歌京

2017年03月25日

昭和空間「歌京」おそるべし。


僕は、昭和44年生まれだ。

もちろん、最新のガジェットに囲まれ、
飽和するテクノロジーに、なんと追いつきながら
毎日を生活するのは、楽しい。

しかし、逆に、日本の高度経済成長の次の、

「日本の、抜けきれない迷走時代 」

に青春を生きられたことは、非常にラッキーだったと思っている。

バブルもだけど、その前もそうだ。
今、考えればよくわからない「新製品」が溢れ、
それがコマーシャルされて、踊らされて一喜一憂していTらあの頃。

SNSも何もなくて、情報は都会にしかなく、
憧れの対象が、わかりやすかったあの頃を経験できたことで
今の自分の価値観がある。

似たような思いを描く人が多いから、
彼女もブレイクするんだろうなと思う。笑


 c2fba49I_400x400

東京出張の際、一度は行かねば!
と思っていた場所に、やっと行けた!

それが「歌京」。

 お店は、モダンとも言える綺麗な作りにもかかわらず、
置いてあるものは、全て昭和の「イカした」ものばかりだ!

 IMG_8610

僕の後ろにいる、同い歳の「UKYOちゃん」がオーナー!

机の下には、雑誌「MOMOCO」「写楽」など涙ものの
世話に雑誌が大量に置いてある。
「週刊コング」なんか、藤波辰爾だ!ハンセンだ!

周囲を見渡しても、ネタは尽きない。

IMG_8611

伊藤つかさ!!!!!のジャケットが飾られる壁の
手前のカウンターんいは、ラジカセ!!!

しかも、ダブルカセットデッキだ!
オートリバースだ!

月刊「明星」の後ろにイケメンは「DJ&VJ」。
壁にかかるモニターでは、
久保田利伸の「流星のサドル」から
チャゲ&飛鳥の「SAY YES」へ!!!!

IMG_8612


店内は、カラオケもなければ、DJへのリクエストもできない仕組みだが、
完璧なセンスと空気を読み取る彼のおかげで、店内、大合唱だ。

昔は、よかった・・・
では発展も革新もないのはわかっているけど、

「昭和」という、
独特な日本カルチャー勃興時代の思考にたちもどること


は、実はものすごいヒントが隠れているのでは?

と思ったりした・・・とか偉そうなことを書きつつ、
この3冊に胸躍りながら、バービーボーイズを
心待ちにする夜でした!


IMG_8615



「歌京(かきょう)」


福岡の方は出張の際、ぜひ!!!笑



 

cromagnon69 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク