2008年11月21日

50年扱ってきたアカウントを失う。


 

おおお・・・。
50年かぁ〜・・・

 

banner_02.gif

↑一瞬10位になったんすよ!いや、マジで! まずは、クリックしてください!


今日、知った・・・
 
After Nearly 50 Years, BBDO Loses Brand Pepsi in U.S.

我らが、BBDO Worldwide が、
50年間扱ってきた、北米PEPSIのコミュニケーションアカウントを
失ったらしい・・・
ちなみに、2007年の北米PEPSIのブランド広告費は、
1億6000万ドル!!!

1960年から、約50年。。。。
ロゴもこんなに変わってる。
 
 
6-pepsi-102708.jpg
 
 
最新のやつは、馴染みがねぇなぁ〜。
 

こんなんもやってる?
 

 
 
比較広告話題になったなぁ〜・・・
これとかも、すげぇ〜・・・ 

 

 
 
日本じゃ、考査通んねぇ〜(他社の誹謗中傷:笑) 
 
 
けど、この件の解説を色々読むと、
 
クリエイティブもコミュニケーションも
変わらなければ!と、大幅に改革を薦める広告会社と
同じ改革を進めながらも、
方向性に違和感を感じた、クライアントという構図のようだ。
 

単に、アカウント無くなったとだけ聞くと、
あ〜そりゃ、大変だ!
で、終わりだけど、もっと冷静に考えると、
50年近くやってきて、お互いの組織や、そのやり方を
断固改革せねばならない!

という時代になってるんだなぁ〜と。

 
この話題の出所は、
Advertising Age ・・・・

解説の中に、



マーケティング・オーバーホール


 
 

という言葉がありました。
全部整備しなおせと。
 
 
 
 
昨日の、マクドナルドのクオーターパウンダーじゃないけど、

同じことやってても、じり貧鉄板です。
 
 
 
おもろいことを、
いつも考えているそこのあなた。
この機に乗じて、何かやらかしましょうよ!
 


ちなみに、
北米PEPSIの新しいコミュニケーション担当の会社は、
 
TBWA/Chiat/Day
 
 
あ、なんだ。
BBDOと同じ、OMNICOMグループじゃん。
 
う〜ん。。。。。
ま、いいか・・・。 

 
 
 
 


だから長くつきあってる彼女彼氏も大切に・・・
で、クリック!  

ブログランキング・にほんブログ村へ









 
 
 


 

 



 
 
 
 

 

 
 






 
 


cromagnon69 at 00:34│Comments(3)TrackBack(0)マーケティング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by つちのこ   2008年11月21日 07:26

比較広告、めちゃウケました。
日本じゃ逆効果でしょうが。
しかしアカウント無くなったとは大変なことですね。4分の1世紀分の・・・ですよ。
2. Posted by 通りすがり   2008年11月21日 14:50

オバマの今回の選挙戦略が、ビジネスマーケティングのケーススタディとしても使えるという、アメリカの専門誌の記事の抜粋です。
(ペプシつながりでなんとなく)
殆どのブランドがペプシの戦略と似ている。新しいCMO(Chief Marketing Officer)がくる度に、或いは広告代理店が変わるたびにコピーが変わる。1975年以来、BMWのスローガンは変わっていない。「The Ultimate Driving Machine」。1975年以来、ペプシのコピーはこれだけ変わっている:
1975: "For those who think young"
1978: "Have a Pepsi day"
1980: "Catch that Pepsi spirit"
1982: "Pepsi's got your taste for life"
1983: "Pepsi now"
1984: "The choice of a new generation"
1989: "A generation ahead"
1990: "Pepsi: The choice of a new generation"
1992: "Gotta have it"
1993: "Be young. Have fun. Drink Pepsi"
1995: "Nothing else is a Pepsi"
2002: "Generation Next"
2003: "Think young. Drink young"
2004: "It's the cola"
33年前、BMWが初めて「The Ultimate Driving Machine」のキャンペーンを打った時、BMWのアメリカにおける輸入欧州車シェアは11位であった。今は一位である。
33年前、ペプシはコーラで二番手であった。今日、たくさんのコピーを経て尚、未だに二番手である。
ペプシのコピーは、平均して二年二ヶ月で変わる。アメリカの平均的なCMOの在任期間も、二年二ヶ月である。雑誌Businessweekに於ける、平均的な企業広告キャンペーンの期間も二年二ヶ月である。
3. Posted by クロマニヨン   2008年11月29日 13:41

>>つちのこさん
こういう広告があふれるのも
どうかと思うけど、センスのわくでなら
日本もやっていいかなと・・・
家電屋さんとか、おもろそう・・・
>>通りすがりさん
う〜ん!おもろい!
こういうデータは書き込みに
老いとくのもったいない!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク