2013年07月15日

地方都市の価値観


去る、7月1日。
僕が編集長をやってます、
BOND Vol.07 を、無事刊行しました。

BOND7表紙




























facebook:BONDmag

ありがとうございます。

大反響です。

反響が嬉しいのは、もちろん読者の方々からの
感想やら、嘲笑(笑)やら、お褒めの言葉やらもですが、

さらに嬉しいのは、
掲載した記事先の皆さんからの反響ですね!
ありがとうございます。

BONDも足掛け2年。
7冊作って来ましたが、今回の号のテーマにした

「価値観」

という言葉は、テーマにするには大きすぎる言葉でもありました。


このBONDを出すちょっと前。

博多織を世界に本気で売り込もうと
日々奔走する、岡野社長が
僕とブルックリンパーラーで、
ココナッツカフェ(うまし!)をすすりながら、
こんな話をされたのでした。

小柳くん。
その街の価値観を表す一文字として

京都には 「雅(みやび)」

があり、

東京には「粋(いき)」

があるったい。

この一文字に、それぞれの街の
衣食住の価値観が凝縮されとるんよね。

じゃぁ、博多はなんね?
      ”  


・・・確かに。
仮にも、広告マンの僕は何か言わねばと
頭をぐるぐるさせたが、これが浮かばない。

すると、岡野社長が、

「艶」っていう候補も考えたんだけどね。
かなり良い線ではないかって思うけど、
やはり、ちょっと男性目線なのか・・・。
しかも、「艶やね〜」とか「艶つけと〜」は
完全に方言だしな〜(笑)・・・などと話したのでした。


この会話は、すごく心に残りました。

なぜなら、
福岡で働き、
福岡で飯を食い、
福岡の人と
福岡の街で遊んでいる我々が創る
フリーペーパーというメディアの端くれも、
たぶん、そんな「価値観」に、
知らず知らずのうちに、フォーカスを勝手に
定めて創り出してるのかもな〜
って思ったのです。

もちろん、京都や東京のビジネスマンやメディアが
皆、雅だったり、粋だったりにまみれて、
モノ作りしてるなんて思っていません。

けど、確実に
「福岡でウケてる」という表現
があるように、
この街で、受け入れられたり、指示されやすい何か?

というのがあるのは、間違いないなと
近頃、確信するのです。


「シチズン・プライド」

という言葉が以前、ちょっと流行しましたが、
こういう、平たく言えば「地元愛」的なものを
想像します。

今月は、沖縄や名古屋に出張してましたが、
出張先では、なるべくその街の濃い方に
会わせてもらいます(笑)。
そうすると、すごくこの「シチズン・プライド」の
バランスが分かるのです。

このCMを見てください。
このCMは、うちのクリエイター上野が作った
「沖縄ファミリーマート」さんのCMで、
地元の広告賞を総ナメにした作品です。






あ〜・・・
いいな〜って感じしますよね。

沖縄は家族=ファミリーマート

です。

このCMは、沖縄の方々に「ウケて」いて、
サイトでは、踊りの教則動画まで出現してます:笑。


そうです
これは、沖縄の例ですが、
東京や大阪ではない街=地方都市で、
今後いかに、モノやコトをコミュニケーションして行くか?

ソーシャルメディアが爆発し、
情報伝達速度に差がなくなりながらも
眼前としてある物理的な「地方都市」。
その「地方都市」の現場でのコミュニケーションの秘策を、
本気で整理し、まとめられれば、
かなり貢献できるのではと思うのです。

LINEさんが、キャナルシティさんの横に
ビルをたてる!
という記事を、
かな〜り多くの方が、SNSで上げてらっしゃいました。
皆、うれしい気がしてるはずです。
広島や、札幌ではない福岡なんです。

間違いなく、熱い福岡。

外部からの視線が熱いってことです。

だから、我々は、その視線にこたえるべく、
福岡をもっと刺激的に仕掛けていかねばなりませんね。

色々、福岡以外の人と話すと、
福岡の我々以上に、福岡でのチャンスを
きちんと見極めている方が多い事に、
かなりビビリます。

チャンスを取り合う相手は、
日本中の、あ、いや世界中の猛者たち。


「艶」つけて、また盛り上がらないかんね!







cromagnon69 at 00:20│Comments(0)TrackBack(0)地方からのブランディング | くだらねぇこと

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク