ケンミンSHOW

2014年03月09日

褒められたがりの福岡人。


先日、在福ラジオ局の部長さんと差し飲みしました。

話題は、真面目に、
これからのメディアは?的な話。

ラジオというメディアは、今の時代、
最もイノベーションが (ビジネス上)必要な
メディアの一つであることは間違いなく、
もはや「こんな番組やったらオモロい!」だけでは、
ダメな状況
になってる気がします。

まあ、ラジオ局の心配より、
中途半端な規模の広告会社の未来の方が、
100万倍色々考えなきゃいけないのは
間違いないのですが。

で、その部長さんが言った言葉に

「福岡の人は、褒められたがりなんよね!」

というのがありました。


僕も、激しく同意ってやつです。
以前、BONDの表紙になっていただいた吉川晃司さんが
「福岡のラジオのパーソナリティさんって、
 福岡どうですか?ってすごく聞かれますよね?」

と言われてました。

よくラジオ聞いてると、
DJさん「**さん、福岡どうですか〜?」
ゲストさん「福岡って水炊きとかラーメンとか、何でも美味いですよね!」

DJさん「でしょ〜〜〜!?」

という会話を、よく聞きます。笑

これは、決して、DJさんの自己満足ではなく、
そういう会話が展開することで、
リスナーがすごく喜ぶ!

ということを、肌でわかってらっしゃるのかもしれません。

昨年5月、6月に放送された
「秘密のケンミンSHOW:福岡篇」の視聴率が、
福岡では40%近くいったという記事もありました。

内容は、NAVERまとめまで出来てましたが(笑)、
東京のメディアが見つけた誰もが知らない事実ではなく、
福岡人なら、当たり前の内容ばかり!
それを、確認して、「そうそう!」「あたりまえやろ〜!」
と良いながら見るのが楽しくて仕方がない!

というのが目に浮かびます。

福岡人は
「全国発信」として伝えられる福岡の情報を「あらためて聞くのが”特に”好き」

なんでしょう。

こういうのは、どこの「地方」も同じだし、
だから「ケンミンSHOW」という番組も
人気があると思うのですが、

「話題にして欲しさ度合い」

が、他の街より強い気がするのです。




では、これを「情報の送り手側」から
考えるとどうでしょうか??


あなたの商品を話題にしたい。
あなたの会社のプロモーションを、
福岡で成功させたい・・・そういう人にとっては、
この「福岡人の性質」を理解するのは大切だと思います。


FBSの長寿人気番組「ナイトシャフル」に

”おもてなし”というコーナーがあるのは
ご存知でしょうか??

url

「関ジャニ」さんや「ももクロ」さんなど、
ど真ん中の凄いタレントを、山本華世さんらが、
地元福岡のおいしいお店で、もてなすという企画。

これなんかは、
「福岡人が、最強に喜ぶ画」
が展開されるコーナーですね。
そこまで深読みしなくて、ももクロが出てくれば
見ちゃうのかもしれないけれど、

使われてる店が御馴染みで、
飲食店情報としては新鮮みがない。
あ〜、この店知ってる・・・でも、

我が街、福岡の
その知ってる店で、
ももクロが美味しい!って言う。

福岡、良い所ですよね〜と言う。


この流れが、他の地方都市の方々より
何倍も大好きで、何倍も響くように
思うのです。


自分でやってるメディアである「BOND」も、
イベントの「ヂカギキ」や講演会ものも、
絶対に「福岡について」聞きます。

その答えは、総じて、
「交通の便がすごくいい」
「アジアに近く、ビジネスチャンスが多い」
「地方都市として最も可能性がある」
という言葉だったりします!

そして、聞いたり読んだりした後、
すごく、いい気持ち、前向きになれる。


けど、これは、
福岡人が気付いていないことでしょうか?

いや。
空港やアジアに近いことも、
震災の影響が少なかったことも
我々は、知っているはずです。


その情報が
東京のフィルターを通して
戻って来た時に、
その価値を凄く実感する。



この傾向が、すごく強いのが福岡という街の
コミュニケーションの特性だと思います。

これには、いい悪いはありません。

こうした特性を意識しつつ、
福岡という街の「我々ゴト」になった時、
ぶぁ〜って、拡がりが産まれると思います。


熱くなってしまいました。
こういうことを、具体的なことに
一緒に活かしていきませんか??






cromagnon69 at 12:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク