所ジョージ

2015年07月17日

BOND編集部「世田谷ベース」潜入!◆伸



こちらからご覧の方は
BOND編集部「世田谷ベース」潜入! 伸
からお読みください!


所さんの、詳しいインタビュー内容は、ぜひ「BOND」を読んでください。

なかなか手に入らない地域の方とかは、
8月には、こちらの「BOND-WEB」に

bond_13top

インタビューを掲載する予定です! 

 
さあ、世田谷ベースでの、所さんのインタビューは、抱腹絶倒の面白さでした。

「毎日やることがたくさんあって、起きるのが楽しみだもん!」

こんな毎日をおくる、60歳(!)って、どんなに幸せなんだ?と。
いろんなテレビや雑誌で、所さんの「多趣味」は、何気にわかってましたが、その趣味性の広さだけではなく、深さが半端ないです。

特に、戦車やクルマの模型を、
徹底的にカスタムする、そのこだわりはやばい。
塗り筆の先を切り取って、着色し、
戦車の甲板に落ちた、
弾丸の薬莢にみたてる・・・

などの執拗なこだわりの数々は、聞いてて呆れるほど。

確かに、世の中には、
「モデラー」と言われる専門家もいるかもしれないが、
月に、7本(?)のテレビレギュラーを持ちながら、
この作業をいつやってるんだろう!?って。


IMG_5491


「なんでも過程が楽しいんだもん。その一番楽しい枝葉の部分を、今の時代はすぐに”効率”とか言って、はしょっちゃうよね。めちゃくちゃ勿体無いよ!」


モデルガンのグリップに「手垢が染み込んだ様な塗装」をする難しさ(笑)をお話ししながら、こんな言葉をもらいました。

「効率」「効率」「効率」。

劇的に連絡やコミュニケーションを「効率化」した「携帯電話」が、自分たちをしばりつけ、ますます忙しくしてしまい、そしてもはや戻れなくなってしまった経験をしている、我々世代にとっては、深く深くささる言葉でした。携帯がないときは、デートでの待ち合わせの場所を決めるのも楽しかった。人と会うための大切な「過程」だったんだな、とか考えてしまった。


とにかく、ここ「世田谷ベース」には、夥しい数の「おもちゃ」とか「模型」が置いてあった。

IMG_5494
(ご本人そっくりのフィギア)

そのすべてに、ほとんどすべてに「一手間」〜「億手間(笑)」くらいが、加えてある。
それは、表にあった「クルマ」や「バイク」もそうだ。


なんでも、分解しちゃうの。
そして、無駄なことしちゃうの。面白いかも!って。
そしたら、どんどんエスカレートして、
バランスこわれちゃって、ちょっといじるつもりが、大工事になって、エライ目にあうんだよ。けど、それが楽しいの。買ってきた車とか、模型もそのままなら、何もない「そのままの良さ」でしょ?



所さんは、こんなことを自然に言われる。
何もしなきゃ、何もおこらない。
けど、無駄なことしちゃうと、愛着とか、こだわりとかがレバレッジがかかって、すべてが楽しくなってくる!そういうワクワクの方法を、人生全体として、知ってるオーラがむんむん伝わってくる。


当初、1時間のインタビュー&撮影が、3時間近くに!!!


所さん、自ら「世田谷ベース」の中を隅からすみまで、
面白いものの解説付きで、見せてもらった。

IMG_5486

中身はただの「市販の殺虫剤」らしい(笑)。
けど、こうして「カバー」をつけるだけで、楽しい。


そういうものが、たくさん、たくさんある場所。
それが、「世田谷ベース」だった。


もう永遠に見てたい。。。


なんだったら、泊まってく?
全然いいよ(笑)



本気で、そうしたくなる、
所さんの笑顔で言われながら、
後ろ髪惹かれる思い出、世田谷ベースを後にした。

最初は、所さんの「生き方」!
とか硬いインタビューにしてしまいそうだった。
けど、あの圧倒的な自然体は「生き方」というより、
物事の「感じ方」だ
と思った。


なんでも楽しいよ。
俺なんか、足ぶつけても楽しいもん!
あ〜ぶつけるよな〜(笑)!とかさ。



創刊4周年記念号「BOND FUKUOKA 13」
ぜひ、手に入れてください!!!


そして、所さんと事務所のみなさん、優しくしていただいてありがとうございました!

TOKOROSAN



*写真は許可をいただいて掲載しています。








cromagnon69 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月16日

BOND編集部「世田谷ベース」潜入! 伸


皆さん、やっと梅雨があけそうっすね〜!
これ書いてる時点では、台風が鳥取の方に抜けている最中。
福岡も、しとしとと雨が降り続いています。

さて、皆さん。
16日に発刊した「BOND FUKUOKA 13」が、
そろそろ街中に設置されて行っています。
手にされた方はいらっしゃいますか?

11751769_899151476797444_3663446204669408814_n


この表紙は、もちろん撮り下ろしです!
BONDカメラマン「USHIRO前田」くんの見事な切り取りで、ゲットできた瞬間でした。



さかのぼれば、5月。
BOND 13号の編集会議。

かつて、一度も妥協することなく、登場していただきたい方にアタックしてきたのだが、我々には、どうしても出て欲しい、話を聞きたい!という方の一人に「所ジョージ」さんがいました。
おそらく、全人類の「男子」の中で、最も楽しく、やりたいことをたくさんやっている方の一人。だTれが見ても楽しそうな人って、そういない。それでありながら、日本のトップタレント。なんとか、出て欲しい!!!!その4年間の想いがかなって、今回実現にこぎつけたのでした。

そして、取材日は決定。


そのために、7月某日、我々は「あの場所」に行って来たのです!!!


IMG_5669

  "世田谷ベース”


そう!あの「所ジョージ」さんの「アジト」とでもいうべき場所です。
BSフジでやってる「世田谷ベース」です!
世田谷区は成城の住宅街の中に、忽然と姿を現し、我々は思わず「うぉ〜!」と歓声をあげてしまう始末でした。いや、皆さんも同様の反応になるはず!笑

車を止めて、我々は緊張して待っていました。
目の前には、バカでかいタイヤを履いた「メルセデス」のMLとか、「ボロボロに錆びた塗装」が施された「ピカピカ」の大型スクーターとか、明らかにエンブレムが変えられた「フェラーリ」などが「無造作」に並んでいました。

なにせ、相手は、所ジョージさんです。

日本の「タレント」の中で、おそらく最強の知名度をもった、トップ0.1%のタレントさんです。

我々は、普段偉そうに(笑)している割に、自分たちの存在の小ささを、遅すぎるタイミングでさとって、小さくなっていました。何時間雨の中で待つ覚悟で・・・。
すると、所さんの所属する会社の「H」さんが、すぐ現れ、濡れながら走ってきてくれました。

「いい人だ・・・」。

「こちらへどうぞ!」ということで案内されるままに進みます。
いよいよ憧れの「世田谷ベース」に立ち入る時が来たのです!!!

2階への階段を上っていくと・・・・


テレビで見た、あの「世田谷ベース」の内部そのままの情景が広がっていました!


ジム机の壁にディスプレイされた、コルトガバメント型のモデルガンの数々。
数十台はあろうかという、大小の戦車の模型。様々な塗装や加工がされた、ダイキャストの自動車の模型。数え切れない「もの」「もの」「もの」!いや、「宝物」「宝物」「宝物」です!


僕は、息を飲みまくって、
一瞬で喉が乾きました!!



そして、奥の部屋に進むと、所さんが、あっさりいらっしゃいました。

見事なハンドル捌きで、
グランツーリスモをしながら!笑


まさに、グランツの狼!
この場所、このまんまのイメージです!!!

「ごめん!ごめん!もうちょいだから!」


 

もう完全に、イメージ通りのスタート!
もう、この時点で、所さんの温かくて、自由な雰囲気があふれまくり、我々の緊張は素敵に溶けていきました!




そして、この後、僕らは完全に打ちのめされてしまいます!!



BOND編集部「世田谷ベース」潜入!◆伸
つづく:笑 





 

cromagnon69 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク