2015年05月19日

サルトリアジーンズ


久々に、デニムを買った。
 

先日、ナノ・ユニバース福岡で開催された
雑誌:MENS CLUBの名物編集長:戸賀氏の愛用品を
企画化した「トガバコ」というイベントと合わせて、
ご本人のトークショーも開催されたのだ。 

11244904_870205593025366_6273766964321410327_n

トークショーの特別ゲストは、サッカー元日本代表で、
現在スポーツジャーナリストの前園さん。

「お酒はやめてます!」というキラーワードで湧かせてくれてた:笑。

で、そこで、戸賀編集長が「ナノ・ユニバース」に
別注して作ったというデニムが紹介されていた。

それが

「SARTORIA DENIM(サルトリアデニム)」

というもの。
「サルトリア」とは、イタリア語で「仕立て」という意味で、
これは、まさにこだわりまくって「仕立てました」という
ことだろう。


今まで、ジーンズといえば
「リーバイス」「リー」「AG」「DIESEL」と、
デニムメーカーの物しか持ってなかったし、
セレクトショップの別注とかって、究極どうかな?
というイメージだった。

しかし、今回のこの「サルトリアデニム」には、本気を感じて、

ついカッとなって購入した。



まず、本気度として、
生地は「カイハラデニム」製
広島県福山市にある、120年続く名門だ。

そこに、我ら男子大好きの「別注」をかけたと。
たまりません。

IMG_4823

黒いボタンフライ。


IMG_4821

リーバイスの「赤耳」ならぬ、
「青耳」なセルビッチも、泣ける。笑
セルビッチとは、生地の織端がほつれないようにつけられた「耳」のこと。
もちろん、裾には「チェーンステッチ!!」


IMG_4825

「サルトリア」の名の通り、パターンも日本人によるもので
まさに、日本人の我々がどうしたら一番かっこいいかを
追求したと。


確かに、フィット感と形の良さはド級です。
超気に入ってます!

IMG_4824



そして、なんどもいいますが「MADE IN JAPAN」

IMG_4822


スウェットのような軽いストレッチデニムではなく
やはり、しっかりとしたデニム感を残しつつも
若干のストレッチが入ってる、極上の逸品。

オトナなデニムですね〜。
ここまでこだわって、19,000円!
昨今の、デニムインフレに乗っからない、良心的価格だなと。


我々世代は、きちんとストーリーある服が大好き。
モノがよければ、ギリギリまでお金を出してでも!
って思ってします。
それは、本当に気に入って、
それでいて本当にいいモノをちょいと無理しててでも買うと、
結果的に、絶対に長く、しかも気持ちよく使えることを
経験として知っているからです。

僕も、そんなビジネスをしたいし、
そんな買い物をちゃんとしたい。
ここには、一つ絶対的な市場があると思うのです。


ちなみに、このデニム。
ナノ・ユニバース福岡にあります!
っていう宣伝をしたいけど、
もう若干しかないと思います。
電話で聞いてして、もしあったら迷わず試着を!!!^^

ではまた。






cromagnon69 at 01:23│Comments(0)TrackBack(0)くだらねぇこと | 日常インサイト

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク