2011年11月19日

ネイキッド・オピニオン


 ホークス負けた・・・
(第6戦直後です、今) 
明日、第7戦!!!
試合に行く人は、死ぬ気で応援してきてください(笑)!
僕は、テレビ観戦です!たぶん!



さて、気を取り直して。

先日、高島福岡市長のセミナーを聞きにいきました。

takashima-seminar















約1500名くらいの聴衆。

型通りの、これからもがんばりま〜す!

的なもんなだろうと思って座っていたら、
これが、なんの!

ガッツリスライドにアニメーションまでついた
僕的には、

”福岡トリビア大会”

のようなセミナーだった。


例えば、
国内で開催された国際会議の本数が、
東京についで、第2位とか、

来年度から、博多港に、3500名級、
全長300メートル級の超大型のクルーズ船の
寄港が決まった!とか、

アイススケートのグランプリファイナルの
誘致をかけまくっているとか。

そして、そういう、交流人口が増えることで
「都市が稼ぐ」という考え方を展開。
分かりやすかった〜。



元アナウンサーだけあって、話が流暢すぎて、
「いつのまにか、テレビ観ている感じ」
になりがちだけど、あんだけ自分の考えを
ズバズバ展開してもらえると、市民としては安心する。

少しぐらい無茶でも、迷い無く進む覚悟がある人が
トップであることが気持ちいいのは、政治も会社も
同じじゃないかと。



で、「意見」というのは、色々あって、
立場が違う人々の意見を、比べたりするとすごく面白い!

というのを、改めて実感したのが、これ!


no-mag























雑誌「NO!(エヌオー)」


今月号の特集が、写真通りで、
スタッフが、韓国に1週間泊まり込んで
徹底的に取材し、家まであがりこんだりして、
韓国の若者達で、同じ様に「NO!」を作っている。

「韓国美少女写真館」も、お〜!な感じだったし(笑)、
「KOREAN STREET SNAP」も、
全然おしゃれな韓国の若者に、驚いたりもしたけど、

一番面白かったのは、NO! さん得意の、
「日韓意識調査比較!」

両国の若者に「日本は好きか?」「中国は好きか?」
という質問から、
「竹島」は自国の領土か?
「整形しているか?」

などなど、日本と韓国の若者の意識の溝を
浮き彫りにしていきます!

もう、

「NO!」編集部、攻めまくってます!

さらには、両国の恋愛についてもつっこんでいて、

こんなことも、質問しています!
(編集部さんすいません。一個ネタばれ)

NO-DATA















日本の若者(青)が14歳とかが突出しているのに対し、
韓国の若者(赤)の答えは、経験無しと20歳が突出。


これは、どういうことか?

単に、韓国の若者が奥手なのか?


この質問に、我が誇るべき同級生
松本「エヌオー」代表は
こういいました。

「韓国の若者は、こういう質問には
 正直に答えるべきではないと思っているのでは?」


つつましさや倫理感という意味で、
韓国の若者が、いわゆる「古風」なのでは?

近頃、立て続けに「韓国とのビジネス」の
お話が舞い込む中、この「NO!」は、あまりにタイムリーでした。

「NO!!」=「Naked Opinion」
     =「裸の言葉」

という意味です!と、前出の松本代表
(通称:松ちゃん=濃い!)

mattyan
















福岡発の、若者たちの「裸の言葉」で、
今の閉塞感を突破して、福岡をブレイクさせようと
考えている、松ちゃんは、本気な人なので、
皆さん、なんか相談してみましょう(笑)!


ともかく、色々考えさせられる「意見」が
沢山つまっている、今月号の「NO! エヌオー」。

立ち読みでもいいけど、
韓国に1週間滞在したりの取材してるのに、
1冊:300円でやっとります。


買ってあげましょう!笑

こういう、福岡から!の活動を、
途絶えさせないように!





cromagnon69 at 22:13│Comments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 地方からのブランディング

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク