ドケルバン

2009年04月30日

ドケルバン病

 
イタい・・けど、クリックしてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ninki-blog-banner_02 



20日ほど前から、なんとなく
左手首の内側、
親指のしたのほうにある、手首の骨が痛かった。
しかし、昔から色々スポーツしていて
アメリカンフットボールやってたころなど
体がイタいの当たり前という意識があったので、
まあ、すぐなおるだろうと思ってた。

体の筋肉が贅肉に変わっても
そういう意識はかわらない。

案の定ほっといたら、
その痛みはどんどんエスカレートして
ついに、先日の「大プレゼン」の際には、
企画書修正のキーパンチすら辛くなった。

そこで、天神ツインビルにある
「天神光安整形外科」へ。

西暦1600年くらいの大英帝国の様相。
巨大な工場で、次々に命を吹き込まれる
工業製品のように、おじいちゃん、おばあちゃんが
流れ作業で治療を受ける中、僕もその列に。
 
しかし、そこは「天神の名医」誉れ高い 
光安先生。レントゲンを見て、手首を触って一言。
 

ドケルバン病やね 
 
 
げぇ〜なんそれ!
しかも、ドイツ語な響き
じゃん!

別名「狭窄性(きょうさくせい)腱鞘炎」。

手首を走る 
親指を伸ばす働きをする「短母指伸筋健」
親指を広げる働きをする「長母指伸筋健」

その二本がまとめて通る
「腱のトンネル」=「腱鞘(けんしょう)」

この「腱鞘」が、炎症をおこし、

固くなって
「短母指伸筋健」「長母指伸筋健」を

締め上げる

ことから、指が動かなくなる!

う〜ん。明快だ・・・

普通は、キーパンチャーや妊娠期の
女性がなりやすいらしい

なぜ・・・

先生は、僕の手首をギリギリ巻きに
テーピングしながら原因をつぶやいた。

list















ん〜。
歳かな?







40代。惑わず






日本ブログ村「サラリーマンカテゴリー」
約3700個の中で、現在18位!

クリックを。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  

cromagnon69 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク