2011年05月20日

ジ・エンターテイメント・オブ・ニッポン



2002年11月12日
マリンメッセ福岡。



この日は、
それまで観た、そして、その後観た
100本近いすべてのライブの中での
ベストアクトと遭遇した日だ。

そのアーティストは、

Red-Hot-Chili-Peppers-bio















世界最強ロックバンドと言われる

”レッド・ホット・チリ・ペッパーズ”

ジャパンツアー2002は、

マリンメッセ福岡
オールスタンディング


という狂乱状態で、A-9ブロックだった僕は
右足の内側靭帯を痛め、数日深刻に痛かった。
それがライブ終わるまで気付かないくらいの
アドレナリン量を分泌させるライブだった。



しかし。



今日2011年5月19日。

我が人生における9年前の”ベストアクト”を
まさしく凌駕する日となった。





そのイベントとは・・・・






  ド〜ン!



_














北島三郎 芸道50周年 特別公演

                           in 博多座




これは、ヤバかった。ヤバすぎた!



69(ROCK YOU)仲間である
福岡パルコの伊藤さんにお誘いいただいた時、
完全なる興味本位で、行きます!って言ったことを
告白せねばならない。

そして、17:00〜21:30=4じかん30ふん!?

と聞いて、少しブルーになったことも
告白せねばなるまい・・・。




しかし、すべて、経験せずして語るべからずである。

何が僕に「ベストアクト」と言わせるのか・・・。



それは、北島三郎 芸道50年の中で
完全無欠に完成されつくした
見事なまでの

たたみかけるテッパン!

である、と言わせていただきたい。




以下、ネタバレ注意です。



しかし、たとえここで詳細に公演のすべてを
事細かに書き表しても、

その感動が損なわれる事は、
1ミリも無いはずである。


さぶちゃん(と言わせてください)の公演は
2部構成となっていた。



第1部は・・・・

DSC08206















清水の次郎長外伝・・・
”清水の暴れん坊”


という舞台劇。


一人二役の、さぶちゃんが
人望厚い、次郎長親分と、
お調子者のはねっかえりの
森の石松を演じ分ける。


笑いあり、
アクションあり、
涙あり、
そして、感動のラストまで、

そりゃぁ〜もう〜
大満足の90分である。


すでにここで、

「分厚いテッパン」

ド〜ン!と降って来た感じだ。



「桃屋」のCMや、
古い「オロナミンC」の看板でしか
見た事のなかった、


大村 崑さん
も出演されており、本物だ!と叫んでしまった!

DSC08206














      ↑ ほらココです(笑)



そして、喝采の中幕。アナウンスが入る。


35分の休憩です。


さ、さ、さ、35分!?
長過ぎるやろ!



とぼやいているのは、僕だけで
まわりの常連おばちゃんたちは、颯爽と
「松花堂弁当」なんかを買って来て、やんややんやと
客席で弁当を食べているではないか!?


僕らは、ビールをちびちび飲みながら時を待った。


そして、いよいよ第2部・・・

DSC08207















”ヒットパレード!北島三郎、魂の唄”


が始まった!!!!!



白い紋付に
紫の袴。


紅白歌合戦の「とり」でもおなじみの衣装で


「歩」
「兄弟仁義」

と、オアシスなら、のっけから
「ワンダーウォール」と「WHATEVER」を
食らわされた気分だった。


ここでもまた
「分厚いテッパン」がド〜ン!

と重なる。





いい曲のっけから、出しすぎでは・・・・




しかし、大丈夫。



なぜなら、



さぶちゃんの持ち歌は
500曲もあるのだから!




もう、漫画「リングにかけろ」なら
スパーブローの打ち合い状態である。



途中、


は〜るばるきたぜ、
は〜こだて〜!



では、鳥肌がたった。



このあたりで

「分厚いテッパンは3枚以上重なっている」




そして、終盤。
さぶちゃんは、たたみかける・・・・



あたりがスモークにつつまれ、


第五十北島丸


がステージに出現し、大海原を相手に
さぶちゃんは、


北の漁場


を熱唱する。

さながら、
ユニバーサルスタジオである!



もう、こりゃ、すげぇ!


もうアドレナリンが吹き出しまくりで、
どテッパンが雨あられで降ってくる!





満足だ・・・
もう、満足だ・・・と思っていると、
あの曲を歌っていないことに気付く・・・。


まつり である。


もう、周りの観客はわかっている。
あきらかに観衆のテンションのボルテージは
振り切れようとしている。
皆座ってるけど・・・。


そして、その後、


僕の目前に現れたソレは、
もう、言葉なんかでは説明できない


言葉を失う光景が展開される!!!



しかし、あえて、ブログを綴る者の
プライドを賭けて表現するなら・・・・・


日本の魂をぶち込んだ
スーパースペクタクル
エレクトリカルパレード山車




であった。


<参考画像:笑〜過去の実績>
32080















img_94243_30802280_5

















どうですか?過去の山車です。




けどですね、奥さん・・・・・




今回のセットは、


芸道50周年
特別公演ですから!


こんなもんじゃぁ、ありませんでした!





圧倒的なラスト。
そして、お約束でやるアンコールなど全くない、
感動的なエンディング。


実に、出演者/舞台スタッフ含め

500名以上が動いて作られている
ステージだと!!



もう、
100枚くらいのテッパンが
重なりまくった、さぶちゃんの公演は
文字通り、巨大な鋼鉄の塊となって
僕らの想像など、一瞬で押しつぶしてくれました。




最高。





完全前のめりな、
今日のブログ。



近頃あった
クソみたいな出来事を
見事忘れさせてくれる、
さぶちゃんの50年の集大成。


誘ってくれた、伊藤さん!
本当に、ありがとうございました!

DSC08200














(伊藤さんが、即買いした、ペンライト。必携!笑)


福岡ドームであった
ストーンズの「ヴードゥーラウンジツアー」の
舞台にあった、火を吐く恐竜にも、負けない(笑)
さぶちゃんのステージ。


あと10日くらいしかないっす!!!

ぜひ!!!





cromagnon69 at 02:59│Comments(2)TrackBack(0)日常インサイト | 音楽系

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by RIKA   2011年05月25日 10:42
毎日TVから流れてくる洋楽、かぶれて部屋で流している英語の動揺・・・
だめだ!日本の心を忘れていた!!
さぶちゃん(私にもこうよばせてください。)の舞台の勢いが伝わってきました!!
ここじゃ
しょうがないから、某ネットのサイトでおやじ(こうとも、よばせて下さい。)の歌を聴きます。「まつり」を。
2. Posted by 村石太レディ   2011年08月10日 23:32
プログで 北島三郎で 検索して ランダムに拝見中です。
動画で 与作 祭り 歩 北の漁場を 先ほどまで聞いていました。今 川 を聞いています。
音楽同好会(名前検討中 北島三郎を語たる会

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク