モデレーター

2013年07月05日

司会をする人へ(笑)〜モデレーター篇その2


おつかれさまです!

さあ、後編をいきましょう!

1 VS 複数人

のインタビューイベントでの司会、
いわゆるモデレーターをやる時に、
僕が気をつけている事・・・の、後編です。


前回、こうしたモデレーターをやる時の僕の狙いは、

「気持ちよく混乱させる」

 と書きましたが、この「気持ちよく」
を引き出すために何をしているのか?


まず「気持ちよく」聴いてもらうための

最大の敵は「モヤモヤ」です。

多くの観衆の方々は、
確かに皆さん、ちゃんと聴いてくださっていますが、
観客はちょっとしたことで
モヤモヤしてしまいます。

場面を「1VS 複数」のパネルディスカッションのシーンだと、
まず、観衆の最大のモヤモヤポイントは、

この人、誰(何してる人)だっけ?モヤモヤ

です。
パネルディスカッションは、冒頭に必ず
紹介&自己紹介の時間をもうけたりしますが、
パネラーが4人もいたりすると、
頭のいい皆さんは特殊として(笑)、案外途中で
わかんなくなるものです。

例えば、メディアのセッションで、

「近頃のソーシャルメディアは、
 マスメディアと住み分けしていると思う」

という発言をした人がいたとすると、
この人が、どの立場の人か??
で、流れは大きく変わります。

この時に「モヤモヤ」する人をできるだけ少なくするため、
まず、ビジュアルで人を刷り込みましょう。


先日のアドテック九州では、
一人一人のご紹介を、一枚づつのスライドでした後、
最後に再び、このスライドを出しました。

「今日は、こういうメンバーでこういう並びで
 進めていきますね。」

12















幸い、有名な会社の有名な方が多かったのと、
それだけに「ロゴ」が分かりやすいのはよかったです。

あと、顔写真が全員に配られたパンフレットに
掲載されていたので、それと同じ写真を、あらためて
ここで映し出しました。

so01












このスライドの前に、この4名揃われると、
かなり旧知のような気がしてきませんか(笑)?


さらに「この人誰だっけモヤモヤ」の対策その△蓮

発言を求める時に、
名前と前置きを必ず付ける。


これ、どういうことかというと、
今回の「アドテック九州」の時も、
僕は、必ずやってました。


「では、最初に、ツイッターの味澤さん。味澤さんが所属されているツイッターは、ソーシャルメディアの草わけとも言えるプラットフォームと言えると思いますが、実際この数字をどう見られていますか?」

と聞いたり、

「グランドデザインの小川さんは、逆に、こうしたプラットフォームを組み合わせて、コミュニケーションのご提案をする立場でいらっしゃいますが、こうした現状をどう見られていますか?」

という前置きを付けて質問していました(味澤さん、小川さんすんません:笑)。


こうするだけでも、
最初から集中できていなかった観衆の方々も、
そういう人だったね。。。て単発ででも認識できますし、
「脱落」せずに、いつでもセッションに合流できるのではと思います。

全体の前半部分で、徹底的にこの方式で質問していれば、
かなり皆さん、わかっていただけます。
こうすることで、後半慣れてきた所での
「パネラー同士の意見の応酬」が
面白く見れたりしますね。

結局、

「何を言うかより、
 誰が言うか」



が、こうしたトークイベントのすべてなので、
常に「どういう人が言ってる」ということを、
わかってもらい続けながら進めることに
最も注力すべきことではないかと思います。



で、次の課題はこれ。

で、今何がテーマなの?モヤモヤ

セッションの面白い所は、
ちょっとした脱線です。
ここだけの話・・・というリアルなエピソードなんかは、
醍醐味ですよね。

しかし、それが過ぎると、
一体何の話題からそうなったのか??

がわからないと、
また、皆、モヤモヤしてきます。

なので、今の話題をスライドに出すのは、
絶対に有効だと思います。

26















こういうのが、前に出ていれば、
「近頃、テレビの見られ方が変わっている」

という話になっても、基本的に発言の帰結点が、
前に明示されていれば、案外安心して話を
聴けると思います。


今回は、こんなスライドとか出して、

52















議論が盛り上がったのを覚えています。

授業も、トークイベントも、
見ている人がちょっとしたことで
「モヤモヤ」してしまうと興味が急激に離れて行きます。

これを食い止めるために、
観客の様子も伺いつつ進めることが肝心だと思うのです。

なので、モデレーターは進めるばかりではなく、

勝手に途中で
議論の踊り場をつくる。


ことは、絶対必要だと思います。


「LINEの井澤さんは、**の状況は、**ではないか?と言われました。これは、非常に興味深いと思いますが、皆さんはどうお考えですか?」

もちろん、客席に発言させるためではありません。
色々意見が出た中でも、まとめとなる意見を再度皆さんに
お話しする事で、頭を整理してもらう。
そして、

「私、個人的には**とも考えられるのでは?と思うのですが、ツイッターの味澤さんはこの辺り、どうお考えですか?」

と、僕は、観客の多くが抱くであろう意見を代表して
個人の意見として言葉にして、そして次のパネラーの意見を聞く。

という流れを創ります。


結局パネルディスカッションでは
結論は出ないですし、
狙うは、
観客の皆様に、
その時間の「気持ちいい混乱」
=「自分と違う観点の意見」
に、いかに多くであってもらうか?

ということです。

会議でも、授業でも、セミナーでも、
結局は同じかもしれませんが、
司会する人は、常に観客が「モヤモヤしない」に
全力を傾けましょう!



あ〜ら、また長くなりましたが、
ひとまず「司会する人へ(笑)」は
終わりにしましょう。

テクニック的なこと・・・
俗なことや、興味本位的な話から
本題に入るとか、自己分析すると、
まだあと何回も書けそうな気がします。

それは、いつか
「僕のプレゼン(笑)」というブログで
書きたいと思います!


長文読んでいただいて
ありがとうございました!


<PS>
という僕が、モデレーターをするイベントがあります。

988667_484390768304166_144781769_n







7月21日の日曜日!
独身男女3名ずつを相手に恋愛の本音を引き出し
皆で、絶望し、反発し、憤慨し、そして納得するイベント!
「福岡:恋愛結婚の最新潮流」
ぜひ見に来てください!ビキニも女性も沢山いるそうです。笑

詳しくは・・・
























cromagnon69 at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月01日

司会をする人へ(笑)〜モデレーター篇その1


今日の福岡の空は青かったっすね〜。
デニムのいい感じのショーツを探してるんですが
AGのデニムショーツは4万近くもして、
なんかぶった切ってあるジーンズに
4万はなぁ〜と思ってしまう、クロマニヨンです。

さて、そんな夏を前に、またイベントなんかも
色々伊決定してくる感じですが、
今回は、6月12日13日のブログに書いた

「司会をやる方へ」シリーズです。

前回は、自分が足掛け3年やってきた「ヂカギキ」
ベースに、トークイベントにおける

自分 VS 1名

というパターンにおける、僕のノウハウ
(って程、立派なもんじゃないか?笑)を
書きました。

今回は、

自分 VS 複数人

っていうパターンです。


いわゆる、パネルディスカッション的なヤツですね。

昔、皆さんの中にも、学級委員とかやらされると
ホームルームの時間に司会をしなくてはいけない・・。
ということもあったと思います。
しかし、ここで書くのは、それとも違います。

ここでは、聴衆が見ている・・・という前提で、
いかに、わかりやすく、いかに面白くするか?

ということに、主眼があります。

学級委員のそれは、いわゆる
ファシリテーターと言われる方。
つまり、皆の意見を、皆が納得する形で
一つの結論的なものを導き出す方のことですね。


ここでは、いわゆる「モデレーター」をやるときの
僕なりの、ノウハウ(って程のものでは・・・)を
書きたいと思います。



今年、僕はここまで3本の
モデレーターをやりました。

一つは、福岡市が進める
クリエイティブシティ推進事業のイベント
「CREATORS」

このときのお相手は、
リアルフリートの熊本さんと
嘉穂無線の柳瀬さんでした。
ここでは、お二人がパネラーで、僕が司会。

で、二つ目は、下の写真。
同じく福岡市のクリエイティブ都市に関する
「国際シンポジウム」でした。

SYMPO















このときのお相手は4人。
米国、英国、タイ、日本の4カ国のパネラーと
クリエイティブ産業をテーマを話しました。

このときは、もちろん同時通訳さんが入るものでした。


で、一番最近は、先日の「アドテック九州」。
お相手は、錚々たるこの4名。
詳しいリポートはこちら(写真も拝借しました)。

so01












・・・という自慢話はさておいて・・・

ま、これが前のブログで書いたところの、
結起承転結そして結の、最初の結だということで:笑。



ま、皆さんがみんなこうした、モデレーターをやるという
ことはないかもしれませんが、
ここに書くノウハウは、もっと違う場面。。。

つまり、ちょっとした会議で、
複数の代表に意見を聞いていったりする時や、
学校の先生が授業でとか、
もっといえば、子供会の球技大会の打ち上げで
子供達を前に出して皆の前で話を聞くとか、
そういうのにも、な〜んか役立つのではないかと!
(無理矢理:笑)



【そもそもパネルディスカッションって・・・】

皆さんも、その歳(どの歳?)になれば、
一度は、パネルディスカッションを見た事があるでしょう!

今まで見て来たそれらは、
どんな印象だったでしょうか??

普通、イメージ的には、
各ポジションの方々が複数集まって、
一つのテーマについて、意見を出し合う事で
様々な事象を掘り下げて行く!

というイメージがあると思うのですが、
残念ながら、僕は「掘り下げる」のは難しいと思ってます。
一つのテーマを、深く理解するのであれば、
一人の方の深い研究「セミナー」を聞いた方が
絶対に造詣が深くなれると思います。


では、あえて複数人数呼んでディスカッションする!
ということをやることで、僕は、何がおこるべきか?
と思っているかというと、

聞いている人を
気持ちよく混乱させる!


ことだと思っています。

はい。「混乱」するようなトークショーは失敗です。

けど、「気持ちよく」というのがキモです。

聞いている人は、
前に出てる方々の、若干でも、誰かに近いかな?
って思い入れがあります。

今回の「アドテック九州」の僕のセッションには、
「twitter」の味澤さんと
「LINE」の井澤さんが揃うという状況でした。
参加者には、両方使っている人や、片方は使ってる人や
やってないけど、仕事には関係ある・・という人等がいたでしょう。

その人達の前で、二人が発する意見や考えには、
自分のスタンスや経験の中から、
潜在的に、考えを誰かに、投影しながら聞く・・・
というのが、複数ディスカッションの大きな特徴
です。

考えを投影していない方が、
自分の想像や想定を越える発言をすると、
「おお〜!そうなん!」
という「気持ちいい混乱」
がおこる。

そういう局面がいっぱいのセッションができれば、
モデレーターは大成功だという風に考えています。


すいません。
もっと、アカデミックなこうしたセッションでは、
こんな軽い気持ちでやってない!
エンターテインメント過ぎる!
とお怒りのモデレーターさんもいらっしゃるかも
しれませんが、僕は悪しからず、
こういう狙いでやっております!


早くも長くなったので、
今回は、この辺りで。

次回は、

「気持ちよく混乱させる」
ための、具体的に僕が気をつけていること。
やっていること。



を、書き進めます!


お楽しみに!


・・・・・って、
こんなノウハウを、誰が必要としているのか、
やっぱり、自信がありません:笑










cromagnon69 at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年06月13日

「司会」をやる方へ(笑)◆船ぅ戰鵐箸領れの実践編


1回書いて気付いた。笑

ブログという、皆が読んで楽しいとかためになる!
という場に、司会だのモデレーターだのの
ノウハウとかって、何人が必要やねん!と!

なんで、打ち切ろうかとも思いましたが(弱すぎる!)

少し関係あるとすれば「プレゼン」や
物事の説明会の説明役なんかも同じかもしれません。

トークイベントの「司会」「モデレーター」は、
会場の雰囲気から、全体の流れまでもコントロールする、プレゼンターです。
自分はイベントの司会とかはしないけど、多数の人に向けて何かを説明する! という機会が、ちょっとでもある人には役にたちかもしれないな〜と。
まあ、皆さん自身を、色々置き換えて読んでみてください!



前回から書いている「ヂカギキ」は、
私が、ゲストにスライドを出しながら質問し、
それに答えてもらう。

それを、約150名の監修が「ヂカギキ」するものです。

dika01










もし、そこにゲストがいずに、
前インタビューした「土産話」をしてくれ・・・

と言われたら、それはイベントではなくなりますが、
頼まれた僕は、おそらく「ヂカギキ」と同じノウハウで
相手に(皆に)お話するでしょう。

普通の物語の流れは、俗にいう
「起・承・転・結」ですね。

これになぞらえて表現すれば、
私のトークイベントにおける、話の流れは

「結・起・承・転・結・さらに結 」

です。

最初に「結」がきます。

前回も書いた、

最初にゲストの凄い部分をたっぷり披露する。

様々な話を聞くにしても、今、その人がどうすごいか?をたっぷりと最初に話す。
つまり、イベントで色々話すのは、その人の「結」部分が魅力的だから、話を聞きたいのです。
だから、「結」がまず来るという意味です。

けど、なぜわかりきった功績を最初にたっぷりやるのか?

普通にイベントにいくと、普通に「起」で始まるものが沢山あります。

そこにいる観客は、皆、その人が何やった人で、
どういう功績があるとか、全員が知っています。

普通に考えれば、その功績をわざわざ時間を使ってトレースするのは無駄なような気もしますね。
しかし!そこに集まったお互い知らない人達は、ゲストのことを知り抜いていても、そこに集まった知らない人同士で、その人の功績を再度確認したいのです。そうすることで、観衆の間の一体感や、共有感は大きくなります。

なので、かならず最初に「結」とも言える、
最終的にこんなんなってるんですよ!を、冒頭にやるべきですね。

そして、起承転・・ときて、
最後は「結」ですが、もう一個「結」です!


なんやかんや、皆さんの興味は「今のゲスト」にあるのです。
メインにすべきは、「最後の結」を、深堀して、
観衆の、これが聞きたかった!
にいくつヒットさせられるか?
が勝負どころですね。


文章で書いてても、わかりにくいので
ヂカギキで実際つかったスライドを見ながら、
どんな流れでやってきたかを、追ってみましょう!!



今回は、2011年4月に開催した
当時の福岡県知事の麻生渡氏をゲストに迎えた会で説明します。

それまで、企業人や文化人が主流だったゲストに
4期16年という県知事の任期を務め、
知事引退を表明されていた、麻生知事がゲストでした。

福岡県のイベントだった「ヂカギキ」なので、
職員の方も、みなピリピリでした(笑)。

55















「ヂカギキ」ならぬ「ヂカ知事」だと。

ヂカギキも9回目を迎え、シーズン1が完結ということにして特別感を出しました。

会場は超満員。120名定員に、170名くらいおしかけてました。


まずは、これまでの実績です。
02















ここの観衆は、1500円という対価を支払っています。

なので、最初にこのイベントが単なる思いつきではなく、
過去何回も行われ、成功しているよ!ということを示す事で
安心感と期待感をきっちり抱いてもらうためのスライドです。

まあ、主催する方は、自分でハードル上げる作業ですね。笑

そしていよいよゲストの紹介&呼び込みです。

ここから「結」が始まります。

09














15














「日本最高の地域経営者」が今回のゲストの、最も分かりやすい称号です。
その称号とともに、登場していただきました。

席についていただいた、知事と雑談や、
観客への感想、または観客に知事の感想などを聞きます。

いわゆる「アイスブレイク」ですね。

観客に、地元アイドル「LinQ(リンク)」のメンバーがいらっしゃって、その絡みも、雰囲気をよくしてくれました。

で、このスライドです。

23















福岡県の「歳入」は、1兆6000億円もある!
という「トリビア」で、福岡県という規模の大きさを感じてもらいます。

そして「日本最高の地域経営者」と言われるゆえんの一つを提示。

29















難しい資料ではなく、下世話な週刊誌記事を使用。

全国知事の「ワーストランキングで最下位=ベスト1」を、皆で共有します。
福岡人は、地元を褒められるのが大好き!
そのナンバー1の立役者どころか、行けるベスト1が、目前の麻生知事です!という感激を、客席で共有する雰囲気にもっていきました。

ここまでが、冒頭に置ける「結」です。

要は、こんな凄い人の、色々な話を
いまから90分聞ける!という期待感に不足はありません。

そして、定石通りの「起」から。

36















このスライドで、まずは「生い立ち」から聞くぞ!
と宣言しています。
このスライドで、観客は話がどう始まるかを自然に理解してくれます。

44














53















まだまだ、「父親」「戸畑」といったスライドもあったのですが、
厳しい時代の中で、我々も知らなかった文化を知るエピソードも語られながら、麻生知事の幼少から青春時代が語られました。具体的なエピソードなので、非常に感情移入しやすく、最初には最適な時間となります。

そして、大学時代から社会人への流れは「承」

00















07















16















観客は、ほとんどが社会人。
社会の荒波、しかも官僚という非常に厳しい毎日の話はリアルで「承」のパートも、グイグイ引きつけられました。

そして「転」へ。

官僚としてがんばっていても順風満帆だったはずなので、突然福岡知事に立候補!正に「転回」の局面です。

23















28















正に、様々な葛藤や人間ドラマが語られました。
普段意識しない、県知事さんが重ねてきた人間的な苦悩や喜びなどを共有します。

そして「結」へ。
いわゆる、ここからが、このイベントの深まりです。

14















20














25















35















これらの言葉は、すべて当時の麻生知事の言葉からピックアップしました。
ゲストも想いを込められて、聴く観衆も、なじみやすく分かりやすい。そんなテーマがあれば最高です。

ここまでで、約75分。
90分からは少しこぼれそうですが、
県知事(当時)だし、いいか!県の施設だし!ということで

ここからが「さらに結」の時間。

観客は、かなり、ゲストに感情がいい感じでのっかっています。
まるで、幼少時代からの知事を、それぞれに頭に描いてきているはずだからです。

そこで、もっと深く聞きたい。
ちょっと、人間性にもふれてみたい!というのが観客の想いだと思うのです。

41















さらに、聞きますよ!と。

48















官僚とか、選挙とか、難い話が続いているところに
このスライドは出るだけで、会場が沸きました。

知事も、笑顔で、なんだよ、おまえ〜!という感じ。いい雰囲気でした。

さらに、

54















職員から、知事は良く怒鳴っていたというエピソードをもらっていました。
しかも、妥協を許さない姿勢が、すごかったと。

02















10















この辺は、絶対皆聞きたいはず!と思ってクライマックスにもってきました。


開催されたのは、震災直後。

16















柔らかい話題から、最後にはしっかりと、本当に聞きたい方向にもっていく。そうすると、非常に流れがしまっていきます。

そして、最後の質問。

23















戸畑で育ち、通産省の官僚にまでなったと、
福岡県知事を、16年つとめて、下世話な週刊誌も
認めざるを得ない手腕で、福岡県をひっぱった人。

そういう人の、一言一言が、どうしたら、
観客に深く響くのか?

そのテーマで、スライド&質問を紡いでいっています。

これは、実例としてあげましたが、知事の話の記録はこちらです!
29








 







ちょっと、くどくて、長くなりましたが
いかがでしょうか?


これは、大きな流れの参考例ですが、
実際は、もっと細かいテクニック的なことや
必ずやってることなど、まだまだたくさんあります!

今日は力尽きたので(笑)、
また書きます〜

あなたの日常のプレゼンや、仕事での一助になればと!



では、また!






cromagnon69 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク