2009年12月21日

気持ちにねじをまく


こんばんは。


クリックしてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ




お疲れです。
あと14時間後に、今年最後の大きなプレゼンを
控えている、クロマニヨンです。

M1で、「笑い飯」がまた負けちゃったのが
残念だな〜って想いながら書いてます。


今日は、今の僕の心境です。


先週の月曜日の「ヂカギキ」開催から、
少し、僕の意識が変わりました。

あの日、SSUの次原さんや、パルチザンの山崎さんと
夜遅くまで飲みました。
ソコには、ある大学の4年生が4名ついてきてました。

皆、一様にイケメンで、
それぞれが夢ややりたいことを、恥ずかしいぐらいに
純粋に持っていて、僕ら大人の中に一生懸命混じって
話を聞きたいという。

それならと、彼らを特別に、次原さんらとの
飲み会までつれてってあげた。


まず、そこで一つ。
次原さんは、その大学生の真ん中に

「イケメン大好きよ?」

とかいいながら、真ん中に。


そして、飲み始めて僕もそこにいたんだけれど、
あの「中田英寿」の戦略をはじめ、
多くの実績ある次原さんが、

めちゃくちゃ真面目に、
大学生の話を聞く。


大学生たちも、その気持ちを一身に受け止めて
一生懸命に考えをはなしている。
そして、
自分たちが、自分たちのアイディアに気づいて
驚いたりしている。

これが
インスパイアされる!という現場だと。


僕は、衝撃を受けました。
全国トップクラスの戦略家は、福岡のローカル居酒屋で
ローカル大学生と、疲れも、もろともせず
真剣に向き合う。そして彼らを刺激しまくる。

こんな熱い夜は、朝方まで続き、
次原さんが帰られたあとは、
一緒にヂカギキを企画しているAtty氏と
福岡県の戦略官:GN氏が同じことを繰り広げる。


帰り際にその学生が、

「こんな機会をありがとうございました」

と僕に言ってくれた。


あ〜これだ。
これがやりたかった。


そう確信に近い感情が、ワインまみれの脳裏に走って
幸せな気分になった。

しかし、
同時に、この次原さんのような「向き合い」を
近頃、忘れている自分を猛烈に反省した。

人よりも、どん欲に人に会って話してきたつもりだった。
そのおかげで、多くのすばらしい人に
逢えて、今もその多くの人に協力してもらっている。

けど、近頃、過去のそうした財産にあぐらをかいて、
新しい場面にいくのを、面倒に想っている自分がいたなと。


なので、今週から、
ヂカギキで知り合った人、
あるバーのイベントで知り合った人、
昔から知り合いの社長の人脈お裾分けの
凄い飲み会で知り合えた人らとか
むさぼるように会った。
今週全部飲みまくった。
 
そして想ったこと。

人に逢う。

そして、その人のやって来たことや
やってることを、真剣にカラダの中に
入れるように受け止めると、

いてもたっても
いられなくなります。
自分の考えと戦わせたくなります。
すごく自分が拡張するような気分になります。

 
ヂカギキを、やらせてもらってありがとうございます!
というと、
いやいや、お礼を言うのはこっちだよ!
って言ってもらえる。

 
初めての人に逢い、
いろいろ議論したりしながらも、
けど、やっぱし凄い!って感想を持って伝えると、
こっちこそ、新しい切り口をぶつけてもらってよかった!
と言われる。 


所詮、僕という人に、
本当にリアルな
刺激を与えてくれるのは、人です。

そんなの、よく考えたらずっとそうだ。

僕の心を

「ヂカ箸」でつかんで来るような人

にもっと逢いたい。

 

次原さんという凄い人。
大学生という凄い人。
一緒にムーブメントを起こそうとする凄い人。
 
やっぱし、このブログの名前を、



すごいよ。あんた。
 

にしてよかった。
 
うん、深夜に熱く書いた感じの回に
なりました。笑

今日からも、また頑張りますよ!!



ちょい悪サラリーマンランキングも
継続中です。。こっちもクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  


 

cromagnon69 at 02:22│Comments(2)TrackBack(0)心意気系 | 日常インサイト

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ナイトライダー   2009年12月21日 11:08
今回のブログはいつにも増して熱いですね。

肝臓のケアも忘れずに(マジ)
2. Posted by 522   2009年12月23日 02:25
こんばんわ。
プレゼンどうでしたか?
あんな所で偶然お会いするなんて!運命感じました。
これからも応援してます!
頑張ってください、
今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク