2010年06月16日

プレゼンに負けた。


比較的大きなプレゼンに参加していた。
いつもの通り、人生の時間を「ベット」しまくる。
土日もすべて、それに使う。

細部にいたるまで、妥協を許さず、

我ながら「真実が詰まった」企画書


に仕上げ提出する。


そう。
「真実が詰まった」企画書。
これ、ミソです。

これは、近頃、自分で本当にこだわっていること。

プレゼンは、
選ばれなければ意味がない。
つまり、勝てなければ、会社にも利益をもたらせない。

だから
「真実の企画」より
「勝てる企画」を出す事が
優れているとされる(当たり前)。

けど、いいかげんそういう時代じゃないと思ってきた。


自分の中で、
我々の中で、
本当に、相手がかけるお金が
将来にわたって「生き金」になる戦略を
真正面から提案しようと心に決めたのが今年1月。




そんな、僕に今日来た結果はこうだ。

「ご希望に添えない結果となりました」


個人的に、今年3連敗である。


その瞬間、チームメンバー各自の合計200時間位の
「人生の時間」は「無」となり、
周囲には失望をまき散らす結果となるのが、
プレゼン競合の宿命だ。

また、チームリーダーとしても面目ない。



クライアントさんも、
すごく時間をかけて選出された結果なので、
それに大しては、何かいうつもりはない。

ただ、
自分たちが、本当に有効だと思って出した企画が、

相手には「選ばれないもの」である
・・・という事実

は厳しく現実としてのしかかるのだ。


結果が出て、
感情的になり、
とりあえずオフィスを飛び出してしまった。



「スランプ」ってやつかな〜・・・



とか、自分を強打者になぞらえて(笑)
勝てない自分を呪う。


自らを慰めつつ、今日この本を買って
そっこー読破した。


ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)







ツキの正体
―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)
著者:桜井 章一
販売元:幻冬舎


無敗の雀鬼:桜井氏の本。
「ツキ」の本とか読むのがちょっと
精神的な脆さを露呈しているが・・・・笑




この本は言う。

「スランプ」を受け止めろと。
「ツキ」は、困難や辛い境遇を逃げる奴には
絶対に回ってこないと。


そして、


そして、この本の、この言葉。
あくまで、麻雀の話しとして書いてありましたが、

最高なのは、
「よい内容で勝つ」こと。
次に望ましいのは
「よい内容で負ける」こと。
3番目は
「悪い内容で負ける」こと。
最も下は
「悪い内容で勝ってしまう」こと。


勝負にひるむな。
正しいことを貫き通している奴には
必ず、大きなツキが来る。


・・・・・


今日のオレには
響きすぎ。




あ、あくまで僕の今日の心情ですので
この競合内容や結果をブツクサ言ってる
わけでは、無いので悪しからず!

結果を出せた広告会社さん
がんばってくださいな。





cromagnon69 at 23:40│Comments(8)TrackBack(0)くだらねぇこと | 心意気系

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まーりん   2010年06月17日 03:45
こんばんは

数年ぶりにヤフオクで二件落札してたらこの時間に〜

まだ洗濯物も畳まず放置だというのに。。。


プレゼンお疲れ様でした


人生の時間に「無」なんてないと思いますよ。

時間は戻らないけど何かしら経験値はアップしてると思います。

結果が全ての世界かもしれませんが、個人的にはその時間の行動で得たものを探すのも有りかなーと。

信念を曲げず、小柳さんを慕うメンバーの方を引っ張ってってください


何かだらだら主婦のうちが言うと的外れな感じもあるかもしれませんが、応援してますよ〜〜〜


2. Posted by クロマニヨン・コヤナギ   2010年06月17日 09:08

人生の時間に「無」なんてない。


わちゃ〜!

また、響くね〜。

ま〜りんちゃん、ありがとう。

その通りだね。
本当にありがとう。
がんばります。

3. Posted by デザイングレイス 根本   2010年06月17日 09:37
いいお話ありがとうございます。
どんな内容で負けたのかとても気になります。
今度お話きかせてください。
4. Posted by クロマニヨン   2010年06月17日 13:23

>>おおおお根本さん!

お話しますとも!
来週あたりランチでもしますかぁ!
メールください!

今週土曜日もがんばってください!
一度、行ってみたい!
5. Posted by 藤井   2010年06月17日 14:22
今も昔もついている、
そして運を呼べる人と
飲みに行くと
運が取り戻せます。

運は自分で作り出すことも
可能と考えます。

今回のプレゼンで負けたのは
実は
次に大きな勝負に勝てるための
必然だったのかもしれません。

それは未来でしか分かりません。

なので、未来の自分が
今の自分を誇れるよう、
全力投球で
面白く生きましょう!

今日、福岡へ飛びます!
明日は熊本っす
6. Posted by クロマニヨン   2010年06月18日 09:17
>>藤井さん!

ついている人。
運を呼べる人。

そんで、日本代表の本田くん
じゃないけど、何か持ってる人。

いらっしゃいますね。


そして、自分もそうだと思ってます。

なので、
藤井さんの言うとおり、
次の勝利への序章と信じて
進みます。






7. Posted by リンダ   2010年06月18日 23:05
はじめてコメントします。
熊本某のリンダです。誰だか解りますかね?元スカウトマンですww。

前々からアンテナの広さ&高さに感服しつつ拝見していましたが、今回はタイトル&「真実の企画書」ってのに惹かれてコメントしちゃいました。

私もこないだ同じようなモンで負けました(>_<)
正確にはコンペではなく提案なんですけどね。

クライアントが「100%集客できる戦略を」って言われたので「それができたらうちが儲かっとるわ」と思いつつ、素直な気持ちで『いま本当に必要な動き』を提案したら、「それはもうやっとる」って不満気味に否定されました。

「やってないから客足減っとるんじゃろがーい!」と言いたいのを抑えつつ、次の戦略を練っている最中に「もう他に頼みます」と代理の方から電話。

本人が電話してこんかーーい!
九州男児じゃろがーーーい!

でも結果的に外されたわけですよ。

悲しすぎる。あんだけ一生懸命調べまくって、魂込めて提案したのに(T_T)

あたしゃコヤナギさんの考え支持しますよ!

負けんぞーーー!
8. Posted by クロマニヨン   2010年06月20日 11:57
>>リンダさん
リンダさん、いつもありがとうございます:笑
コメントも、生な感じで・・。
職業的な宿命とはいえ、
「受注ちらつかせて、やらせるだけやれせとけ」
みたいな、
*(ピー:笑)ねばいいような担当者がたまにいます。

そんな奴は、2〜3回でわかります。

けど、そういう人にもわかってほしくて
そして、その会社にためになるはず!
っていう、これまた職業病的なおせっかいな
気持ちでがんばったりします。

すると、そこで信頼してもらえたりすると
嬉しいですよね?

けど、そういう*ねばいいやつは、
会社のパワーを自分のパワーと錯覚して

「人の礼節の基本」

すら無くして、自分のためだけに
人の人生の時間を奪い、平気な顔をしています。

つらい商売ですが、
ほとんどの人は、がんばっている人です。
我々も、もっとがんばっていくしかないです!

と、熱く書いてしまいました:笑



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク