ヂカギキ

2011年07月26日

モテたい魂。



僕は、女の子大好きだから、
ずっと、モテたいと思ってきたんですよ。

それが情熱の源です。

50歳すぎても、それは変わりませんよ(笑)







この言葉は、残念ながら僕の言葉ではない。

去る7月8日に開催した、

福岡に居ながら凄い人に
「ヂカ」に話を「キク」イベント、

ヂカギキロゴ






      Volume.10

facebook「ヂカギキ」ページはこちら!


チェキで撮った作品で、アメリカでは
コンテンポラリーアーティストとして認められ、
日本では、女の子のリアルなカルチャーを
見続けてきた編集者・・・・・

                米原 康正

dikagiki10-3














2年のときを経て、第10回目を迎えた「ヂカギキ」


セカンドシーズン突入を記念して、
今回、会場を大きく一新してみた!!!


アクロス福岡1Fの円形ホール!!!


dikagiki10-02














アジアンビートさん、バンザイ!ありがとうございます!


照明効果はいけるわ、
音は良いは、
スライドも大きく写せるわ、
BGMも自由自在だわ、

か〜な〜り〜いい感じ・・・。
観客として来ていただいていた、
映像制作会社の役員さん曰く、

「すぐ番組にできる雰囲気」

だと!よろしくです!M根さん(笑)。


けど、それだけに、10回やってても
司会の私、緊張しまくって、冒頭からかみまくってました。
本当にすんませんでした。



そんな中始まった、YONEさんの「ヂカギキ」。


赤いキャップをハスにかぶり、
短パン姿で登場。

一瞬、強面と思わせて、
包み込むような優しい声と、かわいい笑顔。


さすが、


モテたい歴、52年!!


キャリアが違います。笑



しかし、文字通り知られざる凄いキャリア。

宮沢りえちゃんのふんどしカレンダー。
ZOOのCHU CHU TRAIN。
小室さんでおなじみ、globe。
菅野美穂さんの「NUDITY」
images














AKB48。
藤井リナを筆頭としたハーフモデルブーム。


「その」時代が幕を開ける時に、
編集者として、クリエイターとして
最初から作り上げてきた、YONEさん。



そんな、彼がずっとテーマとしているのが「女の子」。

しかも、リアルな女の子。
f4d09d64d277f6





















f4d09d570adfed























女の子達が、移り行く時代の中で、何を考えたり
どんな価値観を持っているかを、ずっと見ていると

社会全体の大きな流れが見えてきますよ。。。

とYONEさんは、言う。



90年代中盤の女の子達は、
ある意味「男性システム」で動いている日本社会とは、

全くカンケーネー!

の社会で生きていた。

だから、凄いことを考えついたのだと。




ルーズソックスみたいなもんを
考えだすのは
当時の日本の女子高生以外、
世界中探してもいなかったと。




この手のカルチャー話が、つぎから次へと繰り出される。


しかし・・・・と、YONEさんは続ける。



結局、面白くなったところで、

オヤジ達の商業主義が、
カルチャーを殺して行くんですよ。


dikagiki10-01














この言葉は凄いと思いました。

この世の全てのメディアが

「狂ったように、モノを買わせるための
 システムになっている。」

だから、商業主義のオヤジたちは、
わかりやすいシステムに集約しようとする。



例えば、ギャルにしても、
マスコミにかかると、当時、全員ルーズソックス&ガングロ
そんな、多くなかったけど、面白くわかりやすいから。

さらには、
当初、寂しいオヤジを援助する目的という皮肉のもと
いかに服を脱がずに、オヤジから金をもらうか?をゲームの
ようにやっていたのが「援助交際」だったのに、

マスコミは、鮮烈に、文字通り
「オヤジが女の子にお金を渡して・・・」
という文脈で「援助交際」にしてしまった・・・

などなど、リアルな現場を知っている人しか
言えない言葉の数々。


そうした、流れは、大きなショッピングセンターが
日本中に建設されている現代に続いていると。

最も、効率的な集客と物流システムを
追い求めた末に、どこに行っても同じ店が入っている
同じショッピングセンター。



結果、街の商店街はなくなり、
名物オヤジや、独特のサービスもついえる。
もう、日本の普通の街には
何の特徴もなくなっていってると。




かなり、真実です。
会場の方々が、最も緊迫した瞬間でした。



dikagiki10-04















詳しくは、アジアンビートのサイトに間もなく
掲載されて行きます「マタギキ」にゆずるとして・・・



最後にいつも聞く、

福岡から全国や世界に飛び出す為に
必要なことは?



という質問には、明快なこたえが帰ってきました。



福岡らしさを誇ること。
自分たちが、普段やっていることを
かっこわるいと思わないで、
もっと自信持つことだと。






YONEさんが、前、福岡に仕事で来たと。

そして、仕事を終えて、
夕食でも!となった時に、
福岡の人が、いい店知ってるから!と行って
ある店まで連れてってくれたと。

そして、店に入り、その人は自慢げにこう言ったと。

この店、東京っぽいでしょ?

「俺、東京から来てんだよ!」笑




見なさん、こんなこと言ってませんか:笑?

それにしても、YONEさん、凄過ぎました!
ありがとうございました!!!



YONE-EVERYONE















福岡らしさを、もっと自然に、かつ真摯に
考えてみるのが、必要ですよ!お兄さん!



というわけで、ヂカギキVOL10に来ていただいた方々
ありがとうございました。

冷房が強過ぎたようですね。すいませんでした。。


次回も、お楽しみに!




>>>>asianbeat official web site!
ab-logo_s








cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年07月05日

ヂカギキVol.10 米原康正 SOLD OUT!!


さあ!

今週、金曜日と迫ってきました

福岡に居ながら、
凄い人「ヂカ」に話を「キク」イベント


ヂカギキロゴ 







今回から2ndシーズン突入ということで我々も
気合いを入れてキャスティングに動き、
待望の招聘が決まった、第10回のゲスト!



チェキを持った若者文化の代弁者

フォトグラファー&編集者

yonewall


























         米 原 康 正



インスタントカメラの「チェキ」で、
リアルな、今の女の子を「文化」と位置づけて
撮り続けてきた、YONEこと、米原さん。


先日、事前取材もかねて、事務所にお邪魔しました。

原宿の、いい感じの場所にある事務所を訪ねると、
そこは、正におもちゃ箱のような室内!!!


前ブログにも書いたけど、
米原さんは、雑誌「egg」を立ち上げ、
「SMART GIRLS」で新境地を開き
衝撃だった、菅野美穂さんの「NUDITY」を
世に出した人。

f4d09d64d277f6





















f4d09d570adfed






















images


















で、そんな話の、
ここには書けない話を色々聞いていたら、
なんと、凄い事実が発覚!!!


YONEさんは、
AKB48の結成初期〜数年間の写真周りを
撮影&ディレクションしていた!!!


という事実。



「うそでしょ〜?」



と失礼千万な反応をした僕を見て、
やさしく微笑みながら、マネージャーの
葉子さんが、差し出してくれたのがこれ!!

YONE-ALB















彼女たちが、最初に出した2冊の写真集!!!


うおぉぉぉぉ〜!!

超お宝じゃないのですか?





凄い!
前田あっちゃん、まだ超子供(笑)!




いったいなぜ、YONEさんが、
そのフォトまわりのディレクターに選ばれたのか!?

それまで何をしていたのか?

そして、何を感じ続けていたのか?



海外で、個展開催の要請が押し寄せ
ある種、カリスマとまであがめられる
秘密は何なのか?





他にも、様々なアーティストや、
また、あの写真!?

みたいな、知られざるびっくり話が満載です。




日本が誇れる文化とは何か?
福岡はどう「いく」べきか?

そして、ここまでやってきた

YONEさんの
驚異的なモチベーションとは何か?




突っ込みまくります。




・・・・・ということで、今週8日金曜日の
「ヂカギキ」、あなたも・・・・!


・・・・って、いいたい所ですが
開催6日前にして、


SOLD OUT


となっておりました!

皆様、ありがとうございます!!
120名ぎちぎちかもしれませんが、
盛り上がると思います!



あと、あなたが質問できる

「ヂカギキ タイム」

も必ずやります。



では、プラチナチケットをお持ちのあなた!

お楽しみに!!!

今回、来られない方も
濃い「マタギキ」になるよう、しっかり聞きますね。


では!






cromagnon69 at 19:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月01日

ヂカギキ Vol.10 念願のゲスト確定!




2週間ぶりでございます・・・・。 


クロマニヨン・コヤナギです。

仕事はいつも楽しいことばかりではなく、
仕事は当然きついことの方が多いことなど
死ぬほどわかっているはずですが、
そういうことを再確認するような2週間でした。

みなさん、お元気ですか?



さて・・・・

前の福岡県知事:麻生渡大先輩を最後に
一応、ファーストシーズン完結!

と宣言した、福岡に居ながら
凄い人に「ヂカ」に話を「キク」イベント


「ヂカギキ」

でしたが、これまた宣言とおり、
夏に復活が確定し今日その情報をリリースさせて
いただきます!!!


「ヂカギキ」は事実上「セカンドシーズン」へ・・・

となるのですが、名称に特に反映させず、
そのまま「ヂカギキ vol.10」と継続することにしました。


そして、その新章突入の第一弾開催は

7月8日(金)19:30〜





そしてそして、ゲストは、僕的に「待望の」この人!










f4de361aa7b5c3






















フォトグラファー・編集者
米原 康正(よねはらやすまさ)




はい。もう・・・・

このオーラからして
タダモンじゃなかです。


ご存知ない方の為に、少々・・・・


この方。
肩書きはフォトグラファーですが、
メインカメラは、
「カノン」でも「ナイコン」でもありません。


チェキです。

チェキ。富士フィルムが作ってるインスタントカメラ。
これです。


piano brack












米原さんプロデュースのモデル
「piano black」
か、かっちょいい!ほしい!
被写体のおねぇさんも素敵!



結婚式2次会の出席メッセージとかに使ったりしたこと
あるんじゃないですか?



で、このチェキで何撮ってるかというと・・・・




リアルに時代の最先端を行く
女の子たちです。


もともと、雑誌「egg」を創刊メンバー。


f4d09d64d277f6






















その後、「smart girl」「アウフォト」などを手がけるところから
時代の先端を走っている女の子たちを切り取る作業をし続けている。


f4d09d570adfed
























有名なところでは、フリーの編集者時代に、
世の中に衝撃を与えた、菅野美穂さんが
突然リリースした「NUDITY」も手がけてます。

images


















その後、米原さんは本格的に
フォトグラファー活動を開始。


あるインタビューでは、

 今や「CanCam」の誌面はオヤジ雑誌のグラビアに見える
日本の場合、ストリートに生まれたブームがカルチャーになる前に、オヤジ達の商業主義に飲み込まれて消えていっちゃうんだよ。だからカルチャーが根付かない。


・・・と、リアルな日本の女の子たちを
追い続けてきたからこそ、言える過激な発言多数!!


日本には、狂信的な信者とも言えるファンや
「撮ってほしい」と多数のモデルさんがオファーを
かけてくる中で、これまた残念なのは、

メインの活動が、海外。


アメリカや北欧で、多数の個展などをやっているほか、

f4d0886c1cc4db










台湾や上海の雑誌では、何十ページもの特集が
組まれたりしています。



これは、オーストラリアでの個展イベントの様子。


う〜ん。スゴイ。


さあ、また、”世界”の感覚で
日本の不自然に歪んだ「カルチャー」と戦う人が来福です。


「ヂカ」に話を聞いて、
自分の中の価値観との摩擦や違和感から生まれる
新しい「刺激」を感じながら、
あなたの幅を広げてください。



アジアンビートのサイトにロングインタビューがあります。
f4d22d8287fcc0











ここを読むと、単なる写真家ではなく
長年、日本のユースカルチャーのフロントで戦い
僕ら、働く者すべてが持つべき、
ブレない信念がある方だとわかるはずです。




今回も定員限定120名ですが、

場所を、アクロス1F「円形ホール」に移して
写真とかを、ばんばん出しながらやりたいと思います!

0325f32ecb7f029590c967342367728d








「アクロス福岡HP」より。お〜!グレードアップ!





予約は「アジアンビート ヂカギキ」から!

7月8日(金)!
あなたの常識に、圧倒的違和感を!


お値段据え置き:1500円です(笑)!




ちなみに、この「ヂカギキ」をサポートしている
安永くん、社川くんらが仕掛けているイベントが
今週土曜日に「GATE'S」(中洲)で開催されます。
DJ AMI SUZUKI(鈴木あみちゃん!)らに混じり


date110516


















この、米原さんもDJで来福!
(まずは、このイベントで米原さんを伺うとか:笑)


この時にも、ヂカギキのチラシが大量配布されるとの
ことですので、絶対「ヂカギキ」行きたい人は
早めに予約してくださいませ!!





さあ、「ヂカギキ」ますます攻めていきますよ〜!







cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月18日

”空気”とはなんぞや?




週末は、お休みできましたか?

ども、クロマニヨンです。


今、アジアンビートの若手二人と

「ヂカギキ シーズン2」

の企画や招聘を練ってます。

さすがにひとまわりくらい、この若手たちと歳が違うと(笑)、
彼等の情報の全てが新鮮です。
こういう環境は、幸せだな〜と思ったりします。



で、自分自身も「ヂカギキ」をパワーアップすべく
個人のスキルを上げるよう、常に色々聞いたり、
話したりしてるのですが、

講演会の司会、
特に、不特定多数が集まった会場で
ほぼ初対面の、オーラのある、実績ある人を相手に、
面白い内容を引き出すという、ヂカギキの
ナビゲーションは、案外難しいのです。


その上で、
もっと「上の成功」を治めるには
どうしたらいいんだろう・・・・

と悩んだ末に行き着いたのが、
この言葉でした。


”空気”


もちろん、窒素、酸素、二酸化炭素がまざっている
地球上の大気ではありません。


”場の空気”です。


僕は、思います。



今、日本人の対人面において
最強とも言える言葉は、

「おまえ、空気読めよ!」

ではないでしょうか?

 
これを、

素で言われたら、
案外へこみます。


「ヂカギキ」の司会やっていると、
場の空気の変化がすごくわかる・・・。

これは、MC関係やっている方には共通のことでしょう。

そして、僕はいつも思っています。


「この場の”空気”を、
もっと自由に操れたら!」


・・・・なんと、横暴な妄想でしょう。
(劇的ビフォーアフター風)

しかし、本当にこれができれば、
多分、もっと濃くて、楽しくて、緊迫するそれが
作れるはずだと!

皆さんも、絶対体験したことのある、
色々な”空気”ですね。


ヂカギキ(に限らず)の冒頭で、見知らぬお客様どうしが
となりあって座りつつ、会場が静かな感じ・・・。

講師の世界の専門用語では、この雰囲気を
和ませることを、

アイスブレイク

というくらいですから、 空気は時に氷のように
なることもあるのですね。



その迷える子羊状態の僕は、先日、僕が尊敬する
クライアントさんに話を聞いていた、この本を
買いました。



「空気」と「世間」 (講談社現代新書)「空気」と「世間」 (講談社現代新書)
著者:鴻上尚史
販売元:講談社
(2009-07-17)
販売元:Amazon.co.jp


 
この本は、凄いです。
鴻上尚史さんは、さすが劇団主宰者。

つまり、
圧倒的な空気を操る達人の域なのだと
感動しました。


日本人は、「社会」と「世間」を分けていて、

「社会」に関しては無関心だが、
「世間」には関心があり、敏感だ。

という話。



電車内でお化粧をする女性は、
社会には、無関心なので、おかまいなしです。

けど、そこに会社の上司や親戚のおばさんが
偶然乗りあわせてくれば、彼女は化粧をやめるだろうと。

これらの人が乗ってきた瞬間に、

電車内が、一部「世間」になる。

つまり、

日本人は「世間」には、
無関心でいられないから。



「世間様がなんというか!?」
「世間体が悪い」
「世間様に申し訳ない」

日本人なら、一度は聞いたことがある言葉ですね。



そして、秀逸なのはここからです。


では、「空気」とは何か?

鴻上さんは、こう表現されています。


”世間が流動化したものが、空気である”


自分が関係している団体や時間に、
完璧な「世間」が成立していれば、

やっていいことや、どういうことが受けるとかの
ルールな「ころ合い」も分かる。

つまり、多少窮屈でもうまくやれる



しかし!!

世間の一部が欠如して(壊れて)、
流れ出している(流動化)状態では、


やっていいことや、
どういうことが受けるのかの「ころ合い」が
わからなくなっている。



だから、不安になる。

そこにいる皆がそういう気持ちだし、
感じているので、場はこう着する。


そんな時に、
飛ばし過ぎたことをしたり言ったりすると、

主導権を握られたくない・・・
とか思っている奴がこう言う。


"空気、読めよ!”

これで、事態は、さらに複雑になる・・・・笑





話が、どんどん奥深くなってますが・・・・


で、自分がやってる「ヂカギキ」に当てはめてみる。

約120名の観客。

今は、リピーターが約40%。
この方々は、だいぶなれていて、

だいたい空気がわかっている方々。


残り60%は、初めての方々で、

「ヂカギキって、どんな世界なんだろ〜」

って思いながら、来られている感じ。




この混ざり具合が、
第9回まで続いた、絶妙の雰囲気を
作ってるんだな〜って思いました。



全員が知り合いで、
毎回顔をあわせる状態は、
学校のクラスの世界。完全なる「世間」状態。


ヂカギキは、全部世間になったら
たぶん、おもしろくない。

時に、不安な空気、不穏な空気が
会場の一体感を産み、一緒に質問している
気持ちになる。




先日の「ヂカ知事」など、焦った
MCの私が、最も不穏な空気を
だしていたではないか!?笑




初めて来られた、
60%の方が「要領を得ない不安」を
持ち込んでいただくことで、

抜き差しならない緊張感と、
リピーターが抱く「今回も楽しみだ!」
っていう期待感の両方が、


「世間」になりきれなくて流れ出した
「空気」の中にとけ込んでるんだと。




そして、100分終わる頃には、

不安であった「空気」が、安定して
「なんかいい空気」が参加者を支える形に変化していくんだなと。


この本を読んで、それが
3次元的に理解できました。


他にも、うなる記述満載!
例えば、「これ好き?」て聞かれて
「普通」と答えるのは、日本人しか居ない・・・とか:笑。

日本人は長期休暇から帰ってくると必ず、
「いや〜行ったはいいけど、雨ばかり降って大変で!」
などと、苦労話をして、空気を保とうとするとか・・・:笑。



「空気」と「世間」 (講談社現代新書)「空気」と「世間」 (講談社現代新書)
著者:鴻上尚史
販売元:講談社
(2009-07-17)
販売元:Amazon.co.jp




ぜひ、読んでみてください!







で、「空気」の感覚がわかったから、
ヂカギキに、どう活かすんだよ?俺!笑








cromagnon69 at 19:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月07日

すべての責任は己に帰す。


2011年4月4日 21時20分ごろ。


アクロス福岡3F:こくさいひろばに作られた
「ヂカギキ」特設会場には、

「おつかれさまでした!」という
150名の声が響きわたった。

それは、
4期16年という長きに渡り
福岡県知事を続け、また、全国県知事会長など
福岡を全国に存在づけるような形で
がんばっていただいた、

麻生県知事へのお礼の言葉だった。


f4d8ae83427705














「ヂカギキ」1STシーズン完結スペシャル


として開催した、「ヂカ知事」こと、
ゲスト:麻生県知事の会が終了した。

dikatiji-audience01















最後に相応しく、会場は超満員。


しかし、そのふくらみ続ける会場を見ながら
開始前の僕は、ガラにもなく、超緊張していた。

通常、このようなイベントの前には、
県職員の方が、知事にイベント内容を
説明する、知事へのレクチャー・・・

いわゆる「知事レク」なるものが
行われる。


「ヂカ知事」の5時間前、
僕は、県知事執務室に通された。

「ヂカギキ」の「知事レク」のためだ。



しかし、周到に準備していった我々スタッフに
知事は開口一番こういわれた。


「ヂカに聞くから、ヂカギキなんだろ?
 ぞれを事前に打ち合わせるたぁ、
 ナンセンスだ!終了!」


豪快に一喝!笑

脇とか背中に、
季節外れの汗を感じながら
僕は、覚悟を決めた。

「俺が試される。笑」

半ば呆然としている私に
知事は追い打ちをかけてきた。


「そもそも、
 このイベントの主旨はなんだ?」



少し、遠くへ飛んでいた自分の意識を
強引に引き戻して、僕は説明した。




「今の若者たちは、この不確実な時代の中で
 どうしていいか悩んでいる部分があるのは
 間違いありません。
 
 だから、何かをやり遂げてきた人に
 言葉をヂカにもらうことで、その悩みに
 少しでも指針を見つけてもらえればと
 思っています。」


・・・いいぞ、俺!

言葉はつたないが、要はそういうことだ!
知事、わかっていただけましたか!?

すこし、自分の言葉にホッとしたのもつかのま!

知事の目に、ギラリと光が走った。


「ほ〜・・・しかしね小柳くん。
 若者が悩みを感じていない時代など
 有史以来、一度もないだろう?
 甘えたらいかん。
 ま〜いい!何でも聞け。答えられることは
 答えるから!」


30分のはずの知事レクは、3分で終了した。


「こ、これは手強い!」




・・・・・ということがあったから、

開始時点では、どうなるか全く予想が
つかなかった。


そして、ヂカ知事スタート!

dikatiji-audience02
















最初の、戸畑での幼少時代の質問。

これに対し、知事が10分ほどお話をされた。

「いかん。独演にしてしまっては、ヂカギキじゃない」


そう焦っているのを、見て取った方も多数
いたことでしょう。ごめんなさい。まだまだ甘い。


しかし、そこは百戦錬磨の知事。


途中から、僕の質問がストーリーに
なっていることを感じられたのか、
僕の質問に、
程よい長さで、密度の濃いお話を返す・・・

というパターンに自然と治まっていった。


dikatiji-01
















東南アジアへ出征し、
その後ラバウルの収容上に入り
実に7年後に、無事生還した、知事のお父さんの
お話しは、かなり凄い話しだったし、

また、福岡や北九州も戦時中、大空襲で、
完全な焼け野原になった姿が、
子供時代の目にやきついている知事は、

逆に、その復興の過程も見てきたと。

photo001_p 











(福岡大空襲の後)



だから、日本人は、かならず復興できる!と
力強く言われてていた。



「福岡にとって、最大のブランドは何ですか?」

という質問には、

dikatiji-linq
















アジアである。


と断言し、


福岡から世界を目指すためには?
の質問には、

世界に通用する人材の
教育である!


と為政者らしいことば。


うどんを3口で食べるという(笑)早飯で、
今も奥様と腕を組んで歩くという逸話も披露。


どんどん、会場が、知事に親しみを覚えて
いっているのが、手にとる様にわかるのが
心地よかった。



あ〜。

16年も自分の県の県知事を
やられていた人のことを、
どんだけ、知らなかったことか?と。


そして、知った時には、
麻生知事は、知事を退任されるのだ。

少し、残念な気がした。




そして、聞いた。
16年、福岡県のトップを張ってきた
麻生知事に聞きたかった質問だ。


「リーダーの条件は?」


少し考えた後、知事はこういう話をしてくれた。

昔、知事の先輩である人からの言葉で、

「すべての責任は己に帰す」

というのをを、鮮烈に記憶していると。


つまり、うまくいかなくても
「あいつが悪い」「景気が悪い」
「売り方が悪い・・・」

こんなこと言ってるやつは、
一生、一流にはなれんと・・・・・


つまり、責任をとれる人になれと。


当たり前のこと。

これを、我々の胸に残しているというのは、
麻生知事の72年の人生の重なりと、
福岡県民への愛なんだろうなと思った。


ヂカ知事の後、
打ち上げにも参加していただいた知事。

京大→通産官僚→知事


率直で無駄がない、スマートな話口は
少々お酒が入っても変わりませんでした。

あ、それと豪快さも:笑





dikatiji-nomi















 
2009年にスタートした「ヂカギキ」。

一度でも参加していただいた方、
誠にありがとうございました。


また、シーズン2(笑)で、
今年の夏に、お会いしましょう!





あ、「マタギキ」 もよろしくです!











cromagnon69 at 23:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年04月01日

ヂカギキ 1st シーズン完結!


すいません!
3回連続で、ヂカギキ関連のブログ更新になっとります。

というのも、もう、もう、来週月曜日!

4月4日(月)が「ヂカギキVOL.9」だから!


なので、この「ヂカギキVOL.09」を紹介させてください。


「ヂカギキ」1stシーズン完結スペシャル!

4期16年・・・福岡県を世界に発信してきた男。



”福岡県知事 麻生 渡”

f4d8ae83427705















はい・・・・・・・


ヂカ知事です。

日常の広告マンとしてのお仕事の中ではもちろん、
「ヂカギキ」を手掛けさせてもらい始めてからも、
様々な企業や、そのトップの方々を
意識し、そして、実際来ていただいて、
お話も聞いてきました。

そうした方々に、福岡に来ていただくたびに、
皆さん言われます。


「福岡は、いい。」

なんか、イメージがいいし、
憧れるという人もいれば、
住みたいとか
エネルギッシュだとか
かなり褒めてもらえる。


その時、この

「イメージが良くて、元気な県」を、

「イメージが良くて、元気な企業」

と考えてみた。


そして、その企業の"社長”は誰か?

そうです。

福岡県の「社長」は、
16年にもわたって舵取りしているベテラン!

麻生県知事ですよね。



ちなみに、知ってましたか?

福岡県の「歳入」は、約1.6兆円・・・

つまり、


売上:1.6兆円企業

ってことですよ!!



高イメージで、
高売上の、超大会社の社長を、

たった、120名で身近に囲んで
「ヂカ」に「キク」っていうのは、
なかなかできない!


・・・・と思ったのです。


しかも、麻生知事は、
次回、4月10日の県知事選には出馬されません。
なので、県知事としての最後になります。

だから、この際(笑)、
若い我々で、ぶっちゃけ聞きましょうよ!
っていうのも主旨であります:笑。


こんな話をききました。


門司で開催された、GLAYの10万人コンサートを見て、
当時、靖国神社問題で、アジア諸国との
ぎくしゃくした関係がある中でも、

そこには、多くのアジアの若者達が
門司のGLAYのコンサートに来ていた。

それを見た、麻生知事は
強烈な衝撃を受けるとともに

「若者のユースカルチャー:コンテンツというのは
 国境やイデオロギーを軽く超える力がある」

と強く感じ、福岡から若者文化を発信するという
事業の開始を命じたと。



県政も、企業も一緒ですよね。


リーダーは、ある出来事から何かを感じ、
その自分の感覚を信じて、
実際に、アクションに移し、形にする。



むずかしい、政治のことはわかりません。



今回、ただただ聞きたいのは、

ここまで、チャレンジしまくってきた、
めちゃくちゃ熱い(怖い?笑)とうわさされる

麻生県知事の、
ここまでやってきたその想いと
まだ若い我々に、何を伝えたいか?


ということ。



そして、
彼を突き動かしてきた衝動や原因を、
通産省の官僚時代、
学生時代、
子供時代にまでさかのぼってみたいと思います。



圧倒的に凄い人の話を「ヂカ」に「キク」。


4月4日 19:30〜
アクロス福岡3F「こくさいひろば」です。

空席は、あと20席ほど!



ぜひ!!!!

といいつつ、おいら、ちょっとびびってます:笑!


WEBから予約登録できます!!!

予約登録はこちら



ほら。
こんな評価されてるって、
凄くないですか?

たった一人の、トリプルA。

aso-article













平成20年6月某雑誌より








cromagnon69 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月25日

ヂカギキの大家:小森陽一氏



映画「海猿」「252」
漫画「トッキュー!!」「Sエスー最後の警官」ほかの
原作者であり、作家であり、小説家NO


小森陽一氏のヂカギキが、終了した。

A4チラシ画像

 












小森さんに「ヂカギキ」出演を
承諾いただいたのが、2月11日。

そして、
悪夢の地震と津波が来たのが、3月11日。

皮肉にも、小森さんお話しは
リアリティを究めることになった。


「人が死ぬドラマではなく、
 人が人を助け、生かそうとする
 物語をつくるのが、僕の創作のテーマです」

そうはっきりと言われた、小森さん。

komori01
















作家さんらしい、ユニークな語り口で
幼少時代からのエピソードを披露。

また、ここまでの作品の経緯や裏話などは
それが、作品になるくらいの
もう一度聞きたい、面白さだった。


そして、中盤、お話は、
小森さんが取材してきた、
レスキューや、警備犬や、サルベージ屋さんの
話しへ・・・・。

komori02














 
長い取材活動で、気心知れる友人になった人々が、
全員、被災地の地獄の中で、どんなものを見ているのか?

毎日のように、被災地から送られて来る
メールや、電話で聞いたリアルは
正に、絶句もののお話でした。


家族が行方不明になりながらも、
他人の家族を捜索する任務を果たす隊員さんの話しは、
胸にずっしりとつきささりました。

そして、

自衛隊出身の、屈強のサルベージ業のボスは、
あの濁流に5キロも流されながらも命を取り留めた。

そのボスは、運び込まれた病院で、
一緒に寝ている人々が、次々と亡くなって
行くのを目の当たりにする。

「人って、大切な人の名前を呼びながら、事切れるんです・・」

・・・と、電話口で絶句しながら話してくれたと。

そして、その屈強の男は、
”あるもの”を小森さんに託したいと。
それをもとに、この惨状をいつか物語として
世の中に伝えてほしいと、電話口で号泣されたそうです。


このエピソードのときは、
こみ上げまくってしまって、
僕は司会者であり、インタビュアーであることを
見失いそうになりました。


だからこそ、
我々は、止まってはいけないと思う。と小森さん。



凄い仕事を残し
仕事のパートナーに信頼されるには、

「直にあって、直に話して、
 五感で多くを感じながら、誠意をこめて
 ことにあたる。

 そうすれば、すぐじゃなくても
 ふとしたときに、大きな結果につながります」


まさに、

正真正銘の「ヂカギキスト」小森さん。


消防庁の方に聞いたインタビューノートに
3つの数字を書きなぐったネタをもとに、
3年後にお風呂の中で思いついたストーリーが
「252 生存者あり」という映画になる・・・

という体験があるからこその言葉。



約100分間、
会場の空気の流れが
目まぐるしくかわりながらも
前向きな気持ちで、終わることのできた
ステキな、時間でした。


噂では、新旧の小森作品が
続々と、映画化/ドラマ化されると。

正に、小森さんの大ブレイクイヤーに
なるのかもしれません。



小森さん、辛い話しまで
全部お話いただきまして、
心からお礼を言わせてください。

そして

来場者の皆さん、
本当にありがとうございました!

皆さんの包み込むような
雰囲気にかなり助けられた気がしました。




さてさて!

次回はいよいよ、
2009年夏よりやってきた「ヂカギキ」ですが、

「ヂカギキ1stシーズン完結スペシャル!」

ということで、


ゲストは・・・・この方!



















f4d8ae83427705














4期16年もの間、福岡県知事をされてきた

福岡県知事:麻生 渡 ! 


もう、勇退されるっていうことで、

ぶっちゃけ、色々聞いてみようと!


「ヂカギキ」ならぬ、
「ヂカ知事」します!

詳細&ご予約はこちら!





 うわ〜、何聞こ〜





cromagnon69 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月23日

ヂカギキ vol.08 小森陽一氏 明日開催!


毎日、狂ったように時間が過ぎていきますね。

震災関連での様々な救出の話もでてくれば
予断を許さない状況もあり、
今朝は、また震度5をこえる余震が
福島でもおこっていました。

もう、おさまってほしいです。

復興に全力をあげられる態勢をとるためにも、
「原発事故」が落ち付き、放射能の心配が払拭されること。
そして、余震が落ち着いてくれることですね。

昨日、高島宗一郎市長の政経セミナーの
ゲストで来ていた、麻生太郎元内閣総理大臣が、

「今の国のリーダーや、対応に納得いかないという方も
 いらっしゃるかもしれないが、有事の今は
 批判ばかりするんじゃなくて、逆に盛りたて
 一致団結する気運を作ろう!」

と、あの独特のだみ声で、お話されるのを聞きながら
少し、感動しました。
近頃、人の話や、ふとしたエピソードに、グッとくることが
多くなった気がします。


で、その人の話を聞くイベント、明日開催です。

「ヂカギキ vol.08 小森陽一」

A4チラシ画像














おかげさまで、完売しました!

ありがとうございます!





「海猿」
「252」
「トッキュー!!」
「我が名は海師」
ほか、
人命救助や、国を守る特殊な人々を取材し、
それを、映画や漫画の原作として
世に出している小森さん。

今、正に、東日本で活躍されている方々に
想いを馳せつつ、終わった後に、
勇気と、さらに「がんばろう!」っていう
気持になっていただけるよう、
がんばります!!!

御来場予定の方、お楽しみに!


あと、当日の「未着」を想定し、
数名は受付できると、アジアンビートさんの
事務局の方が言われていました。

急遽、行けるようになった!!!

という方は、

アジア・ユースカルチャー・センター
「ヂカギキ」プロジェクト
092-400-6640



まで、お電話でお問い合わせしてみてください!


というわけで、僕は明日のスライドを準備します!!!




cromagnon69 at 09:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年03月02日

DOG×POLICE:知られざる「警備犬」の世界



「警察犬」ってよく聞きます。


地面を這うように、匂いをかぎながら、
犯人の痕跡を追う役目を果たす犬です。

それに対して「警備犬」

こちらは、その素性をはっきりとは
明かされておらず、我々、一般人にとっては
未知の組織。


この特殊な世界が、映画化されることが
先日、2月26日にリリースされてます


災害援助から、犯罪者の「制圧行動」までをこなし、
人命の「盾」となる役割を負うという、
まさに、一般人が知らない「特殊な訓練を受けた犬たち」。

優しく、便りになる「救出活動」から
凶暴とも言える「犯人制圧活動」までを
一匹が役割を果たす、スーパードッグたち。


この、未知なる警察組織の映画化ですが、

主演は、現代の「熱いい男」市原隼人さん。

20110224183942_00_240













「ハンドラー」と言われる、
この「警備犬」を訓練する警官を演じるんだそうです。

「ROOKIES」以降、大ブレイクした
市原さんが、本気で訓練しているということも
話題になっているようで、今年10月の公開に向けて
また、盛り上がっていくんだろうなぁ〜と。



では、なぜこのニュースを取り上げたかというと、

この「DOG×POLICE」・・・

取材/原案が、
3月24日(木)開催の「ヂカギキ VOL.08」に
出演いただく、

小森 陽一さんだから!

A4チラシ画像











しれ〜っと、凄いプロジェクトを
沢山かかえとんしゃぁ〜感じの小森さん。
先週も、色々と「取材」させてもらいましたが・・・


この小森さん・・・・

実は、福岡市南区在住!!



そう。ずぅ〜っと。

だから、あの「海猿」の取材も
福岡の沿岸警備隊の船に度々のられていたと!


なんで東京に出ないんですか!?


・・・って当日質問します(笑)!


あと、どうやったら、
福岡在住の人が原作したものが、
漫画になったり、映画になったり
できたんですか!?
できるんですか!?

・・・って当日質問します(笑)!



ということで、
今週から「ヂカギキ VOL.08」の
チケット正式販売開始しとります!

下記から、申し込んでください!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

[イベント開催概要]

■「ヂカギキ VOL.08   映画・漫画原作者/作家:小森陽一氏
■開催日 2011年3月24日(木)19:00開場 / 19:30開演
■場所  アクロス福岡3階「こくさいひろば」

■住所  福岡市中央区天神1−1−1
■チケット料金 一般1,500円

※120名限定、売り切れ次第販売終了

◆オンライン予約はこちら!
◆電話予約はこちら↓
アジア・ユース・カルチャー・センター
電話:092−400-6640
(受付時間:10:00〜18:30)





cromagnon69 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月22日

で、ヂカギキ VOL.08 です!


2010年9月25日に開催した、

ミシュランシェフ「松嶋啓介」氏の
「ヂカギキVOL.07」から、早、半年!

dikagiki007









早いっすね〜。

その後、

TSUTAYA創業者「村井眞一」氏の
「ヂカギキ熊本」を12月7日に開催したとはいえ、
少々時間が経ってしまいました!

f4cdb9f36ace39










近頃、ヂカギキ無いですね・・
とか言われたりもしました。




で!久々にやります!
ヂカギキロゴ





Volume.08


今回のゲストは、異質です。
前、ブログにも登場していただきましたが・・・


国民的ヒットとなった、
映画「海猿シリーズ」の生みの親!
(取材/原案)
poster
















THE LAST MESSAGE 海猿は、
興行収入80億円!



そして・・・

映画「252」の原作者!
122857052567916205875_252-p


















そして、

全20巻!マガジンに連載されていた
マンガ:「トッキュー!!」の原作者!

 
TOKKYUU
















さらには、

週刊ビッグコミック連載中。
マンガ:「S−最後の警官ー」の原作者!
S-SAIGONO














個人的に、この漫画超好きです。

その他にも「



そして!そして!ここには、まだ書けない

「映画化」「ドラマ化」のプロジェクト
目白押しのヒットメーカー!


映画&漫画原作者/小説家
小森 陽一さん!

A4チラシ画像

















これまでも、「ヂカギキ」には

”かっちょいい起業家”とか、
”ムーブメントを作ってきた人”とか
”若くして夢を実現した人”とか来ていただきました。

で、今回、僕がどうしても、
”原作者・小説家”の
小森さんに来ていただきたかった理由は一つ。


”皆が無理と思ってる題材を
ものの見事に作品してこられた
その秘密が知りたい”


ということでした。


海上保安庁の潜水士
海上保安庁特殊救難隊
警察庁の秘密特殊部隊


なかなか、友達にいない職業の方々です。


小森さんは言われます。

”だから、興味深いし、
予想通り凄い世界が展開されている”と。

おおよそ我々の生活とはかけ離れながらも、
災害の時に、知られざるところで、ありえない
活躍をしている人々。

その人々は、壮絶な訓練や、
ありえない日常を送っていたりする。



そこへ
「ヂカ」に飛び込んで行って
凄い人たちに話を「キク」。

正に、「ヂカギキ」から仕事が始まっているのですと。


聞いてて、
全部がネタ過ぎる取材先でのエピソードをはじめ、
話が面白いことは間違いないです!



そのうえでぜひ、来ていただける方々に
持って帰っていただきたいことは、

凄い人たちにどう取材して、
その凄い話を
どうやって自分のシゴトの作品に
昇華させているのか?


というポイントですね!


もう、我々のシゴトって、
皆が知ってたり、予想の範囲のことやってても
大きな成功なんてありえないっすから!!!!

だから、異質なことに
飛び込んでいきまくってる人の
話を皆さんと聞きたいと思ったのです。


あ、もちろん、皆さんからの質問の時間
「ヂカギキ タイム」も設けますよ!!!

3月24日(木)の夜!
是非!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[イベント開催概要]
■開催日 2011年3月24日(木)19:00開場 / 19:30開演
■場所  アクロス福岡3階「こくさいひろば」

■住所  福岡市中央区天神1−1−1
■チケット料金 一般1,500円

※120名限定、売り切れ次第販売終了

◆オンライン予約はこちら!
◆電話予約はこちら↓
アジア・ユース・カルチャー・センター
電話:092−400-6640
(受付時間:10:00〜18:30)




■チケット取扱先及び問い合わせ先
・アジア・ユース・カルチャー・センター
福岡市中央区天神1−1−1アクロス福岡3階こくさいひろば内
電話:092−400-6640

・BBDO J WEST Inc
担当:コヤナギ
電話:092-751-2466







cromagnon69 at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

小柳 俊郎

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。