2010年04月29日

プレゼンで戦え。


ついに開催した。

福岡の若手のために、
プレゼンテーションバトルフィールドを提供し
「現金」をかけて戦う非公式大会・・・・

”プレゼン・ヴァーリ・トゥ−ド・フクオカ”
Volume.001

pvt01















国家も、テクノロジーも、生活も、
すべて「プレゼンテーション」から始まった。

つまり、プレゼンテーションに長けた者が
仕事だけでなく人生に勝利する。
恋人への告白も、プレゼンだ。

ひいては、
プレゼンに長けた物が多い街が、
これからの時代をサヴァイブする・・・・


・・・そんな能書きを振りかざし
へそ社長こと、中村修治氏
FACTの後山氏
そして、私の3人で、

「プレゼン・ヴァーリ・トゥード実行委員会」

を組織し、その第一回の開催に踏み切った


参加者費用は3000円。
オーディエンスは1000円を払う。

プレゼンは、オーディエンスに配布される
共通の「ジャッジリスト」で絶対評価され、
その点数の比較により順位が決められ、
優勝者は、
集まった現金総取りとなる!
システム。

最初は、我々4〜5名で聞くことになるだろうと
思っていたら・・・・

pvt02












(中村大会委員長挨拶)

ようわからんが、オーディエンス:12名集結。
M&Aのアドバイザー、テレビ局、プランナーなどなど。

そして
この日、名乗りを上げた4名のプレゼンを聞いた。

pvt-04












写真は中島くん。

自分の両手に「マスカケ」の手相があるから
「オレはビッグになる」という仮説


をたてて、プレゼンの中で、
それを検証して行くという内容のプレゼン。

pvt03












自分の生い立ちを、
時に自虐的に、時に感動的に語り、
オーディエンスの心をがっちり掴んだ。

結果、中島君が他の3名を振り切って見事優勝。
pvt-winner












皆のプレゼンの内容のすばらしさに、
さらに追い銭がうたれ、

優勝賞金:31000円を受け取った。
う〜ん、案外リアル。


この日参加したのは、この4名の20代。

pvt01-4












左から二人目は、ADKの宮武クン。
5月1日から東京転勤が決まっており、
背水の陣で参加。

絶対の優勝を確信しながらも、
無惨に第3位に散って、憮然の表情。笑

また、参戦しろ!


一番右の藤田くんは、僅差の準優勝。

「戦後からたどる、男の白いブリーフ・クロニクル」

のテーマは秀逸だった!

ゴルゴ13、三島由紀夫などを例に、
かなりエキセントリックな内容でわかせてもらった。


それにしても、主催した僕が
彼らのプレゼン聞きながら焦った、焦った

参戦する者の潜在能力を引き出し
見る者の向上心に火をつける
最高のイベントでした!




「ヂカギキ」に続き、
熱い仕掛けになればいいなと。


もし、ご興味があるあなた!
次回、ぜひ参加しませんか?

参戦でも、オーディエンスとしてでも!





プレゼンだけでなく、
ぜひ、クリックもお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  



cromagnon69 at 09:15│Comments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと | 心意気系

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク