ダイエット

2013年09月25日

肉体改造黙示録

いきなりここを読んでいるあなたへ。
「肉体改造黙示録〜プロローグ& 廚
是非読んだ後で、読んでね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノースリーブのトレーニングシャツ
またはタンクトップ

年末、SATOSHI先生から来た
1月4日に持ってくるものリストに
そう書いてあった。 

よく分からなかったが、
とにかく、1月4日から遠い戦場へ送られる様な
気分で、例年になく年末年始は、
暴飲暴食の限りを尽くしておいた。
おかげで、72kg程度だった体重も、
正月、ご先祖に手を合わせた僕は74kgという
分かりやすい太り方だった。


そして、明けて1月4日。

大濠公園近くにある、
そのコンプリートジムへと向かった。
マンションの一室を改造した、快適な部屋。
ただ、普通のジムと違うのは、
完全にマンツーマンということだ。

宜しくお願いします!

甲子園球児のようにちゃんと挨拶して入室。
最初は誰もが受ける、オリエンテーションと
ヒアリングをした。

驚いたのは、SATOSHI先生の
完璧な知識展開だった。
当たり前だが、すべての指示に迷いもよどみも無い。
聞いているだけで、どんな肉体にもなれる
気がしてくる。この高揚感を与えられるか否かは、
トレーナーとして大きな違いだ。
最も上がった言葉はこれ。

「コヤナギさん、体重だぁ、体脂肪だぁ
 数字は関係ありません。
 見た目です!見た目が良ければバランスもいいんですから!」


こういうの大好き!笑。


しかし!
この日驚愕の「食事制限が言い渡された」。

炭水化物/糖質は
当分全く摂りません。

syokuzai
 (実際にもらった食品可否表・・へこんだ:笑)

うを〜!きた〜!
つまり、食べられないものに「炭水化物」が入るとは
どういうことかというと。

ご飯ダメ
うどんダメ
蕎麦ダメ
餅ダメ
お好み焼きダメ
たこ焼きダメ
お菓子全部ダメ
ジュース全部ダメ

さらには、
ソーセージやハムもダメ!

そして以外だったのが

根野菜ダメ
大根や人参、ジャガイモなど
掘り出す野菜は全部ダメ
醤油は生醤油のみ
焼き肉のタレもダメ
キムチもダメ
油はオリーブオイル以外全部ダメ
黒毛和牛「サシたっぷり」焼き肉ダメ


そして、最大の鍵はこれだった。
パスタ?
もちろんダメ


うらららららららら〜!(ジョジョな感じ)


まてまてまてまて〜!!!!
一体、では何を食えば良いのかって???

それが、思ったよりあるのである。


脂身の無い肉(鶏胸、豚ヒレ、牛赤身)
脂身の少ない白身や赤身の魚
葉野菜、キノコ類
ノンオイルのツナ缶、卵
イカ、タコ、エビ、あさり・・・

あと、豆腐とか納豆(付属のタレ禁止)とか
豚ロースなども量を越えなければ食える。

である。


そう。このコンプリートジムプログラムは、

糖質を完全に抜いて
週二回:50分だけ
自らの限界を知る筋トレをする・・・
だけ!

なのである。

要は、食事を自分でどこまで
制限できるか?にすべてかかっているのだ。


さあ、ここまで読んで、
あなたはどう思う?

毎日、ささみの水に塩をかけて
食い続けないさい!
とかでは無い。案外食える!

しかし、やはり、炭水化物は当分
食べられない。

僕は思った。
肉体改造は単純なのだ!


ひらめきの才能も必要無い。
他人を凌駕する様な、
反射神経も運動神経も動体視力も
さらには、人前で上がらない神経も、
皆を驚かすビッグアイディアも
全く必要ない。


単に、食事だけを制限して
筋トレすれば、そうなるのだ。

それだけ!なのだ。


僕は、勉強しても早稲田大学にはいけなかった。
死ぬ程走り込んでも、短距離の高校代表に
なる事は出来なかった。
先日のプレゼンも、アイディア絞り出したのに
勝てなかった。

しかし、カラダは。


カラダは、
食べずに鍛えるだけで、
変わって行く。
そして、誰もがなりたい肉体に
すぐ近づけるのだ。

一度やり遂げたから言えるけど、
これって、凄いことだと思う。



・・・後に、そんな、気持ちになることなど
想像だにしない、1月4日の僕は、
早速筋トレをするのだった。



つづく。




cromagnon69 at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月24日

肉体改造黙示録


 
いきなりここを読んでいるあなたへ。
「肉体改造黙示録〜プロローグ」
是非読んだ後で、読んでね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年12月25日のクリスマス。
テレビ局の営業さんとのランチを、
普通にパスタ大盛り150円をオーダーしている
自分の食い過ぎを、うす〜く嫌悪しながら食事を
終えたのを覚えている。

59
(写真はイメージ)

しかし、
365日デュラムセモリナ小麦で
過ごしきる自信がある
位のパスタ好きの
僕は、そんな自己嫌悪等、食後の珈琲の
頃には全く忘れているのであった。
そんな日々は、20年近く続いている気がした。

そんな午後。
筑後の大先輩:ココシスの岡部社長から
夕方ちょっと顔出せないか?
という電話が入った。iPhoneのスケジュール帳には
社内打ち合わせの文字があったが、
岡部先輩がこう言われるときは、何かある。
直感した僕は、
なんとかずらして現場へ向かった。


AW-1a

大名はホテルプルミエの1F
「AW kitchen」

この一番奥の席に、見慣れた笑顔の岡部先輩と、
やさしい笑顔ながらも、
完全にカラダが違う
男性が座っていた。


「コヤナギちゃん、こっちこっち〜」

にこやかに手招きされるがままに、席に座らせてもらい
その、完全にカラダが違う男性を紹介された。

マンツーマントレーニング
コンプリートジム:SATOSHI



さては、岡部社長。
トレーニングジムでも始めるのか・・・?
そのプロモーションの相談か?


など、ぐるぐる頭が回っていると
岡部さんは突然こういった。

「コヤナギちゃん、
 肉体改造ばせんね。」


そういわれた時に気付いた。

あの、ぽってりお腹が可愛かった
岡部さんのカラダが、完全に逆三角形に
なっているのに気付いて、驚愕した。

ドルガバの細いゴールドラインのシャツが
完全に腹回りでフィットしている。


「岡部さん、そ、そのカラダは・・・!?」

今気付いたかい!
モテてモテて仕方ないぜ!
がはははははは!

岡部さんは、
コンプリートジムがオープンした
第一期生として参加し、
見事50代とは思えない肉体になっていたのだ。


二人の様々な言葉と、
肉体が変わるということの凄さの証言は、
それはもう凄まじく魅力的で、
抽象的に、そして具体的に
甘く、そしてワイルドに展開される
言葉のシャワーを浴びた僕は、
頭の中に、ずっと憧れていた(恥ずい:笑)
ブラピの肉体が浮かびまくる。。。

54

・・・そして僕は、陥落した。

「やります。」



条件は、僕がチャレンジすることを
オープンにして、最終的なリポートを
BOND編集長として、誌面で公開すること。

金銭的にも、
プライド的にも、
絶対後に引けない状況になったのだ
と、
4秒後に分かったが、もう言えなかった。笑

完全に、よく考えずに、
数十万の英会話教材にサインした後のような
不安感に教われたが、思い直した。

なにより、トレーナーのSATOSHI先生が
非常にちゃんとした人だと、すぐ分かったこと。
そして、めちゃくちゃ勉強してきた人だと
わかったからだ。

そしてなにより、43歳という、
今、このタイミングでこの話が来たのは、
何かの、啓示に違いない・・・


1月4日から市内某所にある
このジムへ行くことが、その場で決定。

「年末年始は、最後と思って、
 好きなもの沢山食べておいてくださいね!」


やさしい目をした、
先生の瞳の奥が鈍く光ったのを
僕は見逃さなかった・・・・

「さ、最後って・・・涙」



つづく






cromagnon69 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月23日

肉体改造黙示録〜プロローグ


皆さん、元気ですか? 

お久しぶりです。
クロマニヨンです。
気付けば、もう9月が終わりそうですね。

10月。

そう、この時期になったら、
書こうと思っていました。


僕の肉体改造日記を!!

え?
もういらんですか?
BONDの誌面であんだけ、裸さらして自慢して

25


ま〜だ、ナルシズムの底に沈んどるんかい!?

ってことですよね。
まあ、なんとでも言ってください。笑

上の写真は、僕です。
今年の6月下旬に撮影したものです。
こんな、カラダになったのは、大学4年生の
フットボールやってた頃以来。
体重は奇しくも、当時と全く同じ、64.3kgで、
体脂肪率は、9.6%にまでなってました。

ちなみに、肉体改造前の1月3日時点では、

体重:74.3kg 体脂肪率:24.5% でした。
(ヤバいね。今考えると。自分じゃそう思わなかったけど)


この肉体改造プログラムが終了したのが
4月8日。それから6ヶ月が
経とうとしている今、

僕の、昨日の体脂肪率は、

9.2%。

KIROKU-TWO


では、今も苦しい食事制限をしているのか?

答えは、NO!です。

はっきり言って、イタリアンのコースを
いただく機会でも、デザートまでバッチリ食います。

軽く記憶を失うくらいワインも飲む様になってます。

昼、焼き肉定食も食います。

しかし、全く太らない。

そうです。

完全に体質が変わったのです。


なので、ここから数回に分けて、
僕の、ここまでの経緯を全部書いておこうと。

どういうきっかけだったのか?
そして、何をやったのか?
終わった後、どう過ごしているのか?

そしてなにより、
肉体が変わって何が変わったのか??


よくある、ダイエット日記と
変わらないかもしれないけど、
特に男性で、

「表には出さないけど(笑)」

実は悶々としているあなた。
少しは参考になるのでは?
そして、刺激になるのでは?
と思います。


「コヤナギさん、カラダが変わって
  何かかわりました?」


とよく聞かれます。
答えは、こうです。

「はい。数倍モテるようになりました!」

あ・・・こいつ本当に駄目になったなって
今思ったでしょ?笑

大丈夫ですよ。
ここで強調したいのは、

仕事モテするようになった。

ということです。
特に、経営者の方々や、仕事バリバリやってる
方から連絡をもらったり、感心を寄せてもらえる
ようになりました。
なぜか?

ある経営者の人に、それを聞くと、

最も難しいことが、
皆んなよくわかっている、
「肉体をコントロールすること」
をやり遂げているからよ。


という言葉をもらいました。

今年は
何事も結果を出す!
にこだわって、44歳を過ごす宣言しているって
いうのもありますが、
この言葉は、僕にはすごく嬉しい「効用」でした。

おっと・・・

少々、下手なダイエット通販の宣伝文句っぽく
なってますが(笑)、偽ざらなる状況です。

では、次回から、5回くらいに分けて書いていきます。

2012年の12月25日クリスマス。
大名の「AW kitchen」に、
ココシスの岡部社長に呼び出された所から
物語はスタートします。





つづく(笑)








cromagnon69 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク