くだらねぇこと

2015年06月27日

コラード。運命は疾走する。


今日は、福岡は朝から雨。
けど、雨だから中止にしようなんて言ってる場合じゃないので(笑)、関係なく、大濠公園10キロRUNを、敢行。

 IMG_5397

で、いつもの10キロ走より、2分もタイムが縮まったことを
自慢したいわけだけれども(その、タイム自体たいしたことないんやけど)、
その原因は、はっきりしている。
それは、僕のたゆまぬ努力の賜物・・・・ではなく、


「シューズ」

先日、上の写真に写っている、トレーニング師匠の
中矢くんに聞かれた。

「トシローさん、そういえばランニングシューズ何履いてるんすか?」
「え?ふつ〜に、****のコレだけど。」

「だめですよ!そんなオシャレ靴じゃ!」

といって説教(笑)された時から、
初めてランニングシューズの深淵に足を踏み入れた。


そして、奨められて、研究したのがこの靴。

IMG_5290

       adidas adizero takumi 「練 ren」


ちょっと、ちゃんと走ってる方とかは、
「コヤナギ、ジョーシキだ!ジョーシキ!」
って言われてそうですが、

このシューズは「三村仁司」さんという方が
開発したシリーズ。

この、三村さんは、もともと「アシックス」に所属。
35年間、シューズ開発の「現代の名工」として、
高橋尚子さん、イチローさん、新城さんほか
数々のトップアスリートの靴を作ってきたと!

そして、2009年にアシックスを定年退職した後、
「NIKE」と世界シェアを争う「adidas」に迎えられる。
中矢くんによると、この時は、業界に衝撃が走ったと!!

そして、新天地「adidas」で、恵まれた開発環境の中で
この「名工:三村」さんがリリースしたのが、

「adizero TAKUMI〜匠」シリーズだと!

はい!この辺りで、
ストーリーに弱い「ザ・男子」なバカ・コヤナギは、完全にテンション上がってます!!

adidasさんに行き一直線にスタッフの兄ちゃんに
「TAKUMI」はありますか?と聞く。
すると、兄ちゃんは、フフっ(あんたわかってるね・・)
と微笑んで(・・かどうかは思い込み)、
これですね。といって出してきてくれた。

お店で試着した瞬間に思ったのは、そのかかと。

IMG_5281

かかとガッチリ!一歩一歩の反発が、速さを生むと!笑。



そして、購入を決めた理由は、もう一つあった。

僕は、1999年頃、この車に載っていた。

MY Corra

   VW CORRADO(コラード) G60

フォルクスワーゲン「ゴルフ」を、べちゃっ!って
潰したような、たまらんフォルムのスポーツカーだった。
そして、29歳の僕が、溺愛していたこの車が履いていた
タイヤはこのメーカーだった。

p1

ドイツの世界最大のタイヤメーカー「コンチネンタル」


そんな、20年近く前の、風化した記憶が、
イナズマに、いや「雷(いかずち)」に
撃ち抜かれるがごとき衝撃で蘇ったのは、
シューズを裏返し、ソールを見た時だった!

Dual sprint sole syste-M(デュアル スプリント ソール システム)

という衝撃吸収とグリップにすぐれたものだと知っていたが、
そこには!!!


IMG_5287

コンチネンタル!!!!

タイヤのラバーを使っているのか!?



・・確信した。

13万キロ走って手放した、あの車の名は「コラード」。
「コラード」とはスペイン語で「疾走する」という意味の
「コレール」を語源としている。

走りの神様が、中矢くんを通して伝えている。

コヤナギ!疾走しろ!

これは、出会う運命だったのだと!


・・・あ、バカですか?



なんと言われようと、即、購入(笑)

三村さんという匠が、
とことんこだわったことが伝わってくるような
「気持ち」だけでも、パフォーマンスは上がる!

少なくとも、単純な僕は、あがりました(笑)!


こういうモノ選びというか、
流れで、一気にお気に入りになるというのってないですか?

僕はこのパターンを、

運命マーケティング!

と1人で呼んでます。
ただやっかいなのは、100%外部からコントロールできないですけどね!笑

皆さんの、運命マーケティングな瞬間も聞いてみたい!

















cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月25日

ご機嫌なチームとは?



 お疲れです。

すんません。

IMG_4963

これ、先週金曜日に開催された、僕が所属している
BBDO J WESTという外資系広告会社の、
新卒歓迎会の2次会で撮影されたもののようです。
深夜です。
どうも、本人、

「ドナルド=フェイゲン」

を真似ているようですが、
ほぼ記憶にありません。楽しそうやなぁ、俺(笑)。

「会社の飲み会」というと、
所属している会社によって、想いは違うかもしれませんが、
それが、楽しいとか楽しくないとか、気を使うとかは、
その会社の雰囲気次第!っていうのが全てだと思います。

そんな中、ウチの会社は、ラッキーな気がします。

基本、嫌なヤツは、いないし(多分)、
みんな、仲いいと思います(多分)。
いい意味でユルい。

会社は、学校とは違うので、ただ「楽しい」だけでは、
何も始まりません。
なので、「楽しい」を「いいチーム」と言い換えると、
その基本は、一人一人の存在感とキャラにあると思います。

振り返って、学生時代、

やっぱりクラスに1〜2名いたイヤな奴:笑

っていうのを分析するとどうでしょうか?

何かと、雰囲気壊したり、イヤなこといいだしたりする人は、
ズバリ「認められる部分がない」もしくは「自信がない」奴に、
多かった気がします(キッパリ)。
言わなくていい自慢をするとか、言わなくていい他人のアラを
得意になって指摘する・・・とか。

え?うちの会社の課長がそれだって?

い、いや、ちょっと、俺知らんですよ。
今の俺には何もしてやれんですよ。ごめん!笑


ま、それはいいとして、
現状、ウチの会社は、チームとしてはかなりご機嫌な方でしょう。
他社比較でも、絶対雰囲気がいい方なんじゃないかと自分でも思うし他人からも言われます。
では、全員が「聖人君子」のごとく認められる部分満載で
「自分に自信があるやつばっかし」がウチの会社にいるのでしょうか?

それは、全然違う気がします。

いや、絶対違う(笑)。

だって、こんな感じやもん。


IMG_4962
(マイルドヤンキー研究をする、土田氏と後輩)


では、文字通り「凸凹」野郎ばっかしなのに、
雰囲気いいと思える理由は何かというと、

ずばり
「他人に認められる様な、凄いヤツ!」ばかりがいるのではなく、
「他人を認めてあげられる様な、優しいヤツ!」が多くいるから。

「自分に自信があるヤツ」ばかりではなく、
「他人を自信づけることができるヤツ」が多くいるから。

これらが、理由ではないかと。


基本、国内外で賞をとりまくってるクリエイターとか何人かいるし、
僕自身も、フリーペーパー発刊してるし、
全身ブランドの偉い人もいれば、
合コン理論が半端ない社員とか、
音楽めちゃ詳しいヤツとか、
雰囲気マイルドヤンキーでクールな女性社員などなど、
いろんなキャラがいる。居すぎる!

そんな、お互いを(若干無理しても)面白がる!
っていうのを、いつも、皆が意識してる感じがする。
。。いや、気のせいかもしれないけれど、
そういうのって、めちゃくちゃ大切やな〜と思う。

いい意味で、会社をアテにしていない。
いい意味で、会社に依存しすぎていない。
そういうヤツが集まってる組織は、なかなかシブとい気がします。

・・・と言いながらも、いつどうなるかわからんですが(笑)。
このチームでいられる間は、楽しくやりたいなと思える幸せですね。

IMG_4923

それにしても、いつの間にか、
誰もスーツ着てない会社になったなぁ。
自由を楽しむ自己責任。
その方が、業績上がってる〜の法則です。


今日は、青い組織論でした!笑






cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月22日

よくできた「白シャツ」のようなシゴト


だんだん暑くなってきましたね。

僕は、いわゆる『衣替え』のタイミングを逸したばっかりに
家のクローゼットには、分厚いコートと薄いカーディガンが
同居しているという、よくない状況が続いてますが・・・

さて、今回の題名「白シャツ」

スーツと着る、いわゆる「ワイシャツ」の話というより、
普段のカジュアル着の話です。

特に、季節が上着いらずになってくると、
白いシャツは、僕にとって最重要アイテムです。
ロンティーや、チェックや色柄のシャツなど、
もちろん今も時々きますが、40歳を超えたあたりから
服はどんどんシンプルになっていってます。
で、結果、

白いシャツばっかし買う・・

という事態になっとります。
お店で、白いシャツを見つけると、無性にアガる。

雑誌の特集っぽい話で恐縮ですが(笑)、
究極、白シャツを
かっちょよく着こなすことが、
我々、いいオトナのテーマなのではないかと!



とはいえ、白シャツならなんでもいいわけではないです(キッパリ)。

「わかった人」たちが作ったシャツを着たい!
そういうシャツは、
着てみるとやっぱし、ニヤっとします。



例えば、個人的な感覚ですが、
大人の白シャツといえば、このブランドですか?

20140904_1230419

「フランク & アイリーン(Frank & Eileen)」


まだ、2009年にカリフォルニアで生まれた
新しいブランドですが、もう、なんか、かっこいい。
エストネーションさんとか、
ロンハーマンさんにあると思います。

「フランク & アイリーン(Frank & Eileen)」は
なぜか僕は、ブルーのシャンブレー生地のものしか持っていない。
かといって、ほいほい買えるほど、お安くないので
白いフランク&アイリーンのシャツを、誰かプレゼントしてください!
XSでちょうどいいです!笑。
ただ、僕には若干ゆったりしすぎかなぁ〜と思うのですが、
これを、ざっくりこなせるオトナにならんとな〜・・・


で、今年も4月に、早速、白いシャツを一枚購入しました。

「バーニーズニューヨーク」で発見して、
気に入ってソッコー買ったブランド。

IMG_4655

「セーブ カーキ ユナイテッド(SAVE KHAKI UNITED)」

この写真は、僕の私物を撮影したものです。
奥に見えるは、GWの「グリーンランド」遊園地:笑。

で、このシャツ見つけて、興奮していると、
バーニーズの店員さんが、煽ってくれました。

”3月に東京に一号店が出来て、これからガンガンきますよ!”

おー!そうなのか!と迷わず購入。
シャリシャリ感があるのに、やわらかくて
絶妙のシワと、ちょい細い全体のフォルム。
さすが、ニューヨーク発のブランド!!!

大満足して、
「なかなか、福岡で着てる人いないんじゃねぇ〜!?あはははは!」

・・・と、思っていたら!!!笑


IMG_4898

イムズに店が出来とるやん!!!

ま、いいことなんですが!
ただ、7月までの限定ショップみたいです。いいね〜!

ジーンズが流行りまくっていたので、
「チノパン=カーキ」を救わねば!!
という想いが、ブランド名の由来らしい。
服はみ〜んな普通のシーンで着るものばかり。

僕は、全然、服マニアでも詳しくもないのですが、
自分の年齢と共に、好みも変わって行く中、

「そうそう!こういうことなんよ!」

っていう服に会うとうれしい。

それが特に、白シャツ みたいな、
基本中の基本アイテムで、見つかると凄くうれしい。


そして、これは僕のシゴトの想いにも通じます。


20年ビジネスマンしていれば、
どんなシゴトの案件も、パッと違っても、
案外、取り組みは、同じやり方や、同じ判断だったりする。

けど、その「白シャツ」のような、なんちゃないシゴトで、一味違うたまらんやり方ってのを編み出せたら、今までのレベルを、一つ上がれるような気がします。
普通のシゴトが「コヤナギっぽい」とか「***っぽい」とか言われように、アイディアとか分析をたくさん吟味して、なんちゃないけど、スゲェなっていうのを目指したい!


みなさん、よくできた、かっちょいい白シャツのような、シゴトを^^!!












cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月19日

サルトリアジーンズ


久々に、デニムを買った。
 

先日、ナノ・ユニバース福岡で開催された
雑誌:MENS CLUBの名物編集長:戸賀氏の愛用品を
企画化した「トガバコ」というイベントと合わせて、
ご本人のトークショーも開催されたのだ。 

11244904_870205593025366_6273766964321410327_n

トークショーの特別ゲストは、サッカー元日本代表で、
現在スポーツジャーナリストの前園さん。

「お酒はやめてます!」というキラーワードで湧かせてくれてた:笑。

で、そこで、戸賀編集長が「ナノ・ユニバース」に
別注して作ったというデニムが紹介されていた。

それが

「SARTORIA DENIM(サルトリアデニム)」

というもの。
「サルトリア」とは、イタリア語で「仕立て」という意味で、
これは、まさにこだわりまくって「仕立てました」という
ことだろう。


今まで、ジーンズといえば
「リーバイス」「リー」「AG」「DIESEL」と、
デニムメーカーの物しか持ってなかったし、
セレクトショップの別注とかって、究極どうかな?
というイメージだった。

しかし、今回のこの「サルトリアデニム」には、本気を感じて、

ついカッとなって購入した。



まず、本気度として、
生地は「カイハラデニム」製
広島県福山市にある、120年続く名門だ。

そこに、我ら男子大好きの「別注」をかけたと。
たまりません。

IMG_4823

黒いボタンフライ。


IMG_4821

リーバイスの「赤耳」ならぬ、
「青耳」なセルビッチも、泣ける。笑
セルビッチとは、生地の織端がほつれないようにつけられた「耳」のこと。
もちろん、裾には「チェーンステッチ!!」


IMG_4825

「サルトリア」の名の通り、パターンも日本人によるもので
まさに、日本人の我々がどうしたら一番かっこいいかを
追求したと。


確かに、フィット感と形の良さはド級です。
超気に入ってます!

IMG_4824



そして、なんどもいいますが「MADE IN JAPAN」

IMG_4822


スウェットのような軽いストレッチデニムではなく
やはり、しっかりとしたデニム感を残しつつも
若干のストレッチが入ってる、極上の逸品。

オトナなデニムですね〜。
ここまでこだわって、19,000円!
昨今の、デニムインフレに乗っからない、良心的価格だなと。


我々世代は、きちんとストーリーある服が大好き。
モノがよければ、ギリギリまでお金を出してでも!
って思ってします。
それは、本当に気に入って、
それでいて本当にいいモノをちょいと無理しててでも買うと、
結果的に、絶対に長く、しかも気持ちよく使えることを
経験として知っているからです。

僕も、そんなビジネスをしたいし、
そんな買い物をちゃんとしたい。
ここには、一つ絶対的な市場があると思うのです。


ちなみに、このデニム。
ナノ・ユニバース福岡にあります!
っていう宣伝をしたいけど、
もう若干しかないと思います。
電話で聞いてして、もしあったら迷わず試着を!!!^^

ではまた。






cromagnon69 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

気持ちのいい球場




こんにちは。コヤナギです。

ただいま絶賛設置中の「BOND」に加え、
我々編集部の勝手な価値観で、一つの街を特集する

「BOND REGIONAL」

ってのを刊行してるのですが、
今回の特集は「広島」でした。
表紙は、両方「奥田民生」さんに出てもらいました。
(もう、大ファンすぎて・・・) 

bond-hyoshi2


それ以来、縁が深くなったのか、
今、広島のとあるプロジェクトに関わることになり、
その関係で、よく広島に行っています。

今日は、日曜日だったけど、
今日しか出来ない撮影があり、
生まれて初めての、

「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」へ!

中に入って驚きました!!!

11255222_870586542987271_2026965234873600501_n

超満員の真っ赤っか!

いつのまにこんな盛り上がってるんだ!!!
というのが、正直な感想でした。

数年前、広島に来た時、タクシーの運転手さんが、
「あ〜。そういえば今日は試合やっとるわぁ〜」
と全然関心がない感じだったけれど、
もはや今や、巨大なコンテンツに成長してました。


そして、もう一つ感じたのは、
この球場の雰囲気!

ドーム球場に慣れ親しんでいる、
私、福岡市民は、悔しいけれど野球を
青空の元、観戦する爽快さを思い出させてくれました。

外野スタンドには

「寝ソベリア」
(文字通り、寝そべって見られるエリア)

とか、

「黄金の味!」
って大書きしてある、スポンサーがわかりやすい
バーベキューエリア。
(なんと、バーベキューしながら見られる)


など、屋外ならでは
まさに「ボールパーク」をフルに満喫できる雰囲気。

流行語になった「カープ女子」とか、
20億円よりも郷土愛を選んだ、黒田選手とか、
「広島」というプロ野球球団が牽引して、街の話題が広がっている
最たる例だなぁ〜と実感しました。


10年くらい前は、原爆と平和を考えにいく街という印象でした。
しかし、だからこそ、
平和都市として、国内外からの観光客は、めちゃくちゃ多い。
お好み焼き、つけ麺、ホルモンと
B級グルメもキリなくおいしい。
そして、にわか広島ファンとして球場で大騒ぎも楽しい。

もしかしたら、
広島の人たち自身が、
自分たちの街の可能性に気づいたのかもしれん!



大阪と、福岡の間にある「都市」として、
まずます存在感をます、広島を感じながら
そう思った1日でした。

一度、偵察に行ってみては!?






cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月25日

木曜スペシャル!!



5ヶ月ぶりの更新です。
皆さん、お元気ですか??


BONDも10号目が出たり、
BOND沖縄の刊行が決まったりと、
書き残しておきたいことが、パンパンなんで、
また地道に書いて行きたいと、
「毎回思う」けど、なかなかFacebook偏重になってる。

即時性と、書こうと思えば鬱陶しい位の
長文も書けるFacebookと、このブログの違い。。。

けど、ずっとFacebookばっかしやってて、
ブログは、よりオープンに考えを出して行くツールとして
やっぱし有効だなぁと、ここんとこかなり思ってます。


で、今日書く事ですが・・・・


子供のころから、現在にいたるまで、
いざ議論になると、変わらぬ白熱度合いと、
気持ちの高揚を覚えるのが、
「非科学的なこと」を「信じるか信じないか」という議論。


お化けや幽霊などのオカルト系から、
ビッグフットや、つちのこなどのUMA(未確認動物)系
例えばこんなん:笑

そして、なんといっても僕ら世代、
中学校時代など、クラスを割る論争になったものと言えば、

UFO(未確認飛行物体)はいる?いない?

images


もはや、毎日の業務に追われていると、
かなりどうでもいい話かもしれませんが(笑)、
この「UFO論争」は、僕の少年〜青年期において、

「自分とは全く違う考え方の人がいるんだ!」

という認識を、劇的にさせられたきっかけでもありました。

「プレアデス星団まで400光年」
って言われると、光の早さで、400年かけて
やっと行き着く距離でしょ?
そんな広い宇宙に、宇宙人がいないわけがない!


「いや、だったら、とっくに来ていて、
普通に、周りにも居るでしょ?


だから、人知れず人間界に紛れ込んでるんだってば!

バカ!おまえ「木曜スペシャル」の見過ぎだろ?


・・・・こういう議論は、日常茶飯事でした。

皆さんは、日本テレビの「木曜スペシャル」は、
ご存知ですか??
1973年〜1994年の間に、単発で木曜日の
ゴールデンタイムに放送されていた番組です。
内容は、、、、

「元祖ドッキリ!」
「引田天功脱出シリーズ(初代)」
「超能力ユリゲラー」
「アメリカ横断ウルトラクイズ」
「爆笑!珍プレー好プレー」
「Mr.マリック 超魔術シリーズ」
「欽ちゃんの爆笑仮装コンテスト」

ほら・・・テレビが最も熱い時代ですよ。
これに対抗して、テレビ朝日さんは
「水曜スペシャル」で「川口浩探検隊シリーズ」
やってましたね!(若い人、引いてますか?笑)

で、その木曜スペシャルの中で、
視聴率20%を数年もの間叩き出していたのが、
この番組!(ジングル15秒)
「矢追純一 UFOスペシャル!」です。



この「テテテー!」って言うの聞くと、
自分の部屋に「グレイ」が居そうで怖かったぁ!

この番組の「プロデューサー」だった、
矢追純一さんを、
実は、福岡に居ながら凄い人に
「ヂカ」に話を「キク」トークイベント
「ヂカギキ」の次回開催に招聘が決まっています!!!

え?
本気ですけど(笑)?

ほら。

ヂカギキ16チラシ

なぜ、矢追さんかって?

僕が、中学の頃から、ずっと、もっと、
じっくり話を聞いて見たかったんです。

「UFOの事件の数々・・・実際はどうなのか?」
「宇宙人は、地球に来ているのか?」
「現在は、どのように言われているのか?」

(笑)。
ただ、中学の頃なら、これだけでよかったですけど、
今の僕には、もっと興味があるのです!

日本人に「UFO」という言葉を初めて紹介し、
他にも「ユリゲラー」さんとかも紹介し、

e537f74a


とにかく「キワモノ、サブカル」なコンテンツなのに、
「テレビ」という巨大なマス装置を利用して、
日本の視聴者たちを、虜にした経験を持つ
矢追さんに、今振り返って、どんな思い出や
考えがあるのか?

広告マンとして、企画マンとして、
編集長として聞きたいことが山盛りなのです。


100%誰も否定できない・・・
しかし、冷静に考えると、何も身近に証拠がない。
けど、また「UFO特集を見てしまう」。

あの中毒のような思い出は鮮明なのです。

今や、Googleに「UFO」と入れれば、
おびただしい情報が出てきます。
ビビるような内容や映像も!!!
そう。
逆にこういう番組は不要になった。

そんな、時代を俯瞰しながら、
テレビの第一線を退きながら、時代を「UFO」で
築いてきた男がどう見ているのか?
御年:78歳の大テレビマンに、
90分みっちり、話を聞きます!!!!



・・・・といっても、開催はもう今週!

今週の「木曜スペシャル!」です:笑

定員席数限定、事前申込制で、
あと残席:15席ほど・・・と言ってたので、
今週で満席間違いないです。
楽しみ!!!

行きたい!知らなかった!って方は、即申込を!
売り切れてたらごめんなさい。

ヂカギキ vol.16「矢追純一」申込詳細

■開催日 2014年8月28日(木)19:00開場 / 19:30開演
       (21:00終了予定)
■場所 アクロス福岡1階「円形ホール」
    (福岡市中央区天神1−1−1)
■講師 ジャーナリスト/TVプロデューサー 矢追純一氏
■参加費 1,500円(税込) ※120名限定(先着順、予約登録制) 定員に達し次第、受付終了となります。


マジェスティック12
キャトルミューティレーション
エリア51
証言者の英語に、日本語をかぶせる吹き替え!
いいとこでCM!
しかも結論出さず継続調査!

全部、矢追さんに教わりましたね〜。


けど、
近頃、
やたらと、
NHKさんとか、
偉い人が、
UFOや宇宙人へ言及するの
多くないですか???
映画は、
とことんイッテますが:笑。

気のせいやろうか?



ま、いいか。
矢追さん、何か知ってるのかな〜。
福岡では、絶対生では、ヂカでは、聞けないはず!
奇跡の招聘!木曜スペシャルな夜に

(興味があれば:笑)

ぜひ!!!







cromagnon69 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月15日

緊張のススメ。


男子フィギアを深夜、いや朝方まで見ていた。

高橋大輔選手がリンクに降り立ったあたりから、
羽生選手、パトリック=チャン選手と連続登場。
テレビの前で、息苦しくなるような雰囲気。
そして、次々と転倒する選手たち。
その瞬間、思わず、深夜に、一人うめく俺。

快挙を成し遂げた、19歳の羽生くんが
試合後のインタビューでこう言った。

20140215-00000510-san-000-2-view


「オリンピックは怖い所だと思った」 

 すげぇなと。

当たり前にわかりそうなことだけど、
裏をかえせば、
彼的に絶対に失敗する気がしない!
というレベルまで鍛え抜いて、
追い込みつくして

この場に臨んだから言える言葉。

それでも、失敗させるオリンピックの場所に畏敬の念を抱く。
そして、そうした経験が、また羽生くんを高みへと連れて行く。



皆さん、近頃緊張してますか?

プレッシャーに押しつぶされそうになったりすること
ありますか?

この年齢になり、
今の仕事における、様々なシーンは
すでに経験してきている。

大きなプレゼンや、
仕事のデッドラインが迫る時間との闘いや、
クライアントの想いがつまった、
一発勝負の式典イベントの仕切り等、
若い時、初めて任されたりした時は、
前日眠れないような緊張をして臨んだ記憶さえ有る。

では、今はどうか?
やはりそれぞれの現場は、相当緊迫はする。
現場の空気はピリピリだ。

しかし、
自分が、なかなか緊張は、
しなくなっていることに気付く。

特に大きなプレゼンで最初に話す!っていう時等は、
「この現場の緊迫感が、俺のさらなるパフォーマンスを引き出してくれそうだ!」
とか、自意識過剰にカッコ良く、冷静に思っている。
(けど、負ける:笑)


そして、こうした状況は、
個人の経験値の豊富さということに直結して認識され、
緊張しないことが、若い人に尊敬されたりする理由
なったりする。
(プレゼンで全く緊張しない先輩かっけ〜!的な)
同時に、それは自分の「仕事の実力」が上がったという
実感
になったりもする。
(ちょっとやそっとじゃ慌てない俺かっけ〜!的な)


けど、昨日のスケート見てて、
やっぱしこれじゃいかんと思ったのです。

スポーツを極めたことはないので、
自分の仕事の実感からしか言えないけど、

「緊張するようなシゴト」を
もっとやらねば、いかんと!


僕は、BONDのインタビューで、凄い人にお話を聞く時は、
今だに、凄く緊張します。笑

自分にインプットされた、新しい知識や考え方を
クライアントさんに、提案として体系化して
ご説明するときも、やはり緊張していることに気付きます。


で、
だいたい緊張が伴うシゴトの結果は、
「想定以上(よくも悪くも)にぶれる」気がします。


ここだけの話し、相当緊張した上に
時間が10分しかないと言われて臨んだ、
BOND7号の堀江貴文さんへのインタビューは、

BOND7表紙

その雰囲気にも圧倒されて、インタビューとしては
自分的に情けないものでした。
堀江さんにも、迷惑をおかけした。

そして、強烈に落ち込みました。笑

けど、間違いなく、
自分の強烈な糧になっとります。


だから、やめられない。

40歳半ばにもなって、
今頃、な〜に言ってんだよ!っていう声も
聞こえて来そうですが(笑)、

緊張やプレッシャーが
ギリギリかからない(快適な)ラインの
シゴトばかりを、こなしてると、
自分にイノベーションはおこらない気がします。


まあ、それを望むかどうか?っていう
問題もあるすけどね!


オリンピックなどは、
「見てるだけでこっちまで緊張してくる」
じゃないですか?

あれって、強烈にその人の
「技」や「人間としての度量」や「経験値」の
爆発的な拡張を目の当たりにしている証拠かも
しれないですね。

僕は、昨日のフィギアスケートの試合とかも
途中で曲が止ったりすることが、死んでも許されない
「曲を流す担当の人」の緊張感とかまで
全部固まりとなって、テレビから溢れてる気がします。


みなさん、
たまには、
緊張する仕事を!





cromagnon69 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月29日

肉体改造黙示録〜最終回

いきなりここを読んでいるあなたへ。
「肉体改造黙示録〜プロローグ& 銑ァ廚
是非読んだ後で、読んでね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノースリーブのトレーニングウェアを
着なければならないわけは、
1ヶ月半すぎてから、分かる様になりました。

激しく負荷をかけた筋肉は、
「パンプする」という状態で隆起します。
その腕の状態を確認し、できるだけそこを
意識してあげることが「神経系」が目覚める
早道だと言うのです。


今まで、ジムで鏡の前でトレーニングしてる人は
み〜〜〜〜んな、ただの自分大好きの
ナルシストって思ってました。すいません:笑
(まあ、少しそれあったとしても:笑)
人間のカラダは凄いな〜と。 

これは、女性も同じだそうです。
トレーニングしながら、した後、
トレーニングした部分を見て意識する。
モデルさんのスタジオは鏡だらけですよね。


で・・・

2ヶ月を過ぎた頃から、
1日1食120グラムほどの「玄米」の許可が出ました!

牛肉をおかずに、2ヶ月ぶりに食った
「米」は、もう爆発的に旨かったのです。

カラダの無駄なモノが落ちて行き、
カラダがベストな造形となるように
筋肉が付いていく。
食べたものが「カラダに装着されていく」
ような不思議な感覚の毎日でした。


実質、3ヶ月目からは、すでに生まれ変わっていく
自分にすごくワクワクしていました。
こんな毎日は今まであったかいな?
っていう位でした。


あと、SATOSHI先生との3ヶ月で
最も人生の常識を覆されたのは筋トレでした。
専門にされている方には常識なのでしょうけど、

「筋トレ」は、効率なのです。


46

ベンチプレスも、初めてフォローしてもらって
やりましたが、3ヶ月間で、20kgくらい重いのが
上がる様になるのです。


53

懸垂なら、10回くらいはできる・・・

と勝手に思っていましたが、
「本当のやり方」でやると、

1回もできないのです。

僕は3ヶ月通って、
最後も結局0.8回しかできませんでした。




02

最も凄かったのは、腹筋です。

取引先の先輩等が、鍛えてるのか?って
話になると、腹筋が何回できる・・・という
話になります。
皆さん、盛り気味に、俺は100回はいける!
とか、俺は200回×3セットはやってた!
とか言われるのですが、
ここでやらされる、本当の腹筋は、
8回で限界。涙と鼻水出しながら、
10回やってました。これを3セットです。

みなさん・・・

100回も200回も
腹筋しなくても
腹は、割れます。


一回の筋トレ時間は、たったの50分間。

週に、100分しかやらなくても
腹斜筋はボコボコになるのです。

ただ、その効率をサポートするのはサプリ。

08


SATOSHI先生が、我が身を人体実験かのごとく
使いながら、選び抜いたものを薦めてもらいました。

特に、人間は目も、血管も皮膚も髪の毛も
全部タンパク質で出来ているのだと!


だからプロテインを飲む理由が
わかりました。
モデルさんや、タレントさんもジムに
来られてますが、プロテインは筋肉のためでもあるけど
美容の為でもあるんだな〜と実感しました。

実際、プロテインを飲むようになり、
変な話ですが、カラダの皮膚の調子が
すごくスベスベでいいのです。
張ってます!笑。




かくして、
4月8日。

僕の3ヶ月の肉体改造プログラムは
終了しました。
今まで、隠していましたが(笑)、
ビフォーアフターの写真があるので公開しましょう。







せ〜の!










B-A


うぉ〜・・・恥



肉体改造やってるって言ったら、

コヤナギさん、そんなに太ってましたっけ?

って言われる事が有ります。
そうです。

僕も当時は、
まあ、そこそこイケてる体型でしょ:笑


とか思ってましたが、
これ見ると、
とんでもねぇですね!笑




このプログラム3ヶ月が終わり、
さらに半年が経とうとしています。
今は、無駄な間食をしないことと、
炭水化物をむやみに食べないこと。
そして、
週2回のトータルワークアウトでの
筋トレ。

それで、保てています。


このプログラムを経て
僕は、冒頭仕事モテだとかも書きましたが、

手に入れた最大の財産は、

自信です。


これをやりきれたので、
プレゼン終盤でも、これよりマシと思えます。
(3ヶ月も続かないし)

カラダの基礎が出来たので、
運動系にチャレンジしたくなってきました。

語学やろうかとか、
新規事業考えようかとか、
何でもやれるのではないかと!

別にカラダしか変わってないけど、
もっとイケル気がしてくるのです。

不思議です。


やはりカラダです。

所ジョージさんが
最後は筋肉!って言われてましたが、
その意味が分かります。


皆さんも、本気でどうですか?
才能も、何もいらないチャレンジですよ。


ちなみに、僕のカラダを
完璧に改造してくれた
コンプリートジムのSATOSHI先生へは
尊敬とお礼を込めて、
お問い合わせフォーム
載せさせていただきます。
なんでも相談どうぞ!

そして、このプログラムに
引き込んでくれた、ココシスの岡部社長と
SATOSHI先生に、心からお礼を
申し上げたいです!!



BOND編集長企画
クロマニヨン・コヤナギの
「肉体改造黙示録」
全部読まれた方いらっしゃいますか?笑

本当にありがとうございました。


早速、筋トレの効用を一つ話していいですか?

先日あるゴルフ会に出ました。
僕、104とか、たたいて散々だったのですが・・・



風呂場で勝ちました!笑


はい、しょせん僕こんなもんです。



では、また次回から、
クロマニヨン・コヤナギのブログ
「すごいよ。あんた。」

ネタを探しておきますね。
お楽しみに〜!!






cromagnon69 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月28日

肉体改造黙示録ァ船ラダが生まれ変わる

いきなりここを読んでいるあなたへ。
「肉体改造黙示録〜プロローグ& 銑ぁ廚
是非読んだ後で、読んでね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 15日あまりで、一気に5キロ減る。

これは、僕にとって、大きな勢いになりました。
ここでやめては、もう2度とここまでこれない!

そんな気持ちでした。


このころは、
1日:2〜3リットルの水を摂る事を
言われていたので、前述の食事に、
お腹が減れば、水を飲んだり、デカフリスクを
2粒食ったりしながらしのいでました。


27



そうすると、
過去体験したことが無い位、
快便になります。

もう何も出るものが無いという位出ました:笑。

カラダに溜まっていた、
いらないものが、この辺りで排出されて
いるような「気分」になりました。
変な話ですが、トイレに行っても臭くないです:笑。


また、週に2回、SATOSHI先生の所で、
毎度の「SMクラブ」のごとき(笑)キツい筋トレ
なぜか2度とイヤだ!という気持ちにならないのです。

これは、他の会員さんたちも同じとのことでした。

これは、行くゴトに腹周りが明らかにすっきりしたり、
大胸筋が「それっぽく」なったりの変化が見えてくるからです。

糖質をカットするという話をすると、
一部の人は、やめた方がいい!といって
注意してくれましたが、先生は完全に実績と経験から
危険な段階まで想定して、プログラムして
もらっていました。


確かに、
僕が経験した不安なこともありました。

はじめて7〜10日あたりの時に、
なんかフラフラしたり、階段がキツい時期が
あったのです。

SATOSHI先生に相談すると、
僕が、圧倒的に「甘党」だったこともあり、
それを一気に辞めた反動だろうと。
けど、これは、3日ほどで消えました。


そして、1ヶ月半になるころ、
僕の体重は、64.9kgになっていました。

プログラム前の平均体重が、72.5kgの僕でした。


64.9kg-72.5kg-7.6kg

35fukuju (1) 2
だいたい、このくらいの贅肉が無くなったのです。
(イメージ:笑)
マジで、ヤバくないですか?笑。

そりゃあ、軽いです。
階段も、ぐんぐん上がりたくなる感じです。

正に、自分のカラダが
生まれ変わっていっている!


と実感したときでした。




しかし、一方・・・
また新たな不安がもたげて来ます。

1ヶ月半も筋トレで死ぬ程追いこんでいるのに、
筋肉隆々にならないのは、何故なのか?


実は、この頃、久々に道であったテレビ局の
女性営業の方に、こ、コヤナギさん
病気したんですか?やせこけましたね・・・

と言われたからでした。
このまま、細くなっただけで終わるのは
全く本意ではありません。


それを率直に聞くと、
SATOSHI先生の答えは興味深かったです。


僕はそこそこジムに通ったりしてました。
だから、筋トレもやってるつもりだったのです。


けど、そこそこだったので
カラダ側は「こんなもんだろう!」
と思ってここまできていたんです。
なので、それをぶっ壊さないといけない。
その「神経系を目覚めさせる」のに
限界を知る約1ヶ月半が必要なのです。
そこまできて、
カラダが「こいつ本気で変える気だ!」
って思うんです。

よく出来てるんです。
大丈夫です。ここから、
どんどん筋肉が付いていきますよ!!

そのかわり、
筋トレもさらにキツくなりますけどね!
(うひゃひゃひゃひゃひゃ〜:これは空耳)
      ”

果たして、SATOSHI先生の言った通り。

後半一ヶ月は、人生史上体験したことのない
魔法のような時間になるのでした。

そのかわり、
地獄のような筋トレになっていくのでした。笑



次回、最終回へつづく!!











 

cromagnon69 at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月27日

肉体改造黙示録ぁ全望の食事篇

いきなりここを読んでいるあなたへ。
「肉体改造黙示録〜プロローグ& ◆」を
是非読んだ後で、読んでね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 1月5日の朝食から、
コンプリートジムの食事制限規定に
僕は完全に乗っ取ったメニューで過ごした。

最初の朝飯。

IMG00099

鶏肉とほうれん草のオリーブオイル炒め。
納豆&卵&味塩
ブラック珈琲

飯もパンもない!

戦いはこうして始まりました。

もう、嫁さん全面協力。
彼女は、毎食2種類作るという、
本当に面倒な作業を、なんやかんややってくれました。
その暇がないときは、自分で作ることもいとわず、
週末は弁当も、自分で作っていた。

IMG00106

いつまでもあったかい魔法瓶弁当に、
鶏肉としめじをオリーブオイルで炒め、
カレー粉をまぶしたもの!これうまし!
それと、白滝と豆腐のスープ。

勤務時間の最大の楽しみのランチ。
単に食べるだけではなく、
後輩達との情報交換の場でもあるこの時間も
僕は、3ヶ月は犠牲にすることを決めた。

僕は、周囲に肉体改造宣言をして、
本当に食えないんだと、ニガ笑いで説明した。

僕も、広告マンのはしくれだ。

状況を最大限楽しむのは得意技だ:笑
なので、この本を買って、
もっと食生活を楽しむことにした。



SATOSHI先生の理論は、この吉川メソッドを
彼なりの理論で咀嚼している。
そのため、一部違う所もあるが、
食事に関しては、ほぼ同じと聞いて
この本を買い、中身を相談しながら料理を考えた。

この本は、レシピ本だ。

IMG00135

オーストラリア産の赤み牛肉の、
甘辛炒めと、カレー粉で味付けした
白菜&豆腐スープ。
(甘みはパルスイートと生醤油)


IMG00115


野菜と白身魚の水炊き風鍋を、
豆板醤ソースに付けて食べる。
全然ダイエットしている気分じゃなく美味しい。
けど、糖質は限りなく零!

その他、たっくさんメニューを編み出した。

あなたは、思うだろう。

貴様、代理店だろう?
お客様との接待ごとは
どうしていたんだ?と。



もちろん、
妥協しませんでした。



ここで、肉体改造プログラムについての
お酒の制限を説明しよう。

ビール・・ダメ
日本酒・・ダメ
ワイン・・ダメ
もちろんシャンパーニュ&
スパークリングワインも。
リキュール・・ダメ

早い話が、

焼酎とウイスキーは
量を過ぎなければOK!


醸造酒と蒸留酒の違いですね。


パスタとワインという両翼をもがれた僕は
もう、あきらめてヤルしかなかったのです。

そして、接待は・・・

迷わず居酒屋か焼き鳥屋をセレクトします。

そして、僕はいいます。

「先輩、今日やる気出して、
 最初から焼酎行っていいすか!?」

ビールメーカーの人で無い限り、
この言葉でイカぶる人はいません。

「お〜!コヤナギどうしたん!いけいけ〜!」

となります。笑

それと同時に、一気に料理をオーダーしまくります。
もちろんその中に「刺身」「地鶏の塩焼き」
「ささみ」「スティックサラダ」など、

食えるものをまぎらせまくるのです。

後は、ストイックに、
食えるものを、食べて乗り切れば良いのです。

のどが乾いたら、
「流行ってるんで、ハイボールいいすか?笑」
と切り替えたりしました。

中洲のキャバクラなどに流れられれば
かなり楽です。

いつも、機械のように口に運んでいた
チョコレートを辞めれば、
焼酎かウイスキーの水割りで終われます。

もっと言えば、いつも以上に女性と話し込めば
コップにお花を持ってボーイがやってきて、
終わりです:笑。

しかし、ここで博多の男は安心してはいけません。
〆のラーメンもですが、
中洲だと「薮」のカツ丼などの
スーパーヘビー級のピンチが待ち構えています。


近頃の健康ブームで、
〆を無理して食う事が少なくなりましたが、
それでも3ヶ月ともなれば、あるものです。

そんな時は、まだいけますかぁ〜!!!
とノリノリで「薮」に行きましょう!

そして、
思いっ切り、カツ丼と焼酎やビールを一気にオーダー。
あの細長い机に並べられたカツ丼を前に、
壮大に乾杯しましょう!


もちろん、大好きな「薮」のカツ丼ですが
食うわけにはいかないのです。

ここでは、

後輩が食い終わるのをじっと待ち、
その時が来たら、
おもむろに後輩の丼と交換すればいいのです。


えへ〜〜〜〜!

という後輩に一言、
食べ盛りだろ?
食っとけよ。
・・・と半沢直樹が東京セントラル証券に
出稿を命じられた時のような目を向けて
あげればいいのです。



こうして、
幾多の犠牲を出しながら
ふと気付いた、3週間目の夜でした。

体重が、69.5kgになっているのに気付きました。

約15日で、もう5kgも減っていたのです。


つづく







cromagnon69 at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク