2013年10月08日

熊本さんと宮崎で思ったこと。




まだまだ
うだる暑さの、8月のある日に、



コヤナギさん、
一緒に宮崎で講演しませんか?





 ・・そう誘っていただいたのはこの方。

KUMAMOTO-GQ


あのクソかっこいいデザイン家電ブランドで御馴染み
「amadana」の産みの親、リアル・フリート社長の
熊本浩志さん。

上の写真は、熊本さんが載ってる
今月号の「GQ」の1ページです。
かっちょいいな〜:笑。


で、熊本さんとは、4年前。
僕がアジアンビートでやらせてもらってる
トークイベント「ヂカギキ」
記念すべき第一回目のゲストでした!

DIKAGIKI01

 なつかす! 2009年8月7日!!!


それ以来のおつきあいで、足掛け4年間、
たまに飲んだり、一緒に講演イベントしたりしてたのでした。

なので、講演イベントを一緒にすることは、
驚かなかったのですが、
今回、違っていたのが、

場所が宮崎だったということ。

そして、もう一つは、
講演をするお相手が、
告知で集まった一般のビジネスマンとかではなく

「宮崎市役所職員のみ:約300名」
    (戸敷宮崎市長も含む!)


だったことでした!

実は、熊本さんは、宮崎市の経営戦略アドバイザーを
この夏に委嘱され、定期的に宮崎の今後を論じる立場に
あるのでした。その流れで、やることになった、

「固まりがちな、市職員の意識に刺激を!」

という目的での講演に、僕を誘ってもらったのでした。


宮崎といえば、インチキサーファーの僕でも
行けばワクワクする場所。
しかも、市役所の方々にお近づきになれば、
広告マンとしての、お仕事も出来るかもしれない!

そういう下心もあり(笑)、
二つ返事でお受けしたのでした。


そして、10月4日。
熊本さんと、宮崎市役所の宮里さんと落ち合って、
会場の「オルブライトホール」なる立派な場所で
熊本さんと二人、講演をしてきました。

miyazaki-up

お題は、

「イノベーションをどうサヴァイブするか?」


熊本さんからの提案で、
産業の変化を熊本さんが、
コミュニケーションの変化を僕が、
それぞれメインに話す・・・

とうことを決めて、
いや、それだけしか決めずに(笑)臨んだ本番。

見てください、この雰囲気!!!笑

miyazaki

当初、役所の職員さんばかりなので、
ソートーの冷えきった雰囲気を覚悟していた
のですが、予想に反して、

凄くいい感じだったのです。


ま、熊本さんの話は、やはり面白い。
話の内容は、またじっくり書く事にしましょう。

後半の話も、あまり詳しく書くと
趣旨が変わるので、割愛するけど、

ソーシャルメディア台頭の現在、
情報量は10年前の530倍とかなって
人の情報処理能力の限界をこえ、
今は、情報は「発信」コトは容易だが、
届けることが、めちゃくちゃ難しくなっていると。

それだけ変化した生活者達への
コミュニケーションを全力で民間会社は
やっているのに、役所はどうかと。

何十年も変わらず、

のぼりに
はっぴをきて
ゆるキャラと一緒に
東京新橋駅前とかで
物産販売とビラ配りをして、
やった気に
なってませんか?と。

明日からは、
別の市や県がやってきて、
また、のぼりとはっぴで、
物産売ってますよと。

あれは制服ですか?と。


こういうことを、
二人で言っても、
温かく笑って聞いてもらいました。



この講演を終えた夜、
宮崎市役所の皆さんと、どんちゃん騒ぎ
(というとやばいですか?笑)しながら、
色々話をしました。

宮崎は、東国原さんでブレイクしたけど、
本質部分で、ものすごいポテンシャルがある!


まず、食という財産。

miyazaki-ke

次の日の夜、熊本さんのご自宅に押し掛けて、
大勢で打ち上げ宴会となったのですが、
熊本さんのお母様が出してくれたもの・・・

宮崎牛
EMO牛
綾の地鶏
しし鍋
カニ
佐土原なすび
黒丸にんにく
その他地元のうまいものたくさん!!!



などなど、旨いものに、枚挙にいとま無し!
博多にも勝る、大グルメ王国だと思いました。



そして、
海という財産。

aoshima01

写真は「堀切峠」。
映画「インセプション」の最深部の夢の中の
海の風景を思い出します!

この海から「朝日」があがるのです。

asahi-miyazaki
(これは、ホテルから撮りました。)

海というロケーションは、ハンパないです。
これは、ちょっと他にはない。



さらには「神という財産」

AOSHIMA-SHRINE

神社といえば「杉」なイメージですが、
この青島神社は、島でここだけ熱帯植物。
他にも、宮崎市からは外れるけど、
天孫降臨の地である事は有名で、もうここしかない!




そして、最後は「オトナの遊びという財産」。


いや、レジャークリエイトサービスさんも
そうですが(笑)、健全な方ね。


僕みたいな「インチキサーファー」でもってことで、
まずは、サーフィン。

SURF
(イメージ:笑)


そして、遊ぶオヤジはやっぱり
「ゴルフ」です!

golf-miyazaki
  (熊本さん、ナイショッ!)

今回、UMKカントリーさんでプレイしましたが、
最高でした。他にも、
有名なフェニックス初め、ゴルフ場が一杯!
しかも、安い!!!!

この日、朝7:50から回ったのですが
ほぼスルーで回って、13:00前終了。

ここから、その気なら
20分で青島のサーフポイントに行けます。

所さん風に言えば、正に

サーフ&ターフ

をそのままいけます!




もちろん、こうした魅力を伝えてこなかった
わけでは、ないと思います。

伝わる伝え方をしてきていない!


厳しく言えば、そうなるかもしれません。


得てして、行政の観光パンフには、

自然も、食も、遊びも
全部満喫で大満足!



・・・的な文字が踊っていそうです。
けど、そんなことは、

47都道府県
全部言ってることです。


なんでもあるよ!は、
なんにもないよ!なのです。


そこを、どう絞って、
何をメインに、どう伝えるか?
誰が伝えるのか?


編集とキュレーションの時代です!
と熊本さんも言ってました。


この問題は、
全地方都市のイメージ&ブランド戦略に
共通していることだと思いませんか?




今回、自分で話してて凄く、
整理がついたし、熊本さんの話で
1番刺激になったのは、僕だと思います。


笑って聞いていただいた宮崎市役所さん。
そしてなにより、
宮崎では「ういろう」屋さんのかわいい
おねーちゃんですら「アマダナの人ですよね?」
と声をかけられる有名人の:

熊本さん!また声かけてください!

ホント、シゲキをありがとうございました!



cromagnon69 at 08:30│Comments(0)TrackBack(0)お仕事の記憶 | 地方からのブランディング

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク