スペースコブラ

2011年06月20日

サイコロジーを武器にしたい。



お久しぶりです。

ブログの更新は滞り続けても(笑)、
facebookから、飛んでこられる方が増加してくれてます。

過去のブログ記事の感想とか
メッセージでもらったりしてうれしいけど、
自分で書いたこと忘れてたようなネタに出会えて
うれしかったりします。笑
(それじゃ、いかんやろと・・)




さて、これ見てください。


hakata-toile1



























トムとジェリーに出て来たチーズじゃないです。

これは、博多駅の奥〜の方にある、

男子トイレ小便コーナー。


普通は、小便器って横にずら〜って
並んでるやないですか。


これは、一つ一つが、
つい立てみたいに独立しています。
オサレです。


愛すべきシャイな男性の皆さんへ
質問です。


おしっこするとき、
すぐ隣の便器に人がくると、
落ち着かないまま、おしっこしてしまいませんか?

できるならば。
一つ空き、
または一人でゆっくりしたいですよね。

これは、実験でも実証されとります。


pshyco


















近頃、心理学づいとるのですが、
おもろかった、植木理恵さんのこの本。

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学フシギなくらい見えてくる! 
本当にわかる心理学
著者:植木 理恵
販売元:日本実業出版社
(2010-02-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この中に、調査結果が紹介されています。

「男子トイレの混み具合と排尿時間」について
アメリカで実験が行われた結果の報告です。

ー分のすぐとなりで他人が排尿する。
⊆分から一つ離れた便器で他人が排尿する。
Cもいないトイレで排尿する。


この3条件で、男性が排尿の態勢(笑)にはいってから
排尿までの時間と、排尿の継続時間を測定したもの。

結果は、,両魴鏖爾両豺隋↓↓に比較して
かなり長い時間かかってしまうという結果に。

本来、排尿の時は、
リラックスを促す副交感神経が
優位にならねばならないけれど、
となりに他人がいると、交感神経が優位にはたらいてしまうと。

この交感神経は、
ストレスやイライラの時に、顕著に働くもので、
つまり、

パーソナルスペース(私有空間)

を侵害されたために、緊張とストレスが増し、

「早くおしっこ終わらせて、立ち去りたいのに、
 時間がかかりまくってしまう」


というジレンマに陥り、それがまたイライラに
なるんだそうです。




なので、冒頭の写真のトイレを体験しましたが
一人一人が独立したブースであり、
至極、リラックスして排尿できました:笑。




心理学の本とか読んでいると、

日頃の行動のパターンが、
人間が持っている本能的心理に
かなり操られていて、

それを知った上で、行動したり
会話したりすることで、かなりの発見があるのが面白い。

心理学=サイコロジー

まあ、占いまがいあり、
強引な法則ありと、はなり混乱している部分はありますが
サイコロジーを武器にできればいいなと。
(え?怖いですか?)




で、僕の少年時代からの記憶の中で、

サイコロジーというか、
精神というか、


精神力をエネルギーとして放出して
戦うヒーロー(?)がいます。

この人です。



cobra-anime



















「コブラ」です。



そうです。彼の武器は、

サイコガンです。



なんで、こんな強引な展開かというと(笑)


少年ジャンプで胸躍らせ、
野沢那智さんの声で、アニメ化され
大興奮したこの作品が、

フランス人監督の手で、
実写映画化されることが
発表されたからです!


 





cobra




























か、かっこよすぎる・・・・

2013年夏。

来年地球が滅亡しませんように!



という、強引な展開の今日のブログでした:笑




























cromagnon69 at 20:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク