ビールスタンド重富

2015年05月18日

ゼロ次会「ビールスタンド重富」


おつかれさまです。コヤナギです。

広島ネタが続きますが、
これは書いておかねばならんなと。

今日のお題は

「ビールスタンド重富」

写真 1


「BOND REGIONAL 広島」でも紹介しました。
広島で「飲みに行こう」となった時に、

”ゼロ次会”

という、もはや流れの一つとして組みこまねばならない(笑)店。
広島・・いや、ビール界の最重要人物がここにいます。


重富さんのことに触れる前に、
このお店「ビールスタンド重富」について。

営業時間は、17:00〜19:00の2時間のみ!

IMG_3530


メニューは、4種類の(の注ぎ方をした)ビールのみ。



そして、一人2杯まで。


こう書くと、よくある「狙った」やかましオヤジの店っぽいが
これら全てに理由がある。

まず、2時間しかあけないのと、
一人、2杯までしか飲ませないのは、
自らが「酒屋さん」であり、他の飲食店さんは「お客様」。
なので、食事を美味しくしていただくための「助走」に
して欲しいという思い。
2杯以上飲むと、基本、食事がおいしくなくなるといけないからだそうです。

そんな気遣いの狭い「立ち飲み屋」が、
ここにきて徐々にレジェンド化してきたのです!



その理由は、
マスター:重富さんの
「まっすぐすぎるビールへの思い!」


この方が、重富さん!

写真 3

いつも蝶ネクタイ。
そして、今のビールサーバーと、昭和初期のビールサーバーの
二つを使い分けて、4つの注ぎ方をおりなします。

その、メニューは、これ!

写真 2


5月の中旬。
17時の喉は、ほどよく乾いていました。
ここにきたら、まず頼まねばならないのが、

「壱度注ぎ」

昭和8年のサーバーは、水道のような勢いで、
”ジャー!”ってビールが出ます!!!

おしげもなく、ビールをあふれさせ、
上を、シャッと切ったのが、これ!!!

IMG_3539


写真じゃわからんでしょう!!!!(キッパリ!)

けど、この一杯を、腰に手を当て、
背筋を伸ばして(と指導される:笑)一気に流し込むと、

あなたのビールという体験が、きっと覆されます!!!

ビールの全成分が、細かい粒子となって、
乾いた喉に「いけ〜〜〜!!!!!」とほとばしるように
流れ込んで行きます!!!

これは、すごいです!!!!


そして、2杯目。
そうです。ここの悩ましさは、2杯で帰らねばならないので
1度の来店では、制覇できない!
しかも、19時でしまるから、もう今日は来られない!!!

僕が、熟考の上選んだのはこれ。

”参度注ぎ”
注ぐのに、5分かかります・・・の文字!


見ていると、一度注いで、泡が収まるのを待ち、
また注いで・・・を三度繰り返す。

そうすると・・・・


写真 5


こんな形で出てきます!

もうね。
泡がフワフワに乗ってて、その泡がビールを
マイルドに閉じ込めているという味。
2杯目、間違いなかった!!!!


編集長の悪い癖で、いろいろと聞いてしまう。
その狂おしいまでの探究心は何なのか?と。
すると、重富さんは、なんの照れもなくおっしゃいました。

たった1杯のビールで、お客さんが、
今日の嫌だったことも、つらかったことも
スパっと「リセット」できる・・・
そんな、
ビールの役割を、究極につきつめて、
ビールの力で笑顔を提供し続けたい。
その笑顔に毎日囲まれている。
こんな幸せな仕事はない!


・・・と。

かっこええです。
見せかけだけではない、
本質こそが、ヒーローになれる時代。

みなさん、照れなく、まっすぐに自分の道を
究めましょう!!!


詳しいデータは「食べログ」のリンク貼っておきます!

”ビールスタンド重富”

 

cromagnon69 at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク