2008年04月01日

タクシーを。


 

 
5〜6年前にベストセラーを出した
ブライアン=トレーシーさんが、確か書いていた。
 

世の中、誰かがやってきて、
自分がやってみたい!と思うことを後押ししてくれる
ことを待っている人が沢山いると。

そんなのは、
 

バスが通らない道で、
バスを待っているようなものだと。


 
 
この文章は、僕を一度粉々に砕くくらいの力があったのを
覚えています。
自分が成りたい人や、やりたいこと。
それを実現するには、「誰か」を待ってても、ず〜っと何もかわらんぜ!
という教え。
 
 
その言葉に後押しされた仕事の一つが、
昨年4月に始まった、テレビ番組「らんちゅう」の実現でした。 
福岡というローカルの地で、
複数メディアをクロスさせて、通常の番組以上の展開を計ろうという考えのもと、
2年前の秋にテレビ局にプレゼンして、
た〜くさんの人に、協力してもらったり、
迷惑をかけたりして、実現したこの番組。
 
その「らんちゅう」も、
先週木曜日に最終回を迎えてしまいました。
 
で、先日その「打ち上げ」に行ってきました。
 

directers.jpg
 
はい。
右側は、

アジアの人身売買組織の人

ではありません。
後半、お手伝いしていただいた「お〜くぼん」こと、
大久保さん。
 
そして、左側は、福岡ではおなじみ。
僕個人的にも、10年くらいおつきあいしてもらってる
ディレクターの草場さん。
 
本当にお世話をかけたというか、
制作の責任をおってる草場さんとかは、逃げられない
強迫観念があると思う。
それに立ち向かい、一年番組を継続する。
頭がさがります。
 
他にも、
クールなオープニングを格安で制作してくれた
loworksさん!
森本さんほかディレクターの方々。
中村カメラマン他スタッフの皆さん、

セクハラ発言に耐え、がんばってくれた高山アナはじめ、
うにょうにょがんばっていただいた、TNCの担当の皆さん。
一年間夜中まで起きてWEB更新してくれた、森さん。
企画の最初から、ず〜っと手伝ってくれた、後山編集長はじめ
アイビジョンの皆さん。
唯一社内で、最後まで、らんちゅうに携わってくれた、竜也くん。
 
本当にありがとうございました。



そして、 
最後もやはり、この方に救われました。
 
 
cobbypink.jpg
 
 
媚山さん。
ピンクジャケット!
媚山さんとの出会いは、個人的に宝物でございます。
エドはるみさんより、明らかに先に
グ〜をやっておられました。
 
 

福岡でのクロスメディアの実践&実験は
確かに、思い通りにいかなかった。


テレビ番組、ワンセグからの誘導は
そう簡単にはいかない。
ホームページのアクセス数からも、色々なことが読み取れる。


その色んな原因もノウハウも現実もすべて、
僕の頭の中にインプットさせていただきました(笑)。

この一年、一緒にがんばってくれた方のためにも、
こんどは、バスをまつのではなく、
自分からタクシーをつかまえる勢いで、またがんばります。


この経験・・・・

いつか活かしてやる(笑)!


 

では、最後に、福岡の男女2600名にきいた、
決定福岡のダメ男、ダメ女の条件を確認してください。
「らんちゅう」はこういうことをやっとりました・・・


http://ran-chu.tv/ranking.php



TNC毎週木曜日25:35〜 
AI VISION TV 「らんちゅう」
最終回視聴率:3.5%
ありがとうございました。










 
無料カウンター  




あわせて読みたい




なかのひと
  

 

 


 










cromagnon69 at 02:52│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y   2008年04月02日 10:03

らんちゅうお疲れ様でした。福岡に残した軌跡はきっと皆の印象に残っていると思います。
ところでメルアド変わりました?何度送っても戻ってくるのですが?宜しければ新しいメルアド教えて下さい!
まーたわいもない用事というか、クロマニさんの視点と良く似ている面白いブログ発見したので。
2. Posted by クロマニヨン   2008年04月02日 10:18

>>Yさん
へ?まじですか?
では、ここに!
cromagnon.k@gmail.com
webメールでございます!
楽しみにしてます!
3. Posted by Y   2008年04月03日 11:24

メール完了しました。
いろんな街角でのちょっとしたヒントに私も目を配るようにしたいものです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク