メディア

2014年09月01日

あきらめないで!


8月が終わりました。
瞬殺で夏も終わりましたね。
残暑厳しい9月も、まだまだ夏遊びできるやろ〜!
とか、思ってましたが、すっかり風は秋の匂いがしますね・・・

さて「夏をあきらめて by 研ナオコ(古!)」が
頭にリフレインするなか、
書店で、こんな本を見つけました。

 写真 (28)

帯がずれててすいません。
「広告やメディアで人を動かそうとするのは、
 もうあきらめなさい。」


TSUTAYAの平置き見て、思わず「そっすよね〜」って
つぶやきながら手にしました。

筆者の、田端信太郎さんはあの「R25」の
立ち上げをした人で、今は「LINE」の執行役員。
もう一人の、本田哲也氏は、僕のお気に入りの本、
「戦略PR」の筆者でPR会社「ブルーカレント」の代表。

対談本は、あんまし好かんのよね〜

って思って手にしたのですが、
前半は、田端さんが思う、今のメディアの状況。
中盤は、実際に「人を動かす」とうことを、

1000人動かす
1万人動かす
10万人動かす
100万人動かす
1000万人動かす
1億人動かす
10億人動かす

という「人数」を軸において、その実例をあげ
分析を二人が行うっていう展開。

そして後半は、本田さんが「動かすには」を
具体的に書かれています。


特に、我々広告マンは、従来の「メディアミックス」とか
「クロスメディア」とかでは、全然、人を動かすのは
厳しくなってるという脅迫観念があります。

ずるい題名だな〜:笑・・・とか思いましたが、
すごく、素直に読めました。


二人が、「一概には言えない」「言いにくい」ことも
勇気を出して「提言」する形で考えをちゃんと
書いてくれているのが気持ちよかった。

特に、

何人動かしたいのか?

という、明確な目標なしに戦略してませんか?
というくだりは、ちょいとグサっときました。

この情報大爆発と、メディア混沌の時代において

出来るだけ多くの人に伝えましょう!

っていうのは、何も決めていないし、
戦略の土台となる与件の整理がされていないと。

必要な消費者との接触規模。
リーチの規模。
こうした考え方を、ゴルフクラブに例える田端氏。

ピンまでの極めて短い距離を狙うのに、
(つまり、少ない限られたターゲットへ向けるのに)
ドライバーを振り回す無駄をやってるのをよく見ると。
(つまり、テレビなどのマスを使う)

代理店がお金を使わせるために、
「クロスメディア」です!とかいいながら、
空き枠を「抱き合わせで売ってる」せいだ!

とかは思いたくないですが、
ますます、我々は真摯で本質的なパートナーとして
クライアントに向き合っていかないと、
存在する意味がないなと身を締め直すのにいい本でした。


あ、ちゃんとお二人は最期に

「あきらめなくていいこと」

も書かれています!笑。


けど、本当に面白い時代に、この業界にいるんだな〜って
苦しいながらも思います。

どうしたら、あなたの商品やサービスが、
適正な規模の、ドンズバな方々に伝わるのか?
僕は、今日もそれを考え続けるでしょう^^。

さあ、今週も頑張りましょう!









cromagnon69 at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月17日

福岡・・いや地方における生活者とメディア



おつかれさまです。

前回、福岡において、
サッカー代表戦やゴールデンのドラマの視聴率が
首都圏に比べて、極端に低いのはなぜか?


ということに、
僕なりの考えをかかせてもらいました。

福岡の人々は、

「テレビ」をメディアの中心におくのを
すでにやめてきているのではないか?


と言うこと。

そして、これは今後、
地方都市においての若者層を中心に、
どんどん拡がって行くんじゃないかなと思います。


そうした、未来の生活者と若者の関係を
福岡の人々は、先取りしてるのでは?という
いかにも福岡に住む、福岡好きが、
言いそうないいまわしですが
かんべんしてください。笑

で、ここから続き!

テレビを見てないとは言ってないのです。
テレビを、メディアの中心から外しているだけで、
見るときは見るのです。


前回触れた、Facebookの友人:某広告会社の平木くんの
ウォールより。

39












(クリック拡大!)

6月6日のケンミンショーが福岡特集だったのですが、
この回の視聴率が、32.6%。
この回、関東は、12.2%。

関東の数倍とるのはわかるけど、

サッカーの代表戦よりも
圧倒的に高いと!



こうした現象は、何を示しているのか?

たぶん、地元福岡の番組で、
ケンミンショーと同じことをやっても、
絶対30%なんか視聴率いかないですよね?
要は、情報の内容じゃない。

そうです。

福岡の人は、
自分の街のことが
東京
(全国)のフィルターを一度通して
露出される時、すっごい注目するのです。


福岡の人々は、
東京(全国)の人達が、福岡をどう評価しているのかが
すごく気になる。しかも、他県の人よりそれが強い。

以前、ある映画俳優の方と福岡キャンペーンに
来られた際に、お話していた時、
こういわれました。

「日本中でメディアに出てるけど、
 福岡が一番、”福岡どうですか?”って
 番組内で聞かれるんよね:笑」



全くそうかも!って思いました。

「ご飯おいしいし、女性はキレイだし、
 言うことないです!」

そう褒められるのを聞いて、
「でしょ〜!?」って安心してる様に思います。

知ってる場所も、
知ってる店も、
知ってる現象も、
東京(全国)のフィルターにからめると
わかってても見てしまう。


それは、他からの
福岡の見られ方や評価が
無性に気になる「質(たち)」だからだろうと。

そう考えると「ケンミンショー」は正にそれですね。

他にも、この方程式で高視聴率を取り続けている
番組コーナーがあります。

FBS福岡放送の人気番組「ナイトシャッフル」の
「芸能人おもてなし」のコーナー

我々も映画のお仕事で、何度かお世話になりましたが、
このコーナーで、超メジャー俳優などが、
自分が普段から知ってる店でご飯食べながら、
「おいし〜!!!」とか言いつつ、
福岡褒めてる映像は、テッパンのパターンです。


実は、僕が編集長をしている、
フリーペーパー「BOND」も
その特質を狙ってやっている部分があります。
(ここだけの話:笑)

BONDの表紙は、
毎回、自分の道を貫き通してきた
エッジな人々をフューチャーしています。

35








号を重ねるうちに、BONDの認知が上がる中で
最も多くいただいたお褒めの言葉は、

「福岡のフリーペーパーのために、
 毎回スゴイ人が出てくれてますよね!」


という類いのもの。

だから毎回、楽しみだと言っていただきます。

なので、我々は、全国レベルでエッジに生きる方々に
「福岡の人達へのメッセージをください!」
という質問を、なるべくするようにしてきました。

つまり、全国メジャーの凄い人の
フィルターを通すのです。



それは、実際そういうメッセージが欲しい!
ということはもちろん、
福岡の人が、それを特に喜ぶ!という特質に
何気に気付いていたからです。

ま、それは、自分が一番そういうのが
うれしいから!というのが正直なとこですが(笑)。



最初の「ケンミンショー」。

この番組に関しては、ご指摘も受けたのですが、
どこの都市が出ても、
出たエリアは、30〜40%行くんですよ!

ってことでした。



多分、今回、僕が書いたような特質は、
多かれ少なかれ、ほとんどの地方都市にあります。

けど、そんな中でも、福岡には、

自分の街が好きで、気に入ってて、
居心地がよくて、仕事も遊ぶのも、
そこそこいい感じの街だから、
基本、不自由がない(物質的精神的)。



という人が多いのではないでしょうか?
そこが、サッカー代表戦の視聴率が、
普通に高い地方都市と違うのでは?と。


これからの地方都市において、
自分の街への満足が高ければ高い程、
マスメディアへ依存するより
ソーシャルメディアの方がリアルで楽しい!
という傾向はどんどん顕著になるでしょう。


だから、
東京で流行ってることや、
全国で流行ってるテレビを必死に
追わなくても、別にいいやと。

けど、満足度が高い自分の街のことを
全国のテレビで評価寸評されるのは、
気になるので見ますよと・・・・


今までは、自分の街が好きでも、
全国の流行とかコンテンツは、
「別問題」として、マスメディアを
一生懸命消費し、武装してました。

けど、もうそうではないのではないかと。




これから、
ますます地方都市の時代へ進むと言われてます。
地方分権強化とか、道州制への移行とか、
政治的なことは、僕には予想できませんが、

生活者におけるメディア意識の変革は
ドカドカ進んでいる気がします。



自分の街がどんだけ好きなん?

とよく言われる福岡の人達。
その街への満足感が、メディアとの新しい関係を
産み出していこうとしてるのかもしれないということです。

これを読んでいる皆さんは、
福岡で、企画やコミュニケーション的なことを
やってる人とか、逆に、他県から(東京から)、
地方都市への、ブランドの進出を考えている方とか、
様々いらっしゃると思います。

満足度が高い街:福岡に住んでいて、
ソーシャルメディアで、考えられない位に、
広く人々がつながっていく流れをみていると、
福岡のマーケットへ参入するためには、
今までとは、違う方法が沢山眠ってる気がします!

そして、そのやり方は
今後多くの地方都市で使える実例になっていくのでは?
と思ってます。


また、長くなってすいませんでした〜。



cromagnon69 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク