2012年03月11日

3.11


東日本大震災から、一年経ってしまった。

昨年のあの日、あの瞬間。

翌日に迫った、
九州新幹線全線開通を前に、会社では、
関係者は慌ただしかったのを覚えている。

会社の天井から、
地上波5系列が放送されている、
5台のテレビ全部が、あの、おぞましいまでの勢いで
東北を飲み込んでいくのが、映し出されていた。

それを、会社の皆で、みていた。



今日、テレビでは、
被災地の方々の、
つらい話。
苦労話。
感動話。
悲惨な状況。
見えぬ未来。
政府や東電の
まずい対応。
・・・などなど、様々な「エピソード」が、
放送されていた・・・ようだ(僕は、見なかった)。


もう、僕には、エピソードは必要ない。


報道されるすべてが、
「あの日を、忘れないため」
で、あるのならば、忘れるはずがないからだ。



去年、3月11日の午前中まで
あのオフィスで、
どんな案件の仕事をしていたかとか、
どんな予定を立てていたのかは、
ほとんど記憶していない。



そのかわり、
震災の後、
気が狂うような、被害の映像と、
気が狂うほどの量の「AC広告」を、
狂った様に見入っていた数日間を過ごした。

それ以降、
自分というか、我々、日本の意識は
変わったと思う。
意識というか、考え方や、やり方や、
人を想う気持ちとかもそうだと想う。


1年が経った。


神田昌典さんが、著書に書いている。

日本は約70年周期で
社会が巡っていると。

2011年の70年前の、1941年は
太平洋戦争勃発である。

その約70年前は、1867年の大政奉還後の
「明治維新」の時代だ。

どちらの時代も「大混乱」だったはずだ。
しかし、幕末には、西郷さんや坂本龍馬など
おなじみの、国を想う「志」の人達が、
日本を新しい時代に導いた。

原爆で、日本が壊滅したあとも、
本田宗一郎さんや、松下幸之助さんらが
日本を復活させるという「志」で、世界企業を興していった。


神田さんの考察には、
うなずくばかりだ。


要は、また「志」の時代というか、
まっとうな考えを、
ちゃんと表明して、
正しいことを、
ちゃんと進めていける社会。
それを、ちゃんと認めようという社会。

そうなってきていると想います。


個人的に、震災後、
本気で、自分で何か始めないと、
何も始まらないし、
何かがおこって
出来なくなったら、
出来ない。

そういう想いで、頑張ったのも事実。





みなさん。

それぞれの想いを胸に、
明日から、
また、
真摯に自分の人生に向き合っていきましょう。


2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)2022
これから10年、活躍できる人の条件 

著者:神田 昌典
販売元:PHP研究所
(2012-01-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る






cromagnon69 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)日常インサイト | 心意気系

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク