国立博物館

2009年07月26日

阿修羅に逢う前に阿修羅がきた。

もう雨はいいです・・
願掛けクリック!願います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  




無念だ!
無念すぎる!

永ちゃんに
逢い損ねた!!



ま、正確には「見そこねた!」なんだけですが・・・

折からのこの異常な豪雨。
その影響で、

HIGHER GROUND 2009
全日程中止。



hg-tickets














手元に残る、4枚のチケット・・・
ロックなメンズ4名で、
ゴリゴリ行くつもりだったのに・・・・!

永ちゃんの他にも、
我が青春の「ユニコーン」 
密かにカラオケの秘密兵器「スキマスイッチ」 
どんなライブか見たかった「KREVA」
で、暴れまくろうと思ってた「マキシマム・ザ・ホルモン」
などなど・・・

正に、残念無念です・・。
チケット取得に尽力いただいた
NWTさんにも、心から感謝です。

 
それ以上に、キョードーさんや出演者の皆様。
その無念さと、大変さ、仕事柄、何分の一かでも
ご察しできるつもりです。
 
こういう夢と感動をまき散らすイベント、
これからもお願いします。 




で、そういう辛く厳しい場面や作業を
「修羅場」と言ったりします。


その「修羅場」とは、

仏教の伝承において、
「阿修羅」と「帝釈天」が闘った場所の意味


であり、転じて壮絶な場所/場面という意味に。


最初は邪悪な戦いの神だったという、その阿修羅さんは
のちに如来を守る、守護神となったというのが
ストーリーですが、

その「阿修羅」が、今、九州国立博物館に来てます。

で、あれだけ仏像の蘊蓄たれた僕が、
まだ行けてなくて・・・という恥ずかしさ・・ですが、
その阿修羅に逢う前に、
たまらない者を入手しました。


ashura-shadow





 















僕のデスクサイドの窓際にたたずむ、
この、すばらしい造形・・・・

そうです。

「国宝阿修羅展」公式アイテム
 阿修羅像フィギア


asyura-box

 























たまらないこの箱・・・。

そして造形はもちろん・・・


kaiyodo-box















世界に誇る、

株式会社 海洋堂。


東京国立博物館では、
2週間で、15000個を売り切ったという。

取材者側も、憎い事を・・・・


ashura-window














阿修羅さまがいらっしゃって、
仕事の勢いが違う(気が)します。

 
さすが、戦いの神。 


それにしても、
呼ばれた内覧会で、来ていない僕が
「好きそうだ」という理由で買ってきてくれた
フリータ−のAくん・・・。
 
フリーターなのに、そんな所に呼ばれるのも
スゴいし、また、そういう気持ちも感激・感涙ものです。 

ありがとう!



私も、阿修羅のごとく
ビジネスを戦い抜こうと!!!



阿修羅像がするかのように、
たくさんクリックしてください(笑)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  







 

cromagnon69 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月27日

仏像のすすめ。

「ちょい悪サラリーマンブログランキング」

一位を取られっぱなしなんです・・
クリックで応援してください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  




先日・・・・

KOKUHAKU














九州国立博物館に行ってきた・・・

目的はこれ。
p04-2




















※こんな、おっちゃんおるよな〜

「聖地チベット−ポタラ宮と天空の至宝−」展

チベットは、密教が主流なので、
日本のものとは、また趣の違い表情や、
神様の「設定」がおもしろかった。


僕は、昔から
「仏像に魅かれるタイプ」であり、
世の中にある「偶像」=「仏像」に、
いかんとも抗し難い魅力を感じていた。

僕は、大学が京都だったので、
京都に4年住んでいたが、お寺はかなり回った。

今回は旅行記を書くつもりはないので、どこがどうだ!
は割愛するけど、そんな折、いきなりやってきたのが
「仏像のちょいとしたブーム」だ。

戦国武将にはまる若い女性がいるっていうのは
かなりメジャーなミュースになっているが、
「仏像ムーブメント」も、バカにできない。

雑誌:「一個人」「BRUTUS」「サライ」など
軒並み「仏像特集」だ。すげぇ。

で、その後、「なんとなく仏像に魅かれる」ままでは
もったいないので、少し仏像を勉強したりしていると

仏像がおもろいし、
カッコイイ!という理由が
少しわかってしまった。





え?
仏像に興味を持つ、つもりはないので、
仏像の話題は、やめて欲しい???

いやいや、大きなお寺の有名な仏像から、
道ばたには、お地蔵さん」という仏像まで
た〜くさんいらっしゃる国に生きているのだから、
適当に読むだけでも、飲みの席や、
ネタには使えるですよ!
ま、今日は第一回ということで・・・


クロマニヨン プレゼンツ
第一回:仏像知識の付け焼き刃講座
(オレも五月雨知識しかないんで)

仏像の名前から見る「偉い順と特徴」


仏像の主役は「釈迦」である。

お釈迦様は、生まれたときは
小さな国の王子であり、ボンボンだった。

な〜んも不自由無く暮らしていたが、
29歳で出家した!(偉い)
その後、6年間苦行!

菩提樹の下で「悟り」を開いた・・・。



・・・・で、ここからが仏像に関する本題。


仏像は

偉さナンバー1:「如来(にょらい)」
 悟りを開き真理に達した者!
 仏陀となった「お釈迦様」も!


ナンバー2:「菩薩(ぼさつ)」
 将来悟りを開くためにがんばってる!
 出家前の「お釈迦様」も!

ナンバー3:「明王(みょうおう)」
 仏の敵をおっ払い、厳しい状況から
 人々を救おうとする使者。
 顔は、チカッぱ怒ってる!火炎が背後で燃えている!


ナンバー4:「天(てん)」
 仏教の守護神!多くは武装像。
 靴はいてる人もいる!いろんなキャラ有!


その他:「偉い坊さんとか」
 ま、そのまんま。



の5つの順位のヒエラルキーだと覚えておきましょう。



それでは、分かりやすく具体的に見て行きましょう。
偉さナンバー1:「如来」は・・・・

E794BBE5838F2-2-eac13 































例えば・・・阿弥陀如来像(平等院:京都)

悟りを開いたお釈迦様は、
髪がイボイボになって、眉間から髪が生えてます。
悟りを開いているので、服も布一枚で平気です。


ナンバー2「菩薩」

miroku01






















例えば・・・弥勒菩薩半か思惟像(広隆寺)

悟りを開く前なので、考えにふけっています。
この弥勒菩薩さんは、56億7000万年後に
「如来昇格」が約束されてる
ため、いかに救済するか?
と考えてらっしゃるらしいです・・・う〜ん・・

ちなみに、
よく言う、観音(かんのん)さまは、「観音菩薩」から派生
しています。
手が千本(?)ある「千手観音」など、
たくさんある「観音さま」は、基本的に「菩薩」です。

あ、あと、道ばたにた〜くさんいらっしゃる「お地蔵さま」
「お地蔵さま」は、「地蔵菩薩」から派生しています。
なんで、お地蔵さんも基本的に、「菩薩」ですね・・・


あ、飽きました?



もうちょい!

ナンバー3:明王!

saidaiji-7

















例えば・・・愛染明王(西大寺:奈良)

ほかでいえば、
不動明王が、一番おなじみかと!
仏の敵をおっぱらって、人間に

「ちゃんと、せんか〜〜〜!」

って怒る役割なのかな・・?
後ろに炎はしょってるわ、武器持ってるわ、
憤怒の表情が特徴です。
よく、守り神として家においたりもされます。


で、ナンバー4:天  これもわかりやすい。

よく強いチーム上位を四天王とかいいますね。
仏像の世界では、

持国天、増長天、広目天、多聞天 が 四天王!

この”天”は、キャラがたくさんいます。
女性とかも。

中でも僕が好きな守護神はこれ・・・

unkei



























仁王(東大寺:奈良)
このサイトの写真があまりにかっこよくて拝借しました・・・

守護神!って感じすね。
もちろん運慶!!



ま、偉いお坊さんは、またの機会に・・・




7月からは、この守護神の仏像にして、
東京で、めちゃくちゃ人を集めている「彼」が
国立博物館にやってきます・・・・


「彼」とは・・・(いや女性かも)
isan_photo02





















阿修羅像!(興福寺:奈良)
ヒエラルキーで行くと、守護神「天」の部に入る
仏像ですね・・・

「国宝 阿修羅展」(7月14日〜)

アシュラマン好きな方も!

ayura









仏像・・・

あ、退屈でしたか〜?
ま、見聞をちょいと広めるという事で!


あ、詳しい方・・
むかついた所会ったらすいませんです・・・


クリックで応援してください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 







cromagnon69 at 06:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク