2008年11月24日

アクセル・ローズの勤労に感謝。


遂に出た。
本当に、遂に出た。
 
 

banner_02.gif

↑ある友人が応援したくなる!って電話くれました。あなたもぜひクリックを!
 
 
 

GUNS N' ROSES
実に、17年ぶりのオリジナルアルバム
 
”Chinese Democracy"
 
 
このアルバムの噂がでて約7年。 
今年の3月には、ドクターペッパー社が、
このアルバムが2008年度中にちゃんと発売されたら、
アメリカ全国民にドクターペッパーを一人一本づつ
プレゼントするぜ!宣言キャンペーンまでやるくらいの
いわくつきのアルバム(出たけど、ど〜すんだろ?)


まずは、プロモーションCMを30秒程どうぞ。
アクセルの絞り出すような歌声に、
「アペタイトフォーディストラクション」
を聴いて育った我々世代は、
いてもたってもいられなく、なるはず!
 


 
どうすか?

 
ま、いいんですよ。

どうせ(すでにですが)、
WELCOME TO THE JUNGLEは越えられねぇ・・・
とか、やっぱし衰えた・・・
とかいう評も沢山出てくるでしょう。
 
けど、1987年の夏、

アペタイト・フォー・ディストラクション
(Appetite For Destruction)
 
AFD.jpeg

 

が世に出た時。

俺、18歳。

汗と
涙と
アドレナリンと
カウパー氏腺液が
ほとばしっていた18歳。
 
その僕の年齢的な昂揚を、そうはさせるかと
凌駕するがごとき、ハイテンションアルバムだった
この1枚。
そして、来る日も来る日もデカイ音で聴いていた。

そうすることで、
ありあまるエネルギーが
ロック音楽に「ノル」というすてきな
気持ちとして昇華していた。
 
 
 
そんな、僕が40歳を前にして、
今、
あのアクセルローズのヴォーカルが聴けるのは
もう、曲がどうのこうのじゃないんよね・・・

 
ま、これは僕の話。
 
それぞれの世代に、
それぞれの18歳のエネルギーを凌駕するが
ごときアーティストがいると思います。
  
 
そんときは、かっちょいいい!!!
 
って、感じで消費していたけど、
案外、大事!


今のあなたの気持ちを揺さぶるものは
沢山あるかもしれないけれど、

音楽も大切にしてください!!!


CNDMCRCY.jpg
Geffen
2008.11.23(日本版11.22)発売


01. Chinese Democracy
02. Shackler's Revenge
03. Better
04. Street Of Dreams
05. If The World
06. There Was A Time
07. Catcher In The Rye
08. Scraped
09. Riad N' The Bedouins
10. Sorry
11. I.R.S.
12. Madagascar
13. This I Love
14. Prostitute


 
けど・・・
アクセルのヴォーカルをもう一度
イジーと、スラッシュがいるガンズで聴きたい・・・・




そういう世代のあなた・・そしてそうじゃないあなたも、ぜひクリック!  

ブログランキング・にほんブログ村へ






cromagnon69 at 13:04│Comments(5)TrackBack(0)音楽系 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by aoyama   2008年11月25日 13:40

またまたお邪魔します。aoyamaです。
GUNS、ついに出ましたね。
まだ買っていませんが、もち購入予定です。
思えばkoyanagiさんから初めてメールを頂いたきっかけが
GUNSネタだったと記憶しています。
昭和50年生まれの私のファーストコンタクトは
シュワちゃん主演のあの映画に使われたYou could be mineです。
私の場合、純粋に音楽だけでなく映画のイメージや
プロモビデオの格好良さにも惹かれて好きになったわけですが、
いまではsweet childとparadise cityは殿堂入りの名曲です。
iPodでヘヴィーローテーションです。
paradise cityのイントロのコードだけマスターして、youtubeを
見ながらサビの箇所にくると力一杯かき鳴らし、あとは鼻歌という、
決して誰にも見られてはならない、門外不出の引きこもりヴァーチャルセッションを
楽しんだりしています。
ただ、時々不安になるのが、今だに昔の曲を聴き続けるのは、
単に私が新しい音楽を受け入れられずに懐古主義に走っている
だけなのか、それともそこまで惹き付けられるGUNSこそ偉大なり
なのかわからなくなる点です。
「昔の音楽の方が魂がこもっていて云々」なんて台詞だけは
決して吐かないように心掛けていますが、自分の音楽に対する
キャパシティが90年代で止まっているのでは?と考えると
演歌や歌謡曲以外はかたくなに拒否し続けるウチの父親のように
なりつつあるように思えて、ちょっと怖くなります。
「良いものは良い!」と胸を張り自信を持って生きていけるように、
日々精進を重ねていきたいと思いました。
2. Posted by cromagnon   2008年11月25日 14:09

>>青山さん
そうでしたっけ?。
けど、青山さんが書かれている
「自分の音楽に対するキャパシティが90年代でとまったのではないか?」
という不安は、僕も感じてますよ?。
あの頃出てくる、アーティストはどれもこれも凄すぎて(ニルヴァーナ、プライマルスクリーム、その他た?くさん)、あのときのような、喉の渇きをいやすために、水を飲みまくるような勢いの聴き方はしなくなって、しまいました。
また、ロック談義しましょうかね?。
you could be m~~~~ine~~~~
year!
3. Posted by ウェルカム松田   2008年11月25日 18:52

クロマニヨンさま。
あちゃっ!先に書かれてしまいましたっ!(笑)
ホントに出ましたね、GUNS。。。
何だかもうそれだけで感慨深くって、内容なんてどうでもいい気持ちです。
が、アクセルの凄いところは「何年も前から音源の一部は完成していたアルバムなのに、キチンと2008年という時代に通用する作品を作っていた」という事。
まだ流す程度しか聴いてませんが、今年のロック界最大の話題作・最重要作である事は間違い無し。
後日、自分のブログでも長々と書く予定ですので。
4. Posted by 藤井@データ復旧センター   2008年11月26日 00:03

小柳さん
ブログで小柳さん、紹介しました。
クレーム受け付けます
<a href="http://ameblo.jp/fukuoka-ceo/" rel="nofollow">http://ameblo.jp/fukuoka-ceo/</a>
5. Posted by クロマニヨン   2008年11月26日 22:35

>>松田さん!!
いや?、まじで。
アクセルの声は、一撃で
僕を18歳にしますよ。笑
松田さんブログ楽しみにしてます。
これで、復活してください!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク