弓削 を含む記事

2015年12月24日

『ご飯どこ行く?』と年中言ってるあなたへ。



クリスマスイブすね(^^)。
だからなんなん?っすよね?笑


慌ただしい一年が、気がつくと終わろうとしているので、ちゃんと年末気分味あわねばと、我がチームで忘年会をやった。
















@炉端 百式

まぁ、鉄板で楽しいメンバーなんで、二軒目まで、アンストッパブルデンゼルワシントンな雰囲気でしたが、皆さんは忘年会はともかく、どんな店にご飯行ったり、飲みに行ったりされてますか?


『どこ行こうか?』

これ、年中言ってる。

せっかくの機会と思うと、色々な要素を考慮して…と思うのだが、仕事に忙殺されゆっくり選べない。
普段、あそこに行こう!とか、こんな店できてるんだ!と思いながらも、いざその時には、メモも記憶もモヤモヤで、いつもの安心なお店に行く…というパターン。
同じ店に、ちょくちょく顔を出すというのは、凄く素敵なことなんで、全然いいんだけど、変革を恐れないオトナの我々は(笑)、常に開拓もしたいのである。

そんな時、この本を手に入れた。






















その名も
『福岡の隠れ家 穴場』

あの、福岡グルメ界隈の、池上彰と言われる(言われてねぇ?笑)、弓削さんが独自に編集した本!

え?弓削さんって『ソワニエ』の?




















そう、弓削さんは、福岡のストイックで、毎回特集がイカしてるグルメ本『ソワニエ』の編集長さんである。その弓削さんが、今回『ソワニエ』とは関係なく、弓削さん自身が、今、オススメな店だけを編集している。

そう、弓削さんが勝手に好きな店を、
勝手にまとめた体の本だ!

中身は、当然ハズレなし。
弓削さんに聞いて、結局行けてなくて、どこだったかモヤっとしたお店が、ちょんと載ってて、

即、付箋を貼る!

という行為が、豊かな気持ちになれる一冊。





















ちょっと、ネタバレですが、BARとかも数ページ入れてあるのは、弓削さんの『手の内』を見ているようで楽しかったです。

僕も、絞ったターゲットへのフリーペーパーを、4年も編集しているので、少しわかるのは、こういうマスコミとSNSから、吐くほど情報が入ってくるな時代になり、逆に求められてきているのは、凄く偏った価値観で、絞った価値観とターゲットへ向けて発信される、本質的な情報です。

何を言うか?ではなくて、
誰が言うか?です。


弓削さん(=ソワニエ編集長)という、個のたった個人が、その人の価値観で発信する情報は、きっと、直接弓削さんを知らない人にも、店頭で立ち読みするだけで伝わると思うのです。

逆に、この本は、『飯なんて、どこで食っても同じ』とかいう人には無用だし、弓削さんも相手にしてないでしょう。

ま、そんな難しい話はともかく、福岡で『どこのお店に行く?』と、年中言ってるあなたにオススメします(^^)。
そして「隠れ家」で、沢山ヒトとばったり会って、全然隠れ家じゃないやん!とかいいながら、お酒を沢山飲みましょう!


メリー・クリスマス!




cromagnon69 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月20日

福岡外食のバイブルとなるか?ソワニエ創刊!


6年間続いた、
福岡の外食バイブル雑誌  「epi(エピ)」  から
外食専門編集長(?)

弓削聞平さん

が身を引いて、1年。


「グルメ雑誌」というスタイルは多々あれど、
飲食店の広告を基本取らず、

福岡における飲食店の、本当にいいところを
見つけようとする態度を貫くやり方は、
収入の面から見ても相当大変だろうと。

しかしそれでも、
読者としてこれほどよみごたえがあり、

使えるメディア

は他になかった。


その仕掛け人である、こだわりの人

弓削聞平さんが、ついに「グルメ雑誌」を今日創刊した。


sowaniehyousi














「ソワニエ」

早速、送ってもらったので読ませてもらった。

ソワニエ・・・とは、フランス語で「上客」のことらしい。

yugesign













この雑誌の冒頭、弓削さんは書いている。

いつも高い金を払ってそうなるのではなく、
「お店に大切にされる客」・・・それこそが
「ソワニエ」だと。

もちろん、お店に媚びるんじゃなくて。

お店に

「また来てほしいお客さんだな〜」

って思われれば、外食ライフが何倍も楽しくなる!と。



ま、言われてみれば当然ですね。
馴染みのお店。
居心地いいっすもんね。




一つ、「epi」と違うのは大きさ。

hikaku

 

 

 

 

 

 

 


一回り小さいです。

最初、この話を聞いた時、見にくいのでは・・・?
って思ったけど、

全然大丈夫です。しかも、保存し易い絶妙の大きさでは
ないかとさえ、思いました。

nakami














コンテンツも、今まで通り。

「安くて美味な最強
 コスパレストラン」特集!


使えます。

もともと、弓削さんが「epi」を離れた時に、
多くの人が、「もったいないやん」「残念ばい」って
思ったし、実際言われたそうです。

それ聞いて、

「食い物がウマい福岡」の街の
本当のグルメ本の火をたやすまいと、

エフエム福岡メディエントさんが
バックアップして、
新しい本が誕生したのだとか。


とはいえ、想いだけでは、立ち行きません。


みなさん、この本買いましょう。
480円でこんな情報を自分じゃ仕入られましぇん!

広告屋さん、スポンサーさん、広告入れましょう。
とりあえず。笑


そして・・・・




どっか飯食い、行きましょう!
(飲み行きましょう!でも可)





cromagnon69 at 11:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年02月01日

ソワニエ

ちょい悪サラリーマンランキング
継続中です。。ぜひクリックを!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  



皆さん、福岡のグルメ雑誌「epi」。
もちろん、知ってますよね。

epi0907-thumb-150x184 










この編集長やってた、弓削さんとは
ちょこちょこお仕事で、
お世話になってました。

その弓削さんと飲みましょう!
っちゅ〜ことになって、西中洲へ。

shirakiji02























ワインにほどよい照明が、写真の雰囲気が
うかがえますが、この日行ったのは〜〜〜




ここ。

shirakiji




 
















「しろきじ」(福岡市中央区西中洲3-1)

 
やきとり×ワインと銘打っている通りの店で
(豚バラ・・・とかない。鳥のみ!)
まあ、ちょこっと行くには最適な感じ。

ワイン飲んで、串腹一杯でも3000円ってな感じ。

で、今日のメンツもオトナな感じでした。

yuge-kinax03





 








左から、福岡でPRから切り込んで、様々なビジネス
プロジェクトに奔走する、KINAXのマツダ嬢。

で、ステキな笑顔の弓削さん。

そのお隣は、我が師匠、崇拝者多しの
へそ社長こと、修次和尚。
 

今日のお題は、一環して「オトナ」とは何か?
でしたが、本題(笑)は、弓削さんが、
「epi」退いた後に、ついに創刊する福岡の
「グルメ雑誌(という銘打ちはちょいと違う?)」

「ソワニエ」

について。

「ソワニエ」って、
フランス語で「上得意さん」的な意味で、
福岡に少しでも「いい店」が増えて、
そこに、楽しい仲間が「いきつけのお得意さん」として
集えばいいな〜っていう、思想なのかな?と
勝手に解釈。笑

けど、

福岡のイメージは?


って、県外の人に聞くと、だいたいの人が、

「女性がかわいい」と
「メシがうまい」


でしょ?

女性はともかく、
その「食」「メシ」を地元の人で
ちゃんと見直し、楽しみ方を気付かせてくれるような
媒体がきっちり存在することは、
絶対大事だと思います。。。

だから、弓削さんの想いを大切にしたいんです。
だから、ぜひこの雑誌には成功して欲しいです!

だから・・・・・



同業者の皆さん・・・


広告も欲しいそうです!(笑)




「ソワニエ」5月創刊!乞う!ご期待!



 

cromagnon69 at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月17日

弓削聞平さんとアフター・ザ・レイン


あ、じゃ、今日は最初に・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  



福岡では、深く、しかも「使える」
飲食店情報誌として名を馳せる雑誌

「epi」

epi0905-thumb-150x184 











この「epi」の編集長、弓削聞平さんは
まあ、福岡の「食い飲み業界」(?)じゃ、
有名人ですね。

このブログの、細かさ、まじめさでもわかります。

弓削さんのブログ「ソトメシの会」

その弓削さんと、先日、
福岡の思想家「へそ社長」
ローカル都市にPR業を根付かせた「松ちゃん」の
計4名で、「アフター・ザ・レイン」へ。

torihigh
















ま、何か重大な打ち合わせをしたわけでもなく、
かといって、内容が薄いかというとそういう
わけでもなく、僕にとっては新鮮な時間でした。

この弓削さん、次回の「epi」で、
編集長卒業・・・とあいなったとのこと。

ストイックなああいう雑誌は、
たいへんだろうけど、誰かがやるべきだ!

っていう想いを熱くぶつけてたけど、

ま、弓削さんは、至ってマイペース。
最初に頼んだ、シーザーサラダが運ばれて
きた時点で、早速ブログの取材。


そこで、
激写しました。




 
yugesan-syuzai









 




弓削さんの、生取材シーン!

あ、まあ、普通すかね(あたりまえ)?


年間、のべ1000軒くらい
飲み食べ歩くらしい弓削さんを囲んで、
福岡の街とか、これからの楽しみなことを 
たくさんお話しした夜でした。


飲みに行ったり、
食べに行ったりするのって、
本当に楽しみなこと。
 
その、受け皿ともいえる 
飲食店の情報は「街の情報」の永遠のテーマです。 
 
肝臓をいじめながらも、
そして自分は、楽しみながら
自分テーマを「ゆるく&するどく」追求している
弓削さんを見ていると、

自分がむさぼるように情報を集めようとする、
ビジネスに対する執着とは、
少し違う姿勢が見えて、なんか
うらやましくなりました。

いや、けど、弓削さん、よ〜知っとんしゃぁ。
福岡の街の飲み食い業界のことは
なんでも・・・

 
弓削さん、これからもがんばってください!




 
 
 



じゃ、一応最後にも。
クリックを・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

cromagnon69 at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月03日

money money money


今回の題名読んで、
え?ABBA?

って一瞬でも思ったあなた!

フフフ・・・僕は嫌いじゃありません・・・・。




ABBAしらない人もクリック! 
banner_02.gif



去年の秋だか、
テレビ東京系の人気番組「カンブリア宮殿」に、
東京の超人気施設「キッザニア」の社長、

住谷栄之資(すみたに・えいのすけ)氏

が出演されていた。

キッザニアとは、12歳?までの子供さんが、
実際にパーク内の「企業」などで労働体験をして
報酬として、パークでだけ使える通貨をもらって、
それで、楽しめるという、教育とエンターテイメントを融合させた
施設である。

もちろん、超人気!


で、

その時すごく興味深いことをいわれていた。

「キッザニア」は、メキシコの発祥らしいけど、
「メキシコの子供たち」と「日本の子供たち」の間には
決定的に違うところがあると。



メキシコの子供達は、
まずパーク内で遊ぶだけ遊び、
お金がなくなったら「職業体験」に応募して
必要なだけ、お金を稼ぐらしい。

しかし、日本人の子供達は違う。

パークに入ったら、
のっけっから、もう働きまくって、いくらお金が貯まったか?
手元にあるのか?を非常に気にして、

友人の貯金額を異常に気にしたりするらしい・・・。





いや〜なるほど!

しかし、こういう違いは、いったいなんなんだろうか?
いつから。どのような要因で・・・・。

そんな、お金観念に対する想いを胸に、
「お金」にまつわる、
ちゃんとした知識や
お金を「真正面から」考える機会を少しでも持とう!
という想い。

それを、オールスターキャストな組み合わせで
今回、作りあげました。
 
DENARO.JPG

フリーペーパー

「DENARO」〜デナーロ〜


 



デナーロ・・・とは・・・
イタリア語で「通貨の意」

編集長に、epi(エピ)の編集長でもある
弓削聞平さん

デザインに、あのレベルファイブのロゴを作った、
カジグラの梶原さん

コンセプトメイクに、
我が和尚 へそ社長:中村修次さん・・・

と、安定感すらある布陣!

ボクは、今回プロデュースということで
入らせていただきました。


そもそも、この本の企画立案の張本人は、

不動産企業
ロイズコーポレーションの上野社長。
不動産業界に新しい風を吹き込むべくの戦略!

その上野さんが、
今回「RED FIRE HOLDINGS」という
グループの筆頭となる事業会社を設立。

それを機にできたグループ会社
「ロッソブレイン」が、出版事業まで
手がける足がかりとしての発刊となりましした。

発刊日は、1月30日!!!
志、高い。


内容は、たとえばこういうの。
  
carunago.jpg

冒頭のコーナー。
ここでは、なぜ、チャリが、1,700,000円もするのか?が主眼。


また、先日のブログにもあげた、
ホークス松田選手の新妻;柴田さんはこの取材
だったのです!

DENARO-GAKKO.jpg
 
※ここ、本当に役立ちます。



ほかにも、「週刊SPA!」や「恋愛投資論」でおなじみ、
フェルディナントヤマグチ」氏にも寄稿してもらってたり、
創刊号なのに、
JR九州さんや、グランドハイアットサイパンなど
超一流企業さんからの広告原稿も
いただけて、

ほんとうに、まじめに作ったかいがあったと!


日本人は、お金をタブー視する動きはまだあります。
ここに挑んでみよう!と・・・。
 
どうしたらいいか?
をせめて考えるようになろうぜ!と。


そういう我々の想いを
ちょこと、かじってみてください!
まずは、自己満足度をさらに高めていくべく
またもやミーティング中です。


◆発行部数:30000部(日経新聞ほか折り込み、各企業などへ配布)


これ、欲しい方はメールください! 創刊号はもうほとんど無いですが・・・。
cromagnon.k@gmail.com
あ、広告出したい方も(笑)!



デナーロ君は改訂中! ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





cromagnon69 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク