2008年11月14日

俺的に、福岡で一番のもつ鍋屋決定。


 
 
banner_02.gif

↑もうすぐ20位以内な感じ。まずはクリックしてくださいな。
 
 
 
 
 
 
 
俺的に、福岡で一番の もつ鍋屋が
先日、確定した。
 


 
 
kingyo.jpg


薬院「きんぎょ」。

 

 

古いマンションの1階。
 
entrancekingyo.jpg
 
 
モダンながら、
京都の町屋を思わせる雰囲気。
 
洒落すぎず・・
しかし、主張がある・・・
 
そんな、非常に「居心地のいい」空間。
 
kkingyo-seki.jpg
 
暗さ加減も、他の客との距離感も・・・
 
 
いいな〜ここ・・・
 
と思っていたら、内部をプロデュースしたのは、
この方・・・・
 
 
kingyo-ichinose.jpg
 
CASEの、一ノ瀬アニキ(写真向かって左)。
→一ノ瀬アニキのブログ・・・
 
 
ちょっとまえに、高取の
手島邸のブログでも紹介した、
福岡にある、凄い会社の
凄い建築家。僕が尊敬する大人の一人!
 
 
先日、一ノ瀬アニキを囲んで、飲もう!
ということで「きんぎょ」に連れてきてもらったのだ。
「きんぎょ」の施行は、写真右の、角丸氏が担当。
プロレスラーでは、ないですよ(笑)。一級建築士です。
このかたは、すんげぇ〜福岡の街の「建物同行」に詳しい・・・
極秘情報満載でした・・。うひょひょ・・・
 

で、肝心の「もつ鍋」はこれ。
 

motu.jpg

 
悪いね。
俺、料理写真かじゃないし、普通やね。
 
けど、牛蒡がふにゃふにゃになって、
ニラやモツとからまって・・・そりゃぁ、あんた。

でも、ま、このくらいまではあるね・・
っと、思っていた所で、
 
しめの「麺」!
 
 

ここで、福岡一が内定。

 
 

男6名、つやとこしの麺を
無言ですする瞬間もあるくらいの旨さ!
4人前にさらに2人前追加。

 
さらに、

本当のしめの「雑炊」!!
 
ここで、

福岡一が完全に確定。


 
 
も〜、本当に・・・本当に、満足やし。

 
 
そう、男6名。
 
 
kingyo-syuji.jpg
 
奥は、志を武器に事業点火を準備する、上野社長。熱いね〜。

手前は、我が、師&和尚の、へそ社長
へそ社長のブログは、全国区です。必見!
  

そして、こちらは、梶原さん。
 
kajigura.jpg

有名なデザイン事務所
 
カジグラ
 
の代表です。
あのポスターあのロゴも、この方です!
  


あ〜あ。
みんな、すげぇや。

 
けど、みなさん謙虚で、お互い認め合ってる
雰囲気で、進めていこうとしているプロジェクトの話に
華がさく、ステキな時間となりました。
 
「もつ鍋」屋で、こういう、
じっくりゆったりなビジネスがらみの楽しい話ができる。
 
これ以上ないな〜
っていうメンバーだから?

いや、それだけじゃなくて
やはり、店の雰囲気。

僕の同僚も言ってたけど、
「接待に使える、しかも旨いもつ鍋屋」
という、絶妙のバランスが、僕にこういうブログを
書かせてるのかもしれません・・・
 
 
karakami.jpg
 
↑「唐紙」。

なんと、日本に一軒しかない、京都の「唐紙」のお店

初めて行った時には「一見さんお断り」で、
売ってもらえなかったという噂の「唐紙」も、おがめます。

この模様の「版」は、数百年前のモノとか・・・
 

 
 
ほんと、未体験の方は是非。
個室もあるし、奥には、まさかの中庭も!
 
そして、必ず麺食べてね。



きんぎょ
福岡県福岡市中央区薬院1-4-8 あづまビル 1F
092-771-9611
 
 

 
 
他にもうまい、もつ鍋屋知ってるよ!って方はクリックを!

ブログランキング・にほんブログ村へ





 




 

 


 
 
 

 
 




 




 
 












 
 




 
 
 



 
 

 
 







 







cromagnon69 at 00:25│Comments(0)TrackBack(0)遊びの記憶 | おいしいもの系

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク