フェンダー

2011年04月19日

41歳の終わりに。42歳の始まりに。




先日。


同級生にして友人の太郎ちゃんから
22:00過ぎに電話をもらい、
薬院の隠れ家的イタリアン、

リフージョ (Rifugio)

にかけつけた。

最終的に集まった7名で
ワインを浴びるほど飲みちらかしたあと、
太郎ちゃんとこのオフィスへ行った。

ま、オフィスっちゅ〜より、
彼の遊び部屋やんけ!と。笑。

ちなみに、太郎ちゃんは、
こんな本だしてるすごい人。

マーケッターであり、
コンサルタントであり、
半自由人ですな。


金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック金がないなら知恵をしぼれ!
ビジネス着想100本ノック

著者:岡崎太郎
販売元:梧桐書院
(2010-05-19)
販売元:Amazon.co.jp



夢は、無計画のほうが実現する夢は、無計画のほうが実現する
著者:岡崎 太郎
販売元:梧桐書院
(2009-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ちなみに、ここ2年、太郎ちゃんが作った手帳を
使っています。



で、彼の遊び部屋、いやオフィスでの一こま。

DSC08005















チューボーだ、チューボー。笑



彼の部屋にあった、

ギブソンのレスポール

を、いつでも繋いで電源が入る状態に
なっている

マーシャルのアンプ

につないで、夜中の24時過ぎに大音量で弾いた。
ギターの音は程よく歪んで、高音はすごくきれいだった。


気持ちよかった。

そして、


僕の中でち〜さくだけど、

何かに気づいて、
何かが清々しくなった。





26時過ぎ、帰宅した。



風呂から上がって、
バスタオルで頭を拭きながら部屋に戻る。
すると、ぼんやりと目に入ってきた。

家の自分の机の足元には、

マーシャルの17Wのアンプがある。

そして、右の本箱の前には、
フェンダーのストラットキャスターが立っている。
(ジャパンだけど)


ギターのネック部分やピックアップは
ほこりだらけだった。

もう、2〜3年扱ってなかった・・・。



大学に入り、京都で独り暮らしをはじめ、
ケーキ屋で(笑)バイトをしてためたお金で買った
フェンダーのギター。

音楽を演る才能なんて全然なかったけど、
ロックが大好きだった。

いや、今も好きだ。


80年初頭から90年代初頭の10年間
中学生〜高校生〜大学生だった我々世代は、
おそろしく、恵まれていたと思う。

洋邦問わず
キラ星のごときバンドが
出てきまくりの時代だった。



松田聖子・オフコースに始まり(笑)
ハードロック・ヘビーメタル
パンク
グランジ
メロアコ
ブリティッシュ
オルタナ全般
(オトナのふりして)ブルース

などなんでも聞きまくっていた。


そんな時代の中、
ギターを持ってるのは当然で、
別にデビューとか目指すわけではないけど、
かっこいいフレーズや、リフを
アンプにつないで、エフェクター繋いで弾きまくることが
大きなストレス解消になっていた。







頭にあったバスタオルを、首にかけて
久々に、ギターを手にとってみた。


なつかしいフレーズを弾いて見た。


夜中なので、アンプにはつながずに。


昔、意味もなく練習していた

ペンタトニック・スケール(笑)。


最初、全く指が動かなかったけど、
10分ぐらいすると案外弾けるようになった。


あぁ・・・

さっきの、太郎ちゃん家で感じた
清々しさはこれか〜





41歳が、今日で終わる。



なんの区切りでもないけど。

仕事でもそれなりの結果を
こんな時代の中でも求められる中、

毎日は、フルスロットルで加速していく。

曜日の感覚がいいかげんになり、
すぐ、金曜日になっていたりする。


納得いくとかいかないとかにかかわらず、
シゴトやそれに伴う折衝作業や、
毎日の生活とのおりあいなんかで、

1日が、1週間が、1月が
そして、1年が、一瞬にして終っていく。





ギターで、意味無くスケール練習していた、
あのころ。


好きなことを、好きなだけできた
自分の中の貴重な時代。
自分の未来に、
漠然とした不安を持ち合わせながらも、
希望とか、根拠無き自信が
いっぱいあった。


ギターを握った時に、
そういうのがよみがえった。


毎日に追われ、

”何か”もわからず、
”何か”を待っているような感覚。



まもなく、42歳。


そういう「何か」はやめて、

ちゃんと、自分の残された人生の時間すべてを
ちゃんと「目的を意識」して、すごしていかなきゃな。

ちょいと遅いけど、
まだ間に合うはず。



ねまきのスウェットパンツとティーシャツ姿で
ギターを持ったまま、なぜか、少し涙目になりつつ
しばし、たたずんでいました。




人生の最もおいしいところに
さしかかるに違いない!



そう思いつつ、
明日からの自分と向き合います。


仲良くしていただいてる皆さん。
これから仲良くなってくれるであろう皆さん。

楽しく、そして気持ちよくやっていきますので
42歳も、よろしくお願いします!




あ、それとギターもまた練習しなおします。

無意味だけど、かっこいいフレーズを。






cromagnon69 at 21:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク