2009年12月07日

日本人は波動砲が好き


ちょっとお疲れな朝に、
スタバの「カフェモカ」の押し付けがましい甘さが
最高に沁みわたる感じの、コヤナギです。

おはようございます。



皆さん「宇宙戦艦ヤマト」というアニメをご存じですか?
最初の放送は35年前!

yamato-old




























・・・・なので、40歳の僕でも、最初の放送をしっかり見たのは
再放送です。

佐々木功氏の

「さらば〜地球よ〜♪」

でおなじみのテーマで、
見たことなくても知っている人は多いはず。

この「宇宙戦艦ヤマト」がフルCGで復活!
その映画の試写会にお邪魔しました。

yamato-new














さすがCG、リアル!

この「宇宙戦艦ヤマト」の最大の武器は、
上の画像の、船体の先端から出る、

波動砲。

「波動エンジン」のエネルギーを一気に掃射する、
ものすごい破壊力を持った「タリオン粒子」ビーム砲だ。

今回の試写会に出席したファンは、テレビのインタビューで
「何が印象に残っていますか?」
の質問にも、ほとんどの人が「波動砲」と答えていた。

これは、正に

いわば、必殺技である。

そして、


日本人は、必殺技が大好きである。


ウルトラマン=スペシウム光線

仮面ライダー=ライダーキック

キカイダー=デンジエンド(知らないか・・・)

巨人の星=大リーグボール

キャプテン翼=ドライブシュート、タイガーショット

枚挙にいとまはない。
というか、往年の名作アニメのほとんどは、
必殺技を待ちわびるストーリー展開だ。

「最初から出しとけよ!」のつっこみが
ギャグになるくらいの、圧倒的強さである。



しかも、
これは、特撮ヒーローやアニメだけではない。


水戸黄門=徳川の印籠

遠山の金さん=桜吹雪の刺青

必殺シリーズ=秀さんのかんざし・・とか


子供も大人も、大いなる予定調和で、
文字通り、溜飲を下ろす思いで30〜60分の番組を
見終えていたのだろう。


よく考えると、
海外のアニメに必殺技って、あんまし印象がない。

スパイダーマンも
バットマンも
スーパーマンも
スーパーパワーはあるが、
これ!っていう必殺技は思いつかない。



これは日本人の美学にも通じるんだなと。




近頃たてつづけに、パーソナルブランディング系の
本を読んでいます。

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す









パーソナルブランディング
最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

著者:ピーター・モントヤ
販売元:東洋経済新報社



中でもおもろかったこの本なんかは、
海外の著者によるものですが、

一言でいえば・・・・


必殺技を持て!


っていってます。どの本もそうです。
ターゲットと、目標を絞り込んで、そこで秀でる。

つまり個人がブランドになり、ヒーローになるには、

自分のビジネススキルにおける
波動砲をもてるか否か?


だなと。

人々は、波動砲で敵をやっつけるシーンを待ちわびています。
そして、ついに撃って結果を出せば、
あこがれファンになってもらえる。



あなたは、波動砲やスペシウム光線や桜吹雪を
持っていますか?



今回の「宇宙戦艦ヤマト復活編」。
新型ヤマトは、

波動砲が6連発で撃てる

というバージョンアップしています。



圧倒的な映像で、
ヤマト魂に火をつけられながら、
自分の必殺技を定め、磨いていかねばと焦る
クロマニヨンでした。




クリックも1日1回
お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


ちょい悪サラリーマンランキングも
継続中です。。こっちも・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ   


cromagnon69 at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)心意気系 | マーケティング

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク