松嶋啓介

2015年05月26日

仏ミシュランシェフ 松嶋啓介と繋がれ!


「松嶋啓介」という男をご存知ですか?
ちなみに、この人です。 

 820_101125_01

日本人の中で、オーナーシェフとして
仏ミシュランで星をとった、最年少記録を持つ男です。

しかも、福岡出身!筑陽高校(サッカー部)出身!

フランスはニースと、原宿に「KEISUKE MATSUHSIMA」という店を持ち、
料理界で活躍しているのは、もちろん、こんな感じで、
彼が憧れていた、カズ選手とも共演してました:笑。

449c6f49

さらには、TBSの「情熱大陸」にも出演したり、
僕の「ヂカギキ(えらい格差?)」にも出演してもらったのですが、何がすごいって、彼の行動力、突破力、実現力・・・・というか、馬鹿みたいな突進力が半端ないのです。

そんな、彼は料理以外にも、様々な活動をしながら若者、、、だけではなく我々世代にも、世界に飛び出す心持ちや、仕事に関する刺激を発信することも活動の一つにしているのですが、そんな中で実現してきた「対談集」が、一冊の本となって出版されました。

それが、「バカたれ。」という本!

バカたれ。

堀江貴文さんや、佐藤可士和さん、熊本浩志さんなんかとの対談が、おさめられた、名言満載の本です。


で!

今回、この本をひっさげて、松嶋啓介氏が、福岡に凱旋するということで、
その出版祝賀会を、BOND主催でやろうと思います!

題して!

BOND PRESENTS
松嶋啓介「バカたれ。」
出版記念 TALK&PARTY



あ、そのまんま?笑

普通、関係者のみでやりそうな会ですが、もっと多くの福岡の方と、繋がりたい!話したい!という、松嶋氏の想いもあったので、一般からの興味ある方を先着順で、募集します!!血気盛んな(笑)、あ、いや彼に興味があるかた!ぜひ応募くださいませ!

BOND的には、近頃イベントとかやめてたんですが、そろそろ「刺激あること」は、再開していこうと思っていたところだったので、ちょうどよかったなと!

期日は:6月7日の日曜日 20:15〜22:00
場所は:オサレな「D&DEPARTMENT FUKUOKA」
会費は:5000円でフリードリンク&フィンガーフードをご用意します!

私、小柳が司会をやります。
最初は「ヂカギキ」な感じで質問トークやって、
その後は、彼も普通に会場で、皆さんと交流してもらいます!

あと、特別ゲストに、これまた福岡から世界へ発信する
映像クリエイター「江口カン」氏も登場。

あ、今話題のこの動画作った方です!!



カンさんも、一緒に会場で懇親してくれるはず!?



近頃、こういう集まりに億劫になってたあなた。
久々に、気さくでクリエイティブなゲストはもちろん、
同じような志のみなさんとネットワーキングな時間を過ごしてはいかがでしょうか??

KEISUKE


詳細と参加応募はこちらから!先着順です!



一緒に飲みましょ〜!





cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月10日

松嶋啓介氏のメシを食った。


大阪出張中のクロマニヨンです。

今、岡山を通過しとります。

今、正午過ぎで、お腹ぺこぺこです。
こんな時にこそ、このネタ!!

とばかりに、
お食事ネタ書かせてください。


このブログにも、
「ヂカギキ」に出演してもらって以来、
登場してもらっている、フランスミシュラン一つ星シェフ

松嶋啓介氏

5cf426c150797fcc8dbe30cd7fce1bc9
















彼の店は、フランスのニース
東京にしかない。

だから、情熱大陸見たり、
偉そうに「ヂカギキVOL.07」で、
色々話したりしても、結局、人の「仕事」を
体験したことがなったのです。
(ほぼ、告白・・・)


しかし!!!
ついに、彼の「仕事」を体験させてもらえる機会を
得ました。やはり、念じれば通ず、ですよ。

誘ってくれた、岡田さん、ありがとう:笑

というわけで、
ホテルニューオータニ博多で、
1月末にやっていたイベント

「SUPERコラボレーション Vol.5」

というイベントの「ランチ」に行ってきました。

まずは、アミューズ!

amuse















イカです。え?見りゃあ、わかる?笑
すいません!

中には、細いパスタが詰めてありました。

”初めて体験する味”

でした。



で、次。

rizzot















栗かぼちゃのリゾット 小たまねぎのコンフィ、
イタリアンパセリ、玉葱のジュ 

だそうです。


「栗かぼちゃ」も初めて食べましたが、濃厚でした。
”初めて体験する味”でした。



そして、ランチのメインへ。

main-fish















真鯛の低温オーブン焼き、アーティーチョークのグリエ
セルバチコ 黒オリーブ入りミカンのジュ


リゾットが濃厚だった所に、
素材を生かした真鯛に、さわやかなオレンジ・・・いや、

日本の「みかん」のソース

この雰囲気の中、すごく懐かしい風味すら思い浮かぶ、
”初めて体験する味”でした


最後のデザートも、きやがってました。

sweet-lemon















レモンのタルトレット、
ポレンタと松の実入りアニス風味 
レモンのソルベ添え


すっげぇ、手が込んでるんだろうな〜
と思わせてくれる、レモンレモンのさわやかな
デザート。

これも、”初めて体験する味”でした。



料理って、お店に入ってメニュー見るとき。
そして、料理が出てきたときも、

「こんな味かな〜」

って、自分でシミュレーションするじゃないですか?


一流の料理人さんって、
その期待というか、シミュレーションに
少し、つきあってくれつつも、
ふと気づくと「はるかにおいてかれてる」感じを
与えることができる人なんだろうなと。

だって、全部の感想が
”初めて体験する味”ですから。


ま、僕みたいに、世界中でおいしいもの
食べて回った訳でもないので、偉そうなことは言えないけど、

幸せな気分にしてくれたのは間違いないので、
お礼を言いたいと思います。

松嶋さん、ありがとう!
焼酎で酔ってバカ話しかしてなかったので、
本当に、ミシュランシェフなんだ〜って実感しました:笑


with-kei














(左の方もミシュランシェフ:ニコラ=マスさん)





cromagnon69 at 12:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年09月27日

福岡はニースに似ている。

このブログやツイッターで、さんざん言ってました

福岡に居ながら凄い人に「ヂカ」に話しを「キク」
インテリジェント・エンターテイメント


「ヂカギキ vol.07〜ゲスト:松嶋啓介氏」

が無事に終了しました。


「ヂカギキ」初の「土曜日開催」で、実は心配しました。

通常、8〜10%の「ドタキャン」が出てしまい
ちょいと寂しい気になったりするので、

土曜日だと、もっと多いのでは!?と。

しかし、ふたをあけると、
当日申し込みなどがあいついで、予約の115%程の
参加者で満杯になりました。

dikagiki7-aud-left














すばらしい・・・福岡の方々・・・。


通常より、1時間早い18:30スタートでした。

本イベント主宰の「アジアンビート」の説明の後、
いよいよスタート。

松嶋氏が出演したTBS「情熱大陸」の冒頭4分を放送。

そして期待が盛り上がった所で、松嶋氏登場!

dikagiki7-stage














無精髭に、白いシャツに、デニムという
ちょ〜自然体な感じで出てきた松嶋さん。


dikagiki7-keisuke






















20歳で、コネも、金も、実績も、経験も、
な〜んもなくて、ただ、フランス料理の
神髄を究めたい一心で、渡仏。

「馬鹿でしょっ?」

という屈託ない松嶋氏の笑顔で、会場が笑いに
つつまれます。


詳しい内容は、近く上がるであろう「マタギキ」に
譲るとして、内容は非常に濃い目でした。

dikagiki7-stage02

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたい夢があるとする。

けど、毎日「やりたい」と思い続けても、
絶対に、実現しないのは当たり前。


本気で、実現したいと思うなら

「一歩踏み込むしかない」


料理人になろうと思ったきっかけから、
20歳で渡仏し、フランス語出来ないのに、
フランス語で、働かせてくれメールを300通位書いて
様々な店で、修行していた時代から、

運命的な出会いで、ニースに最初の店を出すまで、

すんごい話がリアルで面白かった。


そして、すべて

一歩踏み込んだからこそ
出会えたことばかりだったと。



dikagiki7-audiriht















話し言葉は、非常にわかりやすくて、
きさく〜な感じでしたが、

裏では相当勉強してます。この人。

相当、努力してきています。この人。

だから説得力がある。
そして、その努力も、すべて

夢を実現する「計画」の中に入っている。



そう、

戦略家だと。



実は、「ヂカギキ」の前日、松嶋氏は、

「無敗の男 ヒクソン=グレイシー」
と対談してきていたのでした!!!
kokyuuhou4_1

 

 

 

 

 

 

 

 

彼曰く、「自然の力」を取り入れることが最強・・・

と認識している部分で、格闘家と料理家は
同じだと確信したと行ってました。

「勝とうとする」のではなく
「負けない」戦略を練る。

僕にさえ、
自分の人生は、まだまだ作れるのでは?
って思わせてくれました。


そしたら、最後。
正に、客席からの「ヂカギキ」の時間に、
一人手を挙げた男が・・・

dikagiki7-takashima















元KBCアナウンサー 
そして、すべてを投げうって福岡市長選へ立候補予定の

高島宗一郎氏!

会場からは、どよめきと、「朝デスやん(笑)」の声。
質問は、こうだ。

福岡は、観光で発展させる!と言われて久しいが、
まだまだ全然国際観光都市とは言えない。

今後、そうしていく上で、
福岡に足りないものはなにか?

フランスは、ニースに暮らす松嶋さんからみて
何だと思いますか?


それを受けて、松嶋氏は言う。

福岡は、ニースに似ている。
「パリ」の南方にあり、自然が豊かで、
食事もおいしい。
そして、コートダジュール空港から10〜20分位着く。
すごい、福岡に似ているんです。

じゃ、違うところは?

福岡の人は、
な〜んとなく、(どうせ)ここは地方都市、
ローカル都市だという意識があるでしょう。

ニースの人は、たぶん
ここが世界一で世界の真ん中と思ってる。

このローカル意識を払拭して
ここからしか発信できないものを
自信と誇りを持って進めましょうよ!!!



納得しました。

そして、これを高島氏は、マニュフェストに
するでしょう(笑)。
けど、まんざらでもないかも。


長くなりましたが、今回も「ヂカギキ」の成功、
ありがとうございました!
2次会では、後山Pとすぐ、反省会で、
次回のさらなる高みを誓いました。

dikagiki7-all














市長候補も、何かを探しに来る、「ヂカギキ」(笑)。

次回は、11〜12月の予定です!
また、ご注目ください!



cromagnon69 at 19:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年04月25日

ツイてるバースデーウィーク




お食事中の方すいません。

41歳なったばかりの今週・・・・

fun
















いきなり鳥の糞攻撃!



しかも正面攻撃!
ありえねぇ〜〜〜〜!!!

全然、かわせねぇし!

こんなにまともに喰らったの人生初である。

おいらのビームスのコットンスーツが
台無しやんけ!



・・・と、怒り狂ったのですが、
この誕生日ウィーク、
これで「ウン」がついたのか先週は、
なかなかな出来事いっぱいでした。

hb-cake













いつも行ってる、
天神のカフェ「コマンタレブー」で、
考え事ランチしていると、突然目の前にプレートが!

さ〜すがぁ〜!
店長の竹林さん!スタッフのMINAちゃん(写真)!

mina-chan












粋な計らいに、幸せでした。
41歳良い歳になりそうです(単純)。



そんな嬉しい事がありつつの週の半ば。

元GO!こと、Aやま氏から、
「誕生日のお祝いがてらに紹介したい人がいます!
飲み会に来ませんか!?」
とお誘い。

行ってみてびっくり!

同席したのは、この二人。

keisuke-kotaro












まず左は、
フランスはニースに、自らオーナーである、
「KEISUKE MATSUSHIMA」を経営する、

スターシェフ:松嶋啓介 氏

「フランスのミシュラン1ツ星」を
日本人最年少の28歳で獲得し、
以後5年連続維持している。

完全に世界を相手に勝負してます。
しかも、
福岡県生まれ!

「情熱大陸」にも出てたし!


右は、

参議院議員の
田村こうたろう 氏

まずは、学歴コピペします。

早稲田大学卒業
慶応大学大学院修了(MBA取得)
デューク大学ロースクール修了
(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)
イェール大学大学院修了
(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号
オックスフォード大学上級管理者養成プログラム修了

これまた、超国際派っす。

今は全国区で活動されており、
「たかじんのそこまで言って委員会」
出演したことで、ファンが拡大。

ボディビルディングな体格に
庶民感覚な国会談義。
メチャクチャおもろかった!
すばらしい、バランス感覚でした。

この日は、

僕の頭の脳細胞全部に
強炭酸水・・・いや、
濃硫酸をぶっかけられたような
刺激てんこもりの夜でした。


脳が負けて溶けないようにするために
フル回転してた気がします。


何度も書きますが、
二人とも、国際的かつ、ちょうどオレらと
同じ世代の感覚で、今の日本を見ている。

そして、二人とも口を揃えるのは、
力があるのに「老衰」で死んで行くような
感触・・・という表現。



松嶋さん:33歳
田村さん:46歳
オレ:41歳(・・・・)


ショックだったのは、二人とも
「料理」「政治」を離れたところで
色々なことを吸収し、感じ、
行動してるというリアル。


空気を読むのやめましょう
旨くズラシましょう
もっと海外に出ましょうよ



その他、金言多数!リアル情熱大陸(笑)


本読んでも、
テレビで情熱大陸見ても伝わってこない「空気」。

そして世界相手にやってる迫力とか覚悟とか。


ヂカギキです。



二人から言われ、僕は本当の誕生日が来た気がしました。

keisuke












(左は、もと大手広告会社だった岡部くん)
この時点で26時すぎ!目が完全にはれとります。

田畑さん、松嶋さんありがとうございました。






41歳の一年も、ぜひ
クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  


cromagnon69 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク