ルイ・ヴィトン

2011年09月03日

触れて想う、ハイブランドの思想。


おつかれさまです。
クロマニヨン・コヤナギです。

気がつけば9月。
僕は、なんとなく9月が一番好きです。
すみれセプテンバーラブです。意味わかんねぇ。


このブログにも、前のめり気味に書いている
クロマニヨンが編集長をしとります、
一流のオトナをあきらめないあなたに贈る
フリーペーパー「BOND」

手に取られた方々から、すごく評価いただきまして、
本当に感謝しています。

ありがとうございます。

まだまだ、配布計画は継続しています。
ぜひ、まだ見られて無い方は、手にとって
そんで、忌憚の無い感想を僕にください!
確実なのは「レソラ天神」のエントランスの平積みです!


で、その「レソラ天神」の1Fにオープンした
「ルイ・ヴィトン福岡店」

今まで、イニミニマニモ、岩田屋、大丸、三越、博多シティと
すべてビル内にありましたが、今回はストリートに沿う店!

ルイ・ヴィトンが路面に出ると〜

lv-gaikan















こんな感じで、風景が変わります。


今日9月3日にオープンしたのですが、
去る9月1日オープニングイベントが開催されました。

今回「レソラ天神」のプロモーションの流れで
我々もイベントの一部をお手伝いしたのですが、
イベントの演出やイメージは、すべてルイ・ヴィトン側が
手がけたもの。

なので、非常に楽しみにしていたのですが、
ふたを開けてみると、その内容たるや
素晴らしいものでした。


普通、オープニングパーティーというと
基本挨拶があったりして、あとは「勝手に立食」的なのりで
いつもと変わらない感じで、しゃべって終了・・・
という勝手な想像をしていました。
まあ、それでも十分楽しいのでいいのですが〜

会場となった「レソラ天神」5階の
「レソラ天神NTT夢天神ホール」へ
パーティー前に見に行ってビックリ・・・

lv-entrance















メイン会場への扉は閉ざされ、
このために楯突けられた壁には

「THEATRE LOUIS VUITTON」
 〜テアトル ルイ・ヴィトン〜

と言う文字が発光していました。
そして200名あまりが集うことになるホワイエには
この日オープンした「リストランテASO」さんが
フルケータリングでマルシェを出店。

こいつぁ、すげぇ〜なと。


そして、沢山の招待客の方々が来場。
LVJの会長、社長、高島市長、そして
お父様と来られていた、東尾理子さんも
同席しての、開店テープカットから始まりました。

僕は受付の手伝いを終えて、
パーティーに戻ると、あのドアが開いていました。

lv-theatre















ここは、正にフランスの「テアトル!」でした。

ちなみに、普通のレソラホールはこれ。

main_ph










もう、一切の妥協はありません。

最初の40分ほどを、フリーにシャンパンやフードで
楽しんでもらい、あとの約60分は、完全に
ステージショーを見せるというもの。


オープニングの、この「フウジンライジン」という
二人組のユニットのセンスの良さには脱帽でした。
このキャスティングはヤバかった。

fujinraijin























なんと地元福岡出身。サンセットにも出演すると
言われてましたよ。


そして驚愕は、

このたった200人のために
シルク・ド・ソレイユ「ZED」から
演者が招かれていたこと!!!!



この方々・・・

img_189146_58974622_1


































この画像は、ネットで拾いました。
この二人のパフォーマンス中は、
カメラを構えるなんてできない緊迫感!!

センターステージの使い道はこれだったんですね。


最後は、韓国のバンドがパフォーマンスをし、
今回のパーティーは終了しました。


最後は全員に記念品!
がっつり、ルイ・ヴィトン:モノグラムに
FUKUOKAと刻印されたコイン&カードケース。

妥協なし。



今回、BONDの見開きでのLVさんの記事取材。
表4に出てもらった広告のやりとり。
そして、今回のイベントの企画〜作り込み。
そして、イベント後の出演者さんのおもてなしまで、

全く妥協なし。


最高峰ブランドにとっては、
当たり前なのかもしれない。

けど、全く妥協無く、常に最高レベルを求め続けるのは
たしかに担う人々は、凄いプレッシャー。

けど、絶対あきらめず、最高のものを提供する。

本当にいい経験させてもらいました。

lv-fellas















写真左から2番目は、今回僕の窓口となり
実質の運営ディレクションされていた、戸嶋さん!


本当にいい意味で「東京のシゴト」を見せて
いただきました。本当に感謝です。




このパーティーに出てた人の多くが、
「いい体験だった」「豊かになった」
「なんか、やる気が出た」と言ってるのを
見て、確信した。

これが妥協無き取り組みの産物だと。




果たして一晩に、いくら使ってるの?

と下世話のことを考えつつも、
こういうのも含め、あの価格だし、
ここまでやるから最高峰のブランドなんだろうなと。

ルイ・ヴィトン。


なんかすごく近くなりました。
実際は別として(笑)。



そして・・・・



次は、バーニーズ!

また、景色がかわってる!

bny-gaikan




























cromagnon69 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク