映画系

2015年05月30日

MAD MAX 狂気の調べ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
KEISUKE
参加締め切りまじかです!誰でも参加できます!
ご応募は「こちら」から〜! 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
映画「MAD MAX ~ 怒りのデス・ロード」を、
一足先に、観せてもらいました。 


tumblr_inline_nn1ro5KwX81trv4vc_500

凄い。笑けるほど凄い。


上映時間:120分。
正に、狂気(MAD)なハイテンションが全然途切れることのない、過去体験したことのたい、強烈たたみかけバトル映画でした。

で、色々書く前に、みなさんは、
「マッドマックス」という映画をご存知でしょうか?

はっきり言っておきましょう!

この映画の最大の楽しみ方、重要な点は

”世界観”です!

ここに、必死についていくことから、あなたのMADMAX人生が始まります!笑



img_1_m


1979年(俺、10歳!?)に、ジョージ=ミラー監督が製作した、僕に言わせれば、人類最強のバトルカルトムービーです。

マニアックなことに、
2つポスターがありました。

20100323015559a99


「MAD MAX」の第一作目は、現代劇でした。

主演は、おなじみ「メル・ギブソン」
しかし、ポスターからもわかるように、顔出しすらされてないです。そう。彼は、当時無名!この作品が出世作となったのでした!

ちなみに、僕と弟は、冗談抜きで、
「MAD MAX」の1作目は、50回以上みていると思います。まさに「MAD」です^^。
とにかく、シーンの全てがかっこよくてかっこよくて!!!
愛する家族を奪われた、警官のマックスが、狂気の復讐をするという粗筋。





そんな、僕らの熱狂は当然世の中にも巻き起こり、メル=ギブソンは一気にスターダムに!そして、その人気にのっかるようにして製作されたのが、「MAD MAX 2」。


20100717020702e51

1作目の衝撃のラストから、果たしてどうなるのか!?
と思って観たら、なんと!!!!!!


舞台が、いきなり核戦争後の
文明崩壊後の世界になっていた(笑)!


これは、驚きました。
監督は、最初と同じ「ジョージ・ミラー」さん。
そうとうやりたかったであろう、世界感が爆発しています!!

すべての登場人物とシーンが
衝撃的すぎて、これまた何十回と観ました!



ま、このあと3作目もあったのですが、それは端折るとして(笑)、

この2作目の世界を継承したのが、
今年6月20日公開の「MAD MAX 怒りのデス・ロード」です。
はい!時代は荒廃した人類文明の末期です!


では、ここまでのMAXを見ると・・・

<1作目>
mad-max-1979-06-g

「メル=ギブソン」若い!かっけぇ!警官役です。

<2作目>
img_1

うへぇ〜!文明崩壊してるしワイルドになりました!


<最新「MAD MAX」のMAX>
tom-hardy-as-max-in-mad-max-fury-road

主演が「トム=ハーディー」さんに変わりました!
ますますワイルドっすね〜!


そして、「MAD MAX」で、忘れてはいけないのが、敵役です。このシリーズは、もう全員”気が狂ってる前後のテンション”なので、並みの敵役では、キャラが立ちません!だから強烈です。

<1作目の敵役>

img_7

流れ者にして、傍若無人の暴走族集団のヘッド
”トゥーカッター”

彼が率いる暴走族軍団が狂いすぎてて、
「ツッパリ」ばっかりいた大牟田に住む僕も
「こいつらはヤベェ!」とビビりまくりました。



そして<2作目の敵>

7_R

荒廃した世紀末社会を牛耳ろうとする、
”ヒューマンガス”

なんなんすか?これ!

もう、かなり意味がわからんですよ!
ムキムキのジェイソンマスクです。
たぶん、仮面の下は凄いんですよ!


そして、敵のキャラクター!!!

20131110200341


ご存知の方も多いでしょう!!!!

この作品「MAD MAX 2」は、

マンガ「北斗の拳」に
多大な影響を与えています!


abe23f70

肩にプロテクターなコスチューム(?)!
このマンガの雑魚キャラの命の軽さは、
最軽量ですね!笑


ではでは、今回の最新作
「MAD MAX 怒りのデス・ロード」の敵役はどうか?



<最新作>
これまた最高ですよ、兄さん!

イモータン=ジョー

”イモータン・ジョー”

集落の「神」として崇められていて、かなり自らも戦うアグレッシブな敵。全身、よくわからない白い粉に紛れていて、マスクをつけてます。


みなさん!
世界観についてこれてますか?笑



あ!そういえば、今回の主役のマックスを演じた
「トム・ハーディー」さんは、数年前、強烈な敵役をやってましたね!

a0197118_16394219

「ダーク・ナイト ライジング」の「ベイン」

マスクそっくり!笑

は!
「俺の名を言ってみろぉ〜!」の、ジャギ様のマスクも!?

20141208_1394446




・・・・いかん。

何を言いたいのか、完全にわからなくなってきた:笑。
けど、そういう「想い」がつまりまくった映画が、
この「MADMAX」なんです!


40年近く前に、この「MADMAX」を作り上げた「監督:ジョージ・ミラー」さんが、今回も、もちろん監督!!現代の、コンピューターグラフィックス技術の進歩が、本当に彼がやりたかったことを、爆発させています。

2作目から、変わらぬメッセージは、
「生きるために戦うということ」

そして、1作目から我々に挑みかかってくるのは、
「この世界観についてこいよ!ということ」

細かすぎて、伝わらないような:笑
たまらないマニアックな設定も含めて、
クリエイティブすぎると!




あと,

SERON

あの絶世の美女」シャーリーズ=セロン様の坊主頭もたまらんですよ!

seron





この120分間、戦い続ける、

「MAXと、ここにしかいない敵役たち」

を是非ご堪能ください!
面倒な思考や、能書きや御託はいりません!!!!
ぜひ!!!!



6月20日公開!

cromagnon69 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

「アメリカン・スナイパー」がヤバすぎる。


 みなさん、こんばんは。

今回は、久々に、映画の事を書こうかと。

先日試写会を見て、
巨大な杭を胸に打ち込まれたような気持ちになりました。
その作品は、
御歳84歳の巨匠:クリント・イーストウッドの
最高傑作との声も多数あがる、

「アメリカン・スナイパー」 
American_Sniper-Trailer_001


実話に基づいたこの物語は、
実在した「伝説」の狙撃手「クリス・カイル」の半生。
米国史上最多の160人を射殺したとされる彼は、
正にアメリカの「英雄」であり、敵にとっては「悪魔」
だったとされた人物でした。

この映画は、そんな彼が、
イラク戦争を舞台に、「アメリカの敵」を、
バッタバッタと倒し、祖国の危機を救う
爽快なエンターテイメント映画・・・・ではないです。

そんなものは、クリント・イーストウッドが作るはずがない。

正に、アメリカの「カウボーイ」そのものである、
ブラッドリー・クーパー演じる「クリス・カイル」が、
「他社を守るため」に、
その屈強の肉体と精神力、そして天才的な射撃の腕によって、
特殊部隊ネイビーシールズの英雄となっていく。

201502110000000view
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


しかし、4度にわたる戦場で直面する、
過酷すぎる決断の数々は、そんな彼の精神を
着実に蝕んで行く・・・。

本編は、

家庭→戦場→家庭→戦場・・・・・

と展開していきます。
あまりの違い。正に「戦争」と「平和」を
行き来する主人公は、「戦争」の影響を受けていきます。
彼が「戦場に赴く度に失い続けるもの」をジワジワと
残酷に描き出していきます。

僕には、強いアメリカそのもののような存在の
主人公:クリスが、だんだん壊れていく様が、
正に現実のアメリカへの皮肉にも思えました。



ふと現実を振り返れば、
世界は、戦争の歴史を繰り返し続けています。

ブログの映画論評で、薄い平和論を書くつもりはないし、
あなたが、
この映画を戦争賛美ととろうが、
反戦映画ととろうが僕には関係ないです。

けど、
一人の人間を描き出す事で、
戦争というものと、ちゃんと向かい合わねばならない・・・!
と84歳のクリント・イーストウッドさんに言われている気がしました。

何度も書きますが、
84歳のクリント・イーストウッド監督は、
全く衰えていないどころか、
攻め散らかしてます!

ClintEastwoodCannesMay08



このタイミングで、こんな内容の映画を、
ここまで、すさまじい完成度で僕らに叩き付けてくるのは
それこそ、伝説の映画人だなと!


この激しく胸を押しつぶす、
ラストの静寂のエンドロールまで、ぜひ見てください。
1800円で、これほどのクリエイティブを
堪能できる幸せ。感謝です。
公開は、2月21日土曜日。そう、今日から!

盛り上がったところで予告編を貼っておきますね(1分50秒)!!














cromagnon69 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月20日

サイコロジーを武器にしたい。



お久しぶりです。

ブログの更新は滞り続けても(笑)、
facebookから、飛んでこられる方が増加してくれてます。

過去のブログ記事の感想とか
メッセージでもらったりしてうれしいけど、
自分で書いたこと忘れてたようなネタに出会えて
うれしかったりします。笑
(それじゃ、いかんやろと・・)




さて、これ見てください。


hakata-toile1



























トムとジェリーに出て来たチーズじゃないです。

これは、博多駅の奥〜の方にある、

男子トイレ小便コーナー。


普通は、小便器って横にずら〜って
並んでるやないですか。


これは、一つ一つが、
つい立てみたいに独立しています。
オサレです。


愛すべきシャイな男性の皆さんへ
質問です。


おしっこするとき、
すぐ隣の便器に人がくると、
落ち着かないまま、おしっこしてしまいませんか?

できるならば。
一つ空き、
または一人でゆっくりしたいですよね。

これは、実験でも実証されとります。


pshyco


















近頃、心理学づいとるのですが、
おもろかった、植木理恵さんのこの本。

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学フシギなくらい見えてくる! 
本当にわかる心理学
著者:植木 理恵
販売元:日本実業出版社
(2010-02-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この中に、調査結果が紹介されています。

「男子トイレの混み具合と排尿時間」について
アメリカで実験が行われた結果の報告です。

ー分のすぐとなりで他人が排尿する。
⊆分から一つ離れた便器で他人が排尿する。
Cもいないトイレで排尿する。


この3条件で、男性が排尿の態勢(笑)にはいってから
排尿までの時間と、排尿の継続時間を測定したもの。

結果は、,両魴鏖爾両豺隋↓↓に比較して
かなり長い時間かかってしまうという結果に。

本来、排尿の時は、
リラックスを促す副交感神経が
優位にならねばならないけれど、
となりに他人がいると、交感神経が優位にはたらいてしまうと。

この交感神経は、
ストレスやイライラの時に、顕著に働くもので、
つまり、

パーソナルスペース(私有空間)

を侵害されたために、緊張とストレスが増し、

「早くおしっこ終わらせて、立ち去りたいのに、
 時間がかかりまくってしまう」


というジレンマに陥り、それがまたイライラに
なるんだそうです。




なので、冒頭の写真のトイレを体験しましたが
一人一人が独立したブースであり、
至極、リラックスして排尿できました:笑。




心理学の本とか読んでいると、

日頃の行動のパターンが、
人間が持っている本能的心理に
かなり操られていて、

それを知った上で、行動したり
会話したりすることで、かなりの発見があるのが面白い。

心理学=サイコロジー

まあ、占いまがいあり、
強引な法則ありと、はなり混乱している部分はありますが
サイコロジーを武器にできればいいなと。
(え?怖いですか?)




で、僕の少年時代からの記憶の中で、

サイコロジーというか、
精神というか、


精神力をエネルギーとして放出して
戦うヒーロー(?)がいます。

この人です。



cobra-anime



















「コブラ」です。



そうです。彼の武器は、

サイコガンです。



なんで、こんな強引な展開かというと(笑)


少年ジャンプで胸躍らせ、
野沢那智さんの声で、アニメ化され
大興奮したこの作品が、

フランス人監督の手で、
実写映画化されることが
発表されたからです!


 





cobra




























か、かっこよすぎる・・・・

2013年夏。

来年地球が滅亡しませんように!



という、強引な展開の今日のブログでした:笑




























cromagnon69 at 20:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年01月31日

社会的つながり。



観ました。


たまりかねて。笑



social






















  ”ソーシャル・ネットワーク”

天才(?)マーク=ザッカーバーグが
「facebook」を作り上げ、会員を5億人にし、
時価総額、2兆5千億円になるまでの物語。


監督の「デビット=フィンチャー」さん、最高です。


確かにビジネスが、芽生え、浸透し、ある日爆発して
本当に一夜にして、すべてが変わるような
成功物語は、それだけで面白いのでしょうが、

この監督は、それを「セリフ」の力で、

おいらのアドレナリンを、
何度も沸騰させてくれました。


冒頭の、
主人公マークと彼女の会話からして、
マークの危うさが噴出しまくるし、

また、ナップスターを19歳で創業した
”カリスマ”ショーンが、マークに、ビクトリア=シークレットの
創業者の話をするあたりなんかは(観てのお楽しみで!)、

もう、ぐいぐいです

sn-movie











とにかく、皆、変態的に頭がいいから、
しゃべる!しゃべる!

けど、観ててきつくないし、専門的になりすぎないから、
普通に世界に入っていけるし、気持ちよく興奮できる。。。
デビット=フィンチャー監督の全く無駄をそぎ落とした
ドライブ感あふれる流れ!

僕は、一人観てて、ニヤニヤしてしまいました。


昔、ヤクザ映画観たり、ブルースリーの映画観た後は、
自分が強くなったみたいに錯覚するよな〜
とか、親父が言ってたけど(しねぇかな?)、

これ観ると、

自分も色々インプットして
あんな風に、頭の中に
アイディアやビジョンが、

ぶぁ〜っ!

って溢れるのではないか?


という、期待を抱かせてくれます。


けど、よくあるこうした映画と全く違って、
facebookは、今もあり、まだまだ拡大していて、
このマークも、全然実在して現役であるということ。


そう想うと、僕がちょうど、BBDOに転職したばかりで
テレビCMの奪い合いに、日夜骨身を削っていたころに
こんなことが動いてたのかと!泣



切な〜いラストシーンを観ながら、
僕はフェイスブックに、ちょっとはまってみることに決めた。



天才なんだけど、
コミュニケーションが苦手な男が、
世界一のコミュニケーションツールを作り上げる矛盾。

そして、そのきっかけと想いは何なのか?

彼が欲しかった「社会的つながり(ソーシャルネットワーク」とは
なんだったのか??


ナインインチネイルズのトレント・レズナーが手がけた
ヘヴィで、どっしりとした音が常に張り付くシーンの数々。

NIN-photo








ま、今、観ていかないといけない映画でしょ〜:笑




cromagnon69 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク