという証明ですね。

 
で、冒頭の流行のサンダル「クロックス」。

爆発的な大ブーム
  ↓
ブーム沈静化
  ↓
商品の陳腐化(たまらなくダサくなる)
  ↓
忘却

の次に、

再びブレイク
  ↓
定番になる

という「マイケル」や「ティラミス」の道を行くかな。


こういうのは、
曲やモノだけじゃなく、人にもあてはまると思います。

RUH.jpg

「ルー大柴」さん。
一時期「笑っていいとも」とか、出まくってた。
けど、皆疲れて、なんとなくいなくなっていた。(?)

けど、近頃、再び、またトゥゲザーしている。
3年前に、西中洲の「喜家」さんでお食事したルーさん。
「おまえら、キャラかぶってんだよ!」って僕らにいいながらも
舞台の苦労話を沢山してくれた。
「あ〜、ちゃんとした努力の人だ」と思った。
だから、今の若手芸人さんが「ルー・マニア」とか言って
もり立てるのだろう。
 
この人もかな〜。 

UNFEAR.jpg
 
 
 
世間の大ブームじゃなくても
皆さんのビジネスな毎日にも、スター的な存在や
話に上がる人や、会社の名前など、業界のブームはありますよね。 
 
その中で、どうなんだと。
 
 
ブームに居るときは、かなりの勢いに加勢される。
しかし、本当にいいのは、
やはり、いつもブーム(話題?)を巻き起こしているヤツ
ですね。

熱狂的なファンが案外いる、
話題なことには、かならず噛んでる定番な人。
 
というスタンスがいいなと。
 
仕事を介した、その存在が定番になる。
うむ、いるな。そういう人。




話題の出来事にいる定番な人

になろう。






 



 
 


 



 


 
 

 





cromagnon69 at 23:43│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エドワード・ノートミン   2007年10月29日 17:22

ナタデココとかもありましたねー。
逆輸入で考えるとLG電子やsamsung なんかもすっかり格好良いイメージに変わってます。ほんの数年前は、微妙な立ち位置にあったメーカーですよね。
ブームで終わるのか、再燃するのか。
最近巷で万年筆が流行っているとか。これにも「ティラミスの法則」が当てはまったりして。
2. Posted by クロマニヨン   2007年10月31日 02:31

>>ノートミンさん
さすが!
目のつけどころがさすがです。
確かに、僕も万年筆購入意向ありです。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク