2009年10月04日

ブランド・ハイジャック



ブランディング。


聞き飽きた?
大好き?
よ〜わからん?

本でいっても、
Amazonで、和書:ブランドで検索すっと
1875冊もヒットする。
「ブランディング」でも、137冊だ。


近頃、仕事や雑談の中でもブランディングの相談が、
凄く大きなったと思う。

県。
町(街じゃない:笑)。
サプリメント。
伝統物産品。
会社。
人。

それぞれに凄い店や問題点があり、
また、依頼してこられる側の特質など、
一筋縄ではいかないことも事実。
うまくコントロールできないこともあったり、
ブランディングは難しい・・・。

ただ、今日はブランディングの業務論ではなく、
ブランディングの種類について。



冒頭で本の話しはしたけど、
私が尊敬するブランドオーナーが飲みながら
薦めてくれたのがこの本。

ブランド・ハイジャック~マーケティングしないマーケティング








ブランド・ハイジャック
~マーケティングしないマーケティング

著者:アレックス・ウィッパーファース
販売元:日経BP社


2005年の本だけど、ひじょ〜〜〜〜に面白い!

中でも、世界で猛威を振るうエナジードリンク!

Red_Bull_250mL_Can














Red Bull

全然大手じゃない、この得たいの知れない
オーストリアのエナジードリンクは
どうやって広まったのか??

ドイツに進出するときに食品衛生当局の許可が遅れた。
「なぜ許可が送れているのか・・・?」

そのころ、許可がおりないため、
国境近いミュンヘンでは、
RedBullの闇取り引きが行われている・・・
という噂が流れる。

これは、麻薬の成分かなんかはいってるんじゃねぇか??

ちょうど、そのころ人気DJのパーティーには、
なぜか必ず、RedBullが出回った。
人気DJのパーティーは、盛り上がりまくる。
そしてなぜか、トイレに、
山のようなRedBullの缶がすててある。

ドイツの父兄団体が、麻薬まがいの製品だと不買運動が
おこる、品薄になる=さらに皆欲しくなる。

そういう地道な「仕掛け」がされたのか、
どうかは定かではないけど、
この製品のキャッチフレーズは、

RedBullならトベる!

狙ってるわな〜。笑



こういう実例が満載。


他にも、メニューに
「ハンバーガー」「フレンチフライ」「シェイク」「ドリンク」
という、4つのメニューしか掲出していないのに、
来る客は、皆勝手に

アニマルスタイル!

とか、注文しているというカルト的人気のハンバーガーショップ

インアウトバーガー(超かっこいい!)

の戦略など、

あ〜・・・オレ、こういうのやりたいんだよね〜!
的な話しがいっぱいでした。

副題の「マーケティングしないマーケティング」
ってありますが・・・ウソです。これ(笑)。

成功しているものは
スーパーアイディアと
スーパーなセンスと
スーパーな行動力で構築された
マーケティングで、なしとげられてますね。



ブランディングに興味のある方はぜひ!










人気ブログランキング
エントリー中です。
クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


ちょい悪サラリーマンランキングも
継続中です。。こっちもクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ    

cromagnon69 at 22:48│Comments(1)TrackBack(0)マーケティング | 日常インサイト

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sa-mu   2009年10月08日 21:01
あー、これ。
買おうと思って、買ってなかったやつ。

Kくん、思い出させてくれてありがとう〜

リンク先から購入しました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク