地酒

2017年03月23日

日本の酒が誇らしくなる!「CRAFT SAKE WEEK in 博多」!


みなさん、お疲れ様です。
BOND編集長の小柳です。

最近は、何を飲んでますか?

「ビール」は基本として、
「ワイン」もうまい。「ハイボール」は何杯でもいける。
え?チューハイ?レモンハイ?
・・・・など、議論は絶えない。

多様化を良しとする世の中で、
後輩や先輩と語り合い、普段言いにくいことも、
卒直話し合おうには、それなりにライトに飲めるものが人気なのでしょうか?
ただ、ここにきて『日本のお酒』が、完全に見直されている雰囲気を感じませんか?

そんな折、昨夜行ってきました、

『CRAFT SAKE WEEK in 博多』 


image















すごい人! 

このイベントは、元サッカー日本代表の…とか言う必要がない位、
活動の幅を広げられている『中田英寿』氏がプロデュースするイベント。
昨年、六本木で開催され、7万人以上が集まった大人気イベントで、
それを、今年は博多でも開催されたという流れとのこと。

大阪とか、名古屋じゃなくて、福岡っていうのは嬉しいなぁ〜とか思っていたら、実は、福岡は酒蔵の数では、日本で10番以内に入る「酒どころ」でもあるって知って驚きました。

会場に行って驚いたのは、普通に「世界のヒデ」(失礼・・)が、
会場を歩いてらっしゃるではないですか!

中田英寿02
(これは資料写真でいただいたものです)

この日は、テレビの生中継なども入っていて、取材対応しつつ、
雰囲気を自らも楽しんでいらっしゃる感じでした。


会場の雰囲気も、ならではなスケール。
中央には、ステージも兼ねた大きなヤグラのシンボルが。

IMG_8479


これをセンターにして、長〜いカウンターが並んでいる雰囲気は、
巨大な「屋台」で、みんな飲んでいる雰囲気。
中田さんが、
「日本人は、カウンターという文化が大好きなので・・」
ということをインタビューで言われていたのを、
読んだのですが、まさにこれだなと!思いました。


IMG_8483

このイベント、毎日、同じ酒蔵さんが出ているのではなく、

ラインナップは「日替わり!」

会期は、26日までなので、あと4日あります。
ホームページを見てみると、
全ての銘柄が、予告されてます!

27

中田さん、日本中、旅されてたのでそこで見つけた銘柄
なのでしょうか?



24日は面白そう!
焼酎男子!!!笑

34

いかん!知らない銘柄がたくさん!!!



25日は、行かねば行かんでしょう!
日本酒の実力を世界に示した「鍋島」さんはじめ、
錚々たるメンバー!

40


最終日は、十四代!
福岡・・・僕の故郷、筑後の「若波」さんも!
45


これだけの銘柄から、選び放題でお酒が楽しめるイベントは
そうそうないはずです!

IMG_8487


まだ、2日目で、この賑わい!
ぜひ、行って見てください!博多ってやるなって思えます!


日本酒といえば、小さな頃、父親が晩酌で
必ず「燗をつけて」飲んでいた。
近くの酒屋には、労働者っぽいおじちゃんたちが、
カップ酒を飲んでいた。

けど、家族は共働きが進み、忙しくなり、
食事はバラバラになっていった。
街角にあった、酒屋の角打ちも激減した。
そして何よりも、
様々な「お酒」が、どんどん紹介され、ライフスタイル化し、
「ワイン」「カクテル」「ウイスキー」・・・
と、若い人から「日本酒」は離れていった。

焼酎は、天下の「黒きり」が大ブームになったけど。

けど、日本酒は、違う角度で、受け入れられるものになってきた。
鍋島さんが、インターナショナル・ワイン・チャレンジで、
新しい可能性を示して以来、潮目が変わってきている。

そこに、中田英寿さんが、
独自のセンスとこだわりで、こんなイベントを開催する・・
という流れは、単なる「おしゃれブーム」とは違う、
本質的な動きを感じます。

逆に、日本酒には、長きに渡る歴史と実力が、
言わずとも「本質」にして「本物」なので、
我々、生活者が、自分の楽しみとして、
どんどん取り入れるべきだなと思いました。

長くなりましたが、このイベント、
六本木ヒルズの、このイベントも見たい!!!

中田さんと、話して見たい^^!

 

cromagnon69 at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク