アドテック

2013年06月13日

「司会」をやる方へ(笑)◆船ぅ戰鵐箸領れの実践編


1回書いて気付いた。笑

ブログという、皆が読んで楽しいとかためになる!
という場に、司会だのモデレーターだのの
ノウハウとかって、何人が必要やねん!と!

なんで、打ち切ろうかとも思いましたが(弱すぎる!)

少し関係あるとすれば「プレゼン」や
物事の説明会の説明役なんかも同じかもしれません。

トークイベントの「司会」「モデレーター」は、
会場の雰囲気から、全体の流れまでもコントロールする、プレゼンターです。
自分はイベントの司会とかはしないけど、多数の人に向けて何かを説明する! という機会が、ちょっとでもある人には役にたちかもしれないな〜と。
まあ、皆さん自身を、色々置き換えて読んでみてください!



前回から書いている「ヂカギキ」は、
私が、ゲストにスライドを出しながら質問し、
それに答えてもらう。

それを、約150名の監修が「ヂカギキ」するものです。

dika01










もし、そこにゲストがいずに、
前インタビューした「土産話」をしてくれ・・・

と言われたら、それはイベントではなくなりますが、
頼まれた僕は、おそらく「ヂカギキ」と同じノウハウで
相手に(皆に)お話するでしょう。

普通の物語の流れは、俗にいう
「起・承・転・結」ですね。

これになぞらえて表現すれば、
私のトークイベントにおける、話の流れは

「結・起・承・転・結・さらに結 」

です。

最初に「結」がきます。

前回も書いた、

最初にゲストの凄い部分をたっぷり披露する。

様々な話を聞くにしても、今、その人がどうすごいか?をたっぷりと最初に話す。
つまり、イベントで色々話すのは、その人の「結」部分が魅力的だから、話を聞きたいのです。
だから、「結」がまず来るという意味です。

けど、なぜわかりきった功績を最初にたっぷりやるのか?

普通にイベントにいくと、普通に「起」で始まるものが沢山あります。

そこにいる観客は、皆、その人が何やった人で、
どういう功績があるとか、全員が知っています。

普通に考えれば、その功績をわざわざ時間を使ってトレースするのは無駄なような気もしますね。
しかし!そこに集まったお互い知らない人達は、ゲストのことを知り抜いていても、そこに集まった知らない人同士で、その人の功績を再度確認したいのです。そうすることで、観衆の間の一体感や、共有感は大きくなります。

なので、かならず最初に「結」とも言える、
最終的にこんなんなってるんですよ!を、冒頭にやるべきですね。

そして、起承転・・ときて、
最後は「結」ですが、もう一個「結」です!


なんやかんや、皆さんの興味は「今のゲスト」にあるのです。
メインにすべきは、「最後の結」を、深堀して、
観衆の、これが聞きたかった!
にいくつヒットさせられるか?
が勝負どころですね。


文章で書いてても、わかりにくいので
ヂカギキで実際つかったスライドを見ながら、
どんな流れでやってきたかを、追ってみましょう!!



今回は、2011年4月に開催した
当時の福岡県知事の麻生渡氏をゲストに迎えた会で説明します。

それまで、企業人や文化人が主流だったゲストに
4期16年という県知事の任期を務め、
知事引退を表明されていた、麻生知事がゲストでした。

福岡県のイベントだった「ヂカギキ」なので、
職員の方も、みなピリピリでした(笑)。

55















「ヂカギキ」ならぬ「ヂカ知事」だと。

ヂカギキも9回目を迎え、シーズン1が完結ということにして特別感を出しました。

会場は超満員。120名定員に、170名くらいおしかけてました。


まずは、これまでの実績です。
02















ここの観衆は、1500円という対価を支払っています。

なので、最初にこのイベントが単なる思いつきではなく、
過去何回も行われ、成功しているよ!ということを示す事で
安心感と期待感をきっちり抱いてもらうためのスライドです。

まあ、主催する方は、自分でハードル上げる作業ですね。笑

そしていよいよゲストの紹介&呼び込みです。

ここから「結」が始まります。

09














15














「日本最高の地域経営者」が今回のゲストの、最も分かりやすい称号です。
その称号とともに、登場していただきました。

席についていただいた、知事と雑談や、
観客への感想、または観客に知事の感想などを聞きます。

いわゆる「アイスブレイク」ですね。

観客に、地元アイドル「LinQ(リンク)」のメンバーがいらっしゃって、その絡みも、雰囲気をよくしてくれました。

で、このスライドです。

23















福岡県の「歳入」は、1兆6000億円もある!
という「トリビア」で、福岡県という規模の大きさを感じてもらいます。

そして「日本最高の地域経営者」と言われるゆえんの一つを提示。

29















難しい資料ではなく、下世話な週刊誌記事を使用。

全国知事の「ワーストランキングで最下位=ベスト1」を、皆で共有します。
福岡人は、地元を褒められるのが大好き!
そのナンバー1の立役者どころか、行けるベスト1が、目前の麻生知事です!という感激を、客席で共有する雰囲気にもっていきました。

ここまでが、冒頭に置ける「結」です。

要は、こんな凄い人の、色々な話を
いまから90分聞ける!という期待感に不足はありません。

そして、定石通りの「起」から。

36















このスライドで、まずは「生い立ち」から聞くぞ!
と宣言しています。
このスライドで、観客は話がどう始まるかを自然に理解してくれます。

44














53















まだまだ、「父親」「戸畑」といったスライドもあったのですが、
厳しい時代の中で、我々も知らなかった文化を知るエピソードも語られながら、麻生知事の幼少から青春時代が語られました。具体的なエピソードなので、非常に感情移入しやすく、最初には最適な時間となります。

そして、大学時代から社会人への流れは「承」

00















07















16















観客は、ほとんどが社会人。
社会の荒波、しかも官僚という非常に厳しい毎日の話はリアルで「承」のパートも、グイグイ引きつけられました。

そして「転」へ。

官僚としてがんばっていても順風満帆だったはずなので、突然福岡知事に立候補!正に「転回」の局面です。

23















28















正に、様々な葛藤や人間ドラマが語られました。
普段意識しない、県知事さんが重ねてきた人間的な苦悩や喜びなどを共有します。

そして「結」へ。
いわゆる、ここからが、このイベントの深まりです。

14















20














25















35















これらの言葉は、すべて当時の麻生知事の言葉からピックアップしました。
ゲストも想いを込められて、聴く観衆も、なじみやすく分かりやすい。そんなテーマがあれば最高です。

ここまでで、約75分。
90分からは少しこぼれそうですが、
県知事(当時)だし、いいか!県の施設だし!ということで

ここからが「さらに結」の時間。

観客は、かなり、ゲストに感情がいい感じでのっかっています。
まるで、幼少時代からの知事を、それぞれに頭に描いてきているはずだからです。

そこで、もっと深く聞きたい。
ちょっと、人間性にもふれてみたい!というのが観客の想いだと思うのです。

41















さらに、聞きますよ!と。

48















官僚とか、選挙とか、難い話が続いているところに
このスライドは出るだけで、会場が沸きました。

知事も、笑顔で、なんだよ、おまえ〜!という感じ。いい雰囲気でした。

さらに、

54















職員から、知事は良く怒鳴っていたというエピソードをもらっていました。
しかも、妥協を許さない姿勢が、すごかったと。

02















10















この辺は、絶対皆聞きたいはず!と思ってクライマックスにもってきました。


開催されたのは、震災直後。

16















柔らかい話題から、最後にはしっかりと、本当に聞きたい方向にもっていく。そうすると、非常に流れがしまっていきます。

そして、最後の質問。

23















戸畑で育ち、通産省の官僚にまでなったと、
福岡県知事を、16年つとめて、下世話な週刊誌も
認めざるを得ない手腕で、福岡県をひっぱった人。

そういう人の、一言一言が、どうしたら、
観客に深く響くのか?

そのテーマで、スライド&質問を紡いでいっています。

これは、実例としてあげましたが、知事の話の記録はこちらです!
29








 







ちょっと、くどくて、長くなりましたが
いかがでしょうか?


これは、大きな流れの参考例ですが、
実際は、もっと細かいテクニック的なことや
必ずやってることなど、まだまだたくさんあります!

今日は力尽きたので(笑)、
また書きます〜

あなたの日常のプレゼンや、仕事での一助になればと!



では、また!






cromagnon69 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月12日

「司会」をやる方へ(笑)〜その


おつかれさまです。

先週は「アドテック九州」一色な日々でした。
先週のブログにも書いているように、
僕は、初日:5日の一番最初のセッション
「ソーシャルメディアの最新潮流」で、

モデレーター

を務めさせてもらったのですが、
非常にすばらしい体験になりました。

こんな感じですね(笑)。
写真-1












(写真:ADKの小澤様!あざっす!)

会場には、200名近い人がいましたかね〜?

*セッションの詳しいリポートはこちら

「INTERNET WATCH」
「逆張り」「相互補完」――LINEとTwitterはお互いをどう見てる?

「APPREVIEW」

Twitter Japanディレクター、LINE取締役が参加のパネルディスカッション「ソーシャルメディア最新潮流」─アドテック九州2013



今回、突然こうした光栄なオファーを受けて
アドテック九州の檜舞台の端くれに、立たせていただきましたが、近頃の僕は、こういう役割をお願いされる事が多くなってきました。

また同時に、こうしたトークイベントを、
どうやって準備して、どういうやり方をしているのか?


というノウハウ面も、よく聞かれます。

僕の本業は、広告会社の社員なので、
いわゆるプレゼンテーションは、おのずとやる機会を多数得てきました。

僕は、プレゼンと司会は一緒やな・・と思ってます。

自分の目前にいらっしゃる方(々)や、
「提案」を、聞いてる方に「共感」してもらい、
また「予想以上」のメッセージで、
興奮してもらうという目的は同じです。

そういう下地もありつつだとは思いますが、
今回のブログは、こうした経験をちょこっと整理して、
僕のやり方を披露したいと思います。

言うときますが、
これ、僕のやりかたなんで、
賛同されない部分は、呑んでおいてください:笑。


(1)「1vs1」のイベント

さて、僕はご存知の方もいらっしゃると思いますが、
2009年から、「ヂカギキ」というイベントを
不定期に開催しています。

<参考:Vol,13のフライヤー>
f50d01263d6370















福岡に居ながら、すごい人に「ヂカに話をキク」イベント
として、エッジの効いた方をお呼びして、
インタビュー形式で、話を引き出して行くのを
皆さんに聞いてもらうイベントです。

dikagiki10-04












*写真は、Vol.11の「米原康正氏」

この時の僕は、文字通り「インタビュアー」です。

僕の質問は、事前に周到に順序も内容も練られています。
実は、ヂカギキ:90分の中でも、
クライマックス〜つまり、ゲスト最大の仕事へのきっかけから
成功まで〜部分は、30分程ではないかと思います。

しかし、そのクライマックスの30分のために、
後先の60分が絶対必要です。

1対1のインタビューイベントでは、
ストーリーや、引き出したいことも
一人のモノなので、ある程度の流れを作れば
形になります。

難しいのは、会場の空気と、
ゲストの雰囲気を早くシンクロさせるように持っていくこと。


一番いい方法は、
誰もが知ってることが、その人の功績としてある!
それをやった人が、今日、目前にいる!

ということを、強く早く感じさせてあげるプロセスが
必要です。

ここを、最初に薄くすると、
後々の反応が濃くなるのに時間がかかります。

そうです。
話はなんでもそうなんです。

何を言うかより
誰が言うか!?


なんです。

例えば、上の写真の「米原さん」の時は、
イベント開始冒頭に、
>AKB48の最初のビジュアルプロデュースしていた!
>菅野美穂さんのヌード写真集の編集をされた!
などを、許可を得たビジュアルを出してバンバン出しました。

すると、
おお〜!となる。
たとえタレントに興味が無い人でも
社会的に影響力の強さは伝わる。

そこで、
「なぜこうなったかを生い立ちから聞いてみましょう!」

とやれば、かなりワクワクしてきますね。


では、「ヂカギキ」に限らず、
あなたが、何かをプレゼンする時にも
この方法は使えないでしょうか??

そうです。

あなたの提案で
「こんな凄いことになる!」
を最初に言う。


そうなる可能性がある提案を
目の前の奴らが、説明しようとしている!!

という期待感を持ってもらえなければ、
6社コンペの5社目だったりすると、
相手は眠くて聞いてくれない可能性がでかいです:笑。



というわけで、
「司会」をやる方へ(笑)シリーズ。

後日、ちょこちょこ続きます!!!





cromagnon69 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月01日

ソーシャルメディアってのを整理


梅雨になってんだろうな〜。
どす曇りの土曜日。
コヤナギです。




私が、来週モデレーターとして登壇する
「アドテック九州」のカンファレンステーマは

「ソーシャルメディアの最新潮流」

です。すげぇ〜。

皆さんは「ソーシャルメディア」という言葉を聞いて、
完璧な説明ができるでしょうか?


友人にズバリ聞いてみたら、
「facebook」とか「twitter」とかそんな辺り・・・。
という、決して間違いではない答えが返ってきました:笑。
広告マンでもそれだったりなんで、安心してください。

かくいう僕も、

いつもモヤっとしています(笑)

けど、モヤっとしてるけど、
自ら仕事の中で使ったり、自ら使ったりしていますよね。



けど、この機会にちょこっとアカデミックに、
一緒に整理しませんか?


あ、完全に業界以外の人向けなので
ちゃんと知ってる方は、
基本過ぎておもろないかもしれないので
あしからず!


ソーシャルメディアって言う言葉は、
2006年7月9日に英語版Wikipediaに
登場しとります。もう8年も前ですね。

まず、
「ソーシャルメディア」の対義語はなんでしょうか?

そう、「産業メディア」です。
「マスメディア」と言い換えてもいいでしょう。

今まで、「メディア」と言えば、
無条件で「マスメディア」のことだったと言ってもいいはずです。

例えば、地元の「マスメディア」でいえば、
「西日本新聞社」。

imgres












この地元では巨大な会社組織が、
膨大な設備と人的資産を投入して、
「2013年6月1日(土)の朝刊」を作り上げ、
約85万部を発行してニュースを伝えます。

よく、本での解説などに使われるのは、

1→ n

つまり、西日本新聞という「1個」の発信元が
「n人」(ここでは、約85万人?)に伝えるという構図。

これが、ずっと一般的なメディアでした。

しかし、ソーシャルメディアは、異なります。

ソーシャルメディアは、

 n → n

です。つまり「n人」(多数)の人が、
所属するコミュニティ、友人、仲間内の
「n人」(多数)の人に情報を発信する構図。
しかも、「意見」や「共感」が元に「双方的な会話」に
なっていくんですよね。

その「プラットフォーム」が、

SNS_logo













こうした、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と
いうわけです。



マスメディアとソーシャルメディアには沢山違いがあります。
賢い皆さんは、だいたい肌感覚で分かっていらっしゃるはず。

権威としての、マスメディアに対して、
こっちは、誰でも、無料で、発信できます。
印刷機も記者もいりません。


特に、マーケティングやコミュニケーションの世界で大切なのは、情報伝搬の変化です。

大前提として、現代は「情報が多すぎる」「情報が氾濫している」「情報大洪水」「情報大爆発」などと言われています。人類の文明スタートから、20世紀までに作られ情報の総合計と同じ量の情報が、現代は2日間で産み出されていると。

そうなるとどうなるか?

みんな、

どれが本当なのか?
どれが、
おいしい情報なのか?


それを探すのが大変になっとるです。


そこにはまったのが、こうした「SNS」です。


インターネットテクノロジーがどうのこうの言っても、

人間は、
口コミ井戸端会議が、
昔から大好きです。


それが、膨大な人々を巻き込んで、時間と空間を超越したものを、インターネットが可能にした。
完全に時代の中の、人々のニーズに合致してますね。

となると、
巨大なマスメディアに対する、
ソーシャルメディアの棲み分けが分かってくると思います。



僕ら普通の一般会社員では、

政治の闇・・・とか、
世界の民族紛争の真実・・・とかを
調べられるわけはないので、そこは大きなマスメディアからしか
情報をとるしかありませんよね。

そこは、今もかわらないけど、
確実に違うのは、

そうした別世界のニュースでも、
興味があれば、
ソーシャルメディアの世界を掘れば、
全く違う視点や、新聞よりリアルなルポルタージュを
発信している人に出会います。

そういうニュースは、
その発信している人が、
自分の仲間とかコミュニティに対して発信していることだけど、
ツイッターのように、オープンで検索できたりすると、

全く別の「福岡の会社員コミュニティ」の僕が、
横からアクセスしてきて、感動すれば、それを僕が自分で
Facebookにあげたりする。

すると、僕のタイムラインを読んでる
福岡の人が、「いいね!」とか押したり、
もっと深く読んだりする。

こうして、
10年前にはなかった情報伝搬の流れが
今は出来ているんですよね。


しかも、我々広告マン的にもっとも注目なのは、
情報への想いのケタが違う!

マスメディアは、きっかけメディアに役割が
変わりつつあるのかもしれません。
「きっかけは、フジテレビ」
っていうコピーは、予見していたのでしょうか?

こうした形で、情報を伝搬する機能となっているのが
ソーシャルメディアなんだな〜
って、思っていただいてもいいんじゃないかと。

今回、色々ソーシャルメディアとかの本とか
あわてて読んでますが、一番気持ち良く整理できた本はこれ。


つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書)つなげる広告
共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性
(アスキー新書) [新書]

著者:京井良彦
出版:アスキー・メディアワークス
(2012-06-11)


広告マンじゃなくても、
気持ちよく読めます!!



・・・かと思えば、
この世界的な広がりを見せるソーシャルメディアですが、

焼酎バー的なお店をやってる
オーナーの女性は、
この全世界を網羅するツール「Facebook」に、


「今夜のお店は暇で〜す!私を独り占めにして!」


という書き込みで、一瞬にして店を満員にしてます:笑。



こんなことも10年前じゃ考えられないっすよね。



というわけで、こういうことを基本にしながら
最新潮流を、凄い方々に聞いてみますね。
アドテック九州見に来てください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピーカー特別割り引きコード
小棒賤20%割引コード: SpeakerS8Mdtm0X


・・・・・・・・・・・・・・





cromagnon69 at 11:19|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク