マイケル

2012年05月30日

生サンデル


応募総数:約7600件だったらしい。
会場には、800名しか入れなかった。


そう・・・

 あの「ハーバード白熱教室」でおなじみ・・・

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)ハーバード白熱教室講義録
著者:マイケル サンデル
販売元:早川書房
(2010-10-22)
販売元:Amazon.co.jp

 


究極の選択でおなじみの、

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう―
いまを生き延びるための哲学

著者:マイケル・サンデル
販売元:早川書房
(2010-05-22)
販売元:Amazon.co.jp




マイケル=サンデル先生の講義を受ける幸運に恵まれた。

SANDLE




























本もざっと読んでいたし、
NHKでも見ていた。

けど、やっぱし・・・・

やっぱし、生サンデル先生は、凄かった。


いや、まじで、この写真のまんま
4951334312_7edaba3ef6













今日のテーマは「若者の希望と幸せの創造」だったのだが、
90分が、弾丸のように過ぎる。

震災後の日本。
これからの日本についてという、大きなテーマだ。

はじめに、サンデル先生はこう問いかける。

「震災後、自分の将来に対して、不安になった人
 または、明るく希望が持てるようになった人
 それぞれ、手をあげてください。」


会場には、実際に子供さんを失った、名取市の被災者の方を
ゲストに招き、その証言を聞いた後だった。


普通、やはり不安になる。
しかし、少数派だが、未来が明るいと思えるというのに
手を挙げる人もいる。

それぞれの意見を持つ人に、
サンデル先生は、その理由を聞いて行く。


災害の際、政府の発表とSNSはどっちを信用するか?

日本の年齢人口構成から、
非労働者一人を、40年前は20数人で1人を支えていたが、
今は、約2人で1人を支えなければならない。

では、労働人口を増やすにはどうしたらいい?

では、移民労働者を増やすのに賛成の人、反対の人・・・


日本の今の状況を元に、様々なテーマの質問がなされ、
答えに経った対立意見を持つ人々は、

皆の前で、討論させられる。


これは、授業と言いながら、
完全なファシリテーションだと思った。
いや、それが究極の授業なんだろうと思った。

サンデル先生は、もちろん黒板にものを書いたりしないし、
ノートを取れとも言わない。
もっと言えば、サンデル先生が、自分の知識や理論を
「教えたり」などしない。


会場の一人が意見を言う。
その意見が会場にいる800人の心の中で
「賛同」「嫌悪」「違和感」「感心」など
様々な「感情」を巻き起こしながら拡がって
いくのがわかる。


そこへ、対立意見者が、意見を言う。

またもや、同じ感情が駆け巡る・・・。



けど、対立意見にも、うなずくべき点があったりする。
自分の意見が、少し揺れる。それは良い意味で。


そのあいまに、サンデル先生は、
我々の思考を拡張させるようなヒントを出す。




90分の授業。
75分を越えた時点で、様々な意見が飛び出し、
場はとっちらかっていた。

「一体、どう納めんねん!」

とこっちが心配したが、そんなの当然杞憂だった。
最後は、少し余韻は残りながらも終了。



先生は、途中発言した男性に、
再び最後指名して、もう一度意見を言うよう求めた。

その男性が行った言葉は

日本人が震災後、
あらためて人のつながりとか、
他人とのかかわりとか、
(原発問題などを)オープンに議論したりとか、
そういう流れになっているのが、
この国の希望だ。


的な意見だった。


サンデル先生がいいたいのもここのはずだ。




商売上、人の前で話す。
企画会議を取り仕切る。
僕は「ヂカギキ」なんかもやっている。

この手の最高レベルっちゃ〜
こういうものかと!!!


講義もだけど、
超一流の「コミュニケーション」術の実演
を見た気がしました。。。


サンデル先生
「すごいよ。あんた。」




おまえが、言うな?
すいません・・・・
機会をいただいた方、ありがとうございました。




cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月30日

ベスト オブ マイケル・ジャクソン



今日もよろしくです!
クリックを!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  





いま、

ジャイケルマクソン(MBS制作)

を見終わった。 


オレらの年代の奴らは、少なからず
「ジャイケルマクソン」といういい間違いに抵抗がないはず。

それが、

マイケル・ジャクソン

の偉大さを証明することには、なんもならんけどね。


Googleのブログ検索で、3,700,000もヒットする。
皆、自分が初めて彼を見たときとか、
当時の自分の年齢とかを重ね合わせて、
感慨深げに書いている。



僕も書かねばなりません。



僕も、そん時:14歳。


SONYベータマックスに録画した
「ナイトジャックフクオカ」で放送された
13分ものプロモーションビデオ

「スリラー」

この時、もう純粋に「あ〜・・・凄い・・・。」って。


短縮版の高画質のYOUTUBE見つけました。

 
↑画面クリックで大きくなるよ!


↓で、大人気、吉幾三シリーズの金字塔!



まこれも、偉大さの証明にはならんけど・・・






もう、いいじゃん。

注射針の穴だらけとか、
アタマが薄毛でかつらだったとか、
ご飯は鎮痛剤のミックス服用だったとか・・・

ただいえるのは、「マイケル・ジャクソン」っていう名前が
もう、言葉として一人歩きするくらいになってたこと。




20年前のビデオを見ても、
周りに出演している人々の服はださくても
マイケルだけは、特異な服でかっこいいし
(あるしゅ、ヒーローもののコスチューム)
そして、全くダンスなんぞに興味のなかった僕でさえ

このダンスは、相当どうにもならないくらい
かっこいいって思った。

あの、マイケルの
股間を押さえたりするポーズ
顔をしかめて、指で「来い来い」って挑発するポーズや、
「ハ〜〜〜〜〜イ!」!って叫んだりする、
マイケルジャクソンの「最初」の完成形は、

BAD

だと思います。

あ〜もう、相当かっこいいです。
周りの人の服は、きついけど。
はみ出すくらいの画面でどうぞ。



もう、迷いがないですね。


んで、
スムースクリミナルの45度の前傾とか(7分過ぎ)



甘酸っぱい、学生時代の空気感がまとわりついて
いるマイケル全盛時代の曲の数々。

今思うと、 
あのころは、
「あ〜。これからは、このレベルがアーティストの
 標準レベルになっていくんだな〜」
と思っていたような気がしていた。
 
なんで、マイケルジャクソンは確かに凄かったけど 
あくまで、最初にこういうパフォーマンスを
した人だから、スーパースターなんだろうと
思っていた。


しかし、


20年以上経っても、 
だれ一人、超えられなかった。

ということは、リアルタイムでマイケルジャクソンに 
驚いていたのは、逆に不幸だったのか?と。

あまりに凄い人がいきなりでると
僕らはそれに麻痺してしまい、
それ以上の価値観を持てなくなってしまう。


まさに、そういうのがあったんじゃないかなと
思いました。





享年:50歳。




もう、強大にして、巨大になりすぎた自分を
どうコントロールしていいかわからない様に
なってしまってたのであろう、
マイケルジャクソンさんは、
「もう一度、ライブやりたかった」だろうけど、
それ以上に、

ホッとしてるんじゃないかなと思う。



AKIRA における「鉄雄」が重なってしょうがない。
(ちょい違うかな・・・)








僕のベストソングオブ マイケルジャクソンは

「HUMAN NATURE

・・・その歌詞より。


If they say
Why, why, tell 'em that it's human nature
Why, why, does he do me that way


どうして?と尋ねられたら
「それが人というもの」と僕は答えるだろう
「それが僕をそう動かす」

 

マイケル・ジャクソンが死んだ時、
このブログに絶対書かないといけないなと思った。

なぜなら、題名が、


すごいよ。あんた。

だから。



あ〜。凄い人が、どんどんいなくなる。




クリックを!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


  
 

cromagnon69 at 23:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク