2008年02月24日

1969。


 
花粉。
英語で、pollen。

文字通り、花粉がポレンポレン飛び出しております。
気持ち、目も腫れぼったいなと。
オノン とか タリオン とか
クロモフェロン とか オドメール とか、
花粉症の薬まみれ・・・。

正に、

ジャンキー状態。



この時期、仕方がないのだ。

花粉症の方。
また、今年から「参入」される方。

こういう時代です。薬に頼りましょう!
ちなみに、僕は

花粉症歴:25周年イヤー。


 
 
 
 
で、 
 
西鉄のコンコース出た所の大団幕。
 
nisitetuamadana.jpg
 
 
そうです。
2〜3時間で、限定モデルを5000台売った、
NECのN705i。その一般モデルの宣伝。
 
同様の駅貼りポスターは、地下鉄とかにもありましたが、
僕の心にふれたのは、このコピー。
 
 
nishitetsuamadana2.jpg
 
 

まず、自分たちが欲しいものを。


 
 
 
さらっと読むと、
自分たち=僕たち一般生活者 が、
きっと欲しいと思うものを作りましたよ。
かっこいいでしょ?
ぜひ、使ってください。
 
っていう文脈かもしれないけど、
この携帯をNECさんと作ったのは、
あの amadana さんです。

このデザインにこのスペックに、
内蔵メロディ(テイ・トウワさん)や、
内容グラッフィック(タイクーングラフィックス)に
こだわりまくった携帯。
一般生活者全員が、よろこばなくてもいいし!
っていう姿勢。
 
そう考えると、
ここの 「自分たち」は
イコール「制作者」 の方々なんでしょうね。 

「まず、自分たちが欲しいものを。」

「まず、作ってる私たちが、かっちょいいと思うものを作りました。
 どうよ?」って。

なんでも消費者ニーズにひっぱられて開発していた所から
ちょいとはみ出て、
生み出す人たちの、センスをわかる人、受け入れたいと思う人へ向けて、

「生み出す人本意」に商品を出す。 
 
 
こういう仕事は、
いや、シゴトは、
 

羨ましいです。


 
 
 
 
 
その感性に触れるべく(いいわけ)無理クリ注文していた、
限定 5000台のモデル 

amadana N705i brownish wood
 
 
amaboxside.jpg
 
 

ついに,
来た。


 
 
 
ドコモショップで買う時の
あの白い段ボールの小さな箱ではない。

布張り。
横に、3社の金文字。
 
 
amadanabox.jpg


いいねぇ〜。この厳(おごそ)か感。

しかも、箱はデカい。


 
そりゃそうだ。
 
 
 
inside.jpg
 
 
こんな入れ方だし。
 
 
 
さあ。 

この時点で、僕は結構舞い上がっている。
38歳の僕は、
うれしくてたまらないのだ。


ブランドプロダクトが、人に与える
 

至福感。



 
 
あ・・あ・・。
先日も、スピーカーで同じようなこと書いてたなぁ〜。
物欲まみれの、ダメ人間をブログで全世界にリリースしているようだけど、
この至福感を知ることも、

芸の肥やし(?)


 

そして、今回のアマダナ携帯の至福感は、
前回の「BOSE」のそれとは圧倒的に違うものがある。
それこそが、

「あなただけ感」だ。


 
いわゆる「プレミアムマーケティング」に欠かせない要素である。
この限定モデルは、注文時に、シリアル番号が注文できた。
 
この注文が開始されているのを、
希代の情報屋である(アイビジョンプレスの)後山編集長に聞いた時、
僕の頭に浮かんだ番号。
 
 
それがこれ。
 
 
1969.jpg
 
 
1969。
そう、
1969年。
 
全共闘が東大安田講堂を占拠し、入試が中止になった年。

NHKのFM放送が始まった年。

シャルル=ドゴールがフランス大統領に就任した年。

東名高速が全面開通した年。

巨人の金田正一が400勝を達成した年。

アポロ11号が人類初の月面有人着陸に成功した年。


そして、



































僕が生まれた年。


 
 
 
 
だから、なんだ? 

 
 
いや。
人は、こういうストーリーごとにめっぽう弱いはず。

それを、まず自分で実証しとります・・・・(世話なし)。
 
 
 
 
 
さ、いつから、使うかな。



 
 
無料カウンター  




あわせて読みたい




なかのひと
 
 
 
 
 
 
 
 



 



 
 
 
 
 
 
 
 

 
 



 
 
 

 

 
 




cromagnon69 at 21:31│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by エドワード・ノートミン   2008年02月25日 09:21

出たー!
ついに届いたんですね。
近いうちに見に行きます。
こういうの、プレゼントされたら落ちます(笑)
***
花粉症歴7年(スギ花粉100%)の私は、先週からグズつきはじめました。。
何よりも朝が辛くないですか?
2. Posted by 坂田 京子   2008年02月25日 09:22

データ復旧センターの坂田と申します。以前弊社で講演いただいてからすっかりファンになり、毎日ブログを楽しく拝見させていただいております。
さて、今回の話の本題では無いのですが、花粉症25周年との事でしたので、それにピリオドをうてる病院があります。ご存知かもしれませんが、
元山医院(内科・皮膚科・婦人科)福岡県飯塚市大字川津206-1
TEL0948-25-0491
針治療の病院です。お勧めですのでよろしかったら。
3. Posted by ノブエ   2008年02月25日 17:29

たまりません、この箱。
この箱から電話を取り出す時、
ゴルゴ13がアーマライトを
取り出す時のように
「スチャッ…」
とか口で言ったりしませんでしたか?
その生き様、見習います。
4. Posted by ウェルカム松田   2008年02月25日 20:17

クロマニヨンさま。
ご無沙汰でございます。
このところのブログ、益々クロマニヨンさんがビルド・アップされていらっしゃる様がビンビン感じられ、刺激を受けてます!!
それにしても「1969」の偶然は鳥肌モノですね。。。
こういう偶然(=必然?)がまた生きる活力になるんですよねぇ。
5. Posted by クロマニヨン   2008年02月26日 17:19

>>ノートミンさん
昨日は、どうも。
これ見よがしに、
携帯を振りかざしてすいません!
けど、うれしい・・・
>>坂田京子さん
どうも恐縮です!
花粉症にピリオドを打てる
病院!!!!!!!!!!
なんて、魅力的なコピー・・・。
う・・・
電話するかもしれません!笑
>>ノブエさん
こういう生き方は、
可処分所得が、圧倒的に
非効率になくなったりします。
気をつけてください
>>松田さん
お久しぶりです!
お元気そうですね!
僕は、あいかわらずでございます。
あのBARに
いかねばならんですね!!
6. Posted by HER   2008年02月29日 12:57

わくわくしますね、特別感。
お誕生日からお使いになられれば
よいのではないでしょうか?
もちろん40歳の誕生日まで待ってみるとか?
7. Posted by クロマニヨン   2008年03月02日 08:12

>>HERさん
すいません・・・
我慢できなくて、もう使ってたりして・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク