ネットワーク

2011年01月31日

社会的つながり。



観ました。


たまりかねて。笑



social






















  ”ソーシャル・ネットワーク”

天才(?)マーク=ザッカーバーグが
「facebook」を作り上げ、会員を5億人にし、
時価総額、2兆5千億円になるまでの物語。


監督の「デビット=フィンチャー」さん、最高です。


確かにビジネスが、芽生え、浸透し、ある日爆発して
本当に一夜にして、すべてが変わるような
成功物語は、それだけで面白いのでしょうが、

この監督は、それを「セリフ」の力で、

おいらのアドレナリンを、
何度も沸騰させてくれました。


冒頭の、
主人公マークと彼女の会話からして、
マークの危うさが噴出しまくるし、

また、ナップスターを19歳で創業した
”カリスマ”ショーンが、マークに、ビクトリア=シークレットの
創業者の話をするあたりなんかは(観てのお楽しみで!)、

もう、ぐいぐいです

sn-movie











とにかく、皆、変態的に頭がいいから、
しゃべる!しゃべる!

けど、観ててきつくないし、専門的になりすぎないから、
普通に世界に入っていけるし、気持ちよく興奮できる。。。
デビット=フィンチャー監督の全く無駄をそぎ落とした
ドライブ感あふれる流れ!

僕は、一人観てて、ニヤニヤしてしまいました。


昔、ヤクザ映画観たり、ブルースリーの映画観た後は、
自分が強くなったみたいに錯覚するよな〜
とか、親父が言ってたけど(しねぇかな?)、

これ観ると、

自分も色々インプットして
あんな風に、頭の中に
アイディアやビジョンが、

ぶぁ〜っ!

って溢れるのではないか?


という、期待を抱かせてくれます。


けど、よくあるこうした映画と全く違って、
facebookは、今もあり、まだまだ拡大していて、
このマークも、全然実在して現役であるということ。


そう想うと、僕がちょうど、BBDOに転職したばかりで
テレビCMの奪い合いに、日夜骨身を削っていたころに
こんなことが動いてたのかと!泣



切な〜いラストシーンを観ながら、
僕はフェイスブックに、ちょっとはまってみることに決めた。



天才なんだけど、
コミュニケーションが苦手な男が、
世界一のコミュニケーションツールを作り上げる矛盾。

そして、そのきっかけと想いは何なのか?

彼が欲しかった「社会的つながり(ソーシャルネットワーク」とは
なんだったのか??


ナインインチネイルズのトレント・レズナーが手がけた
ヘヴィで、どっしりとした音が常に張り付くシーンの数々。

NIN-photo








ま、今、観ていかないといけない映画でしょ〜:笑




cromagnon69 at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク