2008年12月26日

宅配は、ネコである。


 
 
 
banner_02.gif

↑ さあ、押し迫ってきましたぁ!クリックをお願いします!!
 
 
 


「宅配は、ネコである」





 
これは、現在の「やまと運輸」さんのキャンペーンコピー。

ま、カテゴリー的には
だじゃれなんだけど、

一度聞いたら忘れないもん。このコピー。


「宅急便」という名称は、
この「クロネコ」さんだけに許される称号。

郵便ではない、こうした業態は「宅配便業者」といわれる。

なんで、ちょい前に捕まった、
元厚生省の役人さんの方々を次々に殺傷した事件があったけど、
あのときも最初の方のニュースでは
奥様の証言として、

「宅急便にやられた」
 
と紹介されていた。
こりゃいかんやろ!と思っていたら、すぐ改訂されて
「宅配便業者のかっこうをした男に・・・」となった。
 
 
個人的には、も一つのガリバー企業。
「佐川さん」の「飛脚キャラ」がめちゃかっこいい!と思っていただけに、
 
SAGAWA.GIF

新しくなった今の棒状のキャラに、
いまいち思い入れが見いだせないな〜ってところに

「宅配は、ネコである」

というキャンペーンは、すごく人間的だし、あったかい。

いい切り口で
勝負してるなぁ〜と。
 


言葉一つで、ブランドがちょっと近く思えてしまう
(俺的には)いい例だなぁ〜と思っている一方で、


「ゲリラ豪雨」




は、戦争を連想させるから使わない!
という論争が、気象庁まわりで起こっているらしい。
 
「ゲリラ豪雨」って、インパクトあるしわかりやすい。
名付けた民間の気象予報会社「ウェザーニューズ」社は偉い!

 
どうも、それにかわる名称を模索する方向らしいけど、
今のところ、「予測不可能な局地的な豪雨」というしかないと。

インパクトねぇ〜。
 
 
 
そういえば、今いうところの

「ソープランド」

も以前は「トルコ風呂」と言っとりました。


これに関して、日本に住むトルコ人の方々が厚生省に
自国を侮辱されているように感じるから、改名してほしいと訴えたことで
「東京都特殊浴場協会」が「トルコ風呂」に代わる名称を公募して、
1984年12月19日、「ソープランド」と改称した(from wikipedia)


らしい。

公募だったんだ!

けど、これは定着しとります。




なんか今日は論点バラバラだけど、
要は、今の時代と言葉についていいたいです。


こう、不景気できついニュースや、
身近におこるつらい状況を、
毎日肌で感じざるをえない状況になってくると、

ちょっとした言葉の使い方が、すごく大切かもしれません。



 
今、ほとんどの人たちが

「いじめられっこ」

ですよ。
ボーナス減るだの、派遣切りだの、トヨタが赤字だの、
明日は我が身だの・・・・・

そう。

毎日恐喝されてますよ。



そうした「いじめられっこ」は、
ちょっとした
やさしい言葉や、勇気づけられる言葉に
敏感です。
 
 
案外、気恥ずかしいくらいの
正面切った言葉が効くかもしれませんね〜・・・ 



そんなことを思いながら、
斉藤和義さんの歌にじ〜んときている、
クロマニヨンでした。
 



 
どんなに、が〜んばってみ〜ても・・・。クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ  







 
 
 




 
 
 
 
 




 
 



 

 


 
 
 






 
 
 
 
 
 




cromagnon69 at 00:37│Comments(1)TrackBack(0)日常インサイト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y   2008年12月27日 18:29

1年間お疲れ様でした。
来年は明るいニュース盛りだくさんの1年になると良いですね。また来年も更新楽しみにしております。元気が出るようなスパークしたブログで年始スタートしてくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク