2009年09月07日

T 字カミソリ




おつかれさまです。
クロマニヨン・コヤナギです。

 

また、アマダナの熊本社長とシンクロ(?)する
ことになりそうです(笑)!
 
muchcolor

















 muchcolor Seminer vol.3
 熊本 浩志 講演会 09年9月14日開催


クマモト in 熊本(笑)です。

この講演会の司会で呼んでいただくことに
なりました。このブログ読者の方で、このイベントに
行く予定の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、その時お逢いしましょう!

熊本さんの話し、たぶんさらにパワーアップのはずです!

いか〜ん。あと1週間。
準備せねば!!!




で、今回は、その熊本社長が言われていて、
かなりアグリーだった話しを少々。







熊本さんがここで書かれている

「善し悪し」から「好き嫌い」へ

という話し。



僕は、ヒゲを「T 字カミソリ」で剃ります。
そのカミソリメーカーの競争の歴史を
熊本社長が話しを、先日してくれました。


カミソリには

Gillette

Schick

FEATHER

KAI

という4大メーカーがしのぎを削っています。

T字カミソリ界の革命と言われた(?)
”ジレット・センサー”が、
1990年に発売。

2枚刃で、 
しかも、サスペンション付きで
アゴの形状に合わせて、ヘッドが動くと。


それ以降、センサーエクセルだの、
シックFXだの、切れてない!だの、
曲がる2枚刃!だの、K3だの、マッハ3だの・・・


とにかく、深剃りのための飽くなき技術追求が
20年近く続いています。


その中でも、
特質すべきは「刃の数」


20年近い「カミソリ刃数戦争」で
現在はどうなっているのか???
 
僕は、
「ジレット・フュージョン」というブランドを
現在使用していますが、ではそのブレード(刃)部分を
見てみましょう!






gillete













なんと、5枚刃!


しかも・・・・・

gillete-back














裏側には、襟足も剃れる・・・・

+1(プラスワン)!



20年で、2枚刃が5枚刃+1=6枚刃に
増えているということは、約5年に1刃!


熊本さんが、言ってたのはここです。

どこまで
深剃りやねん!と。



日本でオリンピックがめでたく開催される頃には
7枚刃とか出てるかも!?

ま、冗談はさておき、

「数字のスペックの争い」

は、この時代、どの商品も限界に近づいていると。
T字カミソリはもちろん、パソコンのメモリや
ハードディスクの容量や、液晶テレビのコマ数や、
ブルーレイの連続録画時間も・・・


もう、人間の能力として十分だと。





そう。ここから、
本当の「心の好き嫌い=ブランド」の
戦いが、始まっていきます。



テクノロジーが均一化すれば、
地方都市からも、
独自のブランドを作り出すチャンスかもしれません。


熊本社長、お話、感謝します!
来週は、楽しいイベントにしましょう。




人気ブログランキング参加中です。
クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


ちょい悪サラリーマンランキングも
継続中です。。こっちもクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ   







cromagnon69 at 23:12│Comments(0)TrackBack(0)マーケティング | マテリアル

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク